ガントチャートの便利さを
すべての人に

プロジェクト管理で使用されるガントチャートは、幅広い業務の進捗管理やチーム内のスケジュール共有の用途でも役立ちます
業務用のメールアドレスを入力

マウス操作で簡単にタスクのスケジュールを調整

Wrike のガントチャートを活用すれば、大規模なプロジェクトから通常業務まで、スケジュールの全体像を一目で把握し、思わぬ遅れや進行トラブルを未然に防ぐことができます。ガントチャート用の特製スプレッドシートを自作する必要はもうありません。
Gantt Chart

無料でガントチャート機能を試す

あらゆる進捗がリアルタイムで分かる・見える

あらゆる進捗がリアルタイムで分かる・見える

オンラインのガントチャートで、いつでもどこからでもプロジェクトの全体像やタスク間の依存関係を確認できます。直感的に操作できる Wrike なら、全メンバーが最新のタスク情報をきちんと入力してくれるので、ツールでの進捗管理が形骸化するおそれもありません。

プロジェクトの数が増えても安心

プロジェクトの数が増えても安心

スケジュール調整用のツールの多くが、一つの画面で一つのプロジェクトの全体像しか表示できない難点を抱えています。Wrike なら、ガントチャートに表示するプロジェクトを複数選択できます。スケジュール調整が必要なポイントが判明したら、簡単なマウス操作でその場でタスクのスケジュールを変更できます。

Microsoft Project からのデータ移行も簡単

Microsoft Project からのデータ移行も簡単

.MPP、.MPX、.XML 形式のファイルをインポートし、Wrike でのプロジェクト管理をすぐに始めることができます。タスクの期間、依存関係、担当者などのデータをそのまま Wrike で活用できるので安心です。

ガントチャートは日々のワークマネジメントの強い味方

Wrike のガントチャートは、スケジュールの計画・調整・チーム内や関係者との情報共有という3つのポイントすべてで、あなたの負担を軽減します。

1. 必要なタスクを書き出してプランを作成
目標を達成するまでに必要なタスクを書き出し、マウス操作ですばやくスケジュールを作成しましょう。「あるタスクに着手するにはこのタスクを先に完了させる必要がある」などの依存関係もマウスで設定でき、マイルストーンとなる日付の設定なども簡単です。
2. スケジュール調整もマウスで楽々
スケジュール調整の必要に気付いたら、マウスでタスクを移動させて簡単にスケジュールを変更でき、連動するタスクのスケジュールも自動的に調整されます。ガントチャート上での変更は個別のタスクにもすぐさま反映され、担当者にも共有されるので、業務連絡の負担も軽減できます。
3. 関係者への情報共有も簡単
Wrike のガントチャートは、スナップショットを作成して URL リンクを送信することで、Wrike を使用していないメンバーとも簡単に共有できます。顧客や経営陣への進捗報告に非常に便利な機能です。もちろん、印刷機能も標準で搭載しています。

“タイムライン形式でプロジェクトの全体像が把握できる Wrike のガントチャート機能のおかげで、プラニング時点から、タスクとタスクの前後関係などを意識して計画を立てることができるようになりました。初めてガントチャートを使うメンバーも含めて、TeamViewer 社のマーケティング部門全体が、この機能を便利だと感じています。「今行うべきこと」「次に気を配るべきこと」を全員が意識しながら仕事を進められるのです。”

ファビアン・シェンク氏

TeamViewer 社のマーケティングプロジェクトマネージャー

“Wrike 以外のツールでは、いくつものメニュー画面で情報を入力した後に、はじめてスケジュールを調整できます。ところが Wrike では、ガントチャート上のタイムラインでタスクを動かすだけで日程を変更したり、矢印マークを伸ばすだけでタスク間の依存関係を設定できます。非常に簡単に使えて便利なツールです。”

フィリップ・ホフマン氏

シニアプログラムマネージャー

“プロジェクトが進行中も、ガントチャート上で進捗をリアルタイムで確認できる点が気に入っています。担当する業務のうち、マイルストーンとなる日付が設定されているものについて、進捗に遅れが出ていないか確認する上ではガントチャートは必須の機能です。”

イブ・メイデンバーグ氏

クリエイティブ部門統括

高機能で使いやすい Wrike のガントチャートを今すぐお試しください

業務用のメールアドレスを入力