リモートワークガイド

用語集

用語集

オールリモート

オールリモートまたは完全リモートという言葉は、従業員が実際に出社する物理的なオフィスを持たない企業を意味しします。その代わりに、従業員は、自宅または、コーワキングスペースで業務を遂行します。 オールリモートの組織は通常、時差や国、大陸さえも超えて世界中に広がっています。コミュニケーションをいつ、どのように、どのプラットフォームを使うかを考慮しなければなりません。 

著名なオールリモート企業としては、Upwork、GitLab、Zapierなどが挙げられます。 

年換算時間

年換算時間とは週ごとや月ごとではなく、年ごとに計算される労働時間です。年換算時間は、まず一年間に勤務できる合計労働時間を計算し、そこから定休日および有給休暇を差し引きます。次に平均を計算して、週の労働時間を調整します。

ブレンドチーム

ブレンドチームとは、オフィスに勤務する従業員と、リモートワーク、または在宅勤務をする従業員から構成されるチームです。ブレンドチームはすでに広く利用されており、その人気は高まっています。2020年、ソーシャルメディア最大手企業のフェイスブックのCEO、Mark Zuckerbergは、自社の従業員の50%が2030年までにリモートワークになると発表しました。今後フェイスブックのような企業にとっては、ブレンドチームが必然的になっていきます。 

店舗販売ビジネス

店舗販売ビジネス(ブリック・アンド・モルタル・ビジネス)とは、顧客および従業員が実際に作業をする物理的なロケーションを持つビジネスを指し、「伝統的な」タイプの企業と見られます。 AmazonやeBay、Etsyなどは、販売者が実際の店舗を持つことなく、世界中の消費者への販売を実現しました。  

「ブリック・アンド・モルタル」という言葉は、店頭の構築に使用される昔ながらの建築材料から来ています。

クラウドストレージ

クラウドストレージとは、どこからでも最新のデータおよび情報にアクセスできるシステムです。Google DocsやDropboxなどのクラウドストレージソリューションを使用すれば、ユーザーは 複数のデバイス、ロケーション、ネットワークからデータにアクセスできます。このデータは複数のデバイスで同時にオープンし、作業することが可能です。

共同設置チーム

共同設置チームとは、チームメンバーのほとんどが、複数のリモートロケーションではなくメインオフィスに配置されているチームを指し、分散型または完全リモートのチームと同様の障害に直面することはありません。従業員が直接会って話し合いをしたり、ライブサミットや会議を開いたり、オフィスをベースとした親密な関係を築くことができます。

コロケーション

コロケーションとは、従業員が共同で施設を使用し、対面式のミーティングに出席し、通常は同じロケーションのオフィスに勤務する作業状態を指します。 

コワーキング

コワーキングとは、フリーランスやリモートワークのスタッフがリソースや施設を共有し、オフィスで一緒に作業をすることを意味します。孤立や不安定な作業環境を避けたい自営業者やリモートワーカーにとっては魅力的な作業形態です。  

コワーキングスペース

コワーキングスペースとはフリーランサーやリモートワーカー、その他のオフィスをベースとしない作業者が、段階的な利用プランに従って共有するオフィススペースです。柔軟性やアクセスの良さ、ネットワーキングや交流の可能性を持つコワーキングスペースを好むリモートワーカーもいます。コワーキングスペースではデスクを共有したり(ホットデスキングとしても知られる)、印刷サービス、安定したブロードバンドなどの設備やリソースも共有できます。 

また、オフィスをベースとしない作業者が、オフィスのメリットを得ることのできるスペースでもあります。リモートワーカーにとって不安定なブロードバンドなどは大きな障害となりますが、コワーキングスペースでは安定したインターネットやその他の備品を使用することができます。

コンプレストワークウィーク

コンプレストワークウィークとは柔軟性を持った勤務形態を意味し、勤務日数を減らす代わりに一日の作業時間を長くして、週40時間の労働をこなします。一日8時間、週5日働く代わりに、一日10時間で週4日働くこともでき、少ない日数で同じ労働時間をこなします。

カンファレンスルーム

カンファレンスルームは、静かで人の少ないスペースで電話をしたり、ミーティングを行ったり、プロジェクトのプラニングをするためのスペースです。慌ただしいオフィスの中でプライバシーを保てる場所であり、従業員は、邪魔されることなしに、対面式やバーチャルのミーティングに利用できます。 

電子化

ビジネス環境における「電子化」という言葉は、作業の急速なデジタル化を意味します。物理的なロケーションで物的生産物を提供する代わりに、バーチャル手段を使ってデジタルベースの作業をする人が増えています。

デジタルノマド

デジタルノマドとは、一箇所の固定ロケーションから離れ、移動しながら業務を遂行し生計を立てている人を指しますが、デジタルノマドは必ずしも生活のために移動しているわけではありません。フリーランサーや請負業者、または複数の業界の企業の従業員として働く場合もあり、すべて移動しながら仕事をこなします。デジタルノマドについて詳細を調査した 

MBO Partnersは、ITおよびマーケティング専門の当企業ではクリエイティブなキャリアを持つ人たちにこのような傾向があることを発見しました。また6人に1人が年間7万5000ドルの収入が得ていることもわかりました。デスクから離れて働き、安定した収入を得ながら旅行体験を楽みたいという自分の願望に適していると感じている人もいます。

デジタルワーク

デジタルワークとは主に、オンラインツールおよびソフトウェアソリューションを利用して実行する作業を意味し、これが物理的なファイルやペーパーワークによって行っていた以前の作業と異なる点です。

デジタルワークプレイス

デジタルワークプレイスとは、日々のプロセスやコミュニケーション、タスクをクラウドベースまたはデジタルツールで実行するプロフェッショナルのエコシステムです。実際のカレンダーを使う代わりに、Google Calendarや同様のアプリを使ってミーティングやコールの予定を立てます。また会議の議事録やメモを取って後で配布する代わりに、Google Docに記録し、Wrikeをはじめとするワークマネージメントプラットフォームにリンクを保管します。 

デジタルワークプレイスは分散型チームを容易に結び付け、複数のロケーションからの作業を容易にします。

デジタル作業スペース

デジタル作業スペースとは、あらゆるロケーションから作業を管理し、完了し、アクセスできるプラットフォーム、または一連の統合ソリューションです。 Wrikeをはじめとするデジタル作業スペースは、容易なアクセスやセキュリティ、その利便さでますます普及してきました。

マーケターたちは以前、何ページにも及ぶ報告書やモックアップ、ペーパーワークをオフィスから自宅に持ち帰っていました。デジタル作業スペースの利用により、オフィスでアプリケーションにログオンし、自宅からその作業を確認することができます。重要なドキュメントをオフィスに置き忘れることもなく、自宅から、また移動中でも容易に作業ができます。

分散型チーム

分散型チームとは、チームメンバーが一か所のオフィスで作業するのではなく、様々なロケーションに分散されているチームを指します。必ずしも地理的に離れているわけではなく、同じ街にいながら、ホームオフィス、メインオフィス、コワーキングスペース、またチームの一部と考慮されるその他のロケーションに分散されている場合もあり、

分散型チームにはより効率的なコミュニケーションやコラボレーションが求められます。

遠隔作業

遠隔作業とは、様々なロケーションに分散した従業員が実行する作業です。オフィスを拠点として遠隔環境で作業をする従業員や、自宅およびその他のロケーションを拠点とする従業員もいます。

分散型企業

分散型企業とは、従業員が1つのメインオフィス以外で業務をこなす企業を指します。分散型企業の多くは「あらゆるロケーションから作業をする」アプローチを採用し、従業員はテレコミュート、リモートワーク、また移動しながら作業をすることもできます。

分散型チーム

分散型チームとは、様々なロケーションに分散したメンバーで構成されたチームです。地理的に離れているために同僚と実際に会うことはあまりなく、全く会わない場合もあります。分散型チームは、デジタルツールを利用して効果的にコミュニケーション及びコラボレーションを取り、ビデオカンファレンスソフトやプロジェクト管理トソフト、デジタルアセット管理ソフトを使用して作業を進めます。

