プロジェクトマネジメントガイド

アジャイルプロマネツールとテクニック

アジャイルプロジェクト開発の採用時によくみられる障害

アジャイルプロジェクト開発の採用には多くの利点がありますが、新規のプロジェクト管理方法への移行には課題がつきものです。2019年度アジャイル状況レポートでは、企業がアジャイル開発を採用する際には以下のような障害が多くみられると報告しています:

  1. アジャイルのバリューについて組織内の意見が一致していない
  2. 組織内で変更を実行する場合には通常反対意見がみられる
  3. 経営陣のサポートや後援だけでは十分でない
  4. アジャイル手法の使用に必要なスキルや経験が欠けている 
  5. チーム内のプロセスや慣行に一貫性がない 
  6. トレーニングや教育が十分でない
  7. 顧客やビジネス、製品のオーナーが協力できる時間が少ない
  8. 従来のプロジェクト手法の使用が組織内で定着している
  9. データやメトリックスが断片化しており、不完全な全体像を提供している
  10. 従業員の間で十分なコラボレーションや知識の共有がされていない 

アジャイル採用において組織が直面する課題は、組織が大きな変更を取り入れようとする際にもよく見られます。言い換えると、ここで発生する障害はアジャイル特有のものではなく、変更に対する組織管理が十分でないことが原因です。 

アジャイルプロジェクト管理を採用する際は、アジャイルのガイドラインだけでなく、変更管理に対する優良事例にも従うことが重要です。それについては次のセクションでお話します。 

ウォーターフォール環境でアジャイルを実施するためのマネジメント変化の秘訣

ウォーターフォール環境でアジャイルを採用する際の変更管理によって、成功と失敗が分かれます。 

「2019年度アジャイル状況」アンケートへの回答者が、組織内でアジャイルを採用する際に役立つ5つのこつを提供してくれました:

  1. 他の人がアジャイルを学び、実装するのを助ける内部のアジャイルコーチを社内に置く 
  2. アジャイルプロジェクト管理の採用において経営陣から強力な後援を得る 
  3. アジャイルプロジェクトに関与する、またはその関係者となる全ての従業員に、会社がトレーニングプログラムを提供する
  4. アジャイルチーム全体で一環した慣行とプロセスを促進し実行する
  5. チーム全体に共通ツールを提供するP 

貴社のアジャイル採用計画を立てる際は、組織内におけるあらゆる変更採用計画のガイドラインと構成に従ってください。例えば、アジャイル採用前に、指導者は将来に対する説得力のあるビジョンを示し、変更に対する従業員の意欲を引き出します。ウォーターフォールモデルと比べた際のアジャイル開発の利点や、アジャイル採用が従業員やビジネスにどのような好影響を与えるかを伝えます。 

大きな変更の採用前、採用中、そして採用後のコミュニケーションがカギとなります。マネジメントチームは、変更の内容や理由、変更の時期、およびその変更が従業員に与える影響について常に従業員とコミュニケーションを取ってください。また現在から変化せず状況が変わらないものは何であるかについてのコミュニケーションも重要です。 

各プロジェクトや顧客/ビジネスのニーズに合わせてウォーターフォールとアジャイル開発の両方を使用する際は、どちらの手法をいつ使用するかを全員が理解していることが重要です。 

変更の際に経営陣がユーザーを強力にサポートすることも大切ですが、影響を受ける従業員全員にトレーニングやコーチングを提供することも重要です。アジャイル専門家の助けを借りてアジャイル開発の適切な使用方法を従業員にコーチしてもらうとスムーズに移行でき、組織全体で一貫したプロセスと手法を使用できるようになります。

ウォーターフォール手法が社内で定着しており、アジャイルのバリューが社内で受け入れられない場合はどうすればいいでしょうか?変更に対して抵抗が生まれ、対応が困難になります。このような場合は経営陣がアジャイル手法の採用にフォーカスを当てる必要があります。 

またプロジェクトのデータとメトリックスの入手も重要です。アジャイルとウォーターフォールの統計を示し、アジャイルがプロジェクトのパフォーマンスを向上させることを証明できれば、躊躇する関係者を説得することができるでしょう。 

アジャイル関連書籍のトップ5

アジャイル開発の人気が高まるにつれ、ここ数年アジャイルについての書籍が多く出版されてきました。現在3000冊以上のアジャイル関連の書籍がAmazon.comで販売されています。 

アジャイルプロジェクト管理に関するトップ5の書籍はこちらをご覧ください:

  1. Agile Project Management QuickStart Guide(アジャイルプロジェクト管理クイックスタートガイド):アジャイルプロジェクト管理についてのビギナー向け簡易ガイド

「Agile Project Management QuickStart Guide」は初めてアジャイルについて学ぶ方々に最適なアジャイル書籍の1つです。アジャイルとは何か、アジャイルの使用法、プロジェクトに最適なフレームワークの選び方についてなど、アジャイルの全体像について説明しています。また、初めてのアジャイルプロジェクトを計画/実施する際に役立つガイド、チェックリスト、虎の巻などへのライフタイムアクセスも利用できます。.

  1. Head First Agile: A Brain-Friendly Guide to Agile Principles, Ideas, and Real-World Practices(ヘッドファーストアジャイル:アジャイルの原則、アイディア、実際の手法についての加速学習ガイド)

「Head First Agile」はアジャイルの完全ガイドで、スクラム、XP、リーン、カンバンなど含む最も人気のあるアジャイルフレームワークを含んでいます。

PMI Agile Certified Practitioner (PMI-ACP®)の試験に向けて学習する場合、当ガイドは試験の項目をすべてカバーしています。本ガイドが最も優れたアジャイルプロジェクト管理書籍である理由はその独自のフォーマットです。Head First Agileはテキストが少なく、どちらかというと複数の感覚と認知理論を利用して、新しいコンセプトをより迅速につかむお手伝いをします。. 

  1. Scrum: a Breathtakingly Brief and Agile Introduction(スクラム:驚くほど簡潔でアジャイルな採用)

本書は、短く、簡潔で、要領を得た内容にまとめられており、持ち運びに便利なポケットサイズです。外出中も気軽に使用できます。「Scrum: a Breathtakingly Brief and Agile Introduction」はスクラムフレームワークについて1時間以内に学ぶことができる優れた書籍です。スクラムプロジェクトの担当になったばかりでアジャイルについての知識がない方は、是非本書を役立ててください。 

  1. 「Scrum: The Art of Doing Twice the Work in Half the Time(スクラム:半分の時間で2倍の作業を行う)」

」はスクラムに関する最高級の書籍の1つであり、スクラム開発者の1人が作成しました。本書はスクラムの利点とフレームワークの活用法の2点ともカバーしています。初心者用の書籍としてはスクラムについて深く追求しており、スクラムの概要と採用についてのガイド本として役立ててください。 

  1. Coaching Agile Teams: A Companion for ScrumMasters, Agile Coaches, and Project Managers in Transition(アジャイルチームの指導:スクラムマスター、アジャイルコーチ、移行期にあるプロジェクトマネージャー用)

アジャイル開発に関するほとんどの書籍は初心者向けにアジャイルを紹介していますが、本書はアジャイルトレーニングの提供方法について説明しています。アジャイルコーチの役割、例えば教育し、指導し、問題を解決し、対立のかじ取りをし、パフォーマンスを指導するという重要な役割すべてについて説明しています。自己組織型で業績の高いチームを構築するためのリソースをお探しの方には最適な書籍です。  

広く認められているアジャイル資格プログラム(前記のPMI-ACPなど)は費用がかかりますが、現在無料で取得できるアジャイル資格プログラムが2つあります。 

  1. ScrumstudyによるScrum Fundamentals Certified

本コースはスクラムの基礎を学びたい方はどなたでも受講できます。選択回答式の試験(40問)に合格しすると、無料のスクラム証明書が付与されます。 

  1. Master of Project Academyによる Agile Scrum Training

この無料オンラインコースではアジャイルとスクラムの概要を説明しています。30分のコースを終了すると、デジタルコース修了書が付与されます。 

その他のオプション:

edXは、Agile Leadership Principles(アジャイルリーダーシップの原則)をはじめとする多数の無料アジャイルコースが提供されています。コースは無料ですが、開催機関のロゴが入り、コース終了を証明する指導者署名入りの証明書をお求めの際は費用が発生します。 

edXと同様に、udemyもまた Basics of Scrum, Agile and Project Delivery(スクラム、アジャイル、プロジェクト納品の基本)をはじめとする多数の無料アジャイルコースを提供していますが、コース終了の証明書は発行されません。 

スクラムトレーニングインスティテュートは、四半期に1名のみに無料のスクラム資格証明書を付与します。本証明書は現在最高のスクラム資格証明書ですが、通常はその発行に1000米ドルかかります。 

初心者向けのアジャイル資格をお探しの場合は、International Scrum Assemblyが無料のオンライントレーニングを提供しています。複数のスクラムおよびアジャイル資格取得コースは無料で提供されていますが、資格証明書の発行には費用がかかります。

アジャイル開発を利用する優良企業

アジャイルはあらゆる産業の中小から大規模の企業で使用されており、その数は増加を続けています。現在でもテクノロジー業界での利用が最も一般的ですが、金融、専門サービス、保険、政府などの多数の業界の企業で活用されています。 

以下にアジャイル開発を利用する有名企業をご紹介します:

  • Amazon(アマゾン) – 1999年にはアジャイル手法の一部がすでに採用されていましたが、2004年から2009年の間にアマゾンはスクラムを広く採用するようになりました。スクラムは現在、最も普及し広く知られているアジャイルプロジェクト管理の1つとなっています。
  • Cisco(シスコ) – シスコは2015年、不具合や従業員の残業の削減、また製品納期の改善を目指してアジャイルを採用しました。 
  • Google(グーグル) – スクラムを採用した優良企業の1つがグーグルです。グーグルはGメール、グーグルマップ、グーグルカレンダーをはじめとする多数のアプリを持っており、すべて定期的なアップデートが必要です。グーグルは多数の製品のアップデート、テスト、リリースを迅速にかつ一貫して実行するために、スクラムフレームワークを活用しています。 
  • Lego(レゴ) – レゴは2015年、コミュニケーションやフォーカス、生産性の改善を目指してアジャイル手法を採用し、正確な見積もりの達成、ペーパーワークの削減、効率性の向上に役立てています(レゴが使用するアジャイルフレームワークとその採用方法については以下のビデオをご覧ください)。
  • Netflix(ネットフリックス) – アジャイルプロジェクト管理を利用して革新を続け、競合企業の一歩先を進む企業の代表としてネットフリックスがあります。ネットフリックスはアジャイルを利用してテレビ番組や映画産業の隙間を見つけ、すべての視聴者にコンテンツを迅速に、一貫して提供します。  
  • Microsoft(マイクロソフト) – マイクロソフトは小規模およびエンタープライズ規模のプロジェクトの両方にアジャイルを使用しています。同社はまず小型のアジャイルモデルを採用し、その後拡大や修正の方法を学んで大型のプロジェクトやソリューションに使用するようになりました。 
  • Spotify(スポティファイ) – スポティファイはアップルやグーグル、アマゾンなどの安定した大手企業と競うためにアジャイルソフト開発の手法を活用しています。 

最適なアジャイルプロジェクトマネジメントツールの選び方

アジャイルプロジェクト管理ツールとは、アジャイルプロジェクトの管理と実行に使用するあらゆるツールを指しています。最も基本的な形ではホワイトボードと付箋紙がアジャイル管理ツールと言えます。アジャイル開発ツールと他のプロジェクト管理ツールの大きな違いは、アジャイル手法がカンバンやスクラムなどのアジャイルフレームワークに対応できる機能です。 

