Wrike + Slack

チャットを系統立てた作業に変換し、Slack内でより効率的なコラボレーションを行うことで多くを達成します。

業務用のメールアドレスを入力

主な機能

ポップアップ経由でWrikeタスクを
Slack内に作成する

Wrikeからの通知をすぐに受信する

Wrikeタスクのプレビューを投稿する

Slackを離れずに
Wrikeで作業する

WrikeをSlackに投入してより多くの作業を達成する

作業を簡単に取り込む

新規タスクを作成して、作業をWrikeに素早く投入し、より円滑に管理や追跡、報告を行います。/wrikeタスクを使用してポップアップを開きタスクの詳細を簡単に入力できます。

全員に情報を共有する

Wrikeでの作業が進むたびに状況を直ちに通知するため、チームは常に状況を把握し、変化に素早く対応することができます。

作業のコラボレーションを円滑に行う

タスクのプレビューを投稿し、チャットにタスクの詳細を表示することでWrikeプロジェクトでのコラボをより簡単に行えます。プレビューを表示するには、WrikeアプリをSlackチャンネルに招待するか /wrikepreview を使用します。

今すぐ使うには

Slackアカウントが設定されていることを確認してから、以下の作業を行います:

設定フローに従って Slackのアプリを承認します

Slackの /wrikehelpを使用してslash コマンドを表示します

WrikeでプロジェクトやフォルダーのSlackアイコンを選択し 通知を 設定します

Wrikeで達成できる全てを表示するには、当社の製品 ツアーにアクセスしてください。
Slack用Wrikeアプリの詳細についてはヘルプセンターをご覧ください。

詳細を見る