Marketing Guide

マーケティング用語集

用語集

4Pマーケティング
4Pマーケティングとは、効果的なマーケティングの4つの基本的な柱である製品、価格、場所、プロモーションを網羅するマーケティング理論を指すマーケティング用語です。このデジタルマーケティング用語(広告用語)の基本的な考え方では、4つの柱すべてを巧みに戦略化することで、マーケティング担当者は製品やサービスの販売に向けて包括的なアプローチを構築することができます。たとえば、マーケティング担当者は、消費者のニーズを満たす製品を作成し、自社の製品を適切に位置づける(そして利益を上げる)価格を決定し、認知度を高めるための戦略的な配置を選択し、マーケティング戦略を組み合わせて製品を宣伝していきます。
ブログ
ブログとは通常、個人専用のサイトまたはブログプラットフォームを通じて、コンテンツをオンラインで自己公開する行為を意味します。ブロガーは当初、90年代後半から2000年代初頭にかけて「日記スタイル」の記事を公開することで知られていました。その後ブログは進化し、ビジネス向けの情報ブログや YouTube のビデオブログなども登場してきました。
B2B(企業間)マーケティング
企業間マーケティング、またはB2Bマーケティングと言うマーケティング用語には、消費者対象ではなく他の企業に特化した製品またはサービスの促進に使用するマーケティング戦略が含まれ、Wrikeなどの社内ソフトウェアツールの推進などが含まれます。
B2C(ビジネスと消費者間)マーケティング
ビジネスと消費者間のマーケティング、またはB2Cマーケティングと言うマーケティング用語には、製品またはサービスを消費者に直接販促するために使用するマーケティング戦略が含まれ、消費者向け製品、消費者向けアプリ、またはパーソナルサービスの推進などが含まれます。
バイヤーペルソナ
企業のバイヤーペルソナとは、理想的な顧客の概念的なプロフィールを意味するマーケティング用語です。よりターゲットを絞ったマーケティング戦略開発に使用される購入者ペルソナには、仮説に基づいた顧客の人口統計、収入、関心事、購買行動などが含まれます。
行動喚起
行動喚起(CTA)はマーケティング資料で使用するマーケティング用語で、顧客に特定のアクションを呼びかけます。行動喚起の広告用語には、「今すぐ購入する」、「電話を予約する」、「無料PDFをダウンロードする」、「カートに入れる」などがあります。
解約率
解約率とは、既存の顧客が企業からの購入を完全に停止する割合です。解約は通常、利用プランベースのサービスを販売する組織によって測定され、全体的な収益性を評価する際に買収コストおよび顧客生涯価値と比較されます。
クリック率
クリック率は、広告インプレッション100件あたりのクリック数を表すデジタルマーケティング用語です。マーケティング広告を実際にクリックする割合を意味し、通常はホームページやサイトに進む人の割合を指します。クリック率は特に、デジタルチームが監視すべき重要なマーケティング指標です。
コンテンツ
コンテンツとは、情報、エンターテイメント、またはその他の価値あるものを消費者に提供することにより、見込み客や顧客の創造に役立つあらゆる種類のマーケティング資料を指すマーケティング用語です。マーケティングコンテンツには、ブログ記事、ビデオコンテンツ、ポッドキャスト、書籍などの印刷メディアなどが含まれます。
コンバージョン率
コンバージョン率は、特定の方法でアクションを起こしたり、マーケティングアセットとやり取りする人の割合を表すマーケティング用語です。コンバージョン率には、広告をクリック、アセットをダウンロード、メールリストに登録、アイテムや利用プランを購入する人の数などが含まれます。
インプレッション単価
インプレッション単価は、1000回の広告インプレッションに対してマーケッティング担当者が支払うコストを意味するデジタルマーケティング用語です。この指標は、リード単価とクリック単価と共に、マーケティング戦略の有効性評価に役立ちます。
リード単価
リード単価は、PPC(クリック課金)広告キャンペーンから生成された単一のリードに対してマーケッティング担当者が支払うコストを意味するマーケティング用語です。このキャンペーンでは、オーガニック検索結果ではなく有料検索エンジン広告を使用してリードを生成します。
顧客関係管理
顧客関係管理(CRM)は、企業が顧客との関係管理に使用するテクノロジーのあらゆる側面を網羅します。CRMには顧客ライフサイクルの複数のタッチポイントからのデータが含まれ、営業、ソーシャルメディアとのやり取り、カスタマーサポートなどから生成されたデータが含まれます。
電子ブック
電子ブックは通常、タブレットやその他のポータブル デバイスを使って読むデジタル化された書籍を指します。電子ブックはリード生成製品としてよく使用され、印刷物よりも簡潔な形式で価値の高い情報を提供します。
メール
メール(または電子メール)はコンピューターネットワーク(通常はインターネット)を介したメッセージの交換で、オンラインビジネスのマーケティングツールとしてだけでなく、プロフェッショナルなコミュニケーションの形態として一般的に使用されています。
エンゲージメント率
