リモートワークガイド
FAQ
← FAQに戻る

リモートワークはどのように機能しますか?

リモートワークは在宅勤務、テレワークと呼ばれることもありますが、通常のオフィス環境から離れて業務を遂行する労働形態を意味します。過去数年の間に世界中で増加し、COVID-19のパンデミックによりさらに加速されました。 

リモート勤務の経験がない方はその機能に関する知識をお持ちでないかもしれません。ここでは、リモートワークを理解し、それに順応するためのコツをご紹介します。

リモートワークの機能を理解し、それに順応するためのコツ

リモートワークの機能を理解するための最も重要な5つのコツをご紹介する前に、リモートワークに対する複数のベストアプローチについてご説明します。企業が属する業界、テクノロジーに対する従業員の知識、運用業務の種類、リモートワークの経験、従業員のタイムゾーンなどによって、各企業のリモートワーク文化は異なります。 

リモートワークがどのように機能するかを理解するために、以下を心にとめておいてください。 

  1. Sリモートワークのガイドラインをオンラインで公表する企業:特定の企業のリモートワーカー募集に関心を持たれていますか?リモートワークガイドおよびハンドブックをオンラインで公表している企業もあり、リモートワークに関する哲学やアプローチ、およびコラボレーションに関するガイドラインをはじめ、リモートワークの実行方法について重要な詳細が説明されています。こちらから Gitlabのサンプルガイドをご覧ください。関心がある企業のリモートワークガイドを見つけることができれば、その企業がリモートワークをどのように実行しているかが明確になります。 

  2. リモートワーカーにはツールやソフトウェアが必要です:リモートワークに必要なラップトップ、インターネット、ソフトウェアを提供する企業もありますが、ほとんどのリモートワーカーはインターネット料金を自己負担し、自身のデバイスやソフトウェアを使用しなければなりません。企業によっては、仕事に使用する機器やソフトウェアの 経費を支給することもあります。  

  3. 特定のロケーションでの勤務:リモートワークの本来の定義は、通常のオフィス環境以外のあらゆるロケーションからの作業を意味しますが、リモートワーカーを募集する場合はほとんど、特定のロケーションに居住している人を求めます。Flexjobsによると、リモート企業の95%は、 クライアントのニーズ、国の従業員規制、法的および税務上の考慮事項、給料支払いに関する問題、タイムゾーン、および定期的に必要な出張などの理由から、特定のロケーションに居住する人材を雇用します。

  4. 同期型および非同期型コラボレーション 従業員に通常の勤務時間(9時から5時まで)を求めるリモート企業もありますが、従業員全員が同時に勤務する時間を確保しながら、より柔軟な勤務スケジュールを認める企業もあります。チームメンバーが様々なタイムゾーンに分散していることが、 リモートチームのコラボレーションの重要な要素となっています。 非同期型コミュニケーションは様々なタイムゾーンに散らばったメンバー同士の効果的なコラボレーションを実現します。 

  5. 完全結果志向の職場環境:リモートワーク企業の中には、時間ベースの職場環境ではなく、完全結果志向の職場環境 (ROWE)を育成する企業もあります。 これらの組織は従業員のより柔軟なスケジュールを認め、作業に費やす時間ではなくプロジェクトの明確な成果に焦点を当てます。このような企業の従業員には、自己を管理でき、チームや組織にバリューを提供する前向きな姿勢が求められます。  

リモートワークの概念を理解することは困難なように思えるかもしれません。上記のコツを心に留めておくことによりリモートワークに対する理解が深まり、より生産性の高いリモートワーカーへと成長します。