Marketing Guide

マーケティングイベントカレンダーの作成法

マーケティングイベントカレンダーの作成方法

マーケティング活動は、マーケティングの開始当時から多くの不確定要素に対処しなければなりません。その未確定要素は企業の成長に伴って増加し、壁全体がメモで埋まり、手帳を使いすぎて綴じ目からほころびてくるでしょう。 

マーケティングカレンダーはあらゆるマーケティング部門の日々の業務に不可欠です。効果的かつ効率的で使いやすいマーケティングイベントカレンダーを作成して不確定要素をしっかりと管理し、締め切りを逃すことなく、一年を通してチームと企業が前進することができます。

マーケティングイベントカレンダーとは

マーケティングイベントカレンダーは、当面計画されているマーケティングのスケジュールを管理します。通常は四半期または年間全体のイベントを記録しますが、マーケティング活動やキャンペーンが加わるたびに調整が必要になります。 

マーケテイングイベントカレンダーを作成する際はさまざまなチャネルのアクティビティ、また毎年の文化的な行事も考慮し、シーズンやホリデー前後に予定された活動や、ソーシャルメディアキャンペーンの開始日と終了日、ブログポストの公開日、製品の販売開始時の宣伝なども詳細に記述します。 

マーケティング戦略およびマーケティング計画の策定後のステップは、マーケティングイベントカレンダーを作成です。貴社の目標達成に向けて日別、週別、月別の活動を織り込んでいきます。

マーケティングイベントカレンダーはなぜ重要なのでしょうか?

重要なマーケティング活動の方向性を失わないためにもマーケティングイベントカレンダーは重要です。 マーケティングチームのメンバーは、マーケティング計画カレンダーで予定されているマーケティング活動を一目で確認でき、年間を通じて必要な小さいマイルストーンを確実に達成することができます。 

マーケティング計画カレンダーの作成はマーケティング部門が実施する重要なプロセスで、定期的な再評価を必要とします。このプロセスは時間がかかり、十分な計画を必要としますが、マーケティング部門が事前にキャンペーン計画に時間をかけることは大変重要です。マーケティングチームが予定の活動すべてを1年前から把握していることは稀ですが、月毎や四半期毎の計画を立てることでチームは柔軟に変化に対応でき、発展を続ける企業のニーズを優先することができます。

全体的なマーケティングイベントカレンダーがない場合、マーケティング活動は断片的に計画され、まとまりのないマーケティングイベントスケジュールとなってしまい、企業が効果的に潜在顧客を引き付け、販売へとつなげ、顧客を維持するために有効的ではありません。ブログの投稿予定日を設定されていなければ、チームメンバーの思いつきでブログを公開することになり、顧客への効果的なアプローチにつながらず、 チームメンバーの時間が無駄になってしまいます。

きちんと計画された詳細を織り込んだマーケティングカレンダーは、企業のマーケティング戦略、およびマーケティングプランで設定された目標や計画を達成するために大変重要です。

マーケティングイベントカレンダーに必要な機能とは?

マーケティングカレンダーは、表面的にはシンプルに見えるかもしれませんが、実際に役立つマーケティングカレンダーは単なる共有カレンダーよりはるかに優れたものであり、チーム間やプログラム間での同期や、メールによる自動更新など、高い機能性を備えていなければなりません。 

優れたマーケティングカレンダーには以下のような機能が必要です:  

  • 同期可能: マーケティングカレンダーの最も重要な機能のひとつは、変更を加えた際に自動的に同期され、チームメンバー全員が常にあらゆるデバイスから最新のビューを確認できることです。 

  • カスタマイズ可能な複数のカレンダービュー: 一つのマーケティング部門が、異なるチャネルでの活動を管理するために複数のカレンダーを同時に使用することがよくあり、複数のカレンダーを容易に使用できる機能は不可欠です。さらに日々のタスクから四半期や年間のイベントまで、カレンダーの表示をカスタマイズできることも重要です。 

  • Googleカレンダーの統合: Googleカレンダーのイベントをマーケティングカレンダーに直接追加できる機能によって時間と労力が節約され、異種でサイロ化されたチームのカレンダーが容易に統合できます。 

  • フィルタリング可能なカテゴリー: 小規模のチーム、スタートしたばかりのマーケティング部門、または代理店のマーケティング部門では、一つの部門でマーケティング分野のさまざまな要素をカバーすることが多く、焦点を絞ったビューと個別にイベントを作成できる機能が役立ちます。カテゴリー別のフィルタリングですべてのコンテンツをひと目で確認でき、他のカテゴリーと混乱することなく予定されているブログ記事をすべて閲覧できます。 

  • 使いやすさ: 最後に、マーケティングカレンダーは、テクノロジーに精通したメンバー以外でも楽に使えるものでなければなりません。チームメンバーが扱いやすいシンプルなユーザーインターフェイスを持たないマーケティングカレンダーは、チーム全体のツールとしては役に立たないのです。

マーケティングイベントカレンダーの種類

マーケティングイベントカレンダーは汎用的なものではありません。企業はマーケティング部門の規模やマーケティング活動の量、それらの活動に必要なチャネル数に応じたさまざまなマーケティングイベントカレンダーを使用しています。 

以下では使いやすい一般的なマーケティングカレンダーを紹介しています。 

  • エディトリアル/コンテンツカレンダー: エディトリアル/コンテンツカレンダーでは、一か所で計画された コンテンツのスケジュールが組み、閲覧できます。コンテンツカレンダーのテンプレートを使用すると、カレンダービューでコンテンツを追跡できるしっかりしたシステムを構築でき、エディトリアルカレンダーの欠落部分を簡単に見つけることができます。  