分散型ワークフォース

分散型ワークフォースとは、従業員が1つのオフィスを拠点としない形態を指し、様々な地域からタイムゾーンを超えてコラボレーションを取らなければなりません。

明示的コミュニケーション

明示的コミュニケーションとは、明確に記述または説明された文書、または口頭でのコミュニケーションです。暗示的コミュニケーションとは異なり、曖昧さがありません。「金曜日のマーケティングイベントには参加できません」と言えば、それ以上のボディランゲージや声のトーンの分析などは必要ありません。

対面会議(F2Fミーティング)

対面会議とは2名以上が直接会って行うミーティングで、ZoomやGoogle Hangoutsなどのツールを利用する必要はありません。

フレックスタイム / フレキシタイム

フレックスタイムとは、9時から5時までの勤務ではなく、従業員が自身に合ったスケジュールで勤務できる形態を指します。家庭や個人の事情でより柔軟な勤務体制が必要な従業員にとって理想的です。

フリーランスワーク

フリーランスワークとは、雇用主と長期の正式契約をしない自営業者が行う作業です。同時に複数の企業と契約ベースまたは特定のプロジェクトの仕事をすることもあり、ジャーナリズムやグラフィックデザイン、ソフトウェア開発、アドミン、リサーチなどの業種で人気があります。 

フリーランサー

フリーランサーは自営業者を意味し、通常1社の企業と長期契約を結ぶことはなく、様々な企業の様々なプロジェクトに参加します。柔軟なスケジュールで仕事をしたい人には魅力的なオプションです。

ギグエコノミー

ギグエコノミーとは、単発の短い仕事(ギグと呼ばれる)を受け、仕事を依頼する会社や個人と通常の雇用契約を結ばない独立業者を意味し、ウーバードライバーなどが最もよく知られています。 

ギグエコノミーは柔軟な勤務時間、自身のスケジュールや他の福利厚生を設定する自由などで定評がありますが、低賃金、病欠や休暇手当などの不足などが近年批判を招いています。

グローバル企業

グローバル企業とは、国境を超えて操業したり、従業員を雇用する組織です。各地域のオフィスごとに異なる規制や財政面を考慮しなければならず、グローバル企業の運営は複雑です。  

ハイブリッドリモート

ハイブリッドリモート企業は完全リモート企業とは異なり、通常、一箇所または複数のオフィスを持ち、定期的にオフィス勤務をする従業員がいます。多くの(またはほとんどの)従業員が直接オフィスに出向いて報告をする場合もありますが、ハイブリッドリモート企業は完全なリモート勤務の従業員も多く抱えています。

暗示的コミュニケーション

仕事に関するコミュニケーションは複雑で微妙な場合もあります。暗示的および明示的なコミュニケーションは、職場における従業員のタスク完了や同僚とのコミュニテの基礎を築きます。暗示的コミュニケーションは、声のトーンや表情、ボディランゲージ、また意志や感情を表現するその他の方法で、言葉に出さない内容を伝えます。

対面会議

対面会議は、音声やビデオのカンファレンスコールと異なり、1つの場所に集まって行うミーティングです。

インスタントメッセージ

インスタントメッセージとは、チャットプラットフォームを使って送信し、素早く会話をするメッセージ方式です。リアルタイムで同僚とコミュニケーションが取れるため、職場では「同期」のコミュニケーションと考えられています。

モノのインターネット

モノのインターネット(IoT)とはインターネットを使って接続するデバイスのエコシステムで、自宅のネットワークを使用するデバイスや世界中でインターネットで接続されるデバイスを意味する幅広い用語です。IoTデバイスにはスマートフォン、ウェアラブル、スマートホームテック、またスマートデバイスなどが含まれます。

ナレッジワーカー

ナレッジワーカーとは、知識や情報を利用して問題を解決したり、戦略タスクを実施する労働者を指し、決まりきった仕事を繰り返し行う労働者とは対照的です。  

Pasi Pyöriäは、2005年6月版の「Journal of Knowledge Management」で 、従来の労働と知識労働の違いに注目し、知識労働にはよく「抽象的知識とシンボルを利用する標準化されていない作業」が含まれていると述べています。

