Wrike Team, Author at Blog Wrike
Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
ログイン お問い合わせ
Wrike Team

Wrike Team

Occasionally we write blog posts where multiple people contribute. Since our idea of having a gladiator arena where contributors would fight to the death to win total authorship wasn’t approved by HR, this was the compromise.

関心のあるカテゴリーを選択してください:

成功に向けて - 製造専門家によるプロジェクト管理ソフトの使用方法
プロジェクト管理 3分程度でお読みいただけます

成功に向けて - 製造専門家によるプロジェクト管理ソフトの使用方法

プロジェクト管理用ソフトは、企業の製造環境における最も重要な要素となってきています。 プロジェクトの期限内・予算内での完了に向けて、効果的なコミュニケーションやコラボレーション、リソース管理を実現します。 企業の製造専門家は、成功に向けてプロジェクト管理ソフトをどのように使用しているのでしょうか? ここでは、製造業におけるプロジェクト管理の重要性、最高のプロジェクト管理ソフトの評価および採用の方法、また採用後はその利点をどのように最大化できるかについて説明します。 Wrikeを無料でお試しください 企業の製造部門におけるプロジェクト管理の重要性を理解する 効果的なプロジェクト管理は、企業の製造部門を成功に導く重要な要因です。 その主な利点の1つは、担当者が締め切りを厳守し、プロジェクトを期限内に完了できることです。 作業の遅れが重要な事態の原因となるペースの速い業界では特に重要となります。 プロジェクトをタスクごとに細分化し、それぞれに期限を設定することで、プロジェクトマネージャーはチームメンバー全員が自身の責任範囲を理解していることを確認できるのです。 製造業におけるプロジェクト管理のもうひとつの重要な要素は、予算内にプロジェクトを完了させることです。 製造業のプロジェクトにはコストがかかり、浪費を避けるために経費を把握することは不可欠です。 プロジェクト管理が製造部門の成功に果たす役割 プロジェクト管理によって、特定の目標達成に向けたリソースのプラニングや調整、管理が可能になります。 品質管理は製造業にとって不可欠ですが、プロジェクト管理によって、目標達成のために製品の品質を犠牲にすることがなくなります。 さらに、プロジェクト管理ソフトの使用でプロジェクトの進捗状況をリアルタイムで見える化でき、問題点を早期に特定して対策を取ることができます。 コストのかかる遅延を未然に防ぎ、プロジェクトの期限内かつ予算内の完了を実現します。 企業の製造部門が直面する主な課題 企業の製造部門は、複雑なサプライチェーンの管理から安全規制の遵守に至るまで、様々な課題に直面しています。 プロジェクトには複数のチームや部門からの情報が必要となり、リソースの効果的な管理は共通の課題と言えるでしょう。 またプロジェクトの競争力を保ち成功に導くために、最新テクノロジーや業界のトレンドを常に把握しておくことも必要です。 製造業界は常に進化しており、これは困難な作業になるでしょう。 製造業界における最高のプロジェクト管理ソフトを評価する 多数のソフトウェアソリューションが市販されている現在、それぞれを精査して自社に適したソフトを見極めることが不可欠です。 優れたソフトが持つ重要な機能には以下が含まれます。 リソースのプラニングと配分 プロジェクトの追跡とステータスのアップデート ワークフローのカスタマイズ、およびカスタマイズの容易性 既存のシステムおよびプロセスとの連携 アクセスの可能性および使い勝手 Wrikeを無料でお試しください 製造部門の独特のニーズに合わせたカスタマイズ 効果的なプロジェクト管理は、各企業の製造部門が持つ独自のニーズに合わせるためのカスタマイズ機能に大きく依存しています。 プロジェクトは複雑で、そのプロセスは企業によって異なるため、ここではワークフローの合理化や効率の最大化、エラーを最小限にとどめることがが目標となります。 カスタマイズには、カスタムワークフローの構築から既存のシステムおよびプロセスとの連携が含まれます。 製造業者はリソースの正確なプラニングや配分を実現するために、プロジェクト管理ソフトを既存のERPシステムに連携させる必要があるでしょう。 製造環境へのプロジェクト管理ソフトの導入 プロジェクト管理ソフトの採用には体系的な取り組みが求められ、 以下をはじめとするアプローチが必要です。 