リモートワークガイド
FAQ
← FAQに戻る

リモートワークとテレワークの相違点

リモートワークとテレワークの比較 — この2つの言葉はよく同じ意味で使われていますが、全く同じものではありません。 テレワークの意味、およびリモートワークとの違いは何でしょうか?

リモートワーク

リモートワーク、または「様々なロケーションからの作業」は、安定したインターネット環境であればどこからでも作業ができる柔軟な労働環境です。

リモートワーカーがメインオフィスの近くに居住する例は稀ですが、組織内の従業員と密接に協力して作業を進めます。 

リモートワーカーとその上司が実際に対面することは稀で、全く会わないという状況も生まれます。リモートワーカーはまた、ログインする時間やその方法などについてより柔軟な労働環境で作業を進めることができます。柔軟性に富むリモートワークは、頻繁に移動する人たちや学生、また標準的な勤務体制を好まない人達にとってすぐれたオプションです。

自身や自身のライフスタイルに合わせて職場を確立でき、快適な労働環境を生み出すことができます。学習や旅行、家庭内でのコミットメントなどに対応しながら作業を進めることも可能です。

テレワーク

テレワークは職場以外のロケーションから業務をこなすシステムで、自宅や支社、カフェ、本屋、またコワーキングスペースなどを利用して行います。

テレワーカーは頻繁にオフィスから離れて仕事をしますが、時にはオフィスに出社する必要もあり(ない場合もあります)、ここがリモートワーカーとの違いです。テレワーカーはリモートワーカーに比べてよりオフィスに近いロケーションで業務をこなすことも異なる点です。 

テレワークはライティングやリサーチ、リーディング、データ分析、コンピュータ作業、テレマーケティングなどのタスクや作業の際に理想的なオプションです。

リモートワークとテレワークの比較 - どちらがすぐれているのでしょうか?

リモートワークとテレワークに大きな相違点はありませんが、明白な違いもあります。あなたのライフスタイルや責任区分、キャリア、また居住地域によって、リモートワークやテレワークが適しているかどうかを見極めなければなりません。 

お子さんがいらっしゃる方やフルタイムで家族のケアをしている方は、オフィスの近くに居住しながら柔軟な労働環境にあるテレワークが適しているかもしれません。反対にデジタルノマドは、リモート環境での仕事の方が自身のライフスタイルに合っていることも考えられます。