Marketing Guide

マーケティングダッシュボードの作成法

マーケティングダッシュボードの作成法

マーケティング分析と指標によって、マーケティング担当者が対象マーケット、キャンペーン成功指標、および顧客関係管理におけるニュアンスを理解できるようになりました。それではこれらの数値を視覚化しましょう。スプレッドシートを確認したり、プラットフォームのホストを開いてそれぞれのマーケティング指標を閲覧する代わりに、マーケティングダッシュボードを合理化してマーケティング分析データを処理することができます。

マーケティングダッシュボードとは?

マーケティングダッシュボードは単一のプラットフォームで、マーケティング分析やマーケティングパフォーマンスのデータを一か所で表示できます。カスタマイズ可能なこのツールで追跡が必要なあらゆるKPIやプロジェクトデータの情報を表示でき、複数のプロジェクト、チャンネル、指標などが含まれています。 

自身のマーケティングダッシュボードの表示や作成には、マーテックスタックに適切なツールが必要です。多くの包括的なマーケティング管理ソフトウェアプラットフォームは、Googleアナリティクスなどの無料マーケティングオプションをはじめとするダッシュボードオプションを提供します。

マーケティングダッシュボードの利点とは何でしょうか? 

あらゆるレベルのマーケティング担当者は、マーケティングダッシュボードを使って迅速に、容易に、かつ簡潔に、重要な指標や分析が閲覧できます。プラットフォームを切り替えながらソーシャルメディア分析やウェブサイト分析、キャンペーン指標などを閲覧するよりも、マーケティングダッシュボードを使用することで膨大な時間が節約できるのです。 

マーケティング担当チームも、マーケティングダッシュボードを使用して主要業績評価指標 (KPI)やキャンペーンデータをリアルタイムで閲覧できます。マーケティング戦略において迅速に決断を下したり、指標やチャネルの成功度に応じてリソースを配置するマネージャーにとっては特に重要です。 


マーケティングダッシュボードはどのような問題を軽減してくれるでしょうか? 

マーケティングダッシュボードを適切に使用することで、マーケティングチームが遭遇する問題、例えばサイロ化したコミュニケーションから顧客態度に対する誤解にいたるまで、あらゆる問題を軽減することができます。マーケティングダッシュボードが貴社のマーケティング部門のレベルアップにつながる例をご覧ください。 

  • 可視性の強化: マーケティング担当者はチームとその活動の状況を容易に確認でき、各チームメンバーに個別にメールを送ってチェックする必要はありません。  

  • 効率性の向上: 異なるプラットフォーム上でレポートを作成したり指標を閲覧することは、多忙なマーケティング担当者にとって時間の浪費です。マーケティングダッシュボードは非効率性を削減し、異なるチャネルからの指標を同じで場所で表示でき、楽に閲覧できます。 

  • リアルタイムの顧客データ: マーケティングダッシュボードは常に更新されますので、顧客行動やウェブサイトのトラフィック、リード生成のステータスをリアルタイムで閲覧できます。 

  • 優れた意思決定と予測: 大量のデータを容易に閲覧することによって、より迅速にまた容易に意思決定や予測が可能です。マネージャーやCMOは詳細をさらに掘り下げたり、広義の指標を入手して、部門全体の目標達成に向けてチームに決定内容を伝えることができるます。 

  • KPIモニタリングの強化: KPIを前面に出すことで、マーケティングチーム全体の満足度を大幅に向上させることができます。さらにマーケティングダッシュボードの使用によって、KPI達成を妨げるボトルネックや問題の早期発見につながります。


続きを読む

マーケティングダッシュボードの使い方とは?

マーケティングチームのメンバーはマーケティングダッシュボードを様々な形で利用でき、その使い方は追跡する指標によって異なります。常時の監視が必要な指標もあれば、キャンペーンやプロジェクトの進捗状況を週ごとや月ごとに確認することもあります。 

マーケティング担当者は、定期的な確認が必要なデータを組み込んだダッシュボードをカスタマイズできます。ソーシャルメディアのスペシャリストであれば、実行中のソーシャルメディアキャンペーンからの分析を反映できるダッシュボードを設定できます。ソーシャルメディアのマーケティング担当者は、エンゲージメント、クリック率、データシェアを定期的に確認することで特定のキャンペーンの効果を評価でき、キャンペーンが障害に直面した際には有料広告を調整することができます。 


通常は誰がマーケティングダッシュボードを利用するのでしょうか? 

