リモートワークガイド

ストレスとバーンアウトを回避

リモートワークがもたらすストレスとバーンアウトの回避方法

在宅勤務のストレスはリモート社員に共通して見られます。在宅勤務時のメンタルヘルスを健全に保つことは、ますます拡大するリモート労働人口にとって極めて重要なのです。

職場でのメンタルヘルス管理は、プロジェクトの目標を達成し、高い生産性を上げることと同様に重要です。 孤独感やバーンアウトをはじめ、在宅勤務の社員にまつわる問題が増加しており、在宅勤務の経験がない社員には特にその傾向が見られます。 

日々の生活に取り入れ、リモート社員のストレス管理やメンタルヘルスのサポートに役立つ習慣やコツをWrikeがご紹介します。

在宅勤務にまつわるストレス

リモートワークはもはや特典ではありません。多くの人にとって不可欠なものになっているのです。自宅が作業スペースになると、境界線の設定やキャリアに関するプレッシャー、作業負荷管理などの困難な問題が発生します。フルタイムの在宅勤務には以下のような問題がよく見られます。

 リモートワークに移行した社員には、仕事に集中して生産性を維持しながら、 自宅で子供の世話をしたり、家族のニーズを満たさなければならないというプレッシャーが加わります。

在宅勤務にまつわるストレス:識別の仕方

リモートワーカーの75% が仕事でストレスやバーンアウトを経験すると述べ、37%以上がオフィス勤務の時より長時間労働をしていると報告しています。これに子供の世話や家庭内の責任などが加わります。

リモートワークによるバーンアウト 

長時間労働後に疲労を感じたり、仕事に対して否定的な気持ちを持ったり、プロとしての自身の能力に自信を無くすことは、リモートワークによるバーンアウトの兆候かもしれません。この兆候は慢性的なものであり、何かがおかしいと気づく前に精神的に疲れ果ててしまうこともあるのです。 

この強烈なプレッシャーにより社員が無理をしすぎてしまい、最終的にバーンアウトを起こし、業務のパフォーマンスに影響を与えてしまいます。仕事の手を休めて同僚とおしゃべりしたり、進捗状況を比較したり、直接簡単な質問をしたりすることもできず、タスクの完了がより困難になることもあるのです。

在宅勤務のストレス

在宅勤務による意気消沈にお悩みですか?あなただけではありません。COVID-19のパンデミック以前は、雇用社員のわずか5%が在宅勤務のストレスを感じると回答しましたが、パンデミック中にこの数字が18%にまで大きく伸びました。

仕事の生活のバランスをうまく取り、自身のケアをすることで、本格的なバーンアウトを引き起こす前に在宅勤務のストレスを解消することができるのです。

リモートワーク時のメンタルヘルスを認知する重要性

職場におけるメンタルヘルスについての認識は、すべての企業にとっての優先事項です。ビジネスの方向性を変え収益を維持していくために、パンデミックの影響で雇用の保証について不安を感じている従業員に大きなプレッシャーを与えることもあります。 

従業員が感じる不安やプレッシャーは、特に初めて在宅勤務をする従業員の精神状態を悪化させ、生産性の低下につながります。 職場でメンタルヘルスについて教育する場を提供したり、メンタルヘルスについての話し合いを持つことで、従業員やリーダーがお互いの経験を共有でき、チームの結束が高まり安心感につながります。

雇用主は、メンタルヘルスに関する定期的な話し合いを持ったり、ストレスに対応するコツを週に1度メールで送信したり、メンタルヘルス啓蒙月間を企画したり、従業員に「メンタルヘルス休暇」を取るよう提案することで、職場における認識が高まります。

チームが職場におけるメンタルヘルスへの対処法を理解している場合、自身や同僚が燃え尽きる寸前にまで至っている兆候を見極めることができます。 

在宅勤務によって孤独感を高めている同僚がいるかもしれません。感情が爆発したり仕事のパフォーマンスが低下したり、同僚との接触を避けたり、落胆や悲しみの感情を常に感じるなどの兆候が見られる時はメンタルヘルスへの対処が必要です。

Image

リモートワークにまつわるメンタルヘルスの改善方法

在宅勤務時のメンタルヘルス対策として、以下のコツや習慣を参考にしてください。

1. メンタルヘルスのケアを最優先する

これは明確なことに思えるかもしれませんが、日々のスケジュールがミーティングやタスク、締め切り、家族、身体衛生、子供たちの世話でいっぱいになっている時は、メンタルヘルスのケアがおざなりになってしまいます。企業や雇用主にとってメンタルヘルスを促進するアクティビティやイニシアチブへの投資は不可欠です。困難に直面している従業員の状況が悪化する前に、サポートを提供することができます。