  • マーケティングキャンペーンカレンダー: 企業が目標や目的の達成に向けてマーケティングキャンペーンを計画する際に、1年中どの時点でもマーケティングキャンペーンカレンダーを作成することができます。ここで特定のターゲット層に向けたキャンペーンを実行する企業を想像してみてください。その企業のマーケティングキャンペーンのカレンダーには、広告の締め切りからブログ投稿、対面イベントまで、そのキャンペーンで計画されている各活動スケジュールが含まれています。

  • ソーシャルメディアマーケティングカレンダー: 複数のプラットフォームにまたがるソーシャルメディアへの投稿計画は複雑ですが、ソーシャルメディアマーケティングカレンダーを作成し、各キャンペーンの日付を把握することで、事前にアセットや承認を得ることができます。 

  • デジタルマーケティングカレンダー: デジタルマーケティングチームは見込み客にリーチするために様々な活動を行います。それぞれをデジタルマーケティングカレンダーに詳細を明記する必要があり、これには有料キャンペーンの開始日や、第三者サイトでのネイティブエディトリアルコンテンツの公開日、メールマーケティングコミュニケーションのスケジュールなどが含まれます。

  • 統合型マーケティングカレンダー: 複数のデジタルと従来のチャネルを同時に利用する統合型マーケティングキャンペーンでは、マーケティングカレンダーが特に重要になります。このタイプのマーケティングカレンダーには、印刷広告、PR活動、SEMマーケティング、ソーシャルメディアへの投稿の日付などが含まれます。


続きを読む

マーケティングイベントカレンダーの作成方法

マーケティンイベントカレンダーを毎年作成することは大変な作業ですが、カレンダーの使用が月別の業績アップをサポートすることを考えれば時間をかける価値があるでしょう。企業によってはより頻繁にマーケットイベントカレンダーを作成することもあります。 

マーケティングイベントカレンダーの構築は以下のステップから始めます。 

  • マーケティング計画と構想を検討する: マーケティング計画には、マーケティング戦略の実現に必要な活動、キャンペーン、イベントなどの詳細情報が記載されています。マーケティングイベントカレンダー構築の第一歩は、これらの活動について検討することです。

  • マーケティングカレンダーの重要な日付とイベントを特定する: 次に、重要な日付とイベントを特定してマーケティングイベントカレンダーに追加し、各プロジェクトフェーズの締め切りを入力し、四半期または年間の詳細スケジュールを確保しなければなりません。例えば貴社が10月に顧客感謝祭を開催する場合は、カレンダーに追加しておく必要があります。 

  • 担当するチームメンバーを選別する: 説明責任を明らかにして可視性を確保することが重要なマーケティングカレンダーでは、各項目を担当するチームメンバーを選びます。マーケティングカレンダーを包括的なものにするために、優先日と計画されたキャンペーンのリスト作成においてヘルプチーム (デジタル、デザインプロダクトなど) に協力を依頼します。

  • 適切なテーマやシーズンを検討する: 1年を通して自然に発生するテーマがありますが、マーケティングカレンダーではこれらのテーマに特別な配慮が必要です。12月などは休暇を考慮した計画が必要となり、製品によっては特定の時期に顧客が購入する可能性が高くなることもあります。

  • イベントの頻度を選ぶ: マーケティングカレンダーの作成により、マーケティング活動の頻度をより明確に想定できます。ソーシャルメディアへの投稿、ブログ、電子ブックの発売、その他のコンテンツマーケティングを企画することによって、オーディエンスへの過剰なメッセージ送信、またはメッセージ不足などを避けることができます。

マーケティングイベントカレンダーに含めるものは?

マーケティング計画に含まれるマーケティング活動はすべてマーケティングイベントカレンダーに記載しなければなりませんが、記載内容の決定は難しいものではありません。マーケティングキャンペーンには以下のような内容が含まれます:  

  • キャンペーンやトレンドをサポートするためのソーシャルメディアへの投稿: 例えばある企業がInstagramへの投稿で「黒人歴史月間」をサポートする可能性が高い場合は、予定投稿日と活動内容を事前にマーケティングカレンダーに記入し、必要なグラフィック、コピー、写真に関わる作業を事前に計画します。 

  • マーケティング部門における重要な日付: 電子ブックの出版日、企業のポッドキャストスケジュール、企業が主催するウェビナーの予定、新しいキャンペーンの開始日、製品の発売日などは、チーム全体が把握できるようマーケティングイベントカレンダーに記載します。

  • コンテンツと編集のスケジュール: マーケティングイベントカレンダーには、企業内のコンテンツと編集活動の具体的な期限を記載します。これにはコンテンツ公開前に必要な承認の日付なども含まれます。
Image

マーケティングイベントカレンダーの例

  • ブログカレンダー
  • ソーシャルメディアカレンダー
  • 編集カレンダー
  • メールマーケティングカレンダー

キャンペーン、イベントとコンテンツの効率化を目指すチームにとって、Wrikeカレンダーはパーフェクトなツールです。Wrikeカレンダーを使えばプロジェクトタイプごとにカレンダーが作成でき、対象者別、チャネル別の色分けなどの機能が満載されています。また単一ビューにすることで他の予定と重ならないように管理できます。 

続きを読む: