Marketing Guide

マーケティングリソース管理ガイド

マーケティングリソース管理ガイド

企業のマーケティング部門は、最も忙しく複雑な部門の一つです。マーケティング担当者は、社内スタッフや社外のフリーランサー、ベンダーを使いながらあらゆるキャンペーンやイベントを管理します。高機能のマーケティング部門の管理者は、予算、リソース、人員、および部門のフォーカスを定期的にまた柔軟に変更しなければなりません。目標や目的達成に向けてマーケティング活動を具体化する際に、マーケティングリソース管理が大きく役立ちます。 

マーケティングリソース管理 (MRM) とは何か。

マーケティングリソース管理 (MRM) は、マーケティングチームのスタッフからマーケティング予算まで、マーケティングチームのリソースプール全体に焦点を当てたマーケティング管理のアプローチです。また、社外ベンダーの管理、生産プロセス、さらにはデジタル資産管理も含ま れます。MRM は、効率性の向上、コストの削減、生産性の最適化、情報の整理を目的とした包括的なマーケティングアプローチであり、最大能力で運営されるマーケティング部門の目標に基づいて実行します。 

MRM 2.0 とは? 

MRMの意味 は時と共に変化してきました。過去のマーケティングリソース管理 ソリューションは、上記の ブランド管理要件 に対応するために、オールインワンソフトウェアに依存してきましたが、2017 年、 業界調査のリーダーであるGartner 社がMRM2.0の定義を更新し、マーケティングツールとソフトウェアを加えました。これはマーケティング管理において、資産管理、業務管理、およびパフォーマンス管理という3つのストリームに分類されます。この3 つの構成部分をまとめて使用することで、資金、人員、コンテンツ、ブランド戦略を管理することができます。 

マーケティング部門のMRM は、戦略的な計画から予算編成、生産、プロジェクト管理に至るまで、マーケティング部門の成功の鍵となるすべてのプロセスをカバー しており、承認、契約、レポート、および指標追跡が含まれています。MRMのアプローチによると、これらの要素をすべて管理することでマーケティング部門の効率性と効果を高めることができます。

MRMのメリットとは?

MRMは、マーケティング管理のアプローチとしてマーケティング部門に多くのメリットをもたらし、時間とマーケティングリソースを節約するプロセスを合理化します。  

  • 効率性の向上: MRMは、マーケティング部門全体における効率性の向上、コストの削減、また時間の節約を目的としています。タスクの自動化とプロセスレプリケーションによって、マーケティング担当者の時間をセーブすることができるのです。 

  • コストの削減:MRMの実行により、マーケティング活動全体におけるコスト削減の可能性、予算超越の原因となるボトルネックの発生地、生産性を最大限に高める方法についてその全景を確認することができます。

  • サイロの解消: マーケティング部門が業務を遂行する際に「信頼できる唯一の情報源」を確保する際には、 MRMソリューションの活用によってチーム間のコラボレーションが強化し、チーム間のコミュニケーションを阻むサイロを排除することができます。  
Image

MRMの課題とは?

MRMシステム構築の際には課題に直面する可能性もあります。まずマーケティング部門に適したMRMシステム構築にかかる予算の見積りが困難な場合もあります。また重要なデータや資産の見落しを避けるために、マーケティング部門の プロジェクト管理ソフトウェア と適切に統合するMRMソフトウェアが必要です。Wrike for Marketers などのツールはプロジェクト管理ソフトウェアおよびMRM ソリューションとして機能し、このような課題を解消し、コストの削減も達成できます。 

MRMを採用するためには企業の考え方を変えていく必要もあります。 効果的な作業を遂行するには各チームメンバーがMRM ソフトウェアに定期的にデータを入力しなければならず、プロジェクトベースで最大限に活用できるようメンバーは十分なトレーニングを受けなければなりません。使いやすいインターフェイスを備えたMRMツールは、そのような問題を使用開始当初から緩和してくれます。

MRMソフトウェアとは?

マーケティングリソース管理(MRM)とは、マーケティング部門の業務、資産、および パフォーマンス監査の管理に役立つソフトウェアです。これら 3 つの領域とその構成要素、資産の承認からベンダー契約、予算編成、キャンペーン計画の管理に至るまで、MRMソフトウェアがお手伝いします。 

プロジェクトでMRMソフトウェアを利用するのは? 

