プロジェクトマネジメントガイド
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトコミュニケーションマネージメントとは何でしょうか?

すぐれたコミュニケーションはプロジェクトの成功にとって重要な要素です。プロジェクトマネージメント協会(PMI)によると、プロジェクトが失敗に終わる場合のほとんどはコミュニケーションが原因となっています。プロジェクトコミュニケーションマネージメントは問題発生を防ぎ、適切なメッセージが送られ、受信され、適切な人に理解されるよう、3つのプロセスから構成されています。プロジェクトコミュニケーションマネージメントは、PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)に含まれる10の主要知識領域の1つです。この領域に含まれるプロセスは変化してきましたが、現行バージョンにはプロジェクトコミュニケーションマネージメントに関する3つの主なプロセスが含まれています。

以下がそのプロセスです。

  1. コミュニケーションマネージメントのプラン
  2. コミュニケーションの管理
  3. コミュニケーションの監視

プロジェクトコミュニケーションマネージメントのプラン

最初のステップは、プロジェクトのコミュニケーション管理、およびステークホルダー全員とのコミュニケーション管理のプランを立てることです。ここではプロジェクトコミュニケーションマネージメントのプランを作成します。

プランを立てる際は、以下のすべての要因を考慮してください。

  • オーディエンス - プロジェクトの影響を受けるステークホルダー全員。チームメンバー、スポンサー、顧客、その他の関係者が含まれます。プロジェクトの影響を受ける人、およびプロジェクトの成功に影響を与える人を考えてみてください。
  • 目標 - コミュニケーションを取る目的は何でしょうか?関係者の認識を高める現状報告のレポート、スポンサーからの経費承認など対応を必要とするもの、またプロジェクトの検査結果を顧客に承認してもらうためなど目的は様々です。
  • メッセージ - それぞれのコミュニケーションはどのようなメッセージを伝えますか?これは実際に共有する内容で、スコープやスケジュール、予算、目標、リスク、成果物などの主な要素が含まれます。
  • チャネル - メッセージをどのように伝えますか?正式のレポートとしてメール送信しますか?またはミーティングの際に口頭で簡単に伝える方法などがあります。

コミュニケ―ションプランには、何を、誰に、どの方法で、いつ伝えるか、また誰が担当するかなどの詳細が含まれます。

このプランを立てる際にはステークホルダーが関与することが重要です。ステークホルダーが求めるコミュニケーションの詳細、また彼らがどのようなコミュニケーションに何を求めているかを理解しなければなりません。頻繁にコミュニケーションを取ると注意力が散漫し、コミュニケーションが少ないと誤解や問題につながる可能性があります。

プロジェクトコミュニケーションの管理

プランを作成し同意を得た後、プランが管理されているかどうかの確認はプロジェクトマネージャ―の役目となります。プランは定期的にレビューし、プロジェクトやステークホルダーに変更があった場合は更新します。プロジェクトマネージャーはまた、コミュニケーションマネージメントプランの実行も管理しなければなりません。

以下が含まれます:

  1. データを収集し分析する
  2. コミュニケーション用のメッセージを作成する
  3. コミュニケーションを送信し配信する
  4. コミュニケーションのレポート、ファイルまたはドキュメントを保管する
  5. 保管されているコミュニケーションを検索する
  6. プロジェクトの完了時、または決められた日付に古いコミュニケーションを破棄する

プロジェクトのコミュニケーションの監視

このプロセスは従来は「コミュニケーションのコントロール」と呼ばれていましたが、PMBOKの第6バージョンで更新されました。表題は変わりましたがプロセス自体は変わらず、プロジェクトの全ライフサイクルを通してプロジェクトのコミュニケーションを監視し、コントロールします。

以下が含まれます。

  • コミュニケーションが予定通り発信されたことを確認する
  • 送信先の適切なステークホルダーが受け取ったことを確認する
  • メッセージの内容が理解されたことを確認する
  • フィードバックがあった場合、適切なプロジェクトメンバーに伝えられたことを確認する

コミュニケーションの方法や頻度などを含む監視方法もコミュニケーションマネージメントプランに含めます。

プロジェクトコミュニケーションマネージメントを成功させる秘訣

すぐれたプロジェクトマネージャーは、様々なチャネルを利用してフォーマルなコミュニケーションおよびカジュアルなコミュニケーションを取ることにより、メッセージが適切に伝わるようにします。シンプルな言葉を使い、トピックから外れず、メッセージを簡潔に保つと、メッセージが正確に伝わります。

以下のコミュニケーションスキルもまた、プロジェクトマネージャーがプロジェクトを成功させる助けとなります。

  • 人の話に積極的に耳を傾けるスキル
  • 優れた文章能力
  • 優れた会話力
  • 質問をしてより多くの情報を精査する
  • 何を求めているかを明確にし管理する
  • 人々がやる気を保てるようモチベーションを与える
  • 対立を解決するスキル
  • 聞いたことをまとめ、要約するスキル



How to create a project communication management plan

Project managers need to clearly outline how they will manage communications across their projects. This is done by creating a project communication management plan.

