Project Management Guide
FAQ
← FAQに戻る

ソフトウェアのプロジェクトマネージメントとは何でしょうか?

ソフトウェアプロジェクトマネージメントは、プロジェクトマネージメントの中で、ソフトウェアおよびウェブプロジェクトのプラニング、スケジューリング、リソース配分、実行、追跡、納品を目的とする部分を指しています。

ソフトウェア工学のプロジェクトマネージメントは、複数回のテストやアップデート、顧客フィードバックを必要とする独自のライフサイクルプロセスを持つという点で、従来のプロジェクトマネージメントと異なります。IT関連のプロジェクトのほとんどは、加速するビジネスペースについていくためにアジャイル方式で管理され、顧客とステークホルダーのフィードバックを基にタスクを繰り返します。

ソフトウェアプロジェクトマネージャーの役割と責任

ソフトウェアプロジェクトのマネージャ―は以下のタスクを実行します:

  1. プラニング:コンセプトの考案から実現まで、プロジェクト全体の青写真をまとめます。スコープを定義して必要なリソースを配分し、タイムラインを提案し、実行プランを詳細に説明し、コミュニケーション戦略を立て、テストやメンテナンスに必要な手順を表示します。
  2. 指導:プロジェクトチームを構築して指導します。チームは通常、開発者、分析者、検査担当者、グラフィックデザイナー、テクニカルライターなどで構成されており、マネージャーには優れたコミュニケーションスキル、対人スキル、またリーダーシップを取るスキルが求められます。
  3. 実行:プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの各ステージに参加し、それを管理します。進捗状況の監視や、チームとの頻繁な接触、状況報告書の作成などが含まれます。
  4. 時間管理:スケジュール通りの進行はプロジェクトの成功にとって大変重要ですが、ソフトウェアプロジェクトの場合は特にそれが困難です。プロジェクトが進むにつれて、ほぼ間違いなく本来のプランが変更するからです。ソフトウェアプロジェクトのマネージャーは、障害やリスクの発生時にもプロジェクトをスムーズに進められるよう、リスク管理や緊急時の対策における専門知識が必要です。
  5. 予算:従来のプロジェクトマネージャ―と同様に、ソフトウェアプロジェクトのマネージャーはプロジェクトの予算を立て、必要な際は支出を抑えて資金を分配しながら、できるだけ決められた予算を守らなければなりません。
  6. メンテナンス:ソフトウェアプロジェクトを管理する際は、早期にバグを発見して修正し、顧客ニーズに合わせて最終成果物を調整し、プロジェクトを目標通りに進めるために、頻繁にプロダクトテストを行うことが奨励されています。正確なテストや評価を定期的に実行し、必要な際は修正を行います。

ソフトウェアプロジェクトのすぐれた管理方法

フォーブス誌に最近掲載された記事では、ソフトウェアのプロジェクトマネージメントのプロセスを改善し合理化する8つの方法が提案されています。 以下が含まれています:

  • チームが開発作業に集中できるように、開発以外の作業を取り除く
  • チームにひらめきを与えるような技術系大手企業のサクセスストーリーを共有し、チームの士気を高める
  • タスクを配分した後は、その内容を変更しない
  • 変更が必要になるまでは、できるだけ計画通りに進める
  • 秩序立てて進めることにより効率性を奨励する
  • 作業を効果的に委託して生産性を高める
  • チームを理解し、すぐれた人間関係を築く
  • プランを分割し、具体的に日々のタスクを割り当てる