イベント管理テンプレート

計画イベントへの構造化アプローチ。イベントプランを段階的に分け、タスクに期日を割り当てることで、進捗状況を視覚的なタイムラインで追跡します。

1つのプロジェクト5つのフォルダ10個のサンプルタスク1ダッシュボード
#マーケティング#イベントマーケティング

完全なイベント計画、スケジューリング、そして管理システム

全体像を計画することから日々の詳細を処理することまで、成功しているイベントマネージャはミクロ~マクロの間でフォーカスを切り替える達人です。イベントを計画するためには、何百もの可動部分を調整する必要があり、必要に応じて現代の企業イベントプランナーは、鳥瞰図にズームアウトすると同時に雑務に飛び込む必要があります。この柔軟なイベント計画テンプレートは単なるチェックリストではありません - これは完全なイベント調整、管理、そしてスケジューリングシステムです。

イベントを段階別に分類し、スケジュール調整や期日を管理し、タスクを割り当て、視覚的なタイムラインにより進行状況を追跡します。インタラクティブなガントチャート、動的なカレンダーや複数の作業ビューにより、Wrikeは専用のイベント管理ソフトウェアでも比類のない強力な機能を提供します。基本的なイベントプランナーのチェックリストを超えて、Wrikeのカスタマイズ可能なイベント管理テンプレートを試して、イベントを次のレベルに進めましょう。

このテンプレートはなぜ必要なのか

Wrikeでこのテンプレートを試してみる準備はできましたか?

14日間の無料トライアル ・簡単なセットアップ・ いつでもキャンセルできます。

イベント管理テンプレートをWrikeで使用する方法

このテンプレートはWrikeを迅速に起動し実行することに役立ちます。どのようにWrikeが機能するかを学ぶ、または実際のイベント管理を今日から始めるために、参照イベント計画プロジェクトとして使用します。下記のガイドでは、以下の方法について説明しています:


video preview

イベントの段階を確定することから開始します。各段階を表すためにフォルダーを使用します。このテンプレートには、開始するための5つのサンプルステージがあります:

  • 計画
  • 物流
  • 創造的
  • イベント
  • フォローアップ

これらのフォルダを自由に追加、名前変更、または削除、そしてニーズに合わせてこのテンプレートをカスタマイズしてください。

次に、各ステージをタスクという実行可能な項目に分割します。タスクは1人以上のチームメンバーに指名することができます。このテンプレートには必要に応じて名前変更や削除できるサンプルタスクが含まれています。タスクを指名するためには、リストからタスクを選択し、担当者を追加をクリックして、チームメンバーを選択します。そのメンバーがまだWrikeに参加していない場合は、本人のメールアドレスを追加するだけで、本人にWrikeへの招待状が送信されます。

タスクが指名されたら、日付セレクタをクリックして開始日と期日を設定します。

進行状況の概要を表示するためには、左側のフォルダツリーでイベント名をクリックして、ガントチャートビューをクリックします。これにより、プロジェクトとすべてのタスクがインタラクティブかつ動的なタイムライン上に表示されます。この鳥瞰図は締め切りに間に合わせるようにボトルネックや障害を発見することに役立ちます。タスクの長さを調整する場合は、期限マーカーをドラッグするだけです。

このテンプレートには、どのタスクが開始されたのか、期限が過ぎたのか、または今週中に期限が切れるのかを確認できる、事前設定済みのダッシュボードも含まれています。このダッシュボードをカスタマイズするには、画面上部にある新しいウィジェットをクリックして、役に立つウィジェットを1つ選択します。これらのウィジェットは様々なデータを表示するように構成されているため、必要なすべての重要情報を一目で見て取れます。

Wrike テンプレートを使用することで作業を素早く行う

14日間の無料トライアル ・簡単なセットアップ・ いつでもキャンセルできます。

イベント管理リソース

洞察に満ちたケーススタディー、電子ブック、および白書から学びます。