リモートワークガイド

リモートワークに関する統計

リモートワークに関する統計

2020年が過ぎた今、柔軟性とは単なる特典やメリットではないということが明確になりました。

デジタル環境でコンピュータやその他のデジタルデバイスを使って)作業をするほとんどの労働者にとって、リモートワークは将来を象徴するものであり、これは米国だけでなく世界全体で言えることです。

昨今世界中で取られている安全対策により、多数の業界でリモートワークが急速に拡大していますが、 The Guardianをはじめとする各誌は在宅勤務への「永久的な移行」を直感しています。 スタディやサーベイでも在宅勤務増加の傾向が裏付けられており、リモートワークの人気がここしばらく急速に高まっていることを示しています。

リモートワークのインフラストラクチャに投資する企業は、COVID-19をはじめとするリスクや課題への対処において他に例のない位置につけており、Time誌 はCOVID-19を「在宅勤務に対する世界最大の実験」と呼んでいます。

地理的に分散したチームを結び付けることは、多くの企業にとって「ニューノーマル」となってきました。しかしリモートワークについての説得力のあるデータによると、雇用、仕事の満足度、リモートワークの生産性において大きな変化が見られます。リモートワークの統計についてさらに詳細を見てみましょう。驚くべき結果が得られるかもしれません。

在宅勤務の生産性に関する統計

テレコミュニケーションの急速な広がりにより、企業はサイバーセキュリティに関する戦略の構築とアップグレードを余儀なくされました。リモートワークにはセキュリティに関する固有の問題が存在し、各企業も徐々にそれに気づきつつあります。在宅勤務の生産性に関する最新の統計を見てみましょう。

リモートワークのセキュリティを把握するためにWrikeが実施したオンラインのサイバーセキュリティサーベイには、アメリカに本社を置く企業にフルタイムで勤務する1000名以上の社員が参加しました。

  • リモートワーカーの41%が安全性の低い個人用のアプリケーションから業務に関する機密情報にアクセスしていると回答
  • 19%がリモートワークに関する自社のガイドラインを把握していない、または会社がガイドラインを構築していないと回答

企業が在宅勤務期間を延長し、早急にオフィス勤務に戻る予定がない現在の状況の中で、リモート勤務を続ける1000人のフルタイム社員にアンケート調査を実施しました。本調査では企業がリモート社員に提供するサポートについての質問にSurveyMonkey Audienceを利用し、驚くような結果を得ました。

  • リモートワーカーの44%が作業の生産性向上に必要な適切なインフラやプラットホーム、データが不足していると回答 
  • 52%は提供された作業管理プラットホームの効果的な使用に欠かせないトレーニングを受けていないと回答しています。
  • 従業員のほぼ49%が自身の対応、作業生産性の基準、および勤務時間などについてはっきりと自覚していない

WrikeはSurveyMonkeyを利用し、200人以上の社員を抱える企業で働く1000人以上のリモートワーカーに対して、リモートワークに対する企業の即応能力レベルについて調査を実施しました。 

  • 従業員の49%が在宅勤務の経験がないと回答
  • 9%が常にリモートワークをしていると回答
  • 回答者の9%が週に数回リモートワークをすると回答
  • およそ52%が在宅勤務によって自身の能率が低下し、企業の生産性レベルが大きく落ち込むと感じている


リモートワークは長期に渡って人気を集めてきました

インターネットの超高速化とWrikeをはじめとする信頼できるクラウドソリューションの採用、および仕事と生活のバランスや生活の満足感に対する意識の変化により、リモートワークが急激な成長を遂げていることは当然であると思われます。 

リモートワークによってさらに競争的になる求人活動

Forbesが言及しているようにリモートワークはもう特典ではないのです。労働者は魅力的な給与パッケージを求めるだけではなく、仕事と生活のバランスや、より柔軟な勤務体制などの全体像に目を向けています。

  • アメリカの労働者の80%が柔軟な勤務体制を提供しない仕事は拒否すると回答
  • アメリカをベースとする880人のナレッジワーカーを対象とした調査では、74%がリモートワークを提供されれば現在の仕事をやめることもいとわないと回答
  • Z世代が労働人口に加わる2030年までにリモートワークの需要は 30%増加 
  • リモート社員の50%が近い将来に自営業に切り替える計画を立て、
  • 回答者の34% がリモート勤務ができれば5%の減給を受け入れると回答 

リモートワークに関するこのような統計から、将来の雇用や求人募集はどのように変化していくと考えられるのでしょうか?最高の人材を獲得するには何よりもまず、柔軟な勤務オプションがますます重大になることがわかります。

PwCが実施したグローバルジェネレーションスタディでは、若い世代の労働者は、仕事で重要なのは「内容」であって「勤務地」ではないと見なしていることがわかります。クラウドベースのデジタルワークプレイスはこれを視野に入れ、日々のプロセスに柔軟性と透明性を提供しています。

Image

従業員は、在宅勤務によって生産性が向上すると述べています。

オフィスでの作業のように気をそらすものが少なく、Wrikeのようなコラボレーションソリューションの利用で自身の作業負荷管理が向上し、チームメンバーとの繋がりを維持することができます。

クラウドベースのデジタルツールはより直感的に使用できるようになり、業務における連携が向上しました。Wrikeのユーザーは、デジタルツールの使用により送信するメールの数が減少し、過去の情報を探す時間も減ったと報告しています。

従業員はまた、柔軟な勤務体制が自身の身体的および精神的な健全性や仕事への満足感にプラスの影響を与えていると述べています。

それは何故でしょうか?リモートワーカーは交通渋滞に巻き込まれることも少なく、家族と過ごす時間も増え、オフィス勤務の同僚に比べて病欠も少なくなっています。

  • リモート社員の75%がオフィス外での勤務によって仕事と生活のバランスが改善されたと回答
  • 71%が現在の仕事に満足していると答え、オフィス勤務で同様の回答をした社員は55%
  • 退職者の36%が在宅勤務やパートタイム勤務が認められれば勤務を継続していたと回答
  • リモート社員の40%が通常の勤務日にストレスを感じることはあまりないと回答し、
  • 57%はリモートワークがもたらす柔軟性が士気を高め、従業員の離職率が低下したと答えた


リモートワークが未来を築きます。

リモートワークに関する統計をみると、現代の職場における変化や柔軟性が労働者のキャリアプラン構築の中心になっていることを示しています。日々仕事に行くという従来の考え方から離れる人が多い今、今後のリモートワークの増加が予測されます。

あなた自身のシームレスなリモートワーク戦略の構築を考えていますか?Wrikeの柔軟な作業管理プラットホームがあらゆるロケーションからのチームコラボレーションを可能にし、メンバーのキャリアにおける最も強力なプロジェクトの実行をサポートします。