マーケティング部門の各メンバーがマーケティングダッシュボードを使つことができ、また使うべきでしょう。CMOもマーケティング活動全体の成功度について明確なイメージをつかむために、マーケティングダッシュボードを使ってさまざまなデータを入手できます。またデジタルマーケティング担当者は、ウェブサイトのトラフィック、広告キャンペーンの結果、およびマーケティングが生成した売り上げに関する指標の追跡にデジタルマーケティングダッシュボードを使用します。

マーケティングダッシュボードには含めるべきものは?

マーケティングダッシュボードには、マーケティング担当者が自身のKPIをよりよく理解し達成するために、あるいは担当範囲内の作業を追跡するために必要なあらゆる指標が含まれていなければなりません。マーケティングダッシュボードには一般的に以下が含まれています。 

  • ウェブサイトのパフォーマンス: デジタルマーケティングダッシュボードには通常、直帰率からサイト滞在時間などのウェブサイトパフォーマンス分析が含まれています。 

  • トラフィックソース: ソーシャルメディア、オーガニック検索、有料広告など、貴社のウェブサイトへの訪問者を誘導するトラフィックソースを追跡できます。 

  • ソーシャルメディア指標: ソーシャルメディアのフォロワー数のみに焦点を当てる代わりに、コールトゥアクション(CTA)の効果を追跡するダッシュボードウィジェットを使いましょう。

    コンバージョンファンネル: Wrikeをはじめとするダッシュボードは、Salesforceなどのプラットホームから入手したデータによるコンバージョンファネルが含まれており、リード、機会、成功度を追跡できます。 

  • デジタル広告に関する情報: デジタルマーケティング担当者はリアルタイムで有料検索エンジン広告キャンペーンを追跡でき、データを閲覧できます。これによりトレンドや人気の高い広告を見つけ、最適化することができます。 

  • メールマーケティングに関する情報: マーケティングダッシュボードには、開封率、クリック率、配信停止率などのメールマーケティング情報も含めることができます。 


マーケティングダッシュボードの例

マーケティングダッシュボードの例を確認することなくそれを想定することは困難です。以下の例から各マーケティングダッシュボードに含まれるツールを確認し、マーケティング業務を視覚化し、より効果的にまた効率的に目標を達成する方法をご覧ください。 

  • キャンペーン管理のダッシュボード: マーケティングキャンペーンダッシュボードでは、特定のマーケティングキャンペーンに関する指標を追跡できます。製品販売開始キャンペーン用のダッシュボードにはあらゆるPPC広告、有料ソーシャルメディア広告、関連製品のウェブサイトコンバージョン率、およびマーケティングに起因するROIなどの分析結果が含まれます。 

  • デジタルマーケティングダッシュボード: デジタルマーケティングダッシュボードには、ウェブサイトパフォーマンス、ソーシャルメディア分析、メールマーケティング、広告パフォーマンス、および収益などが含まれています。 


Image
  • マーケティングKPIダッシュボード: マーケテイングKPIダッシュボードは、顧客や収益の増加、およびマーケティングに関するROIなどの主要な指標を追跡します。 

  • CMOダッシュボード: CMOマーケティングダッシュボードは、企業のマーケティング活動全体の主要な指標の概要を視覚的に提供し、これにはリードジェネレーション、ウェブサイトのパフォーマンス、ソーシャルメディア、メールマーケティングなどが含まれます。

マーケティングダッシュボードツール

マーケティングダッシュボードはその使用法によって大きな違いが生まれます。極めて重要な点としては、マーケティング部門が週別、月別、また年別の目標をどの程度達成しているかを伝えることができるのです。適切なマーケティングダッシュボードツールであればさまざまな種類の指標追跡ビューのカスタマイズや他のソースからのデータを統合しやすく、マーケティング担当者が容易に使用することができます。 

Wrike for Marketers Performanceを使用すれば、マーケティングダッシュボードテンプレートの管理者は、自身の高機能マーケティングダッシュボードを楽に構築できます。Wrikeダッシュボードはキャンペーンの詳細を細かなレベルまで表示でき、チームとキャンペーンの生産性を分析し、ライブアップデートが一目で確認できます。 

続きを読む