Marketing Guide

マーケティング分析ガイド

マーケティング分析ガイド

マーケティング担当者は常に、自身の向上や成長、そしてより多くの顧客へのリーチを目指しています。その最良の方法とは何でしょうか?素晴らしい製品やサービスの提供も重要ですが、何が機能しているのか、顧客が誰であるべきか、どのマーケティングリソースに焦点を当てるべきかを示すデータも必要です。 

マーケティングスキルセットには通常、複雑な計算は含まれていませんが、マーケティング担当者の時間や企業のリソースを最大限に活用するために、さまざまなマーケティングデータ分析を理解し、行動につなげることが含まれています。

マーケティング分析とは?

マーケティング分析とは、マーケティング活動に関連するデータの使用と研究です。マーケティングデータ分析を使用して、ROI、コンバージョン、顧客の行動や好み、オーガニックトラフィックの観点から、過去のキャンペーンの成功度を判断します。マーケティング部門はマーケティング分析手法を使用して過去のキャンペーンに関するデータを分析し、パターンやトレンドをもとにマーケティング活動、リソース配分、キャンペーンプランを改善できます。 

マーケティングデータの分析領域には一般的に、現在の分析、過去のレポート、将来の予測の3つの要素が含まれます。 

  • 現在の分析:マーケティング担当者は、マーケティング活動の状況を明確に把握し、過去のキャンペーンと比較するために、現在のキャンペーンや活動のデータを分析する必要があります。この場合、Webサイトのトラフィックやそのソース、ソーシャルメディアのエンゲージメントやクリックスルー、および販売パイプラインと収益指標の現在の状態に焦点を当てていきます。

  • 過去のレポート:マーケティング部門はキャンペーン完了時に報告された分析も活用し、リードコンバージョン、顧客の生涯価値、セールスファネル解約率などの情報に重点を置きます。 

  • 将来の予測:最後に、マーケティング部門は分析を利用して将来のマーケティング活動を計画します。この種の分析には、リードスコアリング、ターゲットコンテンツ配信、アップセルの準備が含まれ、データセット、モデリング、AIなども活用します。


マーケティングデータ分析はなぜ重要ですか?

マーケティング分析は、優れたマーケティングキャンペーンを計画し、戦略的目標の達成に役立つ活動の実行に必要な情報をマーケティング担当者に提供します。マーケティングデータ分析がない場合、マーケティング予算の使い方、ブランドの宣伝に利用するチャネルの選択、および最良の結果を得るためにターゲットとする顧客の選択において、推測や事例証拠に依存するしかありません。 

マーケティング分析を使用するユーザー 

マーケティングチームのメンバーはすべて、マーケティングにて何らかの形式でデータ分析を使用できます。チーフマーケティングオフィサーとトップレベルのマネージャーが企業のマーケティング戦略を構築する際には、マーケティング分析手法を使用して適切な戦略を設計します。マーケティングマネージャーがマーケティングプランをに作成する際には、マーケティングデータ分析を使用して、コンテンツ配信の際に最も焦点を当てるべきチャネルを決定します。SEOスペシャリストがキーワード最適化のプランを作成する際には、マーケティング分析を使用して、適切なキーワードと重要競合企業の行動を選択します。 

マーケティング分析の情報に基づいて適切なアクションを実行すれば、すべてのマーケティング担当者がメリットを得ることができるのです。


分析に基づいて実行できるアクションとは?

マーケティング部門はマーケティング分析に基づいたアクションをほぼ無制限に実行できますが、以下により一般的なオプションをご紹介します。 

  • キーワードを組み込む:マーケティング担当者はキーワード分析ソフトウェアを使用して、Web検索でのオーガニックトラフィック獲得を最適化するために必要な特定の単語やフレーズを決定できます。 

  • 成功を収めたキャンペーンの再現:ソーシャルメディア分析を使用すると(各プラットフォームには基本的なバージョンが組み込まれている場合があります)、フォロワーが共鳴するコンテンツやトピックの種類を理解でき、Webサイトやニュースレターのサインアップへトラフィックを提供します。その後そのタイプのコンテンツを増やし、トラフィックの増加につなげます。 