プロジェクトの目標と目的の定義 ソフトウェアによる対応が可能な特定の問題点や課題、および求める成果を識別し、プロジェクトの目標および目的を定義します。 適切なソフトウェアソリューションの選択 プロジェクトの目標および目的を定義した後は、自社のニーズを満たす適切なソフトウェアソリューションを選択します。 ここでは、使いやすさや拡張性、およびコストパフォーマンスなどの要素を基にした評価が必要です。 従業員のトレーニングとオンボーディング 適切なトレーニングとオンボーディングで、従業員はソフトウェアの使用法や自身の作業に対する利点を理解できます。 時間はかかりますが、長期的効果をもたらすためには価値のある投資と言えるでしょう。 チームメンバーが新規の機能や特長を常に把握し、ソフトウェアの機能や使いやすさに対するフィードバックを提供することが、生産性やプロジェクト成果の最終的な向上につながります。 既存のシステムおよびプロセスとの連携 プロジェクト管理ソフトと既存のシステムおよびプロセスとの連携には課題が伴いますが、最高の価値を生み出すためには不可欠です。 これにはソフトウェアと連携するためのワークフローおよびプロセスのカスタマイズなどの作業が含まれ、 関連するすべてのシステム上でデータを共有し、必要な連携やAPIを実現します。 技術面におけるすべての要件を満たすために、連携プロセスでは必ずIT専門家の力を借りることが重要です。 Wrikeを無料でお試しください プロジェクト管理ソフトの利点を最大に生かす プロジェクト管理ソフトは、企業の製造環境においてよりますますニーズが高まっており、それも当然のことと言えるでしょう。 企業がオペレーションを合理化し、コストを削減して、全体的な効率を向上するための様々なメリットを提供するからです。 本セクションでは3つの主なメリットを探っていきます。 コミュニケーションとコラボレーションの効率化 効果的なコミュニケーションとコラボレーションは、プロジェクトの成功に不可欠です。 プロジェクト管理ソフトはプロジェクトに必要な情報を一元化するプラットフォームを提供し、ステータスをリアルタイムでアップデートすることにより、コミュニケーションやコラボレーションを効率化します。 チームメンバーはより効果的に協力でき、誤解や考え違いを最小限に抑えることができるのです。 メンバーの所在地や部門の違いに関わらず、チームとして団結して作業を進めていくことができます。 プロジェクト管理ソフトは、異なる部門や関係者間のコミュニケーションを円滑にします。 プロジェクトの進行に複数部門からの情報が必要な場合は、それらの部門にプラットフォームを提供できます。 リソースの配分およびスケジューリングの改善 製造部門においてプロジェクト管理ソフトが持つさらなる重要な利点としては、リソース配分とスケジューリングの改善が挙げられるでしょう。 リソースの制約を識別し、リソースを最適に配分することによって、より効率的に業務に取り組み、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。 適切な設備を使って適切な時間に適切なプロジェクトに取り組めるよう、スケジュールを合理化できるのです。 プロジェクト管理ソフトはまた、スケジュールの重複や障害を事前に特定でき、 問題が大きくなるために事前措置を講じることができます。 リスク管理の強化とリスクの軽減 リスク管理はプロジェクト管理において不可欠な要素です。 プロジェクト管理ソフトによって製造部門のリスクが軽減され、リスク管理が向上します。 潜在的なリスクを早期発見して緩和措置を取ることで、コスト要因となる遅延やプロジェクトの失敗を避けることができるのです。 プロジェクト管理ソフトは、プロジェクトのタスクや期限、依存関係にさらに優れた可視性を提供します。 すべての関係者がリスクを理解し、適切な取り組みでリスクを緩和できるのです。 まとめ プロジェクト管理ソフトは企業の製造部門が直面する課題を克服し、目標達成のお手伝いをします。 プロジェクト管理の重要性を理解し、適切なソフトウェアを評価して採用して、それらの利点を最大に生かすことにより、コミュニケーションを改善してワークフローを効率化し、リソース配分を最適化してリスクを削減できます。 最終的には、急速に進化を続ける本業界において、複雑なプロジェクトをより効率よく管理して成功に結び付けることができるのです。 Wrikeがお届けする最先端のプロジェクト管理ソリューションで、貴社の製造プロセスを大きく変えてみませんか? 今すぐ無料トライアルを開始して、生産プランやリソース配分、全体的な効率を向上させましょう。 注:本記事はAIエンジンを使用して作成されました。 正確性と品質を保証するために、弊社チームの専門家によりレビューおよび修正されています。 Wrikeを無料でお試しください

