プロジェクトマネジメントガイド
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネジメントコンサルタントとは何でしょうか?

コンサルタントは専門のアドバイスを提供するプロフェッショナルまたは企業を指し、プロジェクトマネジメントコンサルタントは、プロジェクトマネジメントに関する専門家として外部企業にアドバイスを提供します。企業がプロジェクトマネジメントの知識を持たない場合、プロジェクトマネジメントの専門家を雇用したり、中立的な立場の外部企業からアドバイスを受けることもあります。

プロジェクトマネジメントコンサルタントとプロジェクトマネジメント請負業者の違い

プロジェクトマネジメントコンサルタントとプロジェクトマネジメント請負業者には大きな違いがあります。コンサルタントの仕事は「相談」です。アドバイスやサポートを提供することもありますが、プロジェクト実行には関わらず、プロジェクトの成功に対する責任を負っているわけでもありません。例を挙げてみましょう。ボストンコンサルティンググループ(BCG)は広く知られたプロジェクトマネジメントコンサルタント企業であり、同社が提供するサービスには以下が含まれます。

  • 現行のプロジェクトマネジメントプロセスとそれに対する能力のレビュー
  • 現行のプロセスおよび/または管理の弱点の把握
  • よりすぐれたプロセスおよび/または管理の推奨
  • 新規のツール、プロセス、手順を採用する際のサポート
  • 変革管理および変革の際のサポート

プロジェクトマネージャーとしての標準的な作業はそのリストに含まれていません。プロジェクトの計画や実行、監視、管理、および完了はコンサルタントの業務ではないのです。コンサルタントの仕事はプロジェクトチームのメンバーだけでこれらの作業を実行できるよう、適切なツールを提供することです。プロジェクトマネジメント請負業者は、企業に雇用され、社内の業務をこなし、通常社内のプロジェクトマネージャーと同様の役割責任を持っています。

プロジェクトマネジメントコンサルタントの利点を問題点

コンサルタントとして働くには以下のような利点があります。

  • 自分の時間を自由に管理でき、一般にスケジュールが柔軟である
  • 使った時間に対して料金を請求し、柔軟にスケジュールを組める
  • 自身で料金を設定し、時給も高い
  • 様々な企業や業界と仕事をすることができる
  • 以下のような難点もあります。自営業であるため仕事の保障が低く、安定しない可能性がある
  • 自営業であるため経理や税金が複雑になる

プロジェクトマネジメントコンサルタントになるには、どうするとよいのでしょうか?

プロジェクトマネジメントコンサルタントになるには以下が必要です。

自身が持つコンサルタントのスキルと知識が企業にとって役立つことを証明しなければなりません。コンサルタントとして成功するには評判と信用が不可欠なのです。