Project Management Guide
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネージメントのフレームワークとは何でしょうか?

プロジェクトマネージメントのフレームワークは、プロジェクト開始から完了に導くプロセス、タスク、ツールで構成されており、プロジェクトのプラニング、管理および運営に必要な主な要素をすべて含んでいます。

プロジェクトマネージメントのフレームワークは3つの部分に分けられます。

プロジェクトのライフサイクル:プロジェクトの開始から完了までのサイクルで、5つのフェーズで構成されます。

  • 開始
  • 計画
  • 実行
  • 監視と管理
  • 完了

プロジェクトの管理サイクル:管理サイクルはプロジェクトを監視し管理するプロセスです。

ツールとテンプレート:プロジェクトプラン、プロジェクト管理レポートおよびリスクログは、プロジェクトマネージメントに使用する一般的なツールおよびテンプレートです。

プロジェクトマネージメントの6つのフレームワーク

プロジェクトマネージメントのフレームワークは多数存在します。

以下に最も一般的な6つのフレームワークをご紹介します。

  • PRINCE2:事前のプラニングに重点を置き、高度に構成されています。
  • CCPM(クリティカルチェーンプロジェクトマネージメント):プロジェクト全体のリソース配分に重点を置いています。
  • Lean(リーン):無駄な作業とリソース浪費を最小限に抑えることに重点を置き、プロセス改善のテクニックが統合されています。
  • XPM(エクストリームプロジェクトマネージメント):XPMは急速に変化する環境における複雑なプロジェクト用に設計されました。プランやスケジュールが急速に変化する中で、ステークホルダーの管理に重点を置いています。
  • スクラム:このフレームワークもまた、急速に変化する業界用に設計されました。このフレームワークでは、プロジェクトを2週間から4週間のスプリントに分割します。
  • ウォーターフォール:プロジェクトマネージメントに利用されている従来のフレームワークの1つです。プロジェクトの開始からから完了までを計画し、1つのプロジェクトが完了するまで次のプロジェクトを開始しません。

プロジェクトマネージメントのフレームワークの選び方

1つのフレームワークがすべてのプロジェクトに使用できるわけではありません。そのために長年に渡って多くのフレームワークが構築されてきました。担当するプロジェクトに適したフレームワークを選ぶ際は以下を考慮してください。

  • 貴社が属する業界、テクノロジー、製品が急速に変化している場合は、XPMやスクラムなどの適合性のあるフレームワークをお勧めします。
  • プロジェクトの成果物が明確に定義されず、無形のものである場合(ソフトウェアなど)、スプリントアプローチ(スクラムなど)が適していると思われます。
  • プロジェクトが明確に定義され安定している場合は、プロジェクト全体を計画することによりリスクが軽減します。このような場合はPRINCE2やウォーターフォールなどが適しています。
  • 貴組織やステークホルダーが熟知しているフレームワークを選択することもできます。XPMプロジェクトの経験がない組織でXPMを使用することは困難が伴います。
  • ステークホルダーが何を優先するかがフレームワークの選択に影響します。浪費が大きな問題であれば、リーンフレームワークが適しているかもしれません。
  • フレームワークは柔軟に設計されており、プロジェクトのニーズに適合できます。プロジェクトの環境変化に合わせて、様々なフレームワークを部分的に使用することも可能です。


Project framework examples

There are many project management frameworks you can choose to use.

Here are six of the most common ones:

  • PRINCE2: This framework is highly structured with a heavy emphasis on upfront planning.
  • CCPM: Critical chain project management focuses primarily on resource allocation across the project.
  • Lean: A lean framework focuses on minimizing wasted effort and resources. Process improvement techniques are often incorporated into this framework.
  • XPM: Extreme project management was designed for complex projects that occur in fast-changing environments. Emphasis is on stakeholder management as plans and schedules are rapidly changing.
  • Scrum: This framework was also designed for industries undergoing rapid change. Using this framework, projects are often broken down and planned in 2-4 week sprints.
  • Waterfall: This framework is one of the traditional approaches to project management. Waterfall requires a project to be planned from beginning to end, with no phase of a project beginning until the previous one has ended.


How to choose a project management framework

One single framework does not work for all projects, which is why so many of them have been created over the years. When deciding which framework is best for your project, consider the following:

  • If your industry, technology, or product is fast-changing, an adaptable framework such as XPM or Scrum is recommended.
  • If the project deliverable is not well defined and is intangible (such as software), a sprint-based approach (such as Scrum) may work best.
  • If the project is well-defined and stable, planning it out in its entirety decreases risks. Therefore, PRINCE2 or Waterfall should work best.
  • Frameworks may be chosen based on what your organization and stakeholders are familiar with. If your company has never completed an XPM project before, introducing one may be difficult.
  • The priorities of your stakeholders will impact your framework. If waste is a critical concern, a lean framework may be chosen.
  • Frameworks are designed to be flexible and adapt to a project’s needs. It may be that you will end up borrowing pieces of separate frameworks as the circumstances of your project change.


What are the benefits of following a project management framework?

A framework in project management can be a useful toolkit for project managers and teams alike, enabling them to adapt and apply best practices to each situation. According to Parallel, when a framework is in place, team members are more capable of handling unforeseen changes in a project.

Some other benefits of project management frameworks include: 

  • Consistency: With a project management framework, processes are consistent across the organization. This allows for greater precision in planning projects and setting deadlines.
  • Clarity: A framework clearly lays out all project tasks and the tools needed to complete them, meaning there is no confusion when teams get to the execution stage. 
  • Simplification: When large projects are broken down into smaller tasks, it is easier for project managers to delegate tasks and teams to tackle the workload. 
  • Optimization: A project management framework can help managers assess how much time and money is spent on each project. This enables them to successfully allocate and optimize resources for future projects.
  • Communication: By meeting regularly with teams as outlined in their chosen framework, project managers can effectively communicate with colleagues and boost information flow.


Who outlines project management frameworks?

A project manager chooses the framework for their team. As the person who oversees all project progress, they know best how their colleagues work and are, therefore, best suited to choosing a project management framework that matches the team’s working style. The project manager will outline the framework to be followed, host regular meetings in line with this methodology, and monitor progress to ensure it is the right project management framework to achieve key deliverables.

Further reading: