プロジェクトマネジメントガイド
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネージメントにおけるスコープとは何でしょうか?

スコープにはプロダクトのスコープまたはプロジェクトのスコープがあり、まず初めにその違いを知ることが大切です:

  • プロダクトのスコープとは、プロダクトやサービスを特徴づける機能や特性として定義されます。
  • その一方、プロジェクトのスコープとは、プロダクトのスコープ(必要な機能と特性)に従ってプロダクトを提供するために必要な作業を意味します。

プロジェクトのスコープとは、プロジェクトの詳細と、成功を見極めるための要因についてステークホルダーが一般的に理解している内容を意味します。プロジェクトのスコープは、要件で概説されている機能と仕様で構築されます。

プロジェクトマネージメントにおけるプロジェクトのスコープとは何でしょうか?

スコープは、あらゆるプロジェクトプランに欠かすことのできないスコープ記述書に記載されています。それではスコープ記述書とは何でしょうか?それはプロジェクトに関して様々な決定をする際のベースとして使用される文書です。スコープ記述書では何がスコープに入っているか(必要な作業)を詳しく、明確に説明します。それ以外のものはすべてスコープ外になります。それではプロジェクトマネージメントにおける「 スコープ外」とは何でしょうか?簡潔に言えば、スコープ記述書に記された必要な機能や特性以外のすべてのものがこれに当てはまります。

プロジェクトスコープマネージメントとは何でしょうか?

PMBOKでは、「プロジェクトスコープの管理とは、主に、プロジェクトに含まれているものと含まれていないものの定義と管理」となっています。

プロジェクトスコープマネージメントには何が含まれているでしょうか?

ここでそのスコープ記述書の作成に目を向けてみます。PMBOKでは、プロジェクトのパラメータの管理と定義に関わる6つの主なスコープマネージメントプロセスを認識しています。以下をご覧ください:

1. スコープマネージメントのプラニング: スコープマネージメントプランは、プロジェクトプラン、プロジェクト憲章、ステークホルダーとの話し合いから得た情報を基に作成します。

2. 要件の収集:要件管理プランは、スコープマネージメントプランとステークホルダーからの情報を共に作成します。インタビューやフォーカスグループとの話し合い、アンケートなどからプロジェクトの要件を理解し、文書化します。

3. スコープの定義づけ:プロジェクトスコープ記述書は、プロジェクトの要件を記したすべての文書とプロジェクト憲章、スコープマネージメントプランを基に作成します。この定義がプロジェクトのすべてのアクティビティのベースとなります。

4. 作業分解図の作成:作業分解図(WBS)は、プロジェクトスコープの供述書と、プロジェクトの要件を記した文書の分析後に構築します。WBSでは基本的にプロジェクト全体を個々のタスクに分解し、成果物を明確に定義します。

5. スコープの実証:ここでは成果物の検査と評価を行い、成果物が完成したか、またはさらに見直しが必要かを確認します。

6. スコープの管理:プロジェクトの実行に伴い、スコープの管理が必要です。パフォーマンスレポートとプロジェクトの要件を比較し、プロジェクトプランの変更を必要とする可能性のあるギャップの存在を確認します。