Wrike ブログ
Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.

最も人気のプラン

効果的なマーケティングプランの書き方
マーケティング 3分程度でお読みいただけます

効果的なマーケティングプランの書き方

効果的なマーケティングプランとは、ブランド、オーディエンス、マーケティング戦略の詳細を含めて、ビジネスをどのようにマーケティングするかを定めたものです。 これを書く方法は次のとおりです。

最強のリスク対応戦略の策定方法
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

最強のリスク対応戦略の策定方法

リスク対応戦略とは何か、そして担当するプロジェクトでそれを策定する方法とは? 4つのリスク対応カテゴリを利用して、リスク対応プランを策定する方法を学びます。

プロジェクト管理の基本:プロジェクト計画を確実に実行するための6つのステップ
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

プロジェクト管理の基本:プロジェクト計画を確実に実行するための6つのステップ

月曜日の朝です。役員が今四半期に達成したい重要なプランをチェックするためにあなたをミーティングに呼びます。 あなたは、チームがこれらのプランを実行できるように、プロジェクト計画を簡潔にまとめるよう指示されています。締切は今週末、あなたは何からスタートしますか? でも慌てないでください。プロジェクトを成功させるために、プロジェクト管理の基本をすべて知っている必要はありません。 下記の6つのステップを実行して確実な計画を作成し、自信をもってチームをリードしてください。 待ってください! 計画をスタートする場所はありますか?  Wrikeの無料トライアルを開始して、プロジェクト計画を共有してください ステップ1: ステークホルダーを特定し、約束して会う ステークホルダーは、プロジェクトの結果に影響を受ける人です。 ステークホルダーには、あなたの顧客および実際の製品やサービスの使用者が含まれます。 プロジェクトを計画する際は、必ずステークホルダー全員を特定し、彼らの関心を念頭に置いてください。 プロジェクトのスポンサープロジェクトの範囲、予算、タイムラインのベースを確立します。 次に、プロジェクトの詳細を決定し記録するスコープ記述書を作成し、全員が共通認識を持つようにして、コストのかかる伝達ミスを減らします。 スコープ記述書テンプレートを使用してスタートします。 ヒント: ステークホルダーが述べたニーズの根底にあるメリットを見極めます。 これらのメリットをもたらすことがプロジェクトで達成すべき目標です。 ステップ2:目標の設定と優先順位付け ステークホルダーのニーズのリストを入手したら、それらに優先順位を付けて特定のプロジェクト目標を設定します。 これらの目標にはプロジェクトの目的、または達成したいメトリクスやメリットを概説します。 プロジェクトが明確かつ簡単に共有できるように、あなたの目標およびステークホルダーがプロジェクト計画で求めているニーズを記入します。 ヒント: 「すべてが重要なのですが..」 優先順位付けが困難な場合は、緊急性と重要性に基づいて目標をランク付けするか、意思決定に役立つヒントを調べてください。 ステップ3:成果物を定義する プロジェクトの目標を達成するために必要な成果物とプロジェクト計画ステップを特定します。期待される具体的なアウトプットは何ですか? 次に、プロジェクトの各成果物の期日を見積もります。 (次のステップでプロジェクトのスケジュールを定義する際に、これらの日付を確定することができます。) ヒント: 重要な期限と成果物について、明確なマイルストーンを設定します。 作業が開始されると進捗状況を追跡すると、予定通りにタスクを完了し、ステークホルダーを満足させることができます。 ステップ4:プロジェクトのスケジュールを作成する 各成果物を見て、それぞれを達成するために完了しなければならない一連のタスクを定義します。 タスクごとに、所要時間、必要なリソース、および責任者を決定します。 次に、依存関係を特定します。 他の人が始める前に、特定のタスクを完了する必要がありますか? 成果物、依存関係、およびマイルストーンをガントチャートに入力するか、利用可能な多数のオンラインテンプレートおよびアプリケーションから選択します。 そのために、 Wrikeのガントチャートをぜひ無料でお試しください。 ヒント:計画プロセスにチームを関与させます。 作業の実行者は、タスクを完了する過程、完了までに要する時間、タスクの取り組みに最適な人について把握し理解している筈ですので、 彼らの知識を引き出すよう試みてください。 彼らがプロジェクトのスケジュールに同意し、作業を円滑に進められるように目標を設定してもらう必要があります。 ステップ5:問題を特定し、リスク評価を完了する リスクのないプロジェクトはありません。 ただ成功を祈り、最高の成果を願っても叶えられません。例えば、主要メンバーの休暇取得予定のように、プロジェクト計画プロセスに影響を与えることが前もって分かるような問題はありますか? 一時的な中断に陥らせるような、思いがけない事態 (世界の休日、入荷待ちのパーツ、または繁忙期等々)にはどのようなものが想定されるでしょうか? プロジェクト計画を作成する場合は、特定のリスクが発生するのを防ぐか、またはそれらの悪影響を最小限に抑えるために取るべきステップを検討してください。 リスクアセスメントを実施し、リスク管理戦略を策定して準備を万全にします。 ヒント: 可能であれば、プロジェクトの早い段階でリスクの高い項目に取り組みます。 あるいは、バッファを設け、遅延が発生した場合でもプロジェクトを常に順調に進めるよう手助けします。 ステップ6:プロジェクトの計画をステークホルダーに提示する あなたの計画がステークホルダーの期待にどのように応えるかを説明、あらゆる反論に対するソリューションを提示しプレゼンテーションが一方的でないことを理解させてください。 ステークホルダーとはオープンに意見交換を行ってください。 次に、役割を決定する必要があります:誰がどのレポートをどのくらいの頻度で確認する必要がありますか? どの決定を承認する必要がありますか、また誰が承認しますか? プロジェクトの概要を明確にし、ステークホルダー全員がアクセスできるようにすることで、彼らは小さなアップデートの有無を知るためにあなたを追いかける必要がなくなります。 コラボレーションツールのように、プロジェクトの全データを1か所に格納することで、カレンダーをミーティングで埋めることなく、進捗状況の把握、アップデートの共有および編集を簡単に行うことができます。 はっきりと伝えることが大切です。 ステークホルダーが、プロジェクトに期待されていること、および彼らが取るべき行動を正確に理解していることを確認してください。 あなたにとってクリアであることが彼らにってもクリアであるとは限りません。 次のステークホルダーとのオープンディスカッションは楽しみですか? プロジェクトの計画を前進させ続けるために、気難しいステークホルダーに常に対応するためのヒントがあります。 ヒント: 計画やスケジュールがステークホルダーの当初の期待と一致しない場合は、すぐそれを伝えることでネガティブに驚かせたり、張り詰めた会話になってしまうことを避けてください。 ステークホルダーに対して、「期待や要求が現実的ではない」と言うよりはむしろ、期待や要求の実現に必要な、例えば時間、お金、あるいはマンパワーなどを彼らに伝え、 別のリソースを費やす価値があるかどうかを彼らに決定させてください。   プロジェクト計画の作成後 おめでとうございます、あなたはプロジェクト計画を完了しました! 次のステップ:プロジェクトのキックオフミーティングをスケジュールする。 さて、実際の作業が始まります。 キックオフミーティングで良い雰囲気を作ることがプロジェクトの成功を左右する可能性があります。 10ステップのプロジェクトキックオフチェックリストに従ってスタートをきってください。 プロジェクト計画を立てる準備は完了しましたか? Wrikeでプロジェクト作業計画テンプレートを作成するための迅速な3ステップのプロセスがあります。 プロジェクト計画の立案に関する他の資料 プロジェクト計画を成功させる方法の詳細については、目標達成を手助けする5つのプロジェクト計画のヒントをチェックしてください。 ハーバードビジネスレビューの「計画を立てることが嫌だとしても、とりあえずしてみること」は、計画作成と時間管理の重要性について論じています。   他のプロジェクト管理のステップと戦略については、「プロジェクト管理ガイド」をご覧ください。 「完璧なプロジェクト計画を作成する方法」を読んでください。 プロジェクトの計画に関する他のヒントについては、「決定版ガイド」を参照してください。  

Wrikeを2週間無料でお試しください

Wrikeを2週間無料でお試しください

Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.

関心のあるカテゴリーを選択してください:

成功に向けて - 製造専門家によるプロジェクト管理ソフトの使用方法
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

成功に向けて - 製造専門家によるプロジェクト管理ソフトの使用方法

プロジェクト管理用ソフトは、企業の製造環境における最も重要な要素となってきています。 プロジェクトの期限内・予算内での完了に向けて、効果的なコミュニケーションやコラボレーション、リソース管理を実現します。 企業の製造専門家は、成功に向けてプロジェクト管理ソフトをどのように使用しているのでしょうか? ここでは、製造業におけるプロジェクト管理の重要性、最高のプロジェクト管理ソフトの評価および採用の方法、また採用後はその利点をどのように最大化できるかについて説明します。 Wrikeを無料でお試しください 企業の製造部門におけるプロジェクト管理の重要性を理解する 効果的なプロジェクト管理は、企業の製造部門を成功に導く重要な要因です。 その主な利点の1つは、担当者が締め切りを厳守し、プロジェクトを期限内に完了できることです。 作業の遅れが重要な事態の原因となるペースの速い業界では特に重要となります。 プロジェクトをタスクごとに細分化し、それぞれに期限を設定することで、プロジェクトマネージャーはチームメンバー全員が自身の責任範囲を理解していることを確認できるのです。 製造業におけるプロジェクト管理のもうひとつの重要な要素は、予算内にプロジェクトを完了させることです。 製造業のプロジェクトにはコストがかかり、浪費を避けるために経費を把握することは不可欠です。 プロジェクト管理が製造部門の成功に果たす役割 プロジェクト管理によって、特定の目標達成に向けたリソースのプラニングや調整、管理が可能になります。 品質管理は製造業にとって不可欠ですが、プロジェクト管理によって、目標達成のために製品の品質を犠牲にすることがなくなります。 さらに、プロジェクト管理ソフトの使用でプロジェクトの進捗状況をリアルタイムで見える化でき、問題点を早期に特定して対策を取ることができます。 コストのかかる遅延を未然に防ぎ、プロジェクトの期限内かつ予算内の完了を実現します。 企業の製造部門が直面する主な課題 企業の製造部門は、複雑なサプライチェーンの管理から安全規制の遵守に至るまで、様々な課題に直面しています。 プロジェクトには複数のチームや部門からの情報が必要となり、リソースの効果的な管理は共通の課題と言えるでしょう。 またプロジェクトの競争力を保ち成功に導くために、最新テクノロジーや業界のトレンドを常に把握しておくことも必要です。 製造業界は常に進化しており、これは困難な作業になるでしょう。 製造業界における最高のプロジェクト管理ソフトを評価する 多数のソフトウェアソリューションが市販されている現在、それぞれを精査して自社に適したソフトを見極めることが不可欠です。 優れたソフトが持つ重要な機能には以下が含まれます。 リソースのプラニングと配分 プロジェクトの追跡とステータスのアップデート ワークフローのカスタマイズ、およびカスタマイズの容易性 既存のシステムおよびプロセスとの連携 アクセスの可能性および使い勝手 Wrikeを無料でお試しください 製造部門の独特のニーズに合わせたカスタマイズ 効果的なプロジェクト管理は、各企業の製造部門が持つ独自のニーズに合わせるためのカスタマイズ機能に大きく依存しています。 プロジェクトは複雑で、そのプロセスは企業によって異なるため、ここではワークフローの合理化や効率の最大化、エラーを最小限にとどめることがが目標となります。 カスタマイズには、カスタムワークフローの構築から既存のシステムおよびプロセスとの連携が含まれます。 製造業者はリソースの正確なプラニングや配分を実現するために、プロジェクト管理ソフトを既存のERPシステムに連携させる必要があるでしょう。 製造環境へのプロジェクト管理ソフトの導入 プロジェクト管理ソフトの採用には体系的な取り組みが求められ、 以下をはじめとするアプローチが必要です。 プロジェクトの目標と目的の定義 ソフトウェアによる対応が可能な特定の問題点や課題、および求める成果を識別し、プロジェクトの目標および目的を定義します。 適切なソフトウェアソリューションの選択 プロジェクトの目標および目的を定義した後は、自社のニーズを満たす適切なソフトウェアソリューションを選択します。 ここでは、使いやすさや拡張性、およびコストパフォーマンスなどの要素を基にした評価が必要です。 従業員のトレーニングとオンボーディング 適切なトレーニングとオンボーディングで、従業員はソフトウェアの使用法や自身の作業に対する利点を理解できます。 時間はかかりますが、長期的効果をもたらすためには価値のある投資と言えるでしょう。 チームメンバーが新規の機能や特長を常に把握し、ソフトウェアの機能や使いやすさに対するフィードバックを提供することが、生産性やプロジェクト成果の最終的な向上につながります。 既存のシステムおよびプロセスとの連携 プロジェクト管理ソフトと既存のシステムおよびプロセスとの連携には課題が伴いますが、最高の価値を生み出すためには不可欠です。 これにはソフトウェアと連携するためのワークフローおよびプロセスのカスタマイズなどの作業が含まれ、 関連するすべてのシステム上でデータを共有し、必要な連携やAPIを実現します。 技術面におけるすべての要件を満たすために、連携プロセスでは必ずIT専門家の力を借りることが重要です。 Wrikeを無料でお試しください プロジェクト管理ソフトの利点を最大に生かす プロジェクト管理ソフトは、企業の製造環境においてよりますますニーズが高まっており、それも当然のことと言えるでしょう。 企業がオペレーションを合理化し、コストを削減して、全体的な効率を向上するための様々なメリットを提供するからです。 本セクションでは3つの主なメリットを探っていきます。 コミュニケーションとコラボレーションの効率化 効果的なコミュニケーションとコラボレーションは、プロジェクトの成功に不可欠です。 プロジェクト管理ソフトはプロジェクトに必要な情報を一元化するプラットフォームを提供し、ステータスをリアルタイムでアップデートすることにより、コミュニケーションやコラボレーションを効率化します。 チームメンバーはより効果的に協力でき、誤解や考え違いを最小限に抑えることができるのです。 メンバーの所在地や部門の違いに関わらず、チームとして団結して作業を進めていくことができます。 プロジェクト管理ソフトは、異なる部門や関係者間のコミュニケーションを円滑にします。 プロジェクトの進行に複数部門からの情報が必要な場合は、それらの部門にプラットフォームを提供できます。 リソースの配分およびスケジューリングの改善 製造部門においてプロジェクト管理ソフトが持つさらなる重要な利点としては、リソース配分とスケジューリングの改善が挙げられるでしょう。 リソースの制約を識別し、リソースを最適に配分することによって、より効率的に業務に取り組み、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。 適切な設備を使って適切な時間に適切なプロジェクトに取り組めるよう、スケジュールを合理化できるのです。 プロジェクト管理ソフトはまた、スケジュールの重複や障害を事前に特定でき、 問題が大きくなるために事前措置を講じることができます。 リスク管理の強化とリスクの軽減 リスク管理はプロジェクト管理において不可欠な要素です。 プロジェクト管理ソフトによって製造部門のリスクが軽減され、リスク管理が向上します。 潜在的なリスクを早期発見して緩和措置を取ることで、コスト要因となる遅延やプロジェクトの失敗を避けることができるのです。 プロジェクト管理ソフトは、プロジェクトのタスクや期限、依存関係にさらに優れた可視性を提供します。 すべての関係者がリスクを理解し、適切な取り組みでリスクを緩和できるのです。 まとめ プロジェクト管理ソフトは企業の製造部門が直面する課題を克服し、目標達成のお手伝いをします。 プロジェクト管理の重要性を理解し、適切なソフトウェアを評価して採用して、それらの利点を最大に生かすことにより、コミュニケーションを改善してワークフローを効率化し、リソース配分を最適化してリスクを削減できます。 最終的には、急速に進化を続ける本業界において、複雑なプロジェクトをより効率よく管理して成功に結び付けることができるのです。 Wrikeがお届けする最先端のプロジェクト管理ソリューションで、貴社の製造プロセスを大きく変えてみませんか? 今すぐ無料トライアルを開始して、生産プランやリソース配分、全体的な効率を向上させましょう。 注:本記事はAIエンジンを使用して作成されました。 正確性と品質を保証するために、弊社チームの専門家によりレビューおよび修正されています。 Wrikeを無料でお試しください

Wrikeによってシーメンスのマーケティングに魔法をかける
マーケティング 3分程度でお読みいただけます

Wrikeによってシーメンスのマーケティングに魔法をかける

WrikeのCMOであるEsther Flammerに、シーメンスのVirginia Forgiarini氏とTony Drews氏が加わり、進化するマーケティング環境への取り組み方についての知見を共有します。

