リモートワークガイド
FAQ
← FAQに戻る

自宅勤務の利点と問題点

オフィスから離れてパジャマを着たまた仕事ができることは、多くの人が求める状況かもしれません。在宅勤務は生活を豊かにする一方、多くの利点問題点が伴います。 

リモートワークの利点と問題点

在宅勤務には、チームメートとシームレスにコラボレーションを取り、大きな成果を挙げるための適切なツールが不可欠です。リモートワークへの移行を考えていらっしゃる方へ、リモートワークにまつわる利点と問題点について説明します。

在宅勤務の利点

生産性の向上 突然のミーティングやおしゃべりな同僚などが業務を妨害するオフィス環境に比べ、在宅勤務では自身の作業環境を管理でき、生産性レベルが向上します。Airtaskerが2019年に実施したアンケート調査では、在宅勤務によって日々の通勤時間が無くなり、全体的な生産性と満足感が向上したという回答が寄せられました。 

仕事と生活のバランス:在宅勤務により生活やスケジュールに柔軟性が生まれ、家族や友人と過ごす時間や趣味に費やす時間が増えます。すぐれた作業ルーティーンや作業方法を取り入れることにより、仕事と生活のバランスを上手く取ることができるのです。 

時間とコストの節約 在宅勤務の場合、通勤やランチにかかる時間やコスト、およびその他の雑費がなく、仕事用の衣類もあまり必要ありません。ここで節約した時間やエネルギーをより有益な作業に費やすこともできるのです。

自宅勤務の問題点

バーンアウトの可能性: 自宅が仕事と生活の場になると、一日の終わりに作業を終了しリラックスすることが困難になります。リモートワーカーの22%が、仕事を終えた後にテクノロジーから離れることが自宅勤務の最大の課題であると答えています。仕事、エンターテイメント、学習と、すべてにおいてテクノロジー漬けになり、1つのスクリーンから次のスクリーンに移動して状況が悪化します。 

孤独感および社会からの孤立: 在宅勤務の場合、同僚からの孤立を感じ、社会と関わる機会が減少します。あるレポートによると、リモートワーカーの21%が在宅勤務の最大の困難は孤独感であると回答しています。 

コラボレーションの困難さ:チームメンバーが様々なタイムゾーンに分散している場合は特に、同僚とのコラボレーションが困難になります。非同期型のコミュニケーションを慎重に計画し、コミュニケーションの基準を維持していかなければなりません。相手の気持ちが伝わる対面式の交流と異なり、リモートコミュニケーションは状況の把握が難しく、誤解につながる場面も出てきます。

妨害物: リモートワークがもたらす柔軟性はまた、諸刃の剣にもなります。周りの目もあり、より集中力が高まるオフィス環境とは異なり、在宅勤務には家族やペット、ソーシャルメディア、趣味など、注意力を散漫にする要素が存在します。洗濯やネットフィリックス、食料品の買い物なども気をそらす原因となるのです。 

在宅勤務の利点と問題点は、ほとんどの社員にとってより好ましい基準となります。 両方の問題点を比較して、ご自身に最も適した方法をお選びください。