リモートワークガイド
FAQ
← FAQに戻る

リモートワークの契約内容

リモートワークの契約とはリモートワーカーと雇用主または組織との間の同意を意味し、お互いの責任区分とコミットメントを定義しています。この契約は、リモートワーカーが企業の リモートワークポリシーに従ってリモートワークを開始する際に作成します。

リモートワークの契約には、勤務のスケジュールや時間、コラボレーションツール、プロセス、ワークフロー、情報セキュリティ、および従業員サポートなどについての重要な詳細を記載します。 またこの契約には、リモートワークに対する従業員のニーズ、また従業員に求められるものを的確に説明したセクションを含めなければなりません。以下をはじめとする各セクションは不可欠です。

リモートワークの契約に不可欠なセクション

リモートワークの契約書に含める最も重要な5つのセクションを以下に説明しています。 

  1. 業務に関する同意
    業務に関する同意のセクションには、実行する業務のタイプ、ワークフローおよびコラボレーションのプロセス、全員が就労する時間帯、必ず出席しなければならないミーティング、従業員のパフォーマンスを測定するメトリックス、およびリモートワークに関するその他の重要な同意内容が記されています。

  2. 処遇および報酬
    処遇および報酬のセクションでは、リモートワーカーの報酬や給付金について説明します。1か月の報酬、およびその支払い時期や支払い方法、その他の労働条件を説明し、残業についてのガイドラインや契約の再交渉や更新のタイムライン、税金、保険などについてのサブセクションも含まれます。

  3. コンピュータ機器とソフトウェア
    リモートワーク契約書のほとんどには、雇用主および組織と共に、安全で効率的な作業の遂行に必要なコンピュータ機器、ソフトウェアプログラム、およびコミュニケーション、コラボレーション、プロジェクト管理に必要なツールおよびその他のツールやアプリについてのセクションが含まれています。リモートワークの際に従業員は会社と個人のどちらのデバイスを使用するのでしょうか?職場のメールにはどのようにアクセスし、テクニカルサポートを受けることができるのでしょうか?

  4. 電話とインターネットの接続性
    職務によって異なりますが、リモートワーカーが業務をこなすために電話番号が必要になることもあります。リモートワーカーが業務をこなし、チームメンバーとコミュニケーションを取り、バーチャルミーティングに参加するためにはインターネットにかかる経費を避けることができません。

  5. 出張およびその他の経費の払い戻し
    リモートワークの契約には出張費についてのセクションも必要です。顧客とのミーティングや現場訪問の際の交通費およびその他の諸経費が含まれます。払い戻しのセクションには雇用主および組織への払い戻し請求方法およびその受け取り方法も記載します。 

リモートワーク契約書を作成したことがない場合は大変な作業のように思えるかもしれませんが、以上の5つのセクションは必ず必要です。また税金、オフィス用家具と消耗品、保険、データセキュリティ、安全と責任に関する事項、扶養家族のケアなどについての事項を加えることもできます。