ステップバイステッププロセス Wrikeリクエストフォームの作成方法
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

ステップバイステッププロセス Wrikeリクエストフォームの作成方法

仕事の依頼には、大きなものも小さなものもあります。メール、ダイレクトメッセージ、電話会議を通じて依頼されます。そしてもちろん、最も恐ろしいのは「不意に姿を現す」ことによる依頼です。 さまざまなチャネルがあると、混乱状態になり、すべてを把握し、どのプロジェクトの優先度が高いのかを把握するのが困難になる可能性があります。 もはや Wrikeのカスタムリクエストフォームが不可欠です。 Wrikeリクエストフォームとは何ですか? Wrikeリクエストフォームは、作業の引き受けを自動化し、社内外の顧客からのすべてのリクエストを1か所に送り、必要な情報をリクエスト者が確実に提供できるようにするのに役立ちます。 翻訳:よりコントロールしやすく、すぐに作業を開始できます。 リクエストフォームを使うと、作業の引き受けを効率化するだけでなく、 タスク、ワークフロー、プロジェクト全体を自動的に作成できます。 これにより、あなたとチームの作業時間が省けます。 Wrikeリクエストフォームによって、 ブループリントを起動することもできます。これは新しい作業項目のテンプレートであり、新しいブログ投稿やプレスリリースを書くなどの繰り返し行うタスクを複製するように設計されています。 このプロセス中に、必要なすべてのタスク、所有者、および期限も自動的に作成されます。 リクエストフォームを使って設計図からプロジェクトを作成すると、 プロジェクト進捗設定は、日付、カスタムフィールドロールアップ設定、およびすべてのサブアイテムのステータスとともに保持されます。 最終的に、リクエストフォームと設計図はどちらも効率を高め、時間を節約し、管理業務を省くことができるため、より影響力のある作業にすぐに集中できるようになります。 Wrikeでリクエストフォームを作成する方法 ステップ1: リクエストフォームを作成するスペースに移動する ステップ 2: 右上隅の歯車アイコンをクリックする Wrikeを無料でお試しください ステップ 3: リクエストフォームを選択する ステップ 4: スペースの最初のリクエストフォームの場合は [リクエストフォームの作成] をクリックし、スペースに既に既存のフォームが含まれている場合は [+ フォーム] をクリックします。 ステップ 5: フォーム情報を挿入する リクエストフォームの名前を入力します。 (オプション) フォームの説明を入力して、フォームの用途と送信するタイミングをユーザーが理解できるようにします。 右側のパネルに移動して、次の項目を指定します。 フォームが属すべきスペース フォームを閲覧できる人(Wrikeアカウントの全員、特定のユーザーとグループ、またはアカウントの誰も閲覧できない) フォームで新しいタスクまたはプロジェクトを作成する必要がある場合、タスクまたはプロジェクトを複製する必要がある場合、またはブループリントからアイテムを作成する必要がある場合 注:ブループリントからアイテムを作成するには、まずこのドロップダウンから [タスクを複製] または [プロジェクトを複製] を選択し、次に [テンプレートタスク] を選択して、最後に [ブループリント] タブを選択します。 (オプション) フォームへの公開リンク (Wrike以外のユーザー向け) を有効にするかどうか、またそのリンクによってメール通知をトリガーするかどうか、さらにCAPTCHAセキュリティ機能を設定するかどうかを指定します。 (オプション) フォームで作成したアイテムを配置するフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。 注: このステップで何も選択しない場合、フォーム送信によって作成されたアイテムは [自分と共有] フォルダーに置かれます。 (オプション) フォーム送信後に作成されるタスクまたはフォルダーのステータスを選択します。 ステータスを選択しない場合、リクエスト送信によって作成されたタスクとプロジェクトによって、ワークフローの最初のアクティブなステータスが作成されたフォルダー、プロジェクト、またはスペースに適用されます。 (オプション)作成したタスクまたはプロジェクトを割り当てるユーザーを選択します (オプション)リクエストフォームを使用して作成する承認を設定します (オプション) プレフィックスを追加します。 リクエストによって複製されたタスクやプロジェクトにはプレフィックスを設定できます。 プレフィックスは指定された回答となり、送信時に関連するすべてのサブフォルダー、サブプロジェクト、タスク、およびサブタスクに追加されます。 ステップ 6: フォーム入力をカスタマイズする 上記の手順を完了したら、[+ 質問を追加] をクリックします ドロップダウンメニューから追加する質問タイプを選択します。 Wrikeを無料でお試しください ステップ 7: カスタマイズ(続き) 質問と利用可能な回答を入力します (質問タイプによって異なります) (オプション) 質問に関する追加情報を追加するには、「ヘルパー」テキストを入力します。 この情報は依頼者には表示されますが、生成されたタスクやプロジェクトには表示されません。 [必須] をクリックすると、特定の質問についてフォームへの入力と送信が必須になります。 また、リクエストフォーム内の質問と回答を条件付きにして、リクエスト者がフォーム入力に基づいて別の質問にリダイレクトされるようにすることもできます。 作成したタスクまたはプロジェクトで特定の回答を使用する方法をWrikeに指示する回答をマッピングすることもできます。 新しいリクエストフォームを公開または保存する Wrikeリクエストフォームを使用して仕事を整理するにはどうすればよいですか? Wrikeのリクエストフォームの詳細については、 ヘルプセンターをご覧ください. Wrikeで承認プロセスを設定するには、 こちらのハウツー記事をご覧ください。

Wrikeの活用事例: Wrikeのプロフェッショナルサービスがマーケティングチームをレベルアップさせた方法
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

Wrikeの活用事例: Wrikeのプロフェッショナルサービスがマーケティングチームをレベルアップさせた方法

Wrikeのプロフェッショナルサービスチームがどのようにマーケティング業務をレベルアップし、生産性を向上させ、効率を高め、人生で最高の仕事をできるように支援したかをご覧ください。

Wrikeを2週間無料でお試しください

Wrikeを2週間無料でお試しください

Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
プロフェッショナルサービスチーム向けの8つの必読リソース
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

プロフェッショナルサービスチーム向けの8つの必読リソース

現代のプロフェッショナルサービスチームに必要な 8 つのリソースを活用して、収益性の高い成長を促進し、より良い成果をもたらし、クライアントをこれまで以上に満足させましょう。

効果的なマーケティングプランの書き方
マーケティング 3分程度でお読みいただけます

効果的なマーケティングプランの書き方

効果的なマーケティングプランとは、ブランド、オーディエンス、マーケティング戦略の詳細を含めて、ビジネスをどのようにマーケティングするかを定めたものです。 これを書く方法は次のとおりです。

2023年に従業員の活動を増やす方法(究極のガイド)
生産性 3分程度でお読みいただけます

2023年に従業員の活動を増やす方法(究極のガイド)

