リモートワークガイド

在宅勤務のメリット

在宅勤務が企業経営者にもたらすメリット

柔軟な仕事は 仕事の未来です。世界中の企業が従業員に在宅勤務を要請するようになっており、在宅勤務はグローバルビジネスと企業経営者にとっての新たな常態となっています。経営者と従業員にとっての 在宅勤務 のメリットとして、福利の増進やコストの削減があげられます。 

この記事では、在宅勤務のその他のメリットのいくつかを分類し、組織によく適合する リモート従業員の採用 方法についてのヒントをいくつか紹介します。

企業経営者にとってのリモートワークのメリット

在宅勤務にはメリットとデメリットがあるのは確かです。しかし、コミュニケーションを円滑にして毎日のワークフローを改善するソフトウェアソリューションがあれば、分散している労働力の管理がかつてないほどに簡単になります。 

企業経営者にとってのリモートワークの最大のメリットはすべて、従業員の福利、日々の業務、そして収益の中で循環していきます。在宅勤務があなたと 企業のプロジェクト管理 チームに何をもたらすのかを見ていきましょう。

1. より効率的なコミュニケーション 

Wrikeのような プロジェクト管理 ソリューションにより、誰もが同じ考えを持つことがはるかに簡単になってきています。すべての伝達事項、ファイル、承認をアクセスしやすいように一箇所に集めることで、メールのスレッドや不必要に面倒な進捗報告書を探し回る時間が不要になります。リアルタイムの顧客のプロフィールとプロジェクトの最新情報により、 コラボレーション が強化できます。 project  

2. 生産性の向上 

研究によると、テレコミューティングする従業員は、オフィスで働く同僚よりも 20〜25% 生産性が高いことが明らかになっています。人との関係で気を散らすことが少なくなるだけでなく、 心理学者が 特に全体的な能力、モチベーション、創造性の向上に役立つと指摘する必要なときに休憩をとる機会も増加します。 

3. チームの結束を図るイベントの削減 

誕生日や休日のパーティなどの交流イベントを減らし、代わりに効果の高い分野に予算を振り向けます。 バーチャルでチームの結束を図る ことができますが、通常、 コスト は、レンタルスペースや アクティビティ 用の資材に費やす「コスト」のほんの数分の一になります。デジタルツールを利用して、 健全なリモートオフィス文化 を構築することが完全に可能になるのです。  

4. 従業員の健康と福利の改善 

テレコミューティングを通じて、従業員のワークライフバランスの強化を促します。パーソナルなニーズに合わせて環境をカスタマイズし、好みの道具や設定で快適さを追求して、自分の身体的・精神的ニーズに対応します。 

初めてテレコミューティングを体験する従業員には、これらのメリットを小さくしてしまう共通の落とし穴がありますが、 在宅勤務への移行を支援することができます。勤務時間、プロジェクト、会議について明確な境界線と期待事項を設定し、行き過ぎることなく自分の生産性について余裕と自信を持てるようにします。期待される内容について効果的に伝達するための最善の方法は、 在宅勤務 ポリシーを使うことです。毎日、毎週のチェックインの方法について相互に合意し、細かい管理を不要にします。 

5. タレントプールの拡大 

企業経営者が雇用するのは地域の人材だけに限られなくなっており、組織に最もふさわしいスキル、経験、パーソナリティを備えた人材を見つけるチャンスは大きく拡大しています。ネイティブスピーカーを雇用し、他の国や文化からの視点を取り込んで、多彩で充実したプロフェッショナルのグループを作ってイノベーションを進めましょう。

従業員にとってのリモートワークのメリット

従業員にとっての リモートワーク のメリットとして、選択の自由があげられます。在宅勤務によって、生産性も向上させながら生活の質を高めることができます。 

  • どこでも仕事と暮らしを両立できます。 同じように高い品質水準で仕事を仕上げ、 必要に応じてコアチームとコミュニケーションをとることができていれば、WiFi接続がある場所ならどこでも仕事場にすることができます。 
  • 柔軟な 勤務時間. 9時から5時の時間で働くこと は、必要なエネルギーレベル、 タスク 期間、育児のための休暇や健康とウェルネスのための日を必要とするパーソナルスケジュールが異なることを踏まえると、多くの従業員にとって現実的なモデルではありません。従業員はリモートワークによって、適切な作業時間を設定して基本的なニーズに対応できるように、自分が最も革新的でいられる時間の中で生産性を維持することができるようになります。 
  • 通勤を不要にします。 2019年、アメリカの労働者は片道 27分 という歴史的に長い通勤時間を記録しました(交通量の多い大都市に住んでいたり働いていたりする場合にはさらに長くなります)。長い通勤時間は、従業員、その家族、さらには経営者まで、関係するすべての人に悪影響を与えます。通勤時間を不要にすることで、職場と自宅との間を行き来するための時間が1人あたり年間約9日分節約できます。  
  • 特別なニーズに対応できます。 身体障害やメンタルヘルスに懸念を抱える従業員の場合、リモートワークによって生活が劇的に改善する可能性があります。自宅は、仕事をしながら力を発揮できるように設備が整っているだけでなく、必要に応じて適切なセルフケアを行うことも可能になります。


リモート従業員の雇用方法

リモート従業員の雇用には、簡単に言って3つの方法があります。 

  • 求職掲示板や紹介を介して候補者を見つけます。 IndeedやGlassdoorなどのサイトを使って求人を掲示します。同僚を介して個人的に、またはLinkedInで能力のある人のネットワークに接触します。 
  • 戦略的な面接 が最も重要です。候補者の人間性を把握し、履歴書の内容が候補者の印象と一致するか否かを確認するために、ビデオチャットで行う質問のリストを作成します 
  • スキルテストや試用期間を活用します。 必須のスキルについて、自分で用意したリストやその職務において担当する日々のタスクに基づいて 事前に作成した評価表 を使用します。

リモートワークのメリットを知る

在宅勤務は、企業経営者と従業員の両方にとってプラスとなり得ます。生産性の向上、ワークライフバランスの改善、コストの削減などは、在宅勤務がお互いにとってメリットとなり得る面の一例です。正しい方法でリモート従業員を雇用する方法について、いくつかのアイデアをお判りいただけたと思います。