  • 新市場へのエンゲージ:マーケティング部門は、分析によって市場の新しいセグメントにおける見込み客の可能性が示された場合、そのセグメントへの取り組み、また異なる人口統計をターゲットとするキャンペーンなどを開始できます。 

  • CRMの最適化:顧客関係管理においては、これらのプラットホームにファネルと解約を評価するマーケティング分析が含まれており、顧客関係管理のボトルネックに対処することもできます。 

  • 製品の適合性を調整する:マーケティング部門は顧客ベースの行動、購入履歴、Webサイトでの体験データにアクセスでき、顧客のニーズや購入の好みを適切に予測できます。 

マーケティング部門は、さまざまなマーケティング分析ツールとソフトウェアをすぐに利用できます。必要に応じてできるだけ多くのツールを使用し、日々マーケティング活動やプランの改善に取り組みます。

続きを読む

B2Bマーケティング分析の紹介

B2BとB2Cマーケティングは多くの点で似ていますが、異なる点もあります。B2Cマーケティングでは、顧客が製品やサービスを購入するという目標を掲げて、顧客の感情的な反応に訴えることが含まれます。一方、B2Bマーケティングには、ブランド認知度と関係を構築してリードを生み出し、売上につなげることが含まれます。 

その結果、B2Bマーケティングデータ分析は、キーワード分析、ターゲット市場データ、リードジェネレーション、リードスコアリング、リードから顧客への変換比率の最適化に大きく依存しています。B2Bマーケティング分析手法で考慮すべき基本的な要素の1つは、データを使用してターゲットオーディエンスの人口統計をよりよく把握することで、通常は複数の意思決定者が含まれます。マーケティングチームは、キーワード分析とGoogle Analyticsを使用することにより、このオーディエンスに必要なブランディングについて幅広い理解を得ることができます。 

マーケティング担当者は適切な潜在顧客との時間を最大限に活用する必要があり、B2Bマーケティングではリードジェネレーション、スコアリング、コンバージョン率も関係してきます。マーケティング分析手法を使用して、最適な目標到達プロセスの見込みリストと、最も優れた反復コミュニケーションの形態を決定することは、B2Bマーケティング担当者にとって大変重要な作業です。

マーケティング分析手法における重要な概念

マーケティング分析における特定のコンセプトは、マーケティングの取り組みとリソースの最大化にとって大変重要です。これらのコンセプトは、平均的なマーケティングチームと、研究、計画、実行に真に優れたチームの違いを意味します。 

  • 顧客生涯価値(LTV): マーケティング部門は予測分析を使用して、過去の購入、購入頻度、および平均的な顧客寿命に基づき、企業に対する顧客の生涯価値を決定します。このマーケティング分析手法によって、将来のROIと顧客エンゲージメントについて予測することができます。 

  • 投資収益率(ROI): マーケティング用語におけるROIの分析とは、マーケティング活動に起因する利益または収益の成長度を指します。このマーケティングROIデータを取得することで、企業はマーケティングチームの成功を評価する別の指標を得ることができます。 

  • リード単価:マーケティングキャンペーンの費用対効果を判断するにはリードあたりのコストを理解する必要があります。リード単価は新しいリードを生成するための平均コストを指し、マーケティングROIの計算に使用できます。 

  • リードから顧客へのコンバージョン率:異なる指標のマーケティング分析は、リードから顧客へのコンバージョン率、または売上につながったリードの割合の測定に役立ちます。この種のデータは、最も優れた販売コンバージョン率を誇る特定タイプのリード生成に向けて、マーケティング部門をサポートします。


マーケティング分析ソフトウェアの選択方法

市場には多数のマーケティング分析ソフトウェアオプションが流通しています。測定したいさまざまな指標に対して異なるツールが必要であると感じることもあり、ソフトウェアの選択は容易ではありません(しかし必ずしも困難ではありません)。 

Wrikeには最大50種類のデジタルマーケティングツールの指標をインポートでき、ワークフローを合理化し、マーケティングを次レベルに引き上げるお手伝いをします。当ガイドにて、適切なマーケティングツールとソフトウェアの選択方法を学んでください。  

続きを読む