ビジネスオーナーやマネージャーとして、従業員のやる気、健康、生産性を維持する方法を常に模索していることでしょう。 これを達成する最も効果的な方法の1つは、職場での身体活動を促進することです。 そうすることで、チーム全体の健康状態、メンタルヘルス、仕事の満足度を向上させることができます。 2023年に従業員の活動を増やす方法について知っておくべきことは次のとおりです。   Wrikeを無料でお試しください 従業員の活動の重要性を理解する 職場での活動レベルを上げるために使用できる具体的な戦略を詳しく説明する前に、なぜこれが重要なのかを調べることが重要です。 研究によると、座りがちな行動、つまり身体を動かさずに長時間座っている状態は、肥満、糖尿病、心血管疾患などの健康リスクにつながることがわかっています。 従業員により多くの移動を促すことは、これらのリスクを軽減し、全体的な健康とウェルネスを改善するのに有効です。 従業員が活発に活動することのメリット 定期的に身体活動を行う従業員は、エネルギーレベル、精神的集中力、さらに仕事の満足度が高い傾向にあります。 これにより、生産性が向上し、常習的欠勤が減り、全体的に前向きな企業文化が生まれる可能性があります。 定期的な身体活動は、従業員の健康に大きな影響を与える可能性のあるストレスや不安を軽減するのにも役立ちます。 従業員のストレスが減ると、作業への意欲と生産性が高まり、ビジネスの成果が向上します。 従業員が活発に活動することは、会社の医療費の削減にも役立ちます。 これは、治療に多額の費用がかかる可能性がある糖尿病や心臓病などの慢性的な健康状態を予防または管理するのに役立ちます。 従業員の活動が生産性とエンゲージメントに与える影響 研究によると、定期的に身体活動を行う従業員は、生産性が高く、仕事に集中していることがわかっています。 その理由は、運動が気分を高め、ストレスを軽減し、精神的集中力を高めるという事実にあります。これらはすべて、優れた仕事のパフォーマンスを実現するための重要な要素です。 職場での活動を促進することで、従業員のやる気と仕事への集中力を高めることができます。 定期的な身体活動は、創造性と問題解決能力の向上にも役立ちます。 従業員が休憩して動き回って血流を促すと、革新的なアイデアを思いつき、複雑な問題の解決策を見つける可能性が高くなります。 職場での身体活動を促進することは、従業員の士気を高め、チーム間の共同体意識を育むことにもつながります。 チームメンバーが一緒に身体活動を行うと、強い絆を築き、仲間意識を感じる可能性が高くなり、より前向きで生産的な作業環境につながります。 現在の職場での活動レベルの評価 職場での活動レベルを上げる戦略を実施する前に、現在の状況を評価することが重要です。 改善すべき分野の特定 まず、従業員が勤務時間中にほとんどの時間を費やしている場所をメモすることから始めます。 長時間デスクに座っている場合は、スタンディングデスクを導入したり、ウォーキングミーティングを奨励したりすることを検討してください。 長時間座っていることは、姿勢不良、腰痛、血行の悪化の原因となる可能性があります。 また、従業員福利厚生パッケージの一部として、フィットネスクラスやジムの会員資格を提供することも検討してください。 これにより、スタッフは作業時間外により活動的になり、職場内でのコミュニティ意識の構築にも役立ちます。 従業員のフィードバックと提案の収集 従業員からフィードバックを集めましょう。 現在のルーティンと、仕事中によりアクティブになるのに役立つと思うことを尋ねてください。 これは、これまで考慮していなかった可能性のある潜在的な障壁や課題を特定するのに役立ちます。 身体活動を奨励する職場でのチャレンジや競技を実施してみてください。 これには、歩数カウントのチャレンジから全社的なスポーツリーグまで、あらゆるものが考えられます。 アクティビティを楽しく競争力のあるものにすることで、従業員のエンゲージメントとモチベーションを高めることができます。 職場の活動レベルに関しては、小さな変更が大きな違いを生む可能性があることを忘れないでください。 運動や身体活動を奨励することは、従業員の健康を改善するだけでなく、生産性と仕事の満足度を高めることにもつながります。   Wrikeを無料でお試しください アクティビティとウェルネスの文化の創造 現在の活動レベルを評価し、改善すべき分野を特定したら、今度は職場での活動と健康の文化の育成を始めましょう。 これには、身体活動を優先事項とし、それを会社の価値観やポリシーに統合することが含まれます。 模範を示してリードする 模範を示してリードしてください。 従業員は、あなたが運動と身体活動を優先しているのを見れば、同じことをする可能性が高くなります。 身体活動をご自分の仕事のルーチンに組み込み、上司にも同じことをするよう促すことを検討してください。 昼休みのウォーキンググループを立ち上げたり、会社全体でフィットネスチャレンジを企画したりしましょう。 これは、従業員の身体的健康に利益をもたらすだけでなく、メンタルヘルスと全般的な幸福度を向上させます。 健康とウェルネスに関するオープンなコミュニケーションを奨励する 職場の健康とウェルネスに関するオープンなコミュニケーションを奨励します。 身体活動のためのリソースとサポートを提供するだけでなく、従業員が自分の経験や課題について話し合うための安全な場所を作ります。 ウェルネスに関するワークショップを開催するか、ゲストスピーカーを招待して、身体活動とメンタルヘルスの重要度について話してください。 これは、メンタルヘルスをめぐる偏見を解消し、従業員が自分の健康を優先するよう促すのに役立ちます。 健康を会社の価値観や方針に組み込む 健康と身体活動を会社の価値観や方針に取り入れましょう。 定期的に身体活動を行う従業員、運動を行うことによる休憩や機会を仕事に取り入れる従業員にインセンティブを付与し、施設内のフィットネス施設やジムの会員制度を設けます。 オフィスでヘルシーなスナックを提供したり、ヘルシーな持ち寄りランチを開催したりすることを検討してください。 これにより、健康的な食習慣が奨励され、従業員間のコミュニティ意識とチームワークが育まれます。 効果的な活動プログラムとイニシアチブの実施 アクティビティとウェルネスの文化が確立されたら、今こそ職場での身体活動を促進するための効果的なプログラムとイニシアチブの実施を開始する時です。 柔軟な勤務スケジュールとリモートワークの選択肢の提供 従業員に柔軟な勤務スケジュールとリモートワークの選択肢を提供しましょう。 これにより、ランニングやフィットネスクラスへの参加など、スタッフが職場以外で身体活動を行う時間と機会が増えます。 柔軟な勤務スケジュールはストレスレベルの軽減にも役立ち、全体的な健康と幸福にプラスの影響を与える可能性があります。 従業員が最も生産性の高い時間に仕事に従事できるようにすることで、時間をより適切に管理し、身体活動に優先順位を付けることができます。 リモートワークの選択肢は、オフィスから遠く離れた場所に住んでいる人や、家族の責任があるために定期的な勤務スケジュールを守ることが難しい人にとっても有益です。 これにより、通勤時間が短縮され、従業員が身体活動に従事する時間が増えます。 職場内のフィットネス施設またはジムの会員資格の提供 リソースがある場合は、従業員に職場内のフィットネス施設やジムの会員資格を提供することを検討してください。 これにより、従業員はオフィスを離れることなく、勤務時間中に身体活動を行うことが容易になります。 職場内のフィットネス施設は、コミュニティ意識を構築し、従業員間の社会的交流を促進する素晴らしい方法でもあります。 一緒に運動することで、従業員は思い出を共有して絆を深め、より強固な関係を築くことができます。 週末のグループハイキングを開催するなどの場合は、家族や友人にも体験に参加してもらうことができます。 ジムの会員資格は、従業員にとって便利で個々のフィットネス目標に合った運動環境を選択できるため、従業員にとっても貴重な特典となります。 チームの育成活動やスポーツイベントの企画 身体活動を促進し、チームの結束を促すために、チームの育成活動やスポーツイベントを企画することを検討してください。 これには、毎週のサッカーゲームから、全社的なチャリティーウォークやランニングまで、あらゆるものが考えられます。 チームの育成活動は、従業員の士気を高め、仲間意識を育むのに役立ちます。 スポーツイベントは、身体活動を行い、健全な競技を促進する楽しい方法でもあります。 ウォーキングミーティングやスタンディングミーティングの促進 ウォーキングミーティングやスタンディングミーティングを奨励してください。 会議室で座る代わりに、街中を散歩したり、ミーティング中に立ったりすることを検討してください。 これにより、長時間座っている時間を解消し、仕事中の動きを促すことができます。 ウォーキングミーティングは、新しいアイデアを出し合い、クリエイティブな状態を維持するのにも最適な方法です。 外に出て動き回ることで、従業員はより活力と集中力を感じることができます。 スタンディングミーティングは、姿勢を改善し、背中の痛みやその他の筋骨格系疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。 結論 職場での身体活動を優先し、ウェルネスの文化を築くことで、従業員の健康、幸福、仕事の満足度を向上させることができます。 効果的なプログラムやイニシアチブを実施するには、計画と労力が必要ですが、長期的にはそれだけの価値があります。 まず、現在の職場の活動レベルを評価し、活動と健康を重視する文化を醸成して、効果的なプログラムとイニシアチブを実施してチームを動かしましょう。 Wrikeの究極のガイドに従い、2023年に従業員の活動を強化し、Wrikeの強力なプロジェクト管理機能を最大限に活用してください。 今すぐ無料トライアルを開始して、チームのパフォーマンスに革命をもたらしましょう。   Wrikeを無料でお試しください   注:この記事は AI エンジンの支援を受けて作成されました。 正確性と品質を確保するために、専門家チームによってレビューおよび改訂されています。