言い換えれば、アジャイルプロジェクト管理ツールは、アジャイルプロジェクト管理のベストプラクティスをサポートできなければなりません。例を挙げると、スクラムフレームワークを採用する際は、スクラムボードを構築し、更新し、共有できるアジャイルプロジェクト管理ソフトウェアを選ぶことが重要です。 

加えて、最高のアジャイルソフトウェアを使用することにより、チームは、アジャイルの重要なピラーとバリューを採用できるのです。お使いのアジャイル管理ソフトウェアが、チームメンバーおよび会計者間の可視性、コミュニケーション、およびコラボレーションを改善します。アジャイルソフトウェアは、必要に応じてプロジェクトの要件を簡単に変更できるように十分な柔軟性が必要です。 

優れたアジャイルツールをお探しの際は、ソフトウェアがタスクの追加やリソースの変更、また既存のプロジェクトへの新規スプリントの構築に容易に対応するかを確認してください。  

アジャイルおよびアジャイル以外のプロジェクト管理ツールは、プロジェクトプラニングの優良事例の実行をサポートしなければならないことも忘れないでください。これは、選ばれたツールを使ってプロジェクト体制を構築・維持し、変更点を記録し、進捗状況を追跡・監視し、トレンドを表示し、プログラムのパフォーマンスに可視性を提供できなければなりません。

チームや組織に最も適したアジャイル管理ツールを選ぶ際には、以下の点を考慮してください:

  1. 一度に処理するためにツールを必要とするプロジェクトはいくつありますか?
  2. 何人が同時にツールを使える必要がありますか?
  3. アジャイルとアジャイル以外のプロジェクトの両方を管理しますか?両方に対応できるツールが必要ですか?
  4. 貴組織では今後2年から5年以内に成長が見込まれますか?優れたスクラムツールはビジネスの成長に合わせて改良できる必要があります。 
  5. ツールはどの程度ユーザーフレンドリーですか?平均どの程度のユーザー満足度評価を目指していますか?  
  6. ユーザーはツールにどのようにアクセスしますか?複数のロケーションやモバイルデバイスからアクセスできるスクラムプロジェクト管理ツールが必要ですか? 
  7. 新規採用するツールは、その他どのツールやシステムに統合しなければなりませんか?スクラム管理ツールとの統合が必要なERP(エンタープライズリソースプラニング)ソフトウェアをお使いの場合は、ツール購入前に互換性を確認することが重要です。

はじめてのアジャイルワークフロウとプロジェクトプランの立て方

アジャイルプロジェクト管理ツールを選ばれたら、アジャイルワークフローとプロジェクト計画を構築します。

通常はワークフローの構築前にプロジェクト計画を立てるのが最も容易な方法と言えるでしょう。プロジェクト計画を構築することによってプロジェクトに必要なワークフローとフェーズが確認できるからです。 

アジャイル手法においてプロジェクト計画が果たす役割は、多くの点で従来のプロジェクト計画が果たす役割と似ています。アジャイルプロジェクトはまず、プロジェクトのビジョンを定義して文書化するプラニング前のステップから始まります。この時点ではビジネス面や技術面での要件ですでにわかっているものを文書化します。 

基本的なプロジェクトプラニングにおいては、このフェーズでプロジェクトチームのメンバーを指名します。予算や期間、スコープのハイレベルな見積もりもこのフェーズで検討し、文書化します。その後、プロジェクトチームはプロジェクトに必要なスプリントやイテレーションの数、および各スプリントの期間、また各スプリントで達成する成果物や成果を決定します。 

アジャイルプロジェクトと従来のプロジェクトのプロジェクプラニング手法の大きな相違点は、ハイレベルなプラニングが完了した時点で発生します。アジャイルプロジェクトではこの時点ではプロジェクト全体ではなく1つ目のスプリントの詳細のみ計画し、スプリントが終了した時点で次のスプリントの詳細を計画します。この反復プロセスにより、プロジェクトチームは1つのスプリントの成果を確認しながら次のスプリントを計画します。

計画でのスプリントの詳細はアジャイルプロジェクト管理ツールに入力します。ソフトウェアにテンプレートが含まれている場合は空白のアジャイルテンプレートを使用するか、アジャイルプロジェクト計画のサンプルを使って新規のプロジェクト計画を作成します。 

テンプレートとして使用できるアジャイルプロジェクト管理の例は、以下をご覧ください:

プロジェクト管理が完成したら、アジャイルプロジェクトソフトウェアを使って適切なプロジェクト管理ワークフローを構築します。スクラムフレームワークを使用する場合は、ここでスクラムワークフローを構築します。

ワークフローは、適切な時期に適切なメンバーがタスクやアクティビティに取り組んでおり、作業が適切に完了し追跡されていることを保証します。アジャイルの優良事例では反復的で漸進的なアプローチが描かれているため、ワークフローは作業のサイクルに適応していなければなりません。 

一般的なワークフローでは、タスクは通常「進行中」から「見直し中」「完了」に移行すると思われますが、アジャイルプロジェクトプラニングでは、タスクが「完了」フェーズに達するために、「進行中」と「見直し中」の間の何度か行き来することがあります。お使いのソフトウェアが進捗状況の可視性を失うことなしにこれに対応できることが重要です。 

Here’s an アジャイルワークフローの例:

ワークフローを一度構築すれば、プロジェクトダッシュボードと共に使用して、プロジェクトの全体的な進捗状況を容易に追跡することができます。 

アジャイル環境の作り方

最初のセクションで述べたように、アジャイルのバリューについて組織内の意見が一致しないこと、また組織内で変更がある際に反対意見がみられることがアジャイル開発採用の際の2つの大きな障害となります。

そのゆえ、ここでは単なるプロジェクト手法としてアジャイルを捉えるのではなく、プロジェクトへの包括的なアプローチとして捉えることが重要です。言い換えると、アジャイルは、従業員が直接プロジェクトの作業をしているかどうかに関わらず、組織全体に影響を及ぼすのです。アジャイル採用を成功につなげるには、企業全体にアジャイルのバリューと原則をサポートする環境が必要です。 

あらゆるアジャイル環境がサポートするべきアジャイルの4つのピラーは次の通りです:

  1. プロセスやツールより個人やインタラクションを優先する
    企業は通常のプロセスより人を優先し、変化するニーズを受け入れ採用します。 
  2. 総合的な文書より実用的なソフトウェアを優先する
    実用的なプロジェクト成果物の構築に焦点を当てます。経営陣を含む関係者は、チームがプロジェクト成果物の構築にさらに時間を掛けられよう、不要な文書を無くしてペーパーワーク作業を減らさなければなりません。 
  3. 契約の交渉より顧客とのコラボレーションを優先する
    顧客はチームメートであると認識し、頻繁にコミュニケーションを取ってオープンな関係を構築することが重要です。当初の契約の修正が必要になったとしても、顧客のニーズを満たすために進んで変更を実施する必要があります。 
  4. 計画に従うよりも変更に対応することを優先する
    アジャイル環境では、柔軟性を保ち変更へ迅速に対応することが求められます。プロジェクトの途中でテクノロジーが変更しスコープの修正が必要になった場合、アジャイルチームは次のスプリントで対応できますが、従来の手法では対応が困難です。 

結論を言いますと、アジャイル環境にある企業は通常、変更や革新、プロセスの改善を受け入れ対応できます。異なるアジャイルフレームワークを理解し、スプリントごとのプラニングや協力的な作業など、アジャイルの重要な手法をサポートするのです。このような企業はチームメンバーをサポートし、決まったプロセスや契約に従うことよりも熱意を持った従業員や顧客がより大切であることを理解しています。