2023年に従業員の活動を増やす方法(究極のガイド)
生産性 3分程度でお読みいただけます

2023年に従業員の活動を増やす方法(究極のガイド)

ビジネスオーナーやマネージャーとして、従業員のやる気、健康、生産性を維持する方法を常に模索していることでしょう。 これを達成する最も効果的な方法の1つは、職場での身体活動を促進することです。 そうすることで、チーム全体の健康状態、メンタルヘルス、仕事の満足度を向上させることができます。 2023年に従業員の活動を増やす方法について知っておくべきことは次のとおりです。   Wrikeを無料でお試しください 従業員の活動の重要性を理解する 職場での活動レベルを上げるために使用できる具体的な戦略を詳しく説明する前に、なぜこれが重要なのかを調べることが重要です。 研究によると、座りがちな行動、つまり身体を動かさずに長時間座っている状態は、肥満、糖尿病、心血管疾患などの健康リスクにつながることがわかっています。 従業員により多くの移動を促すことは、これらのリスクを軽減し、全体的な健康とウェルネスを改善するのに有効です。 従業員が活発に活動することのメリット 定期的に身体活動を行う従業員は、エネルギーレベル、精神的集中力、さらに仕事の満足度が高い傾向にあります。 これにより、生産性が向上し、常習的欠勤が減り、全体的に前向きな企業文化が生まれる可能性があります。 定期的な身体活動は、従業員の健康に大きな影響を与える可能性のあるストレスや不安を軽減するのにも役立ちます。 従業員のストレスが減ると、作業への意欲と生産性が高まり、ビジネスの成果が向上します。 従業員が活発に活動することは、会社の医療費の削減にも役立ちます。 これは、治療に多額の費用がかかる可能性がある糖尿病や心臓病などの慢性的な健康状態を予防または管理するのに役立ちます。 従業員の活動が生産性とエンゲージメントに与える影響 研究によると、定期的に身体活動を行う従業員は、生産性が高く、仕事に集中していることがわかっています。 その理由は、運動が気分を高め、ストレスを軽減し、精神的集中力を高めるという事実にあります。これらはすべて、優れた仕事のパフォーマンスを実現するための重要な要素です。 職場での活動を促進することで、従業員のやる気と仕事への集中力を高めることができます。 定期的な身体活動は、創造性と問題解決能力の向上にも役立ちます。 従業員が休憩して動き回って血流を促すと、革新的なアイデアを思いつき、複雑な問題の解決策を見つける可能性が高くなります。 職場での身体活動を促進することは、従業員の士気を高め、チーム間の共同体意識を育むことにもつながります。 チームメンバーが一緒に身体活動を行うと、強い絆を築き、仲間意識を感じる可能性が高くなり、より前向きで生産的な作業環境につながります。 現在の職場での活動レベルの評価 職場での活動レベルを上げる戦略を実施する前に、現在の状況を評価することが重要です。 改善すべき分野の特定 まず、従業員が勤務時間中にほとんどの時間を費やしている場所をメモすることから始めます。 長時間デスクに座っている場合は、スタンディングデスクを導入したり、ウォーキングミーティングを奨励したりすることを検討してください。 長時間座っていることは、姿勢不良、腰痛、血行の悪化の原因となる可能性があります。 また、従業員福利厚生パッケージの一部として、フィットネスクラスやジムの会員資格を提供することも検討してください。 これにより、スタッフは作業時間外により活動的になり、職場内でのコミュニティ意識の構築にも役立ちます。 従業員のフィードバックと提案の収集 従業員からフィードバックを集めましょう。 現在のルーティンと、仕事中によりアクティブになるのに役立つと思うことを尋ねてください。 これは、これまで考慮していなかった可能性のある潜在的な障壁や課題を特定するのに役立ちます。 身体活動を奨励する職場でのチャレンジや競技を実施してみてください。 これには、歩数カウントのチャレンジから全社的なスポーツリーグまで、あらゆるものが考えられます。 アクティビティを楽しく競争力のあるものにすることで、従業員のエンゲージメントとモチベーションを高めることができます。 職場の活動レベルに関しては、小さな変更が大きな違いを生む可能性があることを忘れないでください。 運動や身体活動を奨励することは、従業員の健康を改善するだけでなく、生産性と仕事の満足度を高めることにもつながります。   Wrikeを無料でお試しください アクティビティとウェルネスの文化の創造 現在の活動レベルを評価し、改善すべき分野を特定したら、今度は職場での活動と健康の文化の育成を始めましょう。 これには、身体活動を優先事項とし、それを会社の価値観やポリシーに統合することが含まれます。 模範を示してリードする 模範を示してリードしてください。 従業員は、あなたが運動と身体活動を優先しているのを見れば、同じことをする可能性が高くなります。 身体活動をご自分の仕事のルーチンに組み込み、上司にも同じことをするよう促すことを検討してください。 昼休みのウォーキンググループを立ち上げたり、会社全体でフィットネスチャレンジを企画したりしましょう。 