エンゲージメント率は、投稿へのコメントやTweetの共有など、オーディエンスメンバーまたはフォロワーがソーシャルメディアのコンテンツを積極的に操作する割合です。エンゲージメント率の測定には、投稿あたりのエンゲージメント率、リーチ別のエンゲージメント率、インプレッション別のエンゲージメント率など、複数の方法があります。
ハッシュタグ
ハッシュタグは、単語または語句の前にハッシュ記号(#)をつけて表すメタデータタグです。ユーザーがハッシュタグを使用することにより、Instagramの投稿やTweetなどのソーシャルメディアプラットフォーム間でコンテンツを相互参照できます。
インバウンドリンク
インバウンドリンクは、外部サイト上で自身のWebサイトを指すリンクです。インバウンドリンクは検索エンジン最適化(SEO)を改善し、サイトのトラフィックの増加に役立ちます。
インフォグラフィック
インフォグラフィックは、情報やデータをグラフィックで表現したものです。ソーシャルメディアの投稿、ブログ記事、印刷メディア、またはその他の種類のマーケティングアセットの読者や視聴者を引き付ける方法で、貴重な情報を迅速かつ簡潔に提示することを目的としています。
主要業績評価指標
主要業績評価指標( KPI )は、エンゲージメント、利益、販売、満足度、または他の業績分野を測定するために企業が使用する指標です。マーケティングに特化したKPIには、顧客獲得コスト( CAC )、顧客生涯価値( CLV )、およびコンバージョン率が含まれます。
キーワード
キーワードは、検索エンジンでサイトを有意義にランク付けするためにWebサイトで使用される単語または用語です。あるWebサイトに「顧客エンゲージメント」というキーワードが含まれている場合、このキーワードの検索結果にそのサイトが表示されます。
ランディングページ
ランディングページは、マーケティングまたは広告キャンペーンの「着地点」として機能する独立したWebページです。ランディングページには通常製品やサービスに関する情報が含まれており、訪問者が購入、登録、ダウンロード、または他のアクションを実行できるように設計されています。
リード
リードとは、コンテンツに積極的に関わり、そこからマーケティングファネルに参入した人々を意味します。マーケティング担当者は、販売やその他の望ましいアクションに向けて顧客を引き続き推進するために、メールマーケティングやその他の価値主導型コミュニケーションを通じてリードを育成します。
LTV:CAC
LTV:CACは、顧客生涯価値と買収コストの比率です。これら2つの指標を比較することで、マーケッティング担当者はマーケティングアプローチの収益性を評価できます。
市場参入
市場参入とは通常、対象市場に製品やサービスを導入するための戦略を指します。効果的な市場参入戦略では、対象市場の調査、およびその市場に提供する製品やサービスを慎重に検討する必要があります。
市場リーダー
市場リーダーとは、ある分野で最も大きな市場シェアを持つ企業です。例としてはケチャップの市場リーダーであるハインツなどが挙げられます。
市場志向
市場指向は、消費者が持つ特定のニーズ、要望、リクエストを新製品開発の中心とする製品イノベーションへのアプローチです。
市場調査
市場調査では、特定の製品やサービスの潜在的な消費者と直接交流を図り、その実行可能性を評価します。
市場セグメンテーション
市場セグメンテーションは、消費者が持つ共通のニーズ、人口統計、使用法、またはその他の要因に応じて潜在的な消費者を異なるグループまたはセグメントに分割することを意味します。セグメンテーションは、製品やサービスのマーケティングや提供のためのさまざまな戦略を生み出すために役立ちます。
市場A / Bテスト
市場A / Bテストは、1つのマーケティングアセットの異なるバージョン(ランディングページやメールなど)を2つ開発および比較して、より効果的なバージョンを決定する行為です。
マーケティング分析
マーケティング担当者は、マーケティング分析によって、一連のブログ記事やプロモーションキャンペーンなど特定のキャンペーンや取り組みの投資収益率(ROI)を評価できます。マーケティング分析には、コンバージョン率、クリック率、顧客あたりのマーケティング費用など、特定のマーケティング指標が含まれます。
マーケティング監査
マーケティング監査は組織のマーケティング戦略と結果の包括的なレビューを指し、長所と短所の特定を目的としています。企業はマーケティング監査において、収益性向上に向けた方向性の転換、弱点領域の改善方法、長所の活用方法などについて学ぶことができます。
マーケティングの自動化
マーケティングの自動化とは、ソーシャルメディアの投稿スケジュールの設定やメールキャンペーンの送信など、特定のツールやテクノロジーを介したマーケティングプロセスの自動化を指します。
マーケティングカレンダー
マーケティングカレンダーは、特定の期間(通常は1年)のマーケティング活動を表示する詳細のカレンダーです。
マーケティング・コミュニケーションミックス