経済が不安定な時代における効率性の習得: Wrikeの効率性レポートの分析情報
生産性 3分程度でお読みいただけます

経済が不安定な時代における効率性の習得: Wrikeの効率性レポートの分析情報

Wrikeの2023年効率性レポートには、ビジネスリーダーがどのように効率化戦略を練り、仕事のダークマターが根強く残っていることに取り組んでいるかについての貴重な分析情報が掲載されています。

効率的なマーケティングへのシフトをナビゲート:Wrikeを活用して最大限の成果を上げる
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

効率的なマーケティングへのシフトをナビゲート:Wrikeを活用して最大限の成果を上げる

「どんな犠牲を払っても成長する」時代を経て、不確実な経済情勢のために多くの組織が撤退している中、今や効率性が命題となっています。 効率性を向上させる取り組みにおいて、マーケティングチームは予算を引き締め、最大の結果を生み出すキャンペーンに注力しています。 顧客や利害関係者に価値を提供することはかつてないほど重要であり、キャンペーンのパフォーマンスをリアルタイムにエンドツーエンドで可視化することは、マーケティングの成功に不可欠です。 これを実現するには、チームは影響力のあるマルチチャネルキャンペーンを効率的に実施し、その成果を測定する必要があります。 マーケティングへの影響を理解し、利害関係者と共有するには、わかりやすいデータが重要です。 しかし、キャンペーンやチャネル全体での可視性が限られているため、これが困難になっています。 さまざまなチームがチャネルを管理し、個別のレポートを作成することが多いため、リソースと調査結果をまとめるのに時間がかかります。 ここで役立つのがWrikeであり、マーケティングチームとクリエイティブチームのための包括的な作業管理プラットフォームとして、比類のないサポートを提供しています。 信頼できる唯一の情報源の必要性 マーケティングチームには、作業を遂行するためのリソースが少ないにもかかわらず、戦略が結果を生み出していることを証明しなければならないというプレッシャーがかかっています。 すべてのプロジェクトとキャンペーンへのリアルタイムの可視性がなければ、複数のチャネルにわたって影響力のあるキャンペーンを特定して実施し、成功を測定することは困難です。 その可視性を妨げているのは何でしょうか? それは、接続されていないアプリが多すぎることです。 リモートワークとハイブリッドワークの結果として、組織は異なるチームをサポートするためにより多くのアプリケーションを導入し、マーケティング担当者は現在、作業を完了するために毎日平均15個のアプリを使用しています。 アプリケーションが急増しているため、従業員や部署長は、進行中の作業とその進捗状況、完了した内容、およびその作業が戦略的イニシアチブや会社の目標にどのように関連しているか、サポートしているか、あるいはそれを妨げているかを正確に把握することがますます困難になっています。 その結果が 仕事のダークマター. です。CERNが宇宙の質量の95%を占める「目に見えない」物質としてダークマターを定義したように、仕事のダークマターは、すぐには見えないが周囲のあらゆるものに強力な影響を与える活動や情報を意味します。 ダークマターは、テキスト、アプリ、ビデオ通話、スプレッドシート、会話の中に存在し、重力質量があるため、ビジネスやプロジェクトを誤った方向に導きやすくなります。 大半の部署長は、部署内で行われている作業の55%しか把握していません。 また、チームが目標や目的に対してどのように業績を上げているかを理解しているビジネスリーダーは37%に過ぎません。 マーケティング担当者は、パフォーマンス指標に簡単にアクセスして提示し、インパクトをより有意義に伝えることができる統合プラットフォームを必要としています。 これこそがWrikeの強みです。 Wrikeを無料で試す 改善されたWrike Marketing Insightsのご紹介:マーケティングチームのゲームチェンジャー Wrikeは、マーケティング担当者がクロスチャネルのROIと広告支出を最適化してエンドツーエンドのプロセスをつなぎ、キャンペーン管理、アセット作成、パフォーマンスの洞察を単一のプラットフォームにまとめ、マーケティングチームがデジタルのスピードで動けるようにする唯一の作業管理ソリューションです。 Wrike MarkMarketing Insightsを使うと、マーケティング担当者は広告、ソーシャルメディア、マーケティングオートメーションの15種類の一般的なデジタルツールを統合し、データが投入されるのを見て、ファネル全体のパフォーマンスインサイトを自動的に360度可視化できます。 そうすることで、チームはパフォーマンスの高いイニシアチブを簡単に特定し、パフォーマンスが低いものにはフラグを付け、必要に応じてワークフロー内でピボットして最適化することができます。 Wrike Marketing Insightsでは、プロジェクトのステータス、キャンペーンのパフォーマンス、リソース投資にもすぐにアクセスできます。 Wrikeは指標をすべての人に公開し、チームのサイロ化を解消することで、組織全体の運用効率を高め、マーケティングチームがより迅速に、より成功裏に行動できるようにします。 マーケティングチームがWrike Marketing Insightsを利用できる方法をいくつかご紹介します。 クリエイティブ: Wrikeを使用すると、クリエイティブチームは1か所でつながった方法で作業できます。 アセットの作成、レビュー、承認から公開、追跡まで。 クリエイティブチームはアセットの収益率を確認し、それがもたらす影響を示すことができます。 デジタル: さまざまなチャネルを通じて統合されているキャンペーンには多数のタッチポイントがあり、Wrikeを使用すれば、インパクトのあるキャンペーンを特定するのに必要な、重要な可視性と洞察を得ることができます。 Wrikeを使うことで、パフォーマンスをファネル全体で可視化し、使いやすいインターフェイスでイノベーションを起こすことができます。 マーケティングオペレーション/プロジェクト管理: すべてのマーケティングチームの足並みを揃え、取り組みがキャンペーンの成功指標にどのようにつながるのかを可視化します。 Wrikeを利用すれば、最も影響の大きい取り組みに集中し、問題のある領域を迅速に特定できます。 Wrikeを無料で試す 他のソリューションをはるかにしのぐWrike パンデミック後のマーケティングの課題には、チームがデジタルのスピードで動けるようにする、堅牢で包括的なソリューションが必要です。 Wrikeは、広告費を最適化し、リソースを効果的に管理し、マーケティングへの影響をきめ細かく示すためのツールとプラットフォームを提供します。 チームの取り組みを統合し、透明性を維持し、より効率的なコラボレーションを促進するWrikeは、今日の不確実な時代にマーケティングキャンペーンを成功させるための頼りになるプラットフォームです。

効率的なワークロード管理プロセスを作成する方法
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

効率的なワークロード管理プロセスを作成する方法

効率的な作業負荷管理は、チーム生産性を最大化し、過労や燃え尽き症候群のリスクを軽減するのに役立ちます。 Wrikeの作業負荷管理ツール詳細。

2023年におすすめの、Trelloに代わるソリューション
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

2023年におすすめの、Trelloに代わるソリューション

Trelloに代わる無料のソリューションをお探しですか? 機能、メリット、価格など、その他のタスク管理ソリューションをまとめてご紹介します。

日本の電力会社JERAが効率を高めて意思決定の迅速化を実現した方法
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