企業から小規模な代理店まで、あらゆる規模のマーケティングチームがMRMソフトウェアを使用できます。特に他部門やフリーランス、 リモートワーカー と定期的に業務連携をするマーケティング部門には、 MRMソフトウェアは大きなメリットをもたらします。また広範のロケーションで活動するマーケティングチームは、MRMソフトウェアによって効率的なプロセスを生み出し、ブランディングや資産に関する「信頼できる唯一の情報源」を定義できるため、 そのメリットを特に享受できます。 

MRM ツールとソフトウェアを選択する際に考慮すべき機能

マーケティングマネージャーは、マーケティングチーム全体が有効的に活用できる機能を持ったMRMソフトウェアとツールを選択しなければなりません。マーケティングリソース管理ソフトウェアに必要な主要コンポーネントをご覧ください。 

  • 予算編成: キャンペーンやプロジェクト全体での予算追跡は MRM ツールの基本要素です。マーケティングマネージャーはまた、キャンペーンや会計ソフトウェアから詳細なデータを取得することも必要です。 
  • プラニング: マーケティング部門は、プロジェクトの計画、およびスタッフやフリーランス、ベンダーの配置も実行しなければなりません 。 ガントチャート 機能は、プロジェクトのプラニングや期限管理を容易に実行するために欠かせないツールです。 
  • クリエイティブレビュー: マーケティング部門は、社内外の関係者からの承認を必要とするドキュメントや資産にもMRMソリューションを使用できます。
  • プロセス管理: MRMソフトウェアはワークフローの視覚化とも呼ばれ、個々のワークフローやチームワークフローが持つ課題や障害を特定できます。 
  • デジタル資産との 連携 : すべてのチームメンバーは、日々の作業に必要なデジタル資産のライブラリにアクセスしなければなりません。MRM ツールを使用すると、これらのアイテムの使用に関するデータを地域や部門にまたがって取り込むこともできます。 
  • メディアチャンネルの最適化: MRM ソフトウェアでは、マーケティング担当者が最もよく使用するチャネル 、および最もパフォーマンスの高いチャネルを表示します。これらのチャネルの予算やマーケティングリソースを調整でき、大きな成功を導くことができます。 

MRMソフトウェアを選ぶ際にはこれらの各要素を考慮してください。


マーケティングプロジェクトにおけるMRMツールの有効性

  • p>MRM ツールは、マーケティングプロジェクトにて効果的で効率的なプロセスを生み出し、作業を効率化することで、チームの共通理解をサポートします。マーケティングプロジェクトにて最適化できるいくつかのプロセスと機能を紹介します。  マーケティング担当者が、どの活動が機能し、今後最適化できるかを把握できる指標を分析する
  • 校正や承認、リクエストの予測、およびレビュー用の定期的なスキームを企画する
  • 写真やビデオからグラフィック、顧客の感想まで、デジタル資産の保存に容易にアクセスできるソースの作成

MRM は、マーケティングプロジェクトをタイムリーかつコスト効率の高い手法で実行し、すべての潜在的なリソースを活用できるようチームを支援します。 

続きを読む

MRMソフトウェア導入のベストプラクティス

MRMソフトウェアソリューションの導入は企業にとって多額のコストを伴った大きな事業ですが、MRM ツール導入のベストプラクティスを活用することにより、MRMツールは価値ある投資であることを理解することができます。 

  • 導入チームの編成: マーケティング部門全体で利用および改善できるコアプロセス創出を支援できる関係者を集め、チームを編成します。  

  • 問題点の特定: MRMソフトウェアの導入する際は、まずマーケティング部門が持つ問題点の特定が重要です。より効率的な業務遂行に必要な情報を把握することは、チームのニーズを満たした最良のMRMソフトウェアオプションの選択に役立ちます。  

  • プロセスとワークフローの設計と文書化:チームの現在のワークフロー、およびチームにとって最善となるワークフローを理解することにより、マーケティング部門に適した MRMオプションの選択することができます。   

  • IT サポートの確保:MRMシステムにはIT 部門による追加サポートが求められ、ソフトウェアのスムースな導入にはIT部門のサポートが不可欠です。  

  • 導入に必要な資金と人材を割り当てる: MRM ソフトウェアには通常、月間または年間コストがかかり、トップレベルの経営陣はMRMシステムの導入による潜在的なROI (投資利益率) を見極めなければなりません。また適切な人材の配置やベンダートレーニングの計画をたて、各チームメンバーは適切なトレーニングを受けなければなりません。

  • 定期的なレビュー: 他のシステムと同様に、マーケティング部門のMRM システムも時間の経過とともに微調整や改善が必要になってきます。MRMソフトウェアの導入時には、システムをレビューする頻度、その担当者や目標も決定します。

WrikeをMRMシステムとして利用できる可能性は?

Wrike はマーケティング部門の強力なMRMツールとしてご利用いいただけます。Wrike は信頼できる唯一の情報源(SSOT) とてして機能し、予算編成やプラニング、ワークフロー管理、資産編成、承認プロセスの報告に活用できます。Wrikeはより具体的なMRMソリューションの統合を実現し、マーケティング部門のさらなる成功を実現します。

続きを読む