マーケティング・コミュニケーションミックスとは、企業が顧客や潜在顧客とのコミュニケーションに使用するさまざまなコミュニケーションおよびマーケティング手法を意味するマーケティング用語です。一般的なマーケティングコミュニケーションには、有料広告、ソーシャルメディアコンテンツ、直販電話、割引などがあります。
マーケティングダッシュボード
マーケティングダッシュボードは、マーケティング指標、KPI、分析結果を一か所にまとめて表示するマーケティング用語で、マーケティング業績を包括的に把握することができます。
マーケティング意思決定支援システム
マーケティング意思決定支援システム(MDSS)とは、さまざまな種類のデータを考慮して、マーケティングにおける特定の意思決定の結果を予測するシステムです。
マーケティングファネル
マーケティングファネルとは、顧客が最初に認知してから購入に至るまでの一連の流れを指します。マーケティングファネルは、コンテンツ、インセンティブ、魅力的なタッチポイントを組み合わせて、購入の決定に至るまで顧客を育成するよう設計されています。
マーケティング指標
マーケティング指標は、マーケティングパフォーマンスの経時的な測定に使用する値を表すマーケティング用語です。マーケティング指標には、リーチ、エンゲージメント、生涯価値、またはその他の成功指標などが含まれます。
マーケティングミックス
マーケティングミックスは前述のとおり、4Pマーケティングの別称です。企業のマーケティングミックスは、その製品、価格、場所、プロモーション戦略を指します。
マーケティングオフィサー
マーケティングオフィサーは、キャンペーンの開発、予算編成、顧客調査など、企業のマーケティング活動と運営を監督し、チーフマーケティングオフィサーまたはCMOと呼ばれることもあります。
マーケティングリーチ
マーケティングリーチとは、マーケティングアセットを見る人の数を指すマーケティング用語です。デジタルマーケティングでは、インプレッション数を頻度で割ってリーチを計算します。
ページビュー
ページビューは、単にWebページの読み込みまたは再読み込みのリクエストを意味します。ページビューは特定のページへのトラフィック量の表示に役立ちますが、1人の訪問者が1回のセッションで複数回リクエストしている場合もあります。
リマーケティング
リマーケティング広告は、Webサイトを訪れたり、ショッピングカートに商品を入れたり、商品を購入するなど、何らかの方法で企業とやりとりしたことがあるユーザーをターゲットとする広告を意味するマーケティング用語です。
ソーシャルメディア
ソーシャルメディアは、ユーザーが公開フォーラム上で自己公開したコンテンツでの対話を可能にするデジタルテクノロジーです。ユーザーは通常、コミュニケーションやコミュニティ構築にソーシャルメディアを使用しますが、ソーシャルメディアは企業が製品やサービスを販売するためのプラットフォームにもなっています。
トップオブファネル
トップオブファネルマーケティングは、マーケティングファネルの初期段階にいる潜在顧客、つまりブランドを認知しているがまだ行動を起こしていない顧客を対象とするマーケティング用語です。トップオブファネルマーケッティングは通常、消費者を直接販売に誘導するのではなく、価値あるコンテンツを通じて消費者を教育することに重点を置いています。
ユニークビジター
ユニークビジターとは、訪問回数ではなく、実際にサイトを訪れた人の数を指すマーケティング用語です。同じ人が1日に3回Webサイトを訪れた場合は、ユニークビジター1人として登録されます。
URL
URL(Uniform Resource Locatorの略)は、HTMLサイトや画像などのインターネット上のリソースの識別に使用するアドレスです。URLは通常ドメイン名で構成され、クエリ文字列やその他の変数を含むSEOに影響を与える可能性のある「パス」がその後に続きます。
ユーザー エクスペリエンス
ユーザー エクスペリエンス(UX)とは、ユーザーが製品やサービスに関与する方法を表すマーケッティング用語です。UXは特定の機能や側面以上のものを意味し、ユーザーがエンゲージメント中にどのように感じているか、製品やサービスをどのように認識しているか、製品やサービスをいかに楽に使用できるかなどが含まれます。
ユーザーインターフェース
ユーザーインターフェース(UI)とは、ユーザーとデバイス、Webサイト、アプリケーションとの間の実際の接点を指します。UIはユーザーが製品やサービスに接する際の物理的な側面を重視しており、製品やサービスがどのようにデザインされ、ブランド化されているかなどがこれに含まれます。
バイラルコンテンツ
バイラルコンテンツとは、複数のオーディエンスに組織的に共有されることで並外れたレベルのリーチとエンゲージメントを獲得するコンテンツのことです。
Webサイト
Webサイトは、単一のドメイン名で作成された複数のWebページの集合体で、一般的に、個人、ブランド、製品、サービス、または組織に関する貴重な情報を提供するために作成されます。
口コミマーケティング
口コミマーケティングは、顧客紹介を通じて製品やサービスの認知度を高めるマーケティング用語です。他のタイプのマーケティングに比べて管理が容易ではありませんが、特定のマーケティングキャンペーンやインセンティブを通じて製品やサービスを紹介できます。