Wrike for Microsoft Teams

プロジェクト管理をMicrosoft Teamsに持ち込み、やり取りを系統立った作業へと変換します。

業務用のメールアドレスを入力

主な機能

プロジェクトおよびタスクをTeams内で管理する

タイムラインビュー(ガントチャート) でより良いプランを立てる

Teamsを離れずにWrikeで作業する

Microsoft Office 365ユーザー管理やその他の統合

Microsoft TeamsとWrikeを活用してより多くの作業を終わらせる

全ての機能を備えプロジェクト管理

  • Wrikeプロジェクトをチャンネルの タブとして追加する
  • 新規プロジェクトおよびタスクを作成する
  • タスクのリスト、サブタスク、タスクの詳細など
  • タスク内のリッチテキストや画像の編集を行う

タイムラインとスケジュール

  • プロジェクトのスケジュールをガントチャートに表示する
  • 締め切り、マイルストーン、期間、依存関係を表示する
  • プロジェクトの進捗状況を把握する
  • ズームインして詳細を表示する

作業のコラボレーション

  • ライブエディター: チームの変更をリアルタイムで表示する
  • ステータス、割り当てられた人、締め切りなどを更新する
  • Office 365の全ユーザーにプロジェクトへのアクセス権を与える
  • Teams内でWrikeコメントを送受信する

TeamsにおけるWrikeの通知 

  • Office 365コネクターによりチームメンバーに最新の情報を提供する
  • タスク通知をチームのチャットに自動表示
  • 新規タスク、ステータス、日付変更のようなイベントを把握する
  • 実行可能というメッセージが付いたWrikeタスクに対してアクションを行う

やり取りにおけるタスクの詳細

  • Wrikeのメッセージングアプリでタスクプレビューを投稿する
  • タスクの 詳細を表示してチャットを強化する
  • タイトル、ステータス、締め切り などの詳細を表示する
  • 最新のタスクを素早く見つけるか、チャットに追加するタスクを検索する

個々の作業にアクセスする

  • Teams内で個別の 体験をする
  • 自身のWrikeタスクに取り掛かる
  • あなたに割り当てられた、またはあなたが作成したタスクを 表示する
  • チャンネルタブとして追加された全Wrikeプロジェクトに一ヶ所からアクセスする

ユーザー管理

Wrikeとの接続

今すぐ使うには:

チームストアにアクセスしてチーム用Wrikeをインストールする手順に従い、チームとして作業に入ります:

+記号をクリックしてWrikeプロジェクトまたはフォルダーをチーム チャンネルのタブとして追加します

やり取りのコメントフィールドの下にある「…」をクリックして、 Wrikeメッセージングアプリでタスク プレビューを投稿します。

左側サイドバーの「…」をクリックしてWrike個人スペースにアクセスし、Wrike タスクを全て表示します。

チャンネル名の右側にある「…」をクリックし、「コネクター」を選択して Wrike 通知を設定します。

注記:

  • TeamsからWrikeアカウントを作成するにはOffice 365の管理者でなければなりません。
  • 既存のWrikeアカウントをTeamsにリンクするには、WrikeおよびOffice 365の管理者でなければなりません。
  • 「Microsoft Teamsで外部アプリを許可する」設定はOffice 365管理センターの管理者が有効にする必要があります。
  • Teams内でWrikeの個人用アプリを利用するためには、WrikeのTeamsストアページで「追加する」をインストールしてください。

Wrikeで達成できるすべてを表示するには、当社の製品 ツアーにアクセスしてください。
Microsoft Teams用Wrikeの詳細についてはヘルプセンターをご覧ください。

Wrikeについてもっと学ぶ