Marketing Guide
FAQ
← FAQに戻る

マーケティングにおけるターゲティングとは?

マーケティングにおけるターゲティングとは、ターゲットのオーディエンスをセグメントごとに分割し、その後、企業の取り組みに応えてくれる可能性が最も高いセグメントにリーチするマーケティング活動を設計することです。ターゲットマーケティングによって、潜在顧客にリーチする成功率を大幅に向上させることができます。 

マーケティングにおけるターゲティングとは一般的に、マーケティング担当者がターゲットとする適切なセグメントを見つけるための3段階のプロセスを指します。このプロセスはSTPマーケティングと呼ばれ、セグメンテーション(セグメント化)、ターゲッティング(ターゲット選定)、プロモーション(促進)の略です。マーケティング担当者は、年齢、地理的位置、趣味、関心事、過去の購入履歴などの人口統計情報に基づいて、ターゲットオーディエンスをセグメントに分割します。 

マーケティング担当者が様々なセグメントを作成した後、どのセグメントが自社の製品、価値、提供物に最も適しているかを評価します。ターゲットとするオーディエンスセグメントを選択できるマーケティング担当者は、容易に潜在顧客を見つけ、製品やサービスを購入するよう説得できるのです。  

3番目のステップであるプロモーションでは、選択したターゲットオーディエンスに合わせてカスタマイズされたメッセージングとコミュニケーションを作成します。マーケティングプランは通常、最も利用率の高いメディアチャネルを使用してターゲットセグメントとコミュニケーションを図るよう設計でき、マーケティングチームの予算最大化に役立ちます。現在、デジタルチャンネルやソーシャルメディアは最も効果的なプロモーション形態であり、世界人口の53%がFacebook、Instagram、Twitterなどのプラットフォームを利用しています。

マーケティングにおけるターゲティングでのマーケティング分析活用

マーケティング分析は、マーケティングにおいてターゲティングを設定する際にいくつかの点で重要になります。マーケティング担当者は、セグメント化に向けて、選択した潜在ターゲット市場の行動を理解する分析が必要です。マーケティングチームはマーケティング分析によりこれらのセグメントを作成し、チームで事前決定されたマーケティングペルソナとの適性を評価します。マーケティングペルソナまたはバイヤーペルソナは、年齢や収入範囲、性別、居住地、関心事など、企業にとって理想的な顧客を表しています。マーケティング担当者は、マーケティング分析によりどのセグメントがバイヤーペルソナを最もよく表しているのかを理解でき、マーケティングにおける最適なターゲティングを選択することができます。 

マーケティング担当者はまた、マーケティング分析を使用し、選択したセグメントをターゲットとするための最適なプラットフォームとチャネルを選びます。多くのソーシャルメディアや有料広告チャンネルにはターゲット設定がすでに組み込まれており、年齢層、性別、地理的位置、その他の要素を選択して、貴社のターゲットオーディエンスにリーチすることができます。 

マーケティング部門は、ターゲットとするセグメント選択に加え、そのオーディエンスの共鳴を最も呼ぶようカスタマイズしたメッセージングも作成しなければなりません。多数のマーケティングツールを使用してメッセージングをテストし、ターゲットオーディエンスからのコンバージョン率を最も向上できるメッセージング法を識別できます。