ライブレセプショニスト

ライブレセプショニストとは、コストのかかるフルタイムの受付スタッフを雇用する代わりに応答サービスを利用するシステムです。専門スタッフが企業の代理として電話を受け、必要に応じて転送したりアポを取ります。

オフサイトミーティング

オフサイトミーティングとは、通常のオフィス以外の場所での集まりやミーティングを意味し、トレーニングや戦略、また社員のモチベーション向上や結束を高めるために行います。チームまたは組織は年に何度かオフサイトミーティングを行い、仲間意識の向上や今後のプロジェクトのプランを立てたり、また前年度や前半期の功績を共有します。

オフィス環境

オフィス環境は、特定の専門基準を満たした、従業員が作業を行うロケーションを意味します。「オフィス環境」という言葉は通常、自宅以外の職場スペースを指し、これらのスペースには日々の作業に必要な設備や施設、デバイスなどが揃っています。

オフィス環境においては特定の服装や話し方、振る舞いが禁止されたり、止めるように言われます。

オフショアリング

オフショアリングとは社内業務を海外に委託することを意味します。カスタマーケアセンターや生産倉庫を他国に移すことで、コスト削減やプロセス改善、またビジネスの再構成を行います。

オンサイトミーティング

オンサイトミーティングは通常の業務を実行するのと同じ場所で行う集まりを指します。 

オンサイトミーティングはオフィスにクライアントを迎える状況を指すこともあります。また、就職希望者が雇用者のオフィスで対面会議に出席するミーティングを指すこともあります。また、チームや複数の従業員が参加して行われるプレゼンや社内イベントなどを指す場合もあります。

オンラインパスワードボールト

オンラインパスワードボールトとは、ユーザーが各プラットフォームのログイン認証情報を安全に保管し、管理するパスワード管理 ツールで、移動中に複数のデバイスを使って作業する際に役立ちます。オンラインパスワードボールトのログイン情報のみを覚えるだけで、数多くのパスワードを暗記する必要がありません。 

オンラインストレージ

オンラインストレージは、ユーザーが重要なファイルやドキュメント、アセットを保管しアクセスできる媒体、および プラットフォームを指します。  

アウトソーシング

アウトソーシングとは、特定のタスクの実行や製品/サービスの提供を外部組織に依頼することを意味します。組織内で専門知識が不足する場合、または特定のイニシアチブに関する作業を遂行する余力がない場合にアウトソーシングを利用します。 

リアルタイムのコミュニケーションアプリ

リアルタイムのコミュニケーションアプリは、迅速でタイムリーな会話のためのアプリケーションです。SlackやMicrosoft Teamsなどが人気を集めており、迅速なプラニングや応答が不可欠な職場で役立ちます。

これらのアプリはプラニングや迅速な応答が必要なコミュニケーションには貴重ですが、ワークフローの可視性や堅固なドキュメントプロセスを提供するツールやソフトウェアの代用としては使用できません。

リモートデスクトップ

リモートデスクトップ は、ユーザーが異なる場所にあるデバイスにアクセスしたり、コントロールするツールやアプリケーションを指します。

リモート従業員

リモート従業員とは、企業に雇用されながらも毎日オフィスに出社して作業をするのではなく、在宅勤務や他のロケーションで作業をする従業員を意味します。リモート従業員は、移動を続けながらも雇用主とある程度正式な業務取り決めを維持したいデジタルノマドにとっては魅力的なオプションです。  

リモート雇用

リモート雇用とは、リモートまたは一時的な在宅勤務の形態で従業員を募集し、面接をし、新人研修をする方法です。リモート雇用は自らも在宅勤務をするHR担当者などが行うこともできます。リモートワークの人気が高まるにつれ、今後はリモート雇用も増加すると予想されています。 

リモート雇用志願者の面接や審査には、ZoomやGoogle Hangoutsなどのビデオコミュニケーションツールの利用が増加しています。 HR担当者は新入社員の新人研修やトレーニングにその他のツールを使用することもあります。

