プロジェクトマネジメントガイド
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネジメントにおけるフィジビリティスタディ(実行可能性調査)とは何でしょうか?

どのエグゼクティブでも、膨大な資金がかかるプロジェクト実行の許可を与える前にフィジビリティスタディを確認したいと思うのは当然でしょう。プロジェクトマネジメントにおけるフィジビリティスタディと何でしょうか?フィジビリティスタディではまず最初に、プロジェクトが 成功する可能性を見極めます。フィジビリティスタディは通常、プロジェクト進行におけるあらゆるステップ(プラニングを含む)の前に実施し、プロジェクトを進めるかどうかを決定する最も重要な要素の1つです。あるいは最も重要な要素かもしれません。本スタディではプロジェクトの対象となる市場を特定し(該当する場合)、市場調査をもとにプロジェクトの主な目標を明確にし、潜在的な障害を図示して代替ソリューションを提供し、期間や予算、法的および人員の要件などを考慮して、プロジェクトが実行可能なだけでなく、会社にとって有益であるかどうかを見極めます。

フィジビリティスタディを実行するのがプロジェクトマネージャーであるとは限りませんが、本スタディはプロジェクト開始に伴う重要なガイドラインを提供しています。プロジェクトマネージャーは、フィジビリティスタディからプロジェクトのパラメータ、ビジネス目標、リスク要因を理解することができます。

フィジビリティスタディの要点

プロジェクトマネジメントにおけるフィジビリティスタディでは、通常以下の領域を評価します。

  1. 技術能力:組織にはプロジェクトの実行に必要な技術能力とリソースがありますか?
  2. 予算:組織にはプロジェクトを実行する資金がありますか?またコストと便益の分析は、プロジェクトを実行するにあたって満足できるものですか?
  3. 適法性:プロジェクトの法的要件は何ですか?貴社のビジネスはそれを満たすことができますか?
  4. リスク:プロジェクト実行に潜むリスクがありますか?認識されているメリットに対し、そのリスクを冒す価値がありますか?
  5. 運用上の実行可能性:提案されたスコープ内で、問題を解決し、認識されたチャンスを利用することによって組織のニーズを満たすことができますか?
  6. 期間:会社にとって有利で妥当と思える期限内に、プロジェクトを完了できますか?

フィージビリティスタディの実施

フィジビリティスタディの実施者は複数のステップを踏んでレポートを作成します。通常以下のステップが含まれます。

  • 予備的分析:時間のかかるプロセスに進む前に、多くの組織は予備的分析を行います。これはプロジェクトの事前スクリーニングに該当します。予備的分析の目標は、フィジビリティスタディを無駄にする克服不可能な障害を明らかにすることです。事前スクリーニング中に大きな障害が見つからない場合は、より集中的なステップに進みます。
  • スコープの定義:フィジビリティスタディのスコープを決定するにはプロジェクトのスコープを要約しなければなりません。プロジェクトのスコープには、社内のステークホルダーと社外のクライアントおよび顧客の数とその構成図が含まれます。プロジェクトが組織の全領域に与える潜在的影響についても必ず精査してください。
  • マーケットリサーチ:他と関わることなく実行するプロジェクトは存在しません。フィジビリティスタディの実施者は現在の市場勢力図を詳しく調査し、市場におけるプロジェクトの実行可能性を見極めます。
  • 資金に関する評価:フィジビリティスタディでは、プロジェクトに関連する経済コストを精査します。設備やその他のリソース、工数、プロジェクトがもたらすメリット、プロジェクトの損益分岐スケジュール、および提案事項に対する財務リスクが含まれますが、最も重要なのはプロジェクトが失敗した場合の財政的影響です。
  • 障害と代替ソリューション:スタディ中に潜在的問題が浮上した場合は、プロジェクトを無事に開始するための代替ソリューションを検討します。
  • スタディの結果の再評価:新たな目でフィジビリティスタディを全体的に見ることは不可欠です。スタディ開始からかなり時間が経っている場合は、必ず再評価を実行してください。
  • 実行または中止の決定:フィジビリティスタディの最終ステップは、行動方針の提案、すなわちプロジェクトを実行するか中止するかの決定です。