Wrike Lockを使って、他では見られないレベルのクラウドデータのセキュリティを確保

専用の暗号化キーを管理して、Wrikeデータへのアクセスをコントロールします。

クラウドデータをマスターしましょう

データセキュリティの管理は極めて重要です。そのためセキュリティを重要視する多くの企業がデータをオンプレミス環境で保持しているのです。Wrike Lockでは、暗号化したWrikeデータのキーを所有、管理するため、データがクラウド内にあっても管理を徹底することができます。

管理を強化

管理を強化

Wrikeにはエンタープライズグレードのセキュリティが標準搭載されていますが、Wrike Lockを追加することで管理を徹底させ、場所を問わずデータにアクセスできるようにするかどうかを決定できます。

さらなる見える化

さらなる見える化

監査アクティビティはセキュリティに不可欠ですが、データがクラウド内にあると困難になります。Wrike Lockを使用すれば、データがいつ、誰にアクセスされたのかを確認できます。

自由度の向上

自由度の向上

セキュリティのニーズが厳しくなり、企業はクラウドアプリの使用を避けています。Wrike Lockでは、オンラインプロジェクト管理のメリットを享受しつつ、データアクセス管理を維持することができます。

主な機能

顧客管理暗号化キー

あなたはWrikeデータのすべてに対する「マスター」暗号化キーを所有します。それを管理できるのはあなただけです。

暗号化
レイヤーの強化

Wrikeデータが暗号化されるだけでなく、データのキーも暗号化されます。

すべてのリクエストを
承認、監視、または拒否

プロジェクトを追跡し、チームが作業に最善を尽くすのをサポートします。すべては単一のフレキシブルな作業スペースから。

外部の暗号化
キーストレージ

Amazon Web Servicesの高度に安全なキー管理サービスにより、マスターキーを保管 。

Wrike Lockの仕組み

Wrike Lockの仕組み

マスター暗号化キー

Wrike Lockでは、マスター暗号化キーを所有し管理することができます。キーはAmazon Web Servicesのキー管理サービスにより保管され、Wrike dataにアクセスできるかどうかを決定することができます。

Wrikeデータに対する個別キー

Wrike LockはWrikeデータのキーを暗号化し、セキュリティレイヤーを強化します。それらを解読できるのはマスターキーだけです。

Wrikeアカウントのデータ/添付ファイル

Wrikeにはエンタープライズグレードのセキュリティが標準搭載され、Wrikeアカウントのデータおよび添付ファイルが暗号化されています。

Wrike Lockについて詳しく知りたいですか? ご連絡ください。

フルネームを入力してください
業務用メールを入力
お客様の電話番号をご入力ください
現在どの部署で働いていますか?
部署を入力してください
あなたの職務レベルは何ですか?
職務レベルを選んでください