リモートOK

「リモートOK」という言葉は「リモートフレンドリー」と同様の意味を持ち、企業がリモートワークの採用または活用を受け入れていることを意味します。

リモートワーク

リモートワークとは、従業員が従来のオフィスロケーション以外で作業ができる取り決めです。 この柔軟な勤務体制により、従業員は自宅やコロケーションで作業をしたり、また固定されていないロケーションで作業をする場合もあります。リモートワークには通常、国境やタイムゾーンを超えたコラボレーションを可能にするデジタルおよびクラウドベースのツールを使用します。

リモートワーカー(フリーレンジワーカー)

リモートワーカーとは、メインオフィス以外の場所でほぼすべての業務をする従業員を意味し、自宅や移動中、またはコワーキングスペースで毎日の作業をこなします。リモートワーカーは様々なロケーションをベースとしながら、デジタルツールを使ってチームメンバーとコラボレーションを取りますが、イベントやリトリート、その他の集まりのためにメインオフィスを訪れることもあります。

リモートファースト

リモートファーストは、従業員が主にオフィス以外の場所で作業をするあらゆる企業を指します。従業員にとってはオフィス以外の場所での作業がメインとなり、構築されたリモートインフラを通して業務を遂行します。このインフラには、コミュニケーションツールやリモートフレンドリーな設備などが含まれます。

リモートフレンドリー

リモートフレンドリーな企業とは、オフィスでの作業をメインとしながら、従業員の在宅勤務に対してより柔軟な勤務形態を採用する企業です。完全リモートまたはハイブリッドリモートの勤務形態を認めることもあり、また入社当時から完全リモート勤務の従業員を雇用することもあります。

リトリート

ワークリトリートとは、オフィス以外の場所で従業員や幹部社員が集まり、絆を強め、気の合う人間関係を築くための集まりです。通常はオフィス以外の場所で行われ、チーム育成のためのゲームやアクティビティ、食事、モチベーションを高めるトークなどを行います。

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、企業のメインオフィスまたは本社から離れた場所にあるオフィス及び支社を意味します。まずメインのロケーションにオフィスを立ち上げ、その後複数の地域やロケーションでのビジネス展開のために複数のサテライトオフィスを設置します。

信頼できる唯一の情報源(SSoT)

「信頼できる唯一の情報源(SSoT)」とは、矛盾のない、最新の正確なドキュメントを保持するシステムで、チーム全体でのドキュメントの共有や配布を標準化します。一元化された単一のロケーションに重要な情報を保管することで、間違った意思決定や作業の重複を避けることができます。

サース(SaaS)

「Software as a Service(Saas)」は、デバイスにダウンロードするソフトウェアとは対照的に、ブラウザを通してクラウドからアクセスするライセンス付きのソフトウェアです。

個人起業家

個人起業家とは、自身でベンチャー企業を立ち上げ、ビジネスの様々な領域を管理するビジネスオーナーです。通常、重要なタスクや作業への対処を各部門の同僚や従業員に頼ることなしに、ビジネスの多くの部門を担当します。 

情報の継続共有

「Stay in the loop(情報の継続共有)」という表現は、プランやアクティビティの現状を把握していることを意味します。「keep me in the loop」にしてくれと頼むときは、進捗状況についての情報提供を依頼しています。 

「情報の継続共有」とは常に最新情報を把握し、課題やプロジェクトに関する話し合いに参加していることを意味します。Wrikeを始めとする様々なアプリやツールが「情報の継続共有」のサポートをします。 

同期コミュニケーション

同期コミュニケーションとは、会話が途切れなく続くリアルタイムのコミュニケーションスタイルで、

相手からの迅速な応答を得られるように設計されたインスタントメッセージングプラットフォームなどは、その例です。迅速な対応が必要な緊急の質問や問題への対処に理想的です。

チームリトリート

チームリトリートとは、メンバー同士の関係を構築し絆を強めるために職場環境以外の場所で行う集まりで、イベントやゲーム、メンバーとの会食、セミナーをはじめ、表彰なども含まれます。

テレコミュート

テレコミュートは、従業員がメインオフィス以外の場所で業務をこなす柔軟な勤務形態を意味し、メールやインスタントメッセージングプラットフォーム、ビデオ会議ソフトウェア、その他の作業管理ツールを使って作業を行います。 nbsp;