日本の電力会社JERAが効率を高めて意思決定の迅速化を実現した方法

Wrikeによって分断されたプロセスが標準化された、日本の電力会社が作業マネジメントソフトウェアを使用してタスクを合理化した方法をご紹介します。

Wrikeが戦略、目標、スプリントを同期させる方法
Wrike TechClub 3分程度でお読みいただけます

Wrikeが戦略、目標、スプリントを同期させる方法

大きな製品や製品ポートフォリオを持つ企業は、戦略と従業員一人ひとりの日常業務を同期させるように努めなければなりません。 チームが順不同に行動しても、戦略は美しい文書のままです。 この記事では、当社がさまざまなレベルでどのように目標を調整しているのか、計画のさまざまな段階でどのような目標が設定されているのか、誰が計画に関与しているのかを明らかにします。 Wrikeには3つのレベルの製品目標があります。 年間 四半期ごと チーム固有のスプリント目標 各レベルには、プロセスを構築し、目標を達成する責任を負う従業員がいます。 戦略と年間目標 Wrike には、企業戦略とそれをサポートする製品戦略があります。 それぞれの関係を理解するために、例を見てみましょう。 企業がエンタープライズセグメントでより多くの事業を展開したい場合は、特定の製品変更が伴います。それが製品戦略です。 企業戦略は、それよりもはるかに幅広くなります。 製品の変更に加えて、たとえば営業部門の採用方法を変えたり、マーケティングを再構築したりする必要があります。 企業戦略とは、どの市場セグメントに参入したいかということであり、製品戦略とは、これらのセグメントに効果的に参入するために製品をどのように変える必要があるかということです。 製品戦略と企業戦略は密接に関連しているため、更新は同期して行われます。 通常、年に一度、戦略をレビューします。 企業戦略は経営チームの責任であり、製品組織は製品担当副社長が代表を務めます。 経営チームは定期的に会合を開き、その結果、会社の全体的な戦略を決定します。 そうすることで、会社として何を達成したいのかが明確になります。 製品チームはこのプロセスにはあまり関与しません。たとえば、製品担当副社長は、特定の課題に取り組むよう誰かに依頼したり、必要なデータを準備したりすることができます。 製品チームは、製品戦略にはるかに深く関わっています。 製品担当副社長がこのプロセスを担当し、すべての製品チームが関与します。 製品戦略プロセスをよりよく理解するには、製品チームがどのように構成されているかを理解することが重要です。 製品チームは、別々の部門(ユニット)で構成されています。 各ユニットには独自のリーダーがいます。 この記事では、リードプロダクトマネージャーと呼びますが、プロダクトディレクターやシニアプロダクトマネージャーの場合もあります。 ユニット内には製品チームがあり、それぞれがプロダクトマネージャーによって率いられています。 製品戦略の形成は、トップダウンとボトムアップという2つの方向で行われます。 製品担当副社長によって形成される製品開発の一般的なベクトルは、「トップダウン」です。 そのために、企業戦略、一般的な市場動向、競合調査、ガートナーなどの分析機関からのレポート、製品販売分析(たとえば、より強力なセグメント、成長しているセグメントなど)など、さまざまなインプットデータを使用します。 これらすべての情報は、何に焦点を当てるべきかを理解するのに役立ちます。 さらに、自分たちの限界を理解することもできます。 今年はどのようなリソースを製品開発に投資できるか? 技術プラットフォームの改善や不具合の修正など、必須のサポートプロセスにどれくらいの費用をかける必要があるか? トップダウンの方向性は、戦略的イニシアチブの具体的な提案を策定するための枠組みを形成します。 ボトムアップの方向性は、製品チームによる戦略的イニシアチブのアイデアです。 これらはリードプロダクトマネージャーによって策定されますが、一般的には、まず所属する部門のプロダクトマネージャーと相談します。 これは、PMがアイデアを提出し、製品戦略の策定に参加する機会です。 すべての提案が収集されると、ユニットリーダーの一連の会議で議論され、そこで各アイデアが評価されます。 後で製品戦略に含まれる投資分野を、さまざまな基準に従って検討します。 優先順位付けプロセスは常に改良され、改善されています。 たとえば、あるアイデアの実装から得られる可能性のあるROIを計算し、それが会社の戦略にどのように適合するかを確認し、ICEに従って各アイデアを評価できます。 議論と優先順位付けの後、製品担当副社長は結果を分析し、翌年の製品戦略を策定します。 作成された戦略は、まずフィードバックループを通過します。 リードプロダクトマネージャーは、それを注意深く研究して話し合い、すべてのプロダクトマネージャーのミーティングに持ち込みます。 その成果は、洗練された製品戦略です。 投資構成: これには、今年どこにどのくらいの割合で投資するかが含まれます。 今年の大まかな製品目標:そのような目標の例としては、新しい市場セグメント向けのソリューションをリリースしたり、製品を新しい大きなビジネスのニーズに対応させたりすることが挙げられます。 大まかな目標はインスピレーションの源となり、通常、これらの目標がどの程度正確に達成できるかがまったく明白ではないという意味で、かなり抽象的なものになります。 そのような目標はかなりあるはずです。 当社の場合、今年は3つあります。 目標ごとに、成功の測定方法に関するコアの指標を定義します。 各目標の具体的なサブ目標: これらは、チーム全員が信じているより大まかな目標への道筋を示します。 同時に、この道筋は、具体的な特徴ではなく、達成したい中間目標のレベルで、まだかなり抽象的に策定されます。 例えば、私は現在「プラットフォームの構成可能性の向上」という目標を担当しています。 特定のリードプロダクトマネージャーがそれぞれのサブ目標を担当します。 計画段階での彼らのタスクは、サブ目標を明確にし、製品アナリストと一緒にそれらの指標を決定することです。 年間を通して目標の指標に取り組むため、サブ目標レベルの指標については、四半期ごとの目標を設定します。 四半期目標 四半期目標は、年次計画で定義したサブ目標に基づいており、限られた範囲でそれらと重複する場合があります。 四半期計画の開始時には、まず目標(最上位の年間目標のサブ目標)と主要結果(四半期ごとに定義した指標の目標)が既に設定されています。 ただし、年初以降、いくつかの変更が発生した可能性があるため、目標の一部が修正される可能性があります。 次の四半期には一部の目標に取り組まず、目標の一部のみに焦点を当てることもあります。 また、特定の四半期に新たな目標が追加される場合もあります。 年間目標と同様に、四半期ごとの目標はまずプロダクト担当副社長とリードプロダクトマネージャー (プロダクトマネジメントチームと話し合う) の間で話し合います。 製品担当副社長は、ユニットリーダーと四半期目標について話し合った後、すべてのプロダクトマネージャーが集まるミーティングで四半期目標を提示し、質問に答え、フィードバックを収集します。 プロダクトマネージャーの次のタスクは、この目標と指標の望ましい変化の達成に役立つ具体的な取り組みを提案することです。 イニシアチブのアイデアは、ユニット内のすべての製品マネージャーと開発マネージャーで話し合われます(結局のところ、イニシアチブは現実的でなければなりません)。 当社は、ユニット内の開発を担当するユニットマネージャーを社内に雇いました。 ユニットマネージャーは、どのチームを、どのように、どこに、指名するかを計画するサポートを行います。 さらに、チームそれぞれが各自の能力を評価し、次の四半期に引き受ける準備ができているイニシアチブとそうでないイニシアチブを把握できます。 アイデアには、他のチームやユニットとのディスカッションが必要な場合もあります。 Wrikeは大規模で複雑な製品であり、目標を達成するには他のチームの助けが必要になることがよくあります。 四半期計画を適切に策定するためには、これらすべての依存関係を考慮して計算し、全体的な結果をどのように達成するかについて合意する必要があります。 すべての話し合いの後、計画は当社の主要な管理ツールであるWrikeアプリに取り込まれます。 計画の結果とその理由について私たちが同じように理解できるようにするために、全体的なミーティングが開かれ、そこでリードプロダクトマネージャーがユニットの計画を発表します。 ミーティングには、すべてのプロダクトマネージャーと開発マネージャー、および参加を希望するすべての人が参加します。 スプリント目標 プロダクトマネージャーを含め、特定のチームがスプリントの目標を担当します。 Wrikeのすべてのチームは、2週間の反復のスクラムに従って作業します(計画サイクルが会社全体で調整されている場合に非常に便利です)。 特定のプロセスはチームごとに大きく異なる場合があります。 チームにとって都合の良いものでなければなりませんが、会社が必要としているのは、各チームが少なくとも2週間に1回、共通の目標に近づくための製品の増強を行うことだけです。 チーム全体が、その四半期に向けて共同で策定した四半期目標を達成するためのスプリント目標を立てます。 通常、チームは四半期ごとの目標に対する進捗状況をスプリントレビューでハイライトします。 どのチームも野心的な目標を設定しようとするため、スプリントの目標が達成されないことがあります。 チームには、ユニットが四半期全体の目標に近づくように各スプリントを計画することが求められているので、これは大したことではないと考えています。 プランニングツール 私たちは、少なくともドッグフーディングの目的では、Wrikeアプリを最大限に活用するよう努めています。 目標のさまざまなレベルと階層を構築できます。 年間目標、サブ目標、指標を含む四半期計画、さらにはスプリント目標までフィードします。 目標はさまざまなセクションで表示できます。 たとえば、プロダクトマネージャーがスプリントを計画する場合、他の目標階層をまったく見ない場合があります。 同時に、レベル間のつながりは維持され、いつでも追跡または視覚化できます。 私たちは主に実装段階でWrikeを使用しています。 計画やブレーンストーミングのさまざまなオプションの開発は、非構造化データを使った処理の方が適しているため、多くの場合 Excel または Miro で行われます。 Wrikeにおける目標の構造 企業戦略 (経営チーム) — 毎年 製品戦略 — 毎年。 ドライバー — 製品担当副社長 インプット: 企業戦略 市場データ(トレンド、アナリスト、競合他社、勝敗など) 現在の投資構成 提案された投資分野(PMと協力するリードPM) -> 評価 成果: 投資構成 指標を含む年間目標(今年は3つ) 指標を含むサブ目標 (プラットフォームの設定可能性の改善など) 目標の優先順位 各目標には責任あるリードPMがおり、定義を練り、指標に関する議論を促進します。 フィードバックループ 四半期目標: 今四半期のサブ目標 製品担当副社長による提案、フィードバックループ 当四半期の明確な指標 — リード PM + アナリスト 提案されたイニシアチブ — PM+チーム、リードPMと話し合い、より広範なグループに提示 ユニット間の依存関係の解決 スプリント目標(PM + チームで設定) この記事は、Wrikeのディレクター兼プロダクトマネージャーであるAnna Lopatuhinaが執筆しました。

