Project Management Guide
FAQ
← FAQに戻る

プロジェクトマネージャーの役割と責任とは何でしょうか?

「プロジェクトマネージャー」という言葉が持つ意味は広範囲に渡り、様々なタスクを含んでおり、人によってその受け取り方は様々です。それではプロジェクトマネージャーという職務には通常何が含まれるのでしょうか?プロジェクトマネージャーはプロジェクトの開始から完了までを監視する責任を持ち、その業務はプロジェクトのプラニング、スケジュールとタイムラインの構築、各フェーズの実行、予算の管理、全ステークホルダー間の調整からトラブルシューティングおよびメンテナンスにまで及びます。この業務をこなすためにはしっかりと系統立てて物事を進め、細部に気を配るだけでなく、対人関係にすぐれていなければなりません。プロジェクトマネージャーはチームを先導し、関係者全員と明確にまた定期的にコミュニケーションを取る責任を持っているのです。

プロジェクトマネージャーの役割とは何でしょうか?

プロジェクトマネジメント協会は、プロジェクトマネージャーの役割を「変革推進者」と説明しています。これは「プロジェクトの目標を自身の目標とし、自身が持つスキルと専門知識を使い、プロジェクトチーム内で目的を共有するという意識をメンバーに持たせる」ことを意味します。プロジェクトマネージャーはまた、リーダーとしての役割も果たさなければなりません。プロジェクトを予算内で期限通りに完了することだけでなく、チームのエンゲージメントを維持し、チームメンバーを励まし、クライアントに刺激を与える責任を持っています。問題が発生した際はその解決に向けて批判的に思考し、全員に情報を伝え、メンバーのモチベーションを保ちながら業務を進めるためのきめ細かいコミュニケーションスキル(カスタマーサービスのこつを考える)が必要なのです。プロジェクトマネージャーはあらゆるベンチャーの成功にとって不可欠であると ヒューストン・クロニクル が主張したのもうなずけます。

プロジェクトマネージャーの責任とは何でしょうか?

プロジェクトマネージャーが通常担当するタスクには以下が含まれます。

  1. プラニング:プロジェクトマネージャーは何よりもまず、承認された予算と期限を守りながらプロジェクトの目標を達成するプランを立てます。このブループリントがプロジェクトの発想から実現までプロジェクト全体を導き、プロジェクトのスコープ、完了に必要なリソース、予測される時間と資金要件、ステークホルダー間のコミュニケーション戦略、実行と情報管理プラン、およびフォローアップとメンテナンスへの提案事項などが含まれています。プロジェクト実行がまだ承認されていない場合、このプランは主な意思決定者たちを納得させるために重要な役割を果たします。
  2. 先導:あらゆるプロジェクトマネージャーに不可欠な役割とはプロジェクトチームの構築と先導であり、すぐれたコミュニケーションスキル、対人関係やリーダシップスキルのみでなく、他のメンバーの長所や短所を見抜く鋭い目が求められます。チームを構築した後はタスクを配分し、期限を設定し、必要なリソースを提供し、メンバーと定期的に話し合いを持ちます。 またステークホルダー全員と頻繁にまたオープンに話し合える能力も不可欠です。
  3. 実行:プロジェクトの各ステージの実行に参加し、監視します。ここでもまた、チームメンバーやステークホルダーとオープンにまた頻繁にコミュニケーションを取ることが重要です。
  4. 時間管理:スケジュール通りに業務を進めることはあらゆるプロジェクトの成功において大変重要であり、時間管理はプロジェクトマネージャーの重要な責務の1つです。プロジェクトが脱線した場合は問題を解決し、チームメンバーやステークホルダーと効果的にコミュニケーションを取ってプロジェクトを再び軌道に乗せます。障害が発生した際も前進を続けられるよう、リスク管理および緊急時対応における専門知識が必要です。
  5. 予算:プロジェクトマネージャーにはプロジェクトの予算を立て、その予算を守るという任務が与えられています。プロジェクトの一部が予算を超過すると(まれには、予算以下で収まる場合もありますが)プロジェクトマネージャーは支出を抑え、必要な場合は資金を再配分します。
  6. ドキュメント:プロジェクトの進捗状況を測定および分析する効果的な方法を考案し、プロジェクトが計画通りに進行していることを確認します。データ収集、および口頭・文書でのステータスレポートなどがプロジェクトのドキュメント作成の標準的な戦略となります。すべてのアクションが承認され署名されており、今後の照会に備えてこれらのドキュメントがアーカイブ化されていることの確認もプロジェクトマネージャーの責務です。
  7. メンテナンス:プロジェクトの完了は作業の終了を意味するものではありません。継続的なメンテナンスおよびトラブルシューティングのプランが必要です。ここがプロジェクトマネージャーの出番です。プロジェクトマネージャーは最終的な成果物の推進を適切にサポートする方法を考案します。これはマネージャーがプロジェクトの日々の業務管理に直接関わっていない場合でも必要です。

プロジェクトマネージャーの業務

「プロジェクトマネージャーの日々の業務とは何だろう?」と思われるかもしれません。簡潔に言うと各プロジェクトはそれぞれ独自のものであり、その作業は日々異なります。プロジェクトマネージャーの任務は、距離を置いた場所から、プロジェクトが進行し、チームメンバーが問題なく業務を行えるように障害物を取り除くことです。もう少し詳しく説明しましょう。プロジェクトマネージャーの業務はプロジェクトの実行およびメンテナンスに関するメールに応答したり、ステータスレポートや問題解決に向けてチームメンバーと簡単なミーティングをしたり、クライアントやその他のステークホルダーに連絡してプロジェクトの進捗状況やアップデートについて話し合ったり、予算やスケジュール、スコープ評価のために関連ドキュメントをレビューすることです。プロジェクトの変更に対応するために、チームメンバーを含むリソース(チームメンバーなど)をさまざまな領域に再割り当てする。時にはコーヒーを飲んでリラックスするために!

すぐれたプロジェクトマネージャーになるための条件とは何でしょうか?

すぐれたプロジェクトマネージャーは、ステークホルダーおよびクライアント(社内外)の期待を満たす、また期待を超える最終成果物を期限通りに予算内で納品します。プロジェクトをビジネス目標に結び付けることはプロジェクトマネージャーにとってますます重要になってきました。プロジェクトの開始時にステークホルダーとコミュニケーションを取り、プロジェクトがビジネスニーズに戦略的な影響を与えているかを確認することは不可欠です。組織力および細かい部分への注意力、また全体像を見る力や高い処理能力、リスク管理能力、批判的に考える能力、すぐれたコミュニケーションスキル、「やればできる」とう心構え、そして関係者にインスピレーションやモチベーションを与える能力なども、プロジェクトマネージャーに求められるクオリティです。プロジェクトマネジメント協会は、自己評価や自己再評価を積極的に受け入れる姿勢もまた、プロジェクトマネージャーとしての成功につながると 提言しています