これは、従業員の身体的健康に利益をもたらすだけでなく、メンタルヘルスと全般的な幸福度を向上させます。 健康とウェルネスに関するオープンなコミュニケーションを奨励する 職場の健康とウェルネスに関するオープンなコミュニケーションを奨励します。 身体活動のためのリソースとサポートを提供するだけでなく、従業員が自分の経験や課題について話し合うための安全な場所を作ります。 ウェルネスに関するワークショップを開催するか、ゲストスピーカーを招待して、身体活動とメンタルヘルスの重要度について話してください。 これは、メンタルヘルスをめぐる偏見を解消し、従業員が自分の健康を優先するよう促すのに役立ちます。 健康を会社の価値観や方針に組み込む 健康と身体活動を会社の価値観や方針に取り入れましょう。 定期的に身体活動を行う従業員、運動を行うことによる休憩や機会を仕事に取り入れる従業員にインセンティブを付与し、施設内のフィットネス施設やジムの会員制度を設けます。 オフィスでヘルシーなスナックを提供したり、ヘルシーな持ち寄りランチを開催したりすることを検討してください。 これにより、健康的な食習慣が奨励され、従業員間のコミュニティ意識とチームワークが育まれます。 効果的な活動プログラムとイニシアチブの実施 アクティビティとウェルネスの文化が確立されたら、今こそ職場での身体活動を促進するための効果的なプログラムとイニシアチブの実施を開始する時です。 柔軟な勤務スケジュールとリモートワークの選択肢の提供 従業員に柔軟な勤務スケジュールとリモートワークの選択肢を提供しましょう。 これにより、ランニングやフィットネスクラスへの参加など、スタッフが職場以外で身体活動を行う時間と機会が増えます。 柔軟な勤務スケジュールはストレスレベルの軽減にも役立ち、全体的な健康と幸福にプラスの影響を与える可能性があります。 従業員が最も生産性の高い時間に仕事に従事できるようにすることで、時間をより適切に管理し、身体活動に優先順位を付けることができます。 リモートワークの選択肢は、オフィスから遠く離れた場所に住んでいる人や、家族の責任があるために定期的な勤務スケジュールを守ることが難しい人にとっても有益です。 これにより、通勤時間が短縮され、従業員が身体活動に従事する時間が増えます。 職場内のフィットネス施設またはジムの会員資格の提供 リソースがある場合は、従業員に職場内のフィットネス施設やジムの会員資格を提供することを検討してください。 これにより、従業員はオフィスを離れることなく、勤務時間中に身体活動を行うことが容易になります。 職場内のフィットネス施設は、コミュニティ意識を構築し、従業員間の社会的交流を促進する素晴らしい方法でもあります。 一緒に運動することで、従業員は思い出を共有して絆を深め、より強固な関係を築くことができます。 週末のグループハイキングを開催するなどの場合は、家族や友人にも体験に参加してもらうことができます。 ジムの会員資格は、従業員にとって便利で個々のフィットネス目標に合った運動環境を選択できるため、従業員にとっても貴重な特典となります。 チームの育成活動やスポーツイベントの企画 身体活動を促進し、チームの結束を促すために、チームの育成活動やスポーツイベントを企画することを検討してください。 これには、毎週のサッカーゲームから、全社的なチャリティーウォークやランニングまで、あらゆるものが考えられます。 チームの育成活動は、従業員の士気を高め、仲間意識を育むのに役立ちます。 スポーツイベントは、身体活動を行い、健全な競技を促進する楽しい方法でもあります。 ウォーキングミーティングやスタンディングミーティングの促進 ウォーキングミーティングやスタンディングミーティングを奨励してください。 会議室で座る代わりに、街中を散歩したり、ミーティング中に立ったりすることを検討してください。 これにより、長時間座っている時間を解消し、仕事中の動きを促すことができます。 ウォーキングミーティングは、新しいアイデアを出し合い、クリエイティブな状態を維持するのにも最適な方法です。 外に出て動き回ることで、従業員はより活力と集中力を感じることができます。 スタンディングミーティングは、姿勢を改善し、背中の痛みやその他の筋骨格系疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。 結論 職場での身体活動を優先し、ウェルネスの文化を築くことで、従業員の健康、幸福、仕事の満足度を向上させることができます。 効果的なプログラムやイニシアチブを実施するには、計画と労力が必要ですが、長期的にはそれだけの価値があります。 まず、現在の職場の活動レベルを評価し、活動と健康を重視する文化を醸成して、効果的なプログラムとイニシアチブを実施してチームを動かしましょう。 Wrikeの究極のガイドに従い、2023年に従業員の活動を強化し、Wrikeの強力なプロジェクト管理機能を最大限に活用してください。 今すぐ無料トライアルを開始して、チームのパフォーマンスに革命をもたらしましょう。   Wrikeを無料でお試しください   注:この記事は AI エンジンの支援を受けて作成されました。 正確性と品質を確保するために、専門家チームによってレビューおよび改訂されています。

Wrikeのカスタマイズ性が競合より優れている3つのポイント
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

Wrikeのカスタマイズ性が競合より優れている3つのポイント

Wrikeが、市場で最もカスタマイズ性の高い作業管理プラットフォームである理由をご紹介します。

MiroとWrikeを統合すべき3つの理由(および方法)
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

MiroとWrikeを統合すべき3つの理由(および方法)

Wrikeは最高の作業ハブの1つです。 あらゆるチームが愛用する機能をすべて備え、上達がスムーズで、プロジェクト管理の原動力になります。 しかし、優れたユーザーでさえ少々支援が必要であり、ここでMiroが真価を発揮します。  Miroはブレインストームセッション、ロードマッププラン、振り返りをするのに最適ですが、プランから実行に移行するのは必ずしも容易であるとは限りません。 これには常に、大量のコピー&ペースト作業が伴います。 そうであってはなりません。 MiroボードをWrikeに統合することで、より少ない労力でプランから実行に迅速に移行できます。 ここでは、それが重要な理由とその方法を示します。 理由1:仕事には常に最適なツールを使用すべきである Miroはプロジェクト管理ツールではなく、Miroでプロジェクトの実行を試みることは、スポイトで家具を組み立てようとするようなものです。 確かにMiroは非常に特殊な仕事向けの完璧なツールですが、どこでも役に立つわけではありません。 チームがWrikeを使用するのは、最高のプロジェクト管理ソリューションであるからです。 しかし、Miroがプロジェクト管理向けでないように、WrikeがMiroと同じブレインストーム機能をすべて備えているわけではありません。 最もよいのは、目的に合わせて各アプリを使用することです。 統合ソリューションが適切ならば、どんなチームも目的に合ったアプリを確実に使用できます。 ツールを使用して何もかもこなすのではなく、ツールに適した作業を行いましょう。 これで皆が満足できます。 理由2:ブレインストームをコピー&ペーストすべきではない ブレインストームセッションが終わりました。 すべてが有意義で、優れたアイデアも生まれ、次に得られる成果が楽しみです。 しかし、セッションが終わった後にブレインストームボードを見直してみましたか? 付箋紙がべたべた貼られ、走り書きのメモには整理が必要で、書き込みはもはや意味をなさず、乱雑な状態に陥っています。 誰かがこれらすべてを意味のあるものにする必要があるので、その人物はこれらをWrikeにコピー&ペーストします。これでやっと作業が完了します。 それなら、データのコピー&ペーストに時間をかけるよりプロジェクトを開始した方がいいのでは? ブレインストームセッションをより杓子定規に進めることもできますが、そうするとおそらく、最高のアイデアがいくつか失われるでしょう。 ではどうしますか? MiroとWrikeを統合します。 こうすれば、今後の作業用として選択するアイデアがWrikeプロジェクトと自動的に同期します。 ここから、アイデアを具体化し、タスク階層を構築し、プロジェクトを詳しく調べ、作業を完了できます。 コピー&ペーストはもはや不要です。 理由3:ライセンスの節約 アプリの予算は今どれほど厳しいですか? 支出を削る場所を見つけるよう早くも求められましたか?  WrikeとMiroの両方で作業中のチームであれ、コンサルタントと協力している場合であれ、ライセンスに払い過ぎているかもしれません。 つまり、特に、業務にWrikeが必要な人の仕事が時々ブレインストームを確認することだけなのであれば、必ずしもMiroのライセンスは必要ありません。 これは、ブレインストームを手伝う外注先も同じです。 Wrikeライセンスが必要ですか? Wrikeプロジェクトへのアクセス権の付与が必要ですか? 統合ソリューションがあれば、すべての外注先が業務に必要な状況判断能力を失うことなく、絶対に必要なツールにのみアクセスするよう徹底できます。 つまり、全員がお気に入りのツールを使用して最高の業務を遂行できます。 つまり、必要なのは統合です。 どこに求めますか? UnitoによるWrike Syncを使用した統合方法 MiroカードをWrikeタスクと同期するために新しいツールは必要ありません。 UnitoによるWrike Syncアドオンは、WrikeタスクをMiroと円滑に統合できます。 Wrike Business Plus、Enterprise Standard、またはEnterprise Pinnacleプランがあればこのアドオンにアクセスできます。 UnitoによるWrike Syncは、コードのないワークフロー管理ソリューションで、Wrike、Miro、Jira、BitBucket、SalesforceなどをWrikeプロジェクトに接続できます。 アカウントのオーナーである限り、Wrike Syncの有効化は簡単です。 Wrike設定の[Subscription]パネルに移動し、Wrike Syncsトライアルを有効化します。 [Create flow]をクリックし、WrikeプロジェクトとMiroのリンクを開始し、両ツールをより活用します。 その方法の詳細はこちらをご覧ください。 Miroボード ブレインストームセッションには、余計な手作業や付箋紙メモのWrikeへのコピー&ペーストが多く含まれるべきではありません。 Wrike Syncを使用してWrikeをMiroボードに接続することで、ツールを切り替えずにブレインストーム段階からプロジェクトに自動的に移動し、成果をより速く実現できます。 始めるには、Wrike Syncの無料トライアルをリクエストし、上記の2段階の手順に従ってください。 お楽しみください。

WrikeがForresterより先導者としての評価を受ける
ニュース 3分程度でお読みいただけます

WrikeがForresterより先導者としての評価を受ける

当社の専門は、共同作業管理です。 今週当社は、業界で評価の高い独立調査機関より、共同作業管理ツールにおける先導者としての評価を受けました。 The Forrester Wave™: 共同作業管理ツール、2022年度Q4レポートにて先導者と指名されたことで、最高の共同作業管理プラットフォームを提供するという当社のステータスが確固たるものになりました。  Wrikeは、現在提供している製品、戦略、および市場での存在感というカテゴリー全体の9つの基準において、最高点である5.0という業界評価を受けました。 Wrikeは、作業分析、コラボレーション能力、計画的強化、イノベーションロードマップ、インストール数に加えて、作業タイプの作成能力、アセット構築の支援能力、複雑なプロジェクトの管理能力、および分散型チームを結びつける能力において、最高得点を得ました。 当社は、ますます複雑になる職場で成功を収めるためには作業者に何が必要であるかを理解するという能力を一貫して示してきたのです。 当社は本年度、エグゼクティブ、マネージャー、従業員が直面する課題をさらに理解するために尽力しながら、現在のワークプレイス管理のためのプラットフォーム向上に役立つ画期的な調査を実施しました。 当社が実施した仕事のダークマターに関する調査では、より合理化されたプロジェクト管理ツール、よりクリアなコミュニケーションとコラボレーションオプション、そして合理化されたアセット作成の必要性が浮き彫りになりました。  職場に伴う問題を詳しく調査した結果、従業員が時間とリソースを無駄にし、企業に毎年何百万ドルものコストがかかっていることを学びました。 当社の共同作業管理ソフトウェアならば、世界中の組織がこれらの損失を取り戻せるようサポートできることをすぐに理解したのです。  この素晴らしい学びを基礎とし、仕事のダークマターに対処してそれを取り除くために、大幅に改良されたWrike Lightspeedプラットフォームのデザインと発表と至りました。 Wrike Lightspeedは、作業管理ソフトウェアとして一流のアナリスト企業が推薦する以上の機能を提供すると信じています。業界で話題となり、当社に先導者としてのステータスを与える一因となったのです。  「先導者としての私たちの立場が、当社が最近発表したWrike Lightspeedの長所を強調しているのです」Wrikeの設立者およびCEOであるAndrew Filevが語ります。 「The Forrester Wave™は、CWMの顧客がプロバイダーに求めるべき3つの主要なエリアについて言及していますが、当社のプラットフォームはそれらすべてに対応しています。 それには、アクティビティ管理のための幅広い作業タイプの支援、キャパシティおよび複雑性に関してスケールに応じた作業管理、そして分析と作業の視覚化の向上が含まれています。 当社は、業界のトッププロバイダーの一員であること、そしてThe Forrester Wave™レポートより先導者として指名されたことを誇りに感じています。今後も、増加を続ける当社のお客様に適したプラットフォームの向上に努めていきます。  Sony Pictures、L’Oréal、Mindbody、Lyft、BigCommerce、Radial、eClinicalWorks、Sitecoreなどの各社が名を連ねる弊社の素晴らしい顧客リストに貴社の社名を加えませんか。Wrikeの製品についてご紹介いたしますので、是非ご連絡ください。 今日からWrikeをお試しになり、チームが今すぐ最善の仕事ができるよう、パワーを与えましょう。 

