リモートワークガイド
FAQ
← FAQに戻る

リモートワークが困難な理由

在宅勤務が持つメリットは明らかです。より柔軟なスケジュール、通勤時間の短縮、仕事と生活のバランスの向上などが挙げられます。しかしリモートワークは誰にでも適しているわけではありません。リモートワークのメリットを称賛する方は大勢いますが、在宅勤務によってストレスが溜まったり、スケジュールをうまく管理できない方もいます。リモートワークが困難なのはどのような理由からでしょうか?

在宅勤務は誰にでも適しているわけではありません。リモートワークが困難な理由のいくつかをここでご覧ください。

異なるタイムゾーンとロケーション

リモートワーカーが直面する大きな課題の1つは、様々な地域やタイムゾーン、国に住む同僚とのコラボレーションです。コラボレーション不足はチーム間の結束を妨げ、作業の進捗に影響を与えます。

コラボレーションは努力なしに達成できるものではありません。特定の基本原則を守ることでチームの認識を統一し、同僚たちと効果的なコミュニケーションを図ることができるのです。

孤独感と社会的交流の欠如

人は社会との交流を求めますが、リモートワーク環境では同僚と交流を図ったり実際に会って会話をすることが困難となり、孤独感が高まります。 従業員の20%が リモートワークにまつわる大きな課題の一つとして孤独感を挙げるという調査結果が出ています。 

人と有意義な関わりを持ち、同僚とのすぐれたコミュニケーションテクニックを身に着けることでリラックスすることができます。精神面での健康を保ち、リモートワークがもたらす孤独感と言うストレスから解放してくれます。

家庭内での障害

家庭における在宅勤務の障害も、リモートワークを困難にする理由の1つです。多くの方々は在宅勤務は生産性を向上すると信じていますが、集中力を妨げられると生産性向上の速度が容易に低下してしまいます。

この問題を回避するには、優れた時間管理および「家庭での」時間と「仕事の」時間をきっちりと分けることです。適切なスケジュールを立てそれに従うことで、管理が困難でカオスになりがちな環境でもシステムを維持し、ルーティーンを構築できます。

技術的な問題

テクノロジーに関する問題もリモートワークに共通の課題です。技術的な問題はリモートワークを困難にする大きな理由であり、リモートワークへの移行時は特にそれが顕在化します。

リモートワークに完全移行する前に、技術的な問題に対応し、解決してください。業務に必要なVPNや物理的機器の問題を早期に解決し、リモートワークへのシームレスなアプローチをサポートするツールおよびリソースを利用できることを確認します。

リモートワークへの移行時のストレスとバーンアウトの回避方法について詳しく学びましょう。