有効なメールアドレスを入力してください
サーバーエラーです。 本当に申し訳ありません。 数分待ってからやり直してください。
ログイン お問合せ

機能とユーザー数に応じたプランをお選びください

各プランについて 1 ユーザー当たりの月額料金(請求は年払い)を記載しています。ライセンスは 5 名単位で追加できます。無料トライアルには同僚の方を招待できますので、ぜひ実際の業務に近いかたちで製品をお試し下さい。

Professional

使いやすいプロジェクト管理ツールをお探しのチームに

プロジェクト計画作成とチームコラボレーション

$9.80 ユーザー/

Enterprise

堅固なセキュリティが必要な企業に

企業グレードのセキュリティとスケーラビリティ

Professional

Free プランの機能+:

マーケティングチーム向けのWrike

マーケティングおよびクリエイティブチームに適した強力な機能をカスタムビルド

スピードと規模を備えた高品質で一貫性のあるブランドエクスペリエンスをグローバルで構築

  • Enterpriseプランに含まれるすべての機能
  • Adobe Creative Cloud用のWrike拡張機能
  • あらゆるファイルタイプ(画像、ファイル、ビデオ、HTML、SharePoint)で30以上のファイルフォーマットに使用できるインタラクティブ校正
  • ビジュアルマークアップとリアルタイムの会話スレッド
  • サイドバイサイドおよびオーバーレイアセットの比較
  • 自動化されたマルチレベル承認
  • 外部ステークホルダー(ゲスト)の承認
  • カスタマイズされたマーケティングテンプレート、内蔵ダッシュボード、および優れたレポーティング&データの可視化
  • デジタルアセット管理(DAM)の連携
  • 優れたリソース管理とキャパシティ管理
  • Marketo、Salesforceをはじめ、400以上との連携(アドオンで利用可能)
  • 初の試みであるクロスチャネルキャンペーンパフォーマンスでは、即時に見識を提供(アドオンで利用可能)

プロフェッショナルサービスチーム向けのWrike

プロフェッショナルサービスチームに適した強力な機能をカスタムビルド

プロジェクトを確実にデリバリーし、作業時間を迅速に収益化します。

  • Enterpriseプランに含まれるすべての機能
  • プロジェクト、ポートフォリオ、チームのリソース管理、およびキャパシティプラニング
  • ロールベースのリソース管理
  • バックログと需要の管理
  • プロジェクト予定時間の見積と、使いやすいドラッグ・アンド・ドロップの作業配分
  • カスタマイズされた勤務スケジュール
  • 自動化されたタイムトラッキングとタイムシート
  • 請求可能時間とチーム活用パフォーマンスの見識
  • ユーザー、担当業務、およびプロジェクトの請求と費用レート
  • 計画済、および実際にかかったコストプロジェクトのファイナンシャルフィールドの比較
  • ゲストの校正、レビュー、および承認
  • カスタマイズされたプロフェッショナルサービスのテンプレート、内蔵ダッシュボード、および優れたレポーティング&データの可視化
  • Salesforce、NetSuite、QuickBooksとの連携に加え、その他400以上のツールとの連携 (アドオンで利用可能)
ここに記載された価格は、2021年7月1日以降に新規購入される際の価格です。それ以前の購入には適用されません。Wrikeはパッケージングと価格を調整する権利を随時留保します。

Wrike の活用を支援する 3 つの専門的サポート

専門スタッフによるコンサルティング、トレーニング、サポートを利用し、自社の業務に最適なかたちで Wrike を活用してビジネス目標を達成しましょう

プロフェッショナルサービス(コンサルティングチームによる導入支援)
プロフェッショナルサービス(コンサルティングチームによる導入支援)

Wrike では、お客様による Wrike のスムーズな導入を支援するために、プロフェッショナルサービス部門が用途に応じたさまざまな導入支援プログラムを提供しています。経験豊富なコンサルティングチームが導入計画の立案から製品の初期構成、トレーニングの実施や効果測定までをサポートすることで、Wrike の価値を最大限に引き出すことができます。

カスタマーサクセス担当者とのパートナーシップ
カスタマーサクセス担当者とのパートナーシップ

お客様のパートナーである専属のカスタマーサクセス担当者が、アカウントで Wrike をさらにご活用いただくためのアドバイスを行います。お客様の事業や業務フローに合わせたかたちで、Wrike を活用する方法のベストプラクティスを紹介し、お客様と二人三脚でビジネス目標を達成していくための提案を行っていきます。

グローバルサポート
グローバルサポート

Wrike ではお客様の疑問の解決に役立つ資料をヘルプセンターで提供するとともに、メール、チャット、電話による問い合わせ対応とサポートを行っています。サポートは日本語で提供され、日本の通常の業務時間中に対応を行うとともに、連絡手段もメール、チャット、電話から希望するものを選択できます。

詳しい価格設定について問い合わせる

よくある質問

Wrikeでは、正規ユーザー、外部ユーザー、コラボレーターの 3 種類のユーザーライセンスが用意されており、お客様のニーズに合わせてご利用いただけます。正規ユーザーおよび外部ユーザーについては、ライセンス対象となるユーザー数に応じて料金が発生します。コラボレーターについては、20 名分またはライセンス数の 15%(いずれか大きい方。例えば、200 ライセンスの場合は 30名分)が無料の招待枠としてプランに含まれています。無料枠のみではコラボレーターの人数が不足する場合は、Wrike の担当者に相談して、コラボレーター数の追加などをご検討ください。コラボレーターに関して利用可能なオプションについて詳しくは、こちらのページを参照してください。

