プロジェクトマネジメントガイド
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネジメントにおける制約とは何でしょうか?

あらゆるプロジェクトにおいて最終的な成功を確実にするには、考慮して対応すべき制限とリスクがあります。プロジェクトマネージャーが理解しておくべき3つの大きな制約とは、時間、スコープ、そしてコストです。これは「3つの制約」または「プロジェクトマネジメントのトライアングル」として知られており、それぞれの制約は残りの2つの制約と結びついています。例えばプロジェクトのスコープが増加すれば時間とコストがさらに必要になり、プロジェクトのタイムラインを加速すればコスト削減の可能性はありますが、スコープの縮小につながってしまいます。

プロジェクトマネジメントにおける3つの制約

  1. 時間の制約:時間の制約とはプロジェクト完了までのスケジュールに関わるもので、各フェーズの期限や最終成果物の納品日などが含まれます。
  2. スコープの制約:プロジェクトのスコープは、プロジェクトの完了に必要なタスクに加え、特定の目標や成果物、機能および特性などを定義します。
  3. コストの制約:プロジェクトのコストはしばしばプロジェクトの予算と呼ばれ、あらかじめ定められたスコープでプロジェクトを期限内に完了するために必要なすべての資金で構成されています。プロジェクトのコストにはマテリアルにかかる費用だけではなく、労働、ベンダー、品質管理、その他の要素にかかるコストも含まれます。

時間の制約

時間の制約においては、適切なスケジューリングが最も重要になります。プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOK)では、以下のステップに従い、効果的な時間管理を勧めています。

  1. プラニング:プロジェクトチームの主な目標の定義、目標達成に向けたチームの取り組み方、およびその実現に必要な装置やステップなどが含まれます。
  2. スケジューリング:プロジェクトマネジメントチームは、プロジェクトの各フェーズの完了に向けて実現可能なタイムフレームを策定します。
  3. モニタリング:プロジェクトの開始後にプロジェクトチームが将来のプランに与えるトレンドや影響に目を向けながら、完了したステージの業績を分析し、その結果を関連するステークホルダー全員に伝えるステップです。
  4. 管理:管理ステップでは、プロジェクトの各フェーズの成果を伝えた後、チームは適切な方法でプロジェクトを進めます。これは、プロジェクトがスムーズに進んでいる時にその状態を維持また反復できるよう、肯定的な結果に寄与した要因を分析することを意味します。プロジェクトが途中で脱線した場合は、その状況および脱線した理由を確認し、今後の対策を立てます。

プロジェクトのタイムラインを可視化し、特有な制約を追跡しているかどうかを確認するためにガントチャートを利用することもできます。

スコープの制約

プロジェクトのスコープはプロジェクト開始前に定義し、「スコープクリープ」を避けるために明確にまた定期的にステークホルダー全員に伝えます。スコープクリープとは、同じレベルの管理なしにプロジェクトの途中でスコープに変更が生じることを意味します。スコープを阻止するためには以下を実施してください。

  • プロジェクト開始時に、すべての要件を含むプロジェクトのフルスコープを明確に文書化する
  • あらゆる変更事項を管理するプロセスを設定する。変更が提案された場合には、変更内容をレビュー、承認、却下、採用する管理システムが必要となる
  • スコープに関して、ステークホルダーと明確に、また頻繁にコミュニケーションを取る

コストの制約

プロジェクトの予算には固定費と変動費があり、マテリアル、許認可、およびプロジェクトに参加するチームメンバーの労働または財務的影響などが含まれます。プロジェクトのコストを見積もる方法には、次のようなものがあります。

  • 過去のデータ:近年実行した類似プロジェクトの予算を確認する
  • リソース:物品や労働にかかるコストを見積もる
  • パラメトリック:過去のデータとアップデートされた関連変数を比較する
  • ベンダー入札:複数の信頼できるベンダー入札の合計平均値を計算する

効果的なコスト管理は、プロジェクトの成功において最も重要な要素です。