プロジェクトマネジメントガイド
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネージメントにおけるスコープクリープとは何でしょうか?

スコープがプロジェクトに必要な作業を定義することは私たち全員が認識しています。スコープの管理はプロジェクトマネージャ―の職務であり、特にプロジェクトが開始してスコープクリープが顕在化してからはプロジェクトマネージャ―の役割が重要になります。ここで質問です。プロジェクトマネージメントにおけるスコープクリープとは何でしょうか?

スコープクリープとは何でしょうか?

スコープクリープ(「要件クリープ」や「機能クリープ)としても知られる)は、プロジェクトのライフサイクルにおいてプロジェクトの要件が増加することを意味します。例えばプロジェクト開始時は1つであった成果物が5つに増えたり、製品の特徴が3つから10に増えたり、またプロジェクトの途中で顧客が求めるニーズが変わり、プロジェクトの要件が変更することなどが挙げられます。スコープクリープは通常、主要ステークホルダーの要件変更、または社内の不十分なコミュニケーションや意見の対立などが原因となります。本投稿では問題が大事に至る前に解決する方法を紹介しながら、スコープクリープがプロジェクトに忍び寄る方法、およびその解決に取り組みます。スコープクリープがプロジェクトの遅滞や妨害、予算超過につながることもありますが、スコープクリープは必ずしも悪いことではありません。プロジェクトの実行において変更は避けられないものであることを忘れないでください。顧客のニーズは時間と共に変化し、顧客のニーズに応えるプロジェクトを実行するにはスコープを変更する必要が出てきます。スコープクリープは現実のものであり、すぐれたプロジェクトマネージャ―はそれを予想し、それに対応する準備をしておかなければなりません。

プロジェクトスコープの管理方法

スコープを変更する際の管理が不十分であればスコープクリープにつながり、管理されていればきちんと文書化されたプロジェクト要件の変更となります。スコープクリープの管理はスコープでそれらの変更を管理するか、または管理プロセスを変更します。これには以下が含まれます。

  • プロジェクトの状況とベースラインのスコープを監視する
  • 分散分析を行い、実際に測定した作業パフォーマンスとベースラインのスコープを比較する:「現在のプロジェクトは本来のプランからどのように変化していますか?」
  • 変更があった場合は、その原因と変更の度合いを特定する
  • 変更リクエストを評価する。例:是正措置または予防措置のどちらが必要か?
  • すべての変更リクエストと推奨対策(是正措置または予防措置)を管理するか、または統合変更管理プロセスを実行する

承認された変更リクエストがプロジェクト全体のスコープやコストのベースラインに影響する場合は、スコープステートメント、作業分解構成図(WBS)および/またはコストベースラインを更新し、ステークホルダーに送ります。まとめると、すべての変更を適切に処理し、文書化し、伝達することが求められます。