Marketing Guide
FAQ
← FAQに戻る

統合型マーケティングコミュニケーションとは?

マーケティング部門では、複数のチームが同時にメッセージングやコミュニケーションに取り組むことがよくあります。その作業にはさまざまな製品やサービスの促進、顧客とのつながりの確立、イベントの計画が含まれており、潜在顧客を混乱させるメッセージングにつながる可能性もあります。統合型マーケティングコミュニケーションは、組織化されていないマーケティングへの対処手段であり、すべてを統一されたメッセージにまとめます。 

統合マーケティングコミュニケーションは、複数のチーム、部門、キャンペーンを1つのまとまったメッセージに統合したコミュニケーションです。統合マーケティングコミュニケーションでは、ソーシャルメディアチャネル、デジタル広告、メールマーケティング、セールスプロモーションなどで同様のメッセージングを使用します。 

統合マーケティングコミュニケーションの目的は、顧客がブランドとさまざまな方法でやり取りをする際に、統一されたメッセージを受け取ることを保証することです。潜在顧客がソーシャルメディアの投稿で企業からのメッセージを見た後に、同社のウェブサイトでまったく異なるマーケティングキャンペーンを見た場合、顧客は混乱し、ブランドに対する興味を失うこともあるのです。 

統合型マーケティングコミュニケーションのメリットとは?

統合型マーケティングコミュニケーションは容易に実行できるように思えますが、マーケティング部門全体にてまとまりのあるメッセージングを作成する明確な利点とは何ですか? 

  • ブランド認知度と信頼度の向上:統合型マーケティングコミュニケーションによって、顧客は企業に何を期待できるかを理解でき、企業が1つのボイスと個性をもとにメッセージを伝えることによってブランド認知度と信頼度の向上につながります。

  • 有効性および効率性の向上:企業が部門全体および複数のチャネルで使用する統合マーケティングコミュニケーションを実行することにより、顧客はこれらのメッセージを容易に記憶でき、知識を増やすことができます。マーケティングチームが様々なマーケティングメッセージの作成に費やす時間を削減でき、部門の効率性が向上します。 

  • ブランド認識と販売の向上:統合型マーケティングコミュニケーションは、優れた方法で実行することによって段々と強化されていきます。例えば統合マーケティングコミュニケーションで様々なマーケティング活動にバックアップされたスローガンやハッシュタグを使用することにより、ブランド認識を構築し、最終的に売上の増加につながるのです。 

統合マーケティングコミュニケーションには欠点も見られます。経営陣が予算のリソースやメッセージングの権限を他のチームと共有することを望まない可能性もあるからです。統合マーケティングキャンペーンを実行する際は他のキャンペーンの一時的な中止が必要になることもあり、成功に向けてのプレッシャーがより高くなります。

p