Marketing Guide

マーテック入門

マーテック入門

マーケティング担当者が広告コピーを印刷し、ワックスペンシルで走り書きし、クリエイティブ部門に手渡して印刷していた時代は終わりました。マーケティング担当者は現在、業務を遂行するために多くのマーケティングテクノロジーに依存しています。ソーシャルメディアのスケジューリングから高度な分析まで、マーテックなしではマーケティング担当者の作業はできません。マーテックとは何か、なぜそれが重要なのか、そしてマーテックスタックをどのように有効活用できるのでしょうか?早速見ていきましょう。

マーテックとは?

マーテックはマーケティングテクノロジーの略語で、マーケティング部門が潜在顧客にリーチし、顧客を誘致してエンゲージし、販売へつなげるためのオンラインツールとソフトウェアを指します。これらのツールは、マーケティングキャンペーンのパフォーマンスをより効率的かつ効果的に計画し、管理し、測定する際に役立ち、膨大な時間や人材を必要としたプロセスを簡素化します。マーケティングテクノロジーには、コンテンツ管理システム、SaaSプラットフォーム、ソーシャルメディア管理ソリューション、および分析ツールなどが含まれます。

マーテックスタックとは?

マーテックスタックは、マーケティング部門がタスクや責任の遂行に使用するオンラインツールとソフトウェアを体系化したものです。マーケティング担当者がマーテックスタックについて言及する際、日々のワークフローの管理に使用するツールのエコシステム全体を指しています。またマーケティング担当者の作業簡素化のために、これらのツールがどのように相互作用するかを参照することもあります。スタックという言葉は意図的にツールの組み合わせを表しており、多くのマーテックを無計画に使用した場合はマーケティング部門に害を及ぼす可能性もあります。

各企業は、自社のニーズや好みに応じて独自のカスタムマーテックスタックを構築します。例えばスニーカーを販売する企業は、ストリーミングアプリを運営する企業とは異なるマーテックスタックを必要とし、企業の成長と拡大に伴い、マーテックスタックの要件も拡大していきます。

マーテックはなぜ重要なのですか?

マーテックは、非効率的なプロセスに時間を浪費するマーケティング部門と、より多くの顧客にリーチし、顧客を誘致および維持するために最適化されたマーケティング部門の違いを意味することもあり、大変重要になります。マーケティング テクノロジーを適切に組み合わせることによってワークフローを合理化し、顧客へのリーチにどのチャネルが最も有効的であるかを確認でき、必要に応じて有効なチャネルにマーケティングリソースを配置することができます。また適切なマーテックスタックは、マーケティング部門によるプロセスの自動化、リードチャンスの活用、より効果的なデータの分析に役立ちます。 

続きを読む

マーテックスタックに必要なものは?

すべての企業は、自社にとってどのマーケティングツールが最適かを確認する必要がありますが、一般的なマーテックスタックには、Webサイト管理からソーシャルメディアのスケジューリングまで、マーケティング部門の主な機能に対処する基本的なツールが含まれなければなりません。 

マーテックスタックには以下が必要です。

  • マーケティング自動化ツール
  • 顧客関係管理ツール
  • コンテンツ管理システム
  • 分析プラットフォーム
  • ソーシャルメディア管理ツール
  • SEM管理の広告技術
  • SEO最適化ツール
  • チームのコラボレーションおよびコミュニケーション用ソフトウェア

企業が成長するにつれてより高度なマーテックオプションが必要になり、以下の一部またはすべてのマーテックが含まれます。 

  • アカウントベースのマーケティングツール
  • カスタムランディングページのクリエーター
  • リード生成および管理ツール
  • WebサイトA/Bおよび多変量テストツール
  • Webトラフィックヒートマッピングツール
  • カスタマーエクスペリエンス管理ツール

本ガイドのマーケティングツール&ソフトウェアセクションでは、あらゆる規模のチームに適したオンラインマーケティングソリューションの優れた推奨事項が記載されています。

さまざまな種類のマーケティングテクノロジー

マーテックスタックに必要なツールが理解できた今、これらがなぜ重要なのか疑問に思われるかもしれません。これらのツールがマーケティング部門にもたらす基本的な要素と価値を分類してみましょう。 

  • マーケティングの自動化:マーケティング部門は、既存の顧客および潜在顧客とのコミュニケーションをパーソナライズ化し、カスタマイズし、自動化する機能を必要としており、マーテックスタックにはマーケティング自動化ソフトウェアを含める必要があります。
     
  • 顧客関係管理:顧客とのコミュニケーションはマーケティング部門の重要な要素であり、顧客関係管理ツールまたはCRMをマーテックスタックに含める価値があります。多くのCRMオプションには、セールスソフトウェアやメール管理などのマーケティング機能も統合されています。 

  • コンテンツ管理システム:Webサイトのコンテンツ管理における柔軟性はマーケティングチームの日常業務にとって重要な要素であり、アジャイルなコンテンツ管理システムまたはCMSが必要です。ソーシャルメディアからオンラインショップまで、定期的に使用するさまざまなアプリケーションやプラットフォームと統合できる使いやすいCMSが必要です。 

  • 分析プラットフォーム:Webサイトのトラフィックとキャンペーンのパフォーマンスの監視もまた、マーテックの必須機能です。分析ツールの使用によって、マーケティング部門はWebサイト訪問者の人口統計や行動をよりよく理解できます。 

  • ソーシャルメディアの管理:ソーシャルメディアキャンペーンの作成、スケジューリング、分析には、マーケティング部門の機能に不可欠な複数のツールが必要です。 

  • SEOツール:小規模の企業であっても、SEOツールを使用して検索エンジンからWebサイトのランクを向上でき、潜在的なマーケティングリーチを拡大できます。 

  • チームのコラボレーションとコミュニケーション用ソフトウェア:チームメンバー同士がコミュニケーションを取りコラボレーションするツールがなければチームの作業は進みません。チームがアイデアを共有し、ブレインストーミングし、共にプロジェクトの進捗状況を把握できるように、作業管理用および内部コミュニケーション用のソフトウェアが必要になります。 


マーテックのトレンド

 マーテックは絶えず変化し進化を続けており、革新なソリューションを提供する新企業が市場に参入し、確立されたマーテック組織はその選択肢を拡大しています。マーケッティングテクノロジーのトレンドに後れを取らないようにすることで、チームは顧客とのコミュニケーションを合理化し、最も効率的なワークフローを構築するための最適なツールセットを確実に活用できます。ここでマーテックのホライゾン上にあるいくつかのトレンドをご紹介します: 

  • オール・イン・ワン・ソリューション:単独で使用できるマーテックオプションは何千種類もありますが、個別のプラットフォームの使用を強制せず、必要数のマーテックツールを接続するオール・イン・ワン・ソリューションによって時間を節約し、チーム間のコラボレーションを促進することができます。 

  • アプリケーションプログラムインターフェース(API)。APIも同様に、異なるインターフェイスを使用せずにプラットフォームの機能性を向上することができます。APIを介して、日常的に使用するソフトウェアにシームレスに接続できるマーテックツールによって、チームのワークフローを合理化できます。 

  • 人工知能(AI):Webサイトにアクセスした際にサポートが必要かどうかを尋ねるチャットボットのポップアップをご存知ですか?これは、マーテックがAIを通じてカスタマーエクスペリエンスを改善する方法の1つです。潜在顧客が購入までの過程でさらなるカスタマーサービスを必要とする場合は、AIがサポートを提供します。

マーテックスタックの設計方法

マーテックスタックの設計は、マーケティング部門が持つ重要な権限の要素です。マーケティングテクノロジースタックのツールは、孤立して動作すべきではないことを覚えておかなければなりません。これらのツールがマーケティング部門に効率をもたらすためには、お互いにコミュニケーションを取り合い、連携して機能する必要があります。 

  • 問題点と予算を特定する:まずマーケティングチームの最も重要な機能、およびチームが過去に経験して対処が求められる弱点を判断しなければなりません。定期的に発生する問題やボトルネックに対処できるマーテックには投資する価値があります。 

  • 基本的機能を含める:CRM、CMS、分析、マーケティング自動化、ソーシャルメディアプラットフォームなど、マーケティングチームに必要な基本的な機能を含めます。  

  • 試行錯誤:マーテックスタックのあるツールが、必ずしも特定ニーズを満たすことができるとは確信できません。ほとんどのソフトウェアオプションは一定期間無料で試すことができ、マーケティング部門にどの程度役立つかをご自身で確認することができます。 

  • 、相互通信するプラットフォームを使用する:マーテックスタックを使用する最も重要な理由の1つはワークフローを可能な限り最適化することであり、相互通信できるプラットフォームは必ず使用しなければなりません。 

  • 継続的なコスト、トレーニング、管理を検討する:スタックを構築するマーテックオプションを選択する際には、ツールにかかる継続的なコスト、トレーニングオプション、管理を検討する必要があります。初期段階でこれらの決定を行えば、その後にかかる時間やリソースを節約できます。 

  • すべてのユーザーをトレーニングする:マーテックツールでは、提供する機能を十分に活用するために最低限のトレーニングが必要です。ビデオを視聴したり、使用するソフトウェア企業の担当者によるウェビナーやライブデモを開催して、すべてのユーザーがツールについて完全に理解することが重要です。 

  • 時間の経過に伴って再評価する:高機能なマーテックスタックは、要件の進化に伴ってツールが機能しているかどうかを判断する必要があります。時間の経過とともに再評価しなければなりません。 

貴社独自のマーテックスタックを構築し、マーケティング部門を向上する準備が整いました。特定のマーケティングツールを選び、チームで検討してください。

続きを読む