仕事やミーティングの合間に時間を決めて定期的な休憩を取ることも、メンタルヘルスのケアにつながります。 また人気の高い ポモドーロ・テクニックを使って時間管理をしながらタスクを遂行することもできます。決められた休憩を取って洗濯をしたり、子供の世話をしたり、一息ついたり、感謝の気持ちを持つ習慣をつけていきます

新たな労働環境で成功を収めるには、気持ちの持ち方が大きく影響します。これらの習慣を身につけることでメンタルヘルスを強化し、在宅勤務での生産性を向上する活力を得ることができるのです。

2. オープンな気持ちを持ち、完璧である必要がないことを実感する

リモート勤務時は、多くの人が雇用主に自分の価値を証明しなければならないと感じます。

新しい労働環境への移行に伴う苦労を隠し、同僚や雇用主のサポートを求めることを躊躇します。また在宅勤務に関わらず自身の生産性を証明するために、必要以上の業務を引き受けてしまうこともあるのです。 

このような場合、管理職だけではなくメンバー全員がリーダーシップを取ることが必要になります。チームミーティングの際にメンタルヘルスの向上に役立つ習慣や話し合いを奨励することで、サポートや共感、生産性に関する組織内のカルチャーを改善します。

3. ルーティーンを作って、それを守る

在宅勤務を成功させるコツとしては、ルーティーンを作ってそれを守ることがまず第一に挙げられます。 ルーティーンを作ることによって日々決定しなければならないことが減少し、メンタルヘルスの強化につながります。 

日々実行するタスクを調整し、その準備をすることで、精神的なゆとりが大きくなり、物事をこなす活力が生まれます。すべてを達成することはできないかもしれませんが、精神的な安らぎを感じ、日々をコントロールできるようになるのです。

日々のルーティーンを作成する時は、「何を」するかだけではなく、「どこで」するかも考えなければなりません。背中や首、脊髄をサポートする人間工学的にすぐれた椅子を準備して、仕事専用のワークスペースを作ってください。

日々のエクササイズや散歩も取り入れて身体の健康にも気を配ります。 医者は 定期的なエクササイズは不安度を低下させ、体内の幸福ホルモンの流れを促進すると述べています。

4. 作業の透明性を追求する

リモート勤務を始めたばかりの従業員が持つ大きな課題のひとつとして、自身の作業をわかりやすいフォーマットで表示し、チームメンバー全員がアクセスできる方法を確立することが挙げられます。

Wrikeのチームコラボレーションソフトウェアは、メンバー同士のコミュニケーションを容易にし、各プロジェクトの各メンバーの業務の明確な方向性と可視性を持った作業を容易にすることでこの問題をシームレスに解決します。リモートワークの生産性向上に必要なストラクチャーと柔軟性を提供するこのソフトウェアで、より少ないストレスでより多くを達成します。

チームと同期してプロジェクトを完了し、コミュニケーションとプロジェクト管理 を1つのポータルで実行します。

5. 情報収集を管理する

最新ニュースを入手することは大切ですが、大量の情報および誤報から自信を守ることも重要です。

信頼のおける複数のソースから関連情報を収集し、その他を無視することで、職場における自身のメンタルヘルスを保護することができます。世界中からの否定的なニュースに絶え間なくさらされることはメンタルヘルスに害をもたらします。不安感がつのりストレスレベルが上昇して、自身の視野や仕事のパフォーマンスに影響を与えます。

ニュースをチェックする代わりに前向きな習慣を身に付けます。何か心配事があったりニュースを読んでいる時は、一杯の水を飲んで深呼吸し、黙想します。これらのヘルシーな習慣によって、世界の最新ニュースを追いかけ続けようとする衝動を健康を保つための手段へと転換することができます。

在宅勤務の際に、同僚のメンタルヘルスをケアする方法

在宅勤務をしている同僚のメンタルヘルスをケアするひとつの方法は、常に連絡を取り合うことです。 

グループチャットやビデオ会議、1対1の電話などで、他の同僚よりも悩んでいる同僚がいないか確認することができます。 

ゲームナイトや楽しいバーチャルでのチーム構築アクティビティなどを企画して親密感を高め、友情を深めます。最も大切なことは、孤独感を感じたり大きなストレスを抱えている同僚の声に耳を傾け、サポートを提供することです。