When creating a plan, project managers should follow these five steps:

  1. Decide your objectives
    What will be the purpose of your communication? You may use some communication tools for awareness, such as a status report. Others may require action, such as requiring a sponsor to authorize spending or a customer to approve project testing.
  2. Determine your audience
    Who are the stakeholders in this project? You should make an extensive list of everyone involved. Consider anyone impacted by the project or who influences its success. This list should include team members, sponsors, customers, and other interested parties.
  3. Write your message
    What will the message be for each type of communication? This is the actual content that will be shared. Key components to be communicated include scope, schedule, budget, objectives, risks, and deliverables.
  4. Choose your channel
    How will the message be delivered? Will it be a formal report emailed out to all stakeholders? Or will it be an informal verbal debrief during a team meeting?
  5. Set a timeline
    When will you deliver your message? Do your stakeholders require weekly or monthly reports? Is there a deadline to meet? Consider varying time zones and employee schedules here.

Your project communication management plan should be detailed enough to lay out why you’re sending a message, who you’re sending it to, what specific information will be sent, how you’re going to send it, and when.

Involving your stakeholders in the creation of this plan is important. You need to understand their communication preferences and expectations. If you over-communicate, they may stop paying attention. But, if you under-communicate, it can lead to misunderstandings and issues.

The golden rule here is that, to be a good communicator, you need to be a good listener. It may seem obvious, but Harvard Business Review points out that listening is an overlooked leadership tool. Pay attention to all the factors and take every opinion into account before creating your project communication management plan.

Manage project communication

Once the project communication management plan has been created and approved, it’s the project manager’s job to ensure it’s carried out successfully. This means the plan needs to be reviewed and updated on a regular basis to reflect any changes to the project or its stakeholders. 

The project manager also has to manage the execution of the project communication management plan. This includes:

  1. Collection and analysis of data
  2. Creation of messages for communication
  3. Transmission or distribution of communications
  4. Storage of any communication reports, files, or documents
  5. Retrieval of any stored communications
  6. Disposal of any old communications upon project closure or a set date

Monitor project communication

This process used to be called ‘control communications,’ but was updated in the sixth edition of the PMBOK. Despite the title change, the process is the same. It involves monitoring and controlling project communications throughout the entire lifecycle.

This may include the confirmation of the following:

  • Communications went out as planned
  • They were received by the proper stakeholders
  • Messages were understood
  • Any relevant feedback was provided to the appropriate project members

The actual type of monitoring, including method and frequency, should be a part of the project communication management plan.

How to be successful at project communication management

Excellent communication is a critical component of project success. In fact, poor communication is one of the main reasons a project can fail. Project communication management ensures that does not happen.

Successful project managers use formal and informal communication methods across various channels. This helps increase the chances that messages are received. Use simple language, stick to relevant topics, keep messages concise, and include all information in one place to reduce your chances of communication failure.

The following communication management skills can also increase a project manager’s chances of success:

  • Strong active listening skills
  • Proficient writing skills
  • Excellent speaking ability
  • Asking questions and probing for more information
  • Setting and managing expectations
  • Motivating people to become and stay engaged
  • Conflict resolution skills
  • The ability to summarize and recap what you’ve heard

Why use Wrike for project communication management?

Wrike’s project management platform is a powerful tool for project managers. It is intuitive, easy to use, and versatile enough to be tailored to your specific project needs. Wrike also has a variety of features that can help project managers increase and improve communication throughout their various project stages.

These include:

  • Custom request forms: By automating requests, project managers can efficiently communicate task requirements in seconds. Add extra information in custom fields.
  • @mentions: Tag a team member to send a notification directly to their Wrike inbox. This ensures that no messages are lost in unread emails.
  • Integrations: Keep all your project communication on one platform by integrating Wrike with your favorite messaging apps, including Slack and Microsoft Teams.
  • Live Editor: With this tool, you can edit task descriptions in real-time, meaning several people can communicate changes quickly with each other. This is especially useful for remote teams working together on a group project. 
  • Calendars: Share updates in team calendars, so that everyone is kept in the loop. Edit project deadlines and due dates easily.

Take a tour of Wrike’s work management platform and find out how you can boost your project communication management.

Further Reading: