リモートワークガイド

今後のリモートワーク

COVID-19以降のリモートワークについて

リモートワークは今後も継続していきます。それが雇用主が定める要件であれ、従業員の個人的な選択であれ、その状況は変わりません。労働形態は決して以前のものには戻らないでしょう。働き方が変わることはわかっていても、さまざまな働き方すべてを明らかにするのは不可能です。しかしリモートワークのトレンドによって、雇用やバーチャルイベントのプラニングなどに関する大まかな方向性は見えてきています。  

COVID-19によって、中小企業から大企業に至るまで迅速な順応が求められました。しかし COVID以降のリモートワークに関しては今だ不透明です。多くの企業はリモートワークへの移行を成功させましたが、課題はまだ残っています。マネージャーはこれらの課題を常に意識していかなければなりません。

パンデミック中のリモートワーク

パンデミックが発生し、リモートワークに迅速に順応した企業もありますが、ゆっくり、あるいは不本意ながら移行した移行する企業もあります。企業は今後、リモートワークを主要なツールとして事業の継続に取り組んでいくでしょう。この取り組みを促進するために、企業は、リモートワーク実行への強力なサポートと、制度化された在宅勤務ポリシーを提供していきます。

リモートワークのインフラ構築が大きな課題となってきました。企業は従来すべてを一元管理していましたが、リモートワークがここまで広がった現在、セキュリティの構造改革や修正が必要になってきたのです。従業員はデータとネットワークのセキュリティを優先事項として挙げていますが、それは当然のことです。2020年度には、フィッシング詐欺が667%増加しました

その一方、従業員は自宅でバーチャルの作業スペースを構築しながら、生活と仕事のバランスをとっています。仕事と家庭の間の境界線が曖昧になり、チーム及び個人の生産性に影響を及ぼしています。リモートチームがこれをうまく切り抜けられるよう、雇用主は従業員の身体的・精神的な健全さを保つために積極的な投資をしています。

Image

リモートワークが今後の働き方となる理由

雇用主は、従業員の生産性へのプラスの影響、不動産コストの低下、および環境へのプラスの影響などにより、リモートワークがパンデミック以降も従業員の働き方とビジネスのオプションになると考えています

パンデミック以降はリモートワークポリシーを継続する企業は減少すると思われますが、柔軟な働き方体制を継続する企業も出てくるでしょう。柔軟な働き方ポリシーにより、コワーキングスペースや共有作業スペース、およびホットデスクモデルへのニーズが高まってきます。

これまでで最大規模の世界的な在宅勤務の実験となったパンデミックにより、リモートチームは、コミュニケーションをとり、生産性の異なるさまざまなルーチンを取り入れ、 リモートコラボレーションのツールやテクノロジーを迅速に採用する方法を学んできました。リモートワークの導入は一度限りの試練ではありません。企業全体で機能的なリモートワークインフラを構築することは、ほとんどの企業が想定しているよりもはるかに大規模な事業なのです。制度化された在宅勤務の方法と併せて、理解と強力な企業カルチャーが不可欠です。

リモートワークのトレンド:将来を見据える


リモートワークの継続

最近実施されたサーベイでは、リモートワークは今後も増加を続け、 労働者の77%が最低週に3日間リモート作業をすることになるだろうという結果が出ました。 パンデミック以前にすでにリモートワーク率が高かった職業では、今後もリモートワークを継続する可能性が高まっています。

雇用主は進化を続けるビジネスニーズを満たすリモートワークのゴールを定義します。

リモートワークを新たに導入した企業の多くは、コロナウィルスのパンデミックによりビジネスの方向を大きく変更しました。しかしパンデミックはゴールではありません。企業がパンデミック以降もリモートワークを継続するためには、その理由を明確にしなければならないのです。

企業は以下のような理由から従業員のリモートワークを継続していきます。 

  • オフィスの賃貸料を削減して企業の経費を最適化する
  • 各従業員、およびチームの生産性を向上する 
  • より柔軟で、従業員のニーズを満たす企業カルチャーを育成する
  • ビジネストレンドに順応し、進化を続ける市場ニーズを満たす

変化を続けるビジネス状況に合わせて、従業員数を調整する企業も出現するでしょう。ビジネスニーズへの対応や収益性維持のために、一時休暇や解雇などで正社員を削減したり、契約社員を増加する可能性もあります。

新たな在宅勤務ポリシーや実務の再適用

ビジネス目標を明確に定義した後、経営陣は新たな作業方法やリモートワークの実施方法を設定しなければなりません。毎週のバーチャルミーティングの開催や、リモートワークの生産性の基準設定などにより、業務に関するコミュニケーションの最適化を図る企業もあるでしょう。

リモートワークを継続する理由を明確にした後は、リモートワークを長期的にサポートする方法を定義します。リモートワークの新たな実務方法は改訂版のHRポリシー、および雇用実践方法に反映されなければなりません。リモートワークは今後も長期的に継続しますので、短期的なソリューションは有効的ではありません。企業は長期的な計画を立て、それに合わせてビジネスプランや企業カルチャー、戦略などを再設定します。

従業員がオフィス勤務日と在宅勤務日を選択するハイブリッドリモートワークのカルチャーの導入を企業が選択する可能性もあります。

Wrikeがリモートチームを成功に導く方法

リモートチームが成功するには、その経験の長短に関わらず、ワークフローの最適化と、シームレスな共同作業を可能にするバーチャル作業スペースの構築が鍵となります。Wrikeがお届けする柔軟な作業管理プラットホームは、チームの作業負荷を管理し、プロセスを効率化し、世界各地からのシームレスなコミュニケーションを可能にします。 Wrikeはリモートチームのコラボレーションをどのようにサポートし、成果につなげることができるのでしょうか? Wrikeの 無料トライアルに今すぐお申し込みください。