テレコミューティング

テレコミューティングとは、自宅やコワーキングスペース、または組織の支社など、メインオフィス以外の場所で業務を遂行することを意味し、WrikeやSlackなどのツールを利用する業務形態です。

テレワーク

テレワークとは、従業員が自宅やコワーキングスペース、その他のロケーションなど、メインオフィス以外の場所で業務を遂行するための雇用主と従業員間の取り決めです。インターネットやメール、プロジェクト管理ソフトウェアなどのデジタルツールを利用して作業を実行します。

時間管理用アプリ

適切な時間管理はリモートワーカーにとって大きな障害となる可能性があります。時間管理用アプリは、作業負荷へのタイムリーに対応し、時間やタスクのバッチ処理などに利用でき、メモを取ったり、ファイル保管やタスク調整などに役立ちます。 

ビデオチャット

ビデオチャットはビデオ会議用ソフトウェアを使って行います。人気の高いビデオチャットツールにはZoom、Google Hangouts、FaceTime、Skypeなどがあります。ビデオチャットツールなら、世界中どこからでも家族や専門家、友人たちとの繋がりを保つことができます。

バーチャルアシスタント

バーチャルアシスタントとは、実際にオフィスにいるアシスタントと同様に、組織の機能を使って事務作業やその他のサポート関係のタスクを手伝います。会議のスケジュール立てや複雑なタスクの調整などをリモートでこなし、ビジネスリーダーをサポートします。

バーチャルマシン(VM)

バーチャルマシンは「ホスト」マシンを使ってオペレーティングシステムをテストし、バーチャルマシン無しでは不可能なプログラムを実行します。

バーチャルミーティング

バーチャルミーティングは、ビデオ会議用ソフトウェアを使って行うミーティングです。ロジスティックの問題や健康および地理的理由で対面会議を実施できない場合に大変便利です。 

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、商業施設に拠点を置く必要がなく、物理的なオフィスが持つ利点や設備を利用できるようにする取り決めです。ビジネス上の住所、ボイスメール、受付サービス、保管スペースなどがこれに含まれます。 

バーチャル音声システム

バーチャル音声システムは、ユーザーがラップトップやモバイル機器から電話に対応できるクラウドベースのサービスです。インターネットを利用するため、大変柔軟性の高いシステムです。バーチャル音声システムは、従来のオフィス環境以外で働く従業員や 分散型チーム

にとって大変便利なツールです。
バーチャルプライベートネットワーク(VPN)

バーチャルプライベートネットワークは、通常のインターネットまたは公共のインターネット環境においても、プライベートの暗号化された接続を確立できます。VPNは、極秘データを扱ったり、組織のプライベートネットワークから情報にアクセスする必要があるリモートワーカーにとって有益なツール

です。
バーチャルレセプショニスト

バーチャルレセプショニストは、実際にオフィスにいるレセプショニストと同様の作業をリモート環境で行います。電話に出たり、通話を転送したり、アポを取ったりと、自身のスキルを使って着信及び発信するコミュニケーションを管理します。

VoIP

VoIPはvoice over internet protocolの略語で、インターネット上での音声通話方式を意味します。

在宅勤務

在宅勤務とは、従業員がオフィスではなく自宅で業務を遂行する環境を意味し、コミュニケーションやコラボレーションおよびコーディネーションを可能にするソフトウェアやバーチャルツールを利用します。

ワークマネージメントソフトウェア

ワークマネージメントソフトウェアとは、ユーザーが作業関連のタスクを効率的に実行できるあらゆるデジタルソリューションを意味します。期限の管理や時間のトラッキング、予算の収支決算、およびチームの作業の効率性をサポートする様々な機能を持っています。Wrikeは代表的なワークマネージメントプラットフォームです。

ワーケーション

ワーケーションとは仕事とバケーションを合わせた言葉です。その名称からも明らかなように、バケーション中や旅行中に業務を遂行し、エキゾチックな滞在先やその他の旅行先で仕事をするデジタルノマドには人気のあるオプションです。特定の時間に作業を開始する代わりに、その日に完了すべきタスクを持ち、仕事とレジャーのバランスを取りながら業務を実行します。