2023年のプロジェクト管理ソフトウェアとツールのベスト39
プロジェクト管理 5分程度でお読みいただけます

2023年のプロジェクト管理ソフトウェアとツールのベスト39

2023年の39件のベストプロジェクト管理ソフトウェアソリューションを見つけて、それぞれの特長、機能、料金プランを比較してください。

IntelcoがWrikeで業務効率を向上
コラボレーション 3分程度でお読みいただけます

IntelcoがWrikeで業務効率を向上

これは、おそらく共感したり、過去の思い出をかき立てたりできるストーリーなので、きっと気に入っていただけるはずです。 Intelcoは、高速道路、空港、エンジニアリング、小売、繊維などの大規模な産業グループにサービスを提供するソフトウェア企業です。 イタリアのグッサーゴに拠点を置く同社は、人事管理を外部委託する企業にとって真の戦略的パートナーです。 同社は、人材管理プロセスを最適化、合理化、デジタル化するための約42のモジュールで構成されるIntelco所有のプラットフォームであるIRISソフトウェアの「テーラーメイド」カスタマイズにより、幅広いサービスを提供しています。 2019 年、同社はあまりにもありふれたシナリオに直面しました。 彼らのチームはさまざまなシステムで作業していたため、可視性を高める必要があり、作業を効率的に追跡したり、進行中の作業や完了したプロジェクトの履歴を確認したりすることができませんでした。 彼らは、プロセスを最適化し、よりスマートに作業する方法を見つけようと決心しました。 変更管理が必要でした。 変化は恐ろしいように思えましたが、コラボレーションの改善とプロセスの合理化という最終目標を達成するには変化が必要であることを彼らは知っていました。 IntelcoのプロジェクトマネージャーであるMattia Ronchi氏とPaolo Baiamonte氏(以下MR & PBと表記)に話を聞き、彼らのワークフロー、主な問題点、そして彼らがWrikeを選んだ理由について詳しく学びました。 Intelcoはこれまで、どのように作業を管理し、追跡していたのでしょうか。 MR & PB: 以前は、すべての作業スプレッドシートと手書きのメモで管理していました。 特に当社のサービスチームは、メールと電話に頼っていました。なぜなら、クライアントは最初にサービスチームにメールまたは電話をしないと新しいリクエストを開始できなかったからです。 そのため、修正が必要なバグや変更リクエストが送信されるたびに、サービスチームには大量の問い合わせが殺到していました。 それは理想的ではなかったし、もっと良い方法があるはずだとわかっていました。 チームがより良いソリューションを探す動機は何だったのでしょうか? MR & PB: すべては、チケットシステムのアップグレードと新しいリクエストへの対応から始まりました。 明らかな問題は、リクエストを受け入れるチャネルが複数あることでした。 すべてを処理するための、統合された、追跡しやすいシステムが必要でした。 しかし、プロセスを合理化し、より多くのチームがすべての部門が行っている作業を可視化し、コラボレーションできるようにしたいとも考えていました。 ここで重要なのは、すべてを1か所で実現したかったということです。 評価プロセスについて教えてください。また、Wrikeに決めた理由を教えてください。 MR & PB: 組織変革の導入は簡単ではありませんが、変革管理が必要であることはわかっていたので、作業管理ソリューションを探しました。 どのソリューションが私たちのニーズに最も適しているかを判断するため、複数の製品デモを見ました。 すべてのデモの後、どのプロバイダーもニッチすぎたり、ソフトウェアが重かったり、必要なものにカスタマイズできなかったりして、感心しませんでした。 Wrikeを見てみると、そのプラットフォームがいかに堅牢で、私たちが希望する作業方法に合わせてカスタマイズできるかが明確になりました。 他のプラットフォームはWrikeほど柔軟ではなかったため、大きな違いが生まれました。 例えば、 リクエストフォーム は、プロセスを簡略化し、適切なチームメイトを即座に自動割り当てしてくれるので、私たちが望んでいた以上です。 リクエストフォームは作業の優先順位付けに役立ち、毎朝チームが到着したときに、Wrikeでやるべきことの優先順位付けされたタスクを簡単に確認できるため、何をすべきかを推測する必要がなくなります。 Intelcoのどのチームが作業の管理とコラボレーションにWrikeを使っていますか? MR & PB: 私が変革管理プロセスの先頭に立つのを手伝ったので、サービスチームと並んで、プロジェクト管理チームがWrikeを最初に利用するようになりました。 すぐにうまくいっていることが分かると、その噂はマーケティング、法務、財務、ITなどの他の部門にも急速に広まりました。 今日に至るまで、会社全体がWrike内で作業しています。 この製品が素晴らしいもう1つの点は、Intelcoの各部門が専用スペースを持っており、そこでプロジェクトを設定し、活動を追跡できることです。 すべての作業別々に保管しながらもWrikeに保管できるので素晴らしいです。 Wrikeのどの機能を最もお勧めしますか? MR & PB:リクエストフォームを使用すると、 ブループリントに結びつけて、数回クリックするだけで本格的なプロジェクトを立ち上げることができるので、それが素晴らしい機能だと思います。 Wrikeを使用する前は、仕事に費やした時間を追跡していませんでしたが、今は タイムシート を使用して追跡しています。もうこれなしでは、やっていけません。 タスクごとに費やされた時間をリアルタイムで監視できます。 可視性が高まり、費やした時間が記録されるので、計画や予測がしやすくなります。 可視性に関して言えば、私たちが愛する他の機能には、Wrike Analyzeを介してカスタムのダッシュボードを作成できる点が含まれます。 マネージャーを含むすべての人が、リリース中のプロジェクトとそれぞれのステータスを確認できます。 メール、スプレッドシート、手書きのメモなどを探し回る必要はもうありません。すべてWrikeにあるからです。 すべての作業とコラボレーションがプラットフォームで行われているだけでなく、これらの機能のおかげで、他のチームと比較してどのチームが最もパフォーマンスが高く、どこを改善する必要があるかをすばやく把握できるようになりました。 Wrikeを使用するIntelcoの今後の計画は? MR & PB:すべての新入社員は初日からWrikeの研修を受けることになっています。また、Wrike Integrateを使用してSalesforceアカウントと当社の技術スタックの他のアカウントを同期する予定です。 ケーススタディーの全文をチェック Intelcoのストーリーにはまだまだあります。詳細はこちらからご覧いただけます。 Wrikeの導入により、処理するメールの数が90%減り、バグ修正が50%早く完了し、進捗会議の時間を30%節約できることがわかるでしょう。 ケーススタディーの全文はこちらでご覧いただけます。

スプレッドシートとプロジェクト管理ツールをシームレスに連携させる 4 つの方法
生産性 3分程度でお読みいただけます

スプレッドシートとプロジェクト管理ツールをシームレスに連携させる 4 つの方法

プロジェクト管理アプリ、顧客関係管理プラットフォーム、動的データベース。あらゆる種類のタスクに対応するツールがあふれているように思えます。 それでも、スプレッドシートはまだいたるところにあります。 毎回交換しようとするべきでしょうか? それとも結局その全部を受け入れるべきでしょうか? そのどちらでもありません。 代わりに、スプレッドシートと他のツールを一緒に使うべきです。 そうすれば、データのコピーと貼り付けを延々と繰り返したり、その他の手作業を行ったりする必要がなくなります。 ここでは、作業を統合し、他のツールとともにスプレッドシートを最大限に活用する4つの方法を紹介します。 Wrikeを無料でお試しください 仕事にスプレッドシートが最適なケースを認識する 近年、SaaS市場が巨大化しているにもかかわらず、一部の仕事において、まだスプレッドシートを好む人もいます。 スプレッドシートが好まれるタスクの例をいくつかご紹介します。 予算編成: しっかりとした計算式とデータベース機能を備えているため、スプレッドシートは特定のプロジェクト、チーム、さらにはビジネス全体の予算を管理するための優れた方法であることに変わりはありません。 複数のソースからのデータの処理: 使用するツールのほとんどはデータを CSV ファイルとしてエクスポートできるため、スプレッドシートは、新しいソフトウェア連携のたびに費用をかけることなく、これらすべてのデータを処理するのに最適です。 SEO管理: 検索エンジン最適化 (SEO) ツールは、コンテンツが検索結果でどの程度ランクインしているかを追跡することに関してはクラス最高ですが、これらのツールのデータは必ずしも共有しやすいとは限りません。 スプレッドシートは、そのデータを共有したり、分析したりするのにも最適です。 これらは、スプレッドシートが役立つタスクのほんの一部です。 しかし、便利だからといって、他のツールを置き換える必要はありません。 作業の大部分がWrikeのようなプロジェクト管理ツールで行われている場合でも、スプレッドシートをワークフローに統合する方法を簡単に見つけることができます。 ワークフロープロセスのベストプラクティスを概説する場合でも、連携を使用する場合でも、必ずスプレッドシートがプロセスのどの部分に適合するのかを計画し、可能な限りシームレスな連携を実現するための措置を講じてください。 スプレッドシート専門家に頼る方法を学びましょう どのチームにも 1 人のスプレッドシートマスターがいて、数分、2、3 行、ある程度のデータでほぼ何でもできます。 詳細なレポートを作成する場合でも、ダッシュボードを作成する場合でも、大規模な会議の出欠を取るなど、チーム固有の問題を解決する方法を見つける場合でも、スプレッドシート専門家ならこれらのツールを本当に活用できます。 プロジェクト管理、スケジューリング、データベース管理、またはその他の機能に対応するクラス最高のツールがあっても、スプレッドシートはあれば便利なツールです。 新しいソフトウェアを購入しなくても、近くにいるスプレッドシートのマスターに特定のユースケース向けのソリューションをすばやく作成してもらい、必要な新しいプラットフォームの予算が確保されるまで使用することができます。 スプレッドシートは、他の点では素晴らしいツールスタックの穴を埋めるのに役立ちます。 しかし、身近なスプレッドシートの専門家がスプレッドシートをあらゆるものに変えることができるからといって、そうすべきだという意味ではありません。 プロジェクトマネージャーやチームリーダーは、特定のツールを他のツールよりも優先して使用する場合を明確にし、必要に応じてスプレッドシート専門家を解放してあげることができます。 Wrikeを無料でお試しください スプレッドシートを愛するチームを受け入れてください チームによっては、他に何があろうと関係ない場合もあります。スプレッドシートは何年もの間使ってきた方法であり、それに匹敵するものはありません。 Microsoft Office や Google Workspace のプランを利用しているすべての企業にスプレッドシートツールが用意されているように、最も利用しやすいツールの1つであることや、特定の職種で受けるトレーニングの一環であるからかもしれません。 会計士、データアナリスト、人事スペシャリストを思い浮かべてください。 スプレッドシートに多くの時間を費やすと、スプレッドシートがあらゆる問題の解決策であると考えがちになります。 これらのチームに、スプレッドシートを使わずに作業を進めるように説得してみることもできるかもしれません。 しかし、それは、本当に誰かの時間の最高の使い方なのでしょうか? すべてのことにスプレッドシートを使用するチームもあることをそのまま受け入れるのが最善かもしれません。 なぜなら、 作業の大半にWrikeを使っていても、シームレスに連携できる方法があるからです。 それぞれの長所をお気に入りのツールと組み合わせてください 適切なプラットフォームがあれば、スプレッドシートだけで作業するチームのことを心配する必要すらありません。 選択したツールを離れることなく、またスプレッドシートで作業していることに気付くことなく、シームレスに共同作業できます。 その方法は? Wrike Sync by Unitoを使ってです。 他のチームが構築しているスプレッドシートのメリットを享受しながら、すべてWrikeで作業できます。 Wrike Syncはコード不要の連携アドオンで、データをスプレッドシートからWrikeへ、またはその逆にデータを送信すると同時に、両方のツールですべて同期した状態に保ちます。 それでは、これで何ができるのでしょうか? Wrikeレポート用にスプレッドシートからデータを引き出す: Wrikeには強力なレポート機能がいくつかありますが、他のプラットフォームのデータを使用する必要がある場合は、すべてを手動でエクスポートすると膨大な時間がかかります。 Wrike Syncを使用すると、すべてのデータがWrikeに保存され、自動的に最新の状態に保たれます。 Wrikeのデータをデータベースに取り込む: チーム重要なデータベースにスプレッドシートを使用している場合、ほぼ確実にデータをツールに取り込むことが期待されます。 Wrike Syncを使えば、手作業を省き、データを必要な場所に置いておくことができます。 Wrikeをチームが使用するあらゆるツールと連携: Wrike Syncはスプレッドシートだけのものではありません。 どのチームと作業する場合でも、Wrikeをそのツールに接続すれば、全員が最新情報を把握できます。 WrikeタスクをZendeskチケット、HubSpotタスク、Jiraの問題、Miroカード、 その他多くのツールと同期します。 スプレッドシートは必ずしも置き換える必要はありません。 今までのツールをやめようとしないチームに対処している場合も、そのスプレッドシートが実際にベストな選択肢であるタスクでも、ワークフローにスプレッドシートを組み込んでおくことができます。 また、Wrike Syncのようなプラットフォームを使用している限り、ツール間のギャップを何時間もの手作業で埋めることなく、クラス最高のプロジェクト管理アプリからすべての作業を行うことができます。

合理化シリーズ:解雇による隠れたコストに対処する方法
生産性 3分程度でお読みいただけます

合理化シリーズ:解雇による隠れたコストに対処する方法

貴社がレイオフを経験したことがあれば、プロジェクトやタスクを受け継ぐように言われたことがあるかもしれません。 タスクをもう1つ受け入れる余裕を作るヒントをご紹介します。

合理化シリーズ:Wrikeがお客様の成功をサポート
生産性 3分程度でお読みいただけます

合理化シリーズ:Wrikeがお客様の成功をサポート

あらゆる人が少ないリソースでより多くを遂行することが求められていますが、Wrikeがそうできるようサポートします。 Wrikeの最新のブログシリーズでは、少ないリソースで成果を最大にする方法に関するアドバイスを提供します。

作業管理ソフトウェアで生産性パラノイアを解消する方法
生産性 3分程度でお読みいただけます

作業管理ソフトウェアで生産性パラノイアを解消する方法

生産性パラノイアは、従業員の疲弊やエンゲージメント低下を引き起こすことがあります。 本記事では、作業管理ソフトウェアによって生産性パラノイアを解消する方法を紹介します。

ChatGPTについて知っておくべきことと、コンテンツ制作にどう役立つかについて
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

ChatGPTについて知っておくべきことと、コンテンツ制作にどう役立つかについて

ChatGPTは、プロンプトや質問への答えを生成できるAIチャットボットです。 ChatGPTを使って、文の概要、歌詞、詩などを書くことができます。

連携プラットフォームが増加、作業の複雑さを素早く低減
ニュース 3分程度でお読みいただけます

連携プラットフォームが増加、作業の複雑さを素早く低減

Wrikeは、アプリを連携させ、生産性を向上させることを目的に、HubSpot、AWS Marketplace、およびMiroとの契約を発表しました。

Electrolux社がWrikeを使用してアセットの生産性を10倍向上した方法
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

Electrolux社がWrikeを使用してアセットの生産性を10倍向上した方法

Electrolux社のパッケージデザインチームが、Wrikeを使用して校正と承認プロセスが改善されたおかげで、アセットの生産性が10倍向上した方法についてご紹介します。

Wrikeのカスタマイズ性が競合より優れている3つのポイント
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

Wrikeのカスタマイズ性が競合より優れている3つのポイント

Wrikeが、市場で最もカスタマイズ性の高い作業管理プラットフォームである理由をご紹介します。