また、これらのライセンスは、利用可能な機能の範囲に応じてフルライセンスとゲストライセンスに区分できます。フルライセンス(正規ユーザーおよび外部ユーザー)の場合、プラン内のすべての機能にアクセスできますが、外部ユーザーは特定のアクセス権に制限されます。ゲストライセンス(コラボレーター)では、基本的な機能のみの提供となります。ライセンスに関してさらに詳しい情報が必要な場合、 コミュニティページ内の日本語フォーラムでご質問をお寄せいただくこともできます。

詳細を見る

アカウントは、対応方法を選択するまで一時的にブロックされます。無料版(Free プラン)での利用を選択された場合、無料版の機能で引き続き Wrike をご利用いただけますが、トライアル中に利用していた上位プランの機能に一部アクセスできなくなります。トライアル期間の延長などをご希望の場合は、Wrike の担当者までお申し出ください。お客様の利用用途や状況をおうかがいしながら、トライアルの継続に最適なプランについてご相談し、トライアル継続の可否を判断させていただきます。

詳細を見る

また、トライアル期間中に Wrike Japan の担当者よりご連絡を差し上げ、メールやビデオ会議でお客様のチームのニーズもおうかがいしながら、最適なソリューションの選定やトライアルから導入までの計画の策定をお手伝いさせていただきます。 すでに無料トライアルを開始されている場合は、作業スペースの「アカウント」セクションで、アドオンなしの Professional プランまたは Business プランを最大 15 ユーザー分まで、オンライン購入することができます。これより多いユーザー数での導入や Enterprise プランまたはアドオン込みでの導入をご希望の場合、Wrike の担当者までお問い合わせください。

Wrikeは5人ユーザーのグループで販売されています。Wrike Business以上の利用プランは、年間契約のみとなります。

はい、対応しています。Wrike 製品の価格はすべて米ドルで表示されていますが、決済時の為替レートに応じるかたちで、日本円でお支払いいただくことが可能です。 ただし、 お届けする請求書は米ドル表記のものとなりますので、 その点ご了承ください。

お客様のデータは、米国のカリフォルニア州サンノゼにある 2 つのデータセンターに自動保存されます。また、データをオランダのアムステルダムにある当社のヨーロッパデータセンターに保存するようにリクエストすることもできます。オランダでのデータの保管をリクエストする場合は、Wrike の担当者またはサポートチームにお問い合わせください。

詳細を見る

Wrike は完全にクラウドベースのソリューションとして提供されていますので、サーバーへのインストールなどの準備期間が必要ありません。また、在宅勤務を取り入れている場合でも、すぐに当社のソフトウェアを使用することができます。

Wrike はデータのプライバシーとセキュリティを非常に重視しています。 当社は、以下の独立した第三者機関による認証を取得しています:

● SOC2 Type II:この認証の取得は、製品設計、データ処理プロセス、セキュリティなど顧客データの保護に関わるすべての面で、セキュリティ分野のベストプラクティスに基づく堅固なアプローチを取るという当社の強いコミットメントを示しています。

● ISO 27001:2013:Wrike が情報のセキュリティ管理において包括的なフレームワークを採用し、リスク評価に基づいたアプローチを行っていることを示しています。

● ISO 27018:2019:Wrike が、パブリッククラウドのコンピューティング環境に関する ISO/IEC 29100 のプライバシー原則に従って、個人を特定できる情報(PII)を保護するための管理体制を整えていることを示しています。

● CSA STAR:この認証は、Wrike がクラウドサービスプロバイダーとして、CSA CCM(Cloud Controls Matrix)にまとめられているクラウドセキュリティに関する重要な問題への対策を実施していることを示しています。また、Wrike がクラウドでのセキュリティ管理において、STAR の能力成熟度モデルに基づいてセキュリティ成熟度を評価されたことも示しています。

上記の認証に加えて、EU と米国間のプライバシーシールドおよびスイスと米国間のプライバシーシールドに準拠しています。 GDPR および CCPA にも準拠しています。また、必要に応じて EU データセンターの利用も可能となっています

はい、お客様のご理解で問題ありません。複数の紛らわしい用語があり、ご面倒をおかけします。Wrike の Professional プランは、Wrike の基本的な利用プランの一つです。 使いやすいプロジェクト管理ツールの導入とガントチャートの利用に適したプランとなっています。 Wrike の Professional プランについて詳しくは、このページの「各プランで利用できる機能の比較」欄まで上にスクロールしてください。

プロフェッショナルサービスとは、当社が提供する導入支援サービスの別名となります(一つ下の質問への回答をご参照ください)。 用途に応じた様々な導入支援プログラムは、これまでに Wrike を導入されたお客様からのフィードバックやベストプラクティスに基づいています。 幅広い要件・業種での Wrike の導入支援を経験してきたスタッフが、お客様の会社での Wrike の導入を支援いたします。 Wrike の導入支援サービスに関して詳しくは、営業担当までお問い合わせいただくか、こちらのページ(英語) をご覧ください。

はい、Wrike では、お客様の会社への Wrike のスムーズな導入を支援するために、用途に応じたさまざまな導入支援プログラムを提供しています。プログラムを提供する導入コンサルタントは、幅広い業界・業種での Wrike の導入支援の経験を積んでおり、導入計画の立案から製品の初期構成、トレーニングの実施や効果測定までお客様をサポートします。 日本のお客様も含めて、これまでに導入支援プログラムを活用されたお客様が高い投資効果を実現されていることから、Wrike では、導入規模によらず、費用対効果の高い施策として導入支援プログラムの活用をすべてのお客様にお勧めしています。また、ユーザー数が 20 名以上の場合、導入支援プログラムの利用を必須とさせていただいています。

私たちがいつでもご相談に乗ります!

Wrike の従業員にとって、お客様の成功をサポートすることが最大のミッションです。
何かお困りごとがございましたら、ぜひ私たちにお手伝いさせてください。

Wrike に問い合わせる