Wrike Lightspeedが時間の浪費を削減し、組織の利益を守ります
ニュース 3分程度でお読みいただけます

Wrike Lightspeedが時間の浪費を削減し、組織の利益を守ります

光の速度のごとく、チームに作業が舞い込んでくると感じたことはありますか? チームが完了すべきプロジェクトとタスクの率はこれまで以上に高くなっており、雇用主だけでなく従業員もプレッシャーを感じています。 そこで当社は、Wrike Lightspeedをデザインしました。 現代には、チームが光のような速度で成功をおさめ、卓越できるプラットフォームが必要です。  Wrike Lightspeedはまた、タスクを明確にし、可視性を高めるようデザインされ、チームメンバー全員が最高の仕事を実行するために必要な情報を入手することができるのです。マネージャー、エグゼクティブ、ステークホルダーは、プロジェクトの進捗状況を瞬時に理解できます。  当社は最近、私たちに大きな衝撃を与えた調査について発表しました。その結果に基づいて、市場で最もパワフルな作業管理プラットフォームであるWrike Lightspeedを構築したのです。 仕事のダークマターに関する当社の調査では、非効率なプロセス、数の多すぎるウィンドウやアプリ、パスワードの扱い、そして個人の作業と組織の目標が結びついていないことが、従業員と組織にどのような悪影響を及ぼしているかが浮き彫りになりました。  仕事のダークマターが組織に与える真の意味とは 仕事のダークマターとは、連携されていないシステムとソリューションとの溝に埋もれているものを指します。 例えば、すでに他のアプリで行った作業を、別のアプリで重複しなければならない時に時間の浪費が発生するのです。 他の方法で有効に活用できるリソースが、ステークホルダーにプロジェクトの進捗状況を伝えるために使用されたり、情報を求める同僚に何度もメールを送信するために使用されているのです。  仕事のダークマターは、従業員の生産性を滞らせるだけでなく、貴社の精神にダメージを与えます。  以下を想像してみてください。あなたが一日にうちに平均14ものアプリを使用しなければならないとします。 他のタスクのためにメールリクエストを処理しながら、すでに完了した作業を反映させるために複数のプラットフォームで同じタスクを更新しなければなりません。 集中しなければならない作業に取り掛かった時、必要な情報が大量のメールやSlackメッセージに埋もれていることに気づくのです。  きちんと機能しないシステムの使用に疲れ果てて、残業をしなければならなくなります。 そしてまとまりのないこれらのタスクが、会社の成長にどのように役立っているのだろうかと疑問を抱くのです。 夜中の2時には、翌日の朝一番の重要なミーティング前にマネージャーに最新情報を送り忘れていたことを思い出して、目が覚めます。  仕事のダークマターは、従業員の時間を無駄にし、最大の努力を払っている従業員のやる気をなくさせてしまうのです。 ダークマターの放置にかかるコスト 仕事のダークマターは、従業員の日々の作業、生産性、目的意識、仕事の充実感に影響を及ぼすだけでなく、会社の最終利益にも影響を与えます。  仕事のダークマターによって無駄になる時間のコストは、知識労働系組織の従業員一人あたり、毎年最高16,000ドルに上ります。 この数に貴社の従業員数を掛けてみてください。これが問題の重要性な問題、また失われた利益を取り戻す大きなチャンスに気づかれることでしょう。  仕事のダークマターは、仕事の遅延やキャンセル、納期遅延、生産性の低下、従業員の離職につながります。 そのコストは、知識労働系の企業に、毎年何百万ドルもの負担を与えているのです。  そこでWrike Lightspeedが生まれました。  仕事のダークマターを取り除くWrike Lightspeed 当社は、企業が仕事のダークマターを取り除き、これまで見過ごされてきた利益を回収するために、Wrike Lightspeedをデザインしました。 Wrike Lightspeedは、従業員が、日常業務を計画、管理、追跡、完了できるプラットフォームです。  チームのプロセスに合わせて完全に設定できるため、作業方法を設定済みの画一的なプラットフォームに無理やり合わせる必要はありません。 当社が必要な機能を提供し、チームにぴったり合うカスタマイズをお手伝いいたします。 Wrike Lightspeedは、プラットフォーム間の切り替え、作業の重複などの日々の重圧を取り除き、従業員が新しいレベルの生産性を実現できるように支援します。  かつでないほどの速さで作業を完了でき、チームの作業を完全に見える化します。 それによって、マネージャーは従業員のタスクの進捗状況を確認でき、プロジェクトが遅延する前に障害に気づくことができます。 Wrike Lightspeedは、可視性の向上と重複の削減、およびクロスタグを提供し、チームはデスクを離れることなく、サイロ化から抜け出すことができます。 作業終了後、状況把握の必要があるチームにタグ付けし、重要な作業に取り組みます。  さらなる利点とは何でしょうか? Wrike Lightspeedは、5人のチームでも、500人のチームでもパワフルに機能します。 コラボレーションによるメリット、自動化機能、最も使用するアプリとの連携、直感的なワークインテリジェンス、セキュリティ機能を失うことなく、チームの成長に従って拡大できます。 より多くのチームがWrikeを利用することで、会社は大幅な節約が実現できるのです。  Wrike Lightspeedが作業方法をどのように変えることができるか、確認する準備はできましたか? トライアルをお試しになり、ワークフローから仕事のダークマターを取り除きましょう。

Wrike Lightspeedで作業を効率的に管理する
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

Wrike Lightspeedで作業を効率的に管理する

Wrikeは常に、堅牢なテクノロジーの先駆者であり続けています。 当社は本年度も、進化した拡張可能なテクノロジーだけでなく、市場で最新のユーザーフレンドリーなテクノロジーを引き続き提供していきます。 Wrike Lightspeedは、お客様による広範囲の作業の実行を可能にします。  Wrike Lightspeedは、生産性を迅速に高め、妥協することなく構築された唯一の作業管理ソリューションです。 Wrikeの使いやすさ、スケーラビリティ、多用途性は、お客様の作業管理プロセス全体に適用できます。 当社のプラットフォームは、チームが一丸となって、自分たちのやり方で作業を進めることを可能にし、あらゆるチーム、あらゆるビジネスのための、市場で最もパワフルなソリューションです。  Wrike Lightspeedの特徴を見てみましょう。 ユーザーフレンドリーな新規インターフェイス ツールを使って実際にプロジェクトを終了する時間よりも、そのツールの習得に時間がかかったことはありませんか? Wrike Lightspeedのユーザーフレンドリーな新規インターフェイスは、散乱物を取り除き、すぐに作業を開始できます。 最も重要な要素だけを表示して、チームがより速く、効率的に作業を進めるサポートをし、拡大が必要になった際はより複雑な機能を導入することが可能です。 新しいビュー ユーザーのタイプや必要な情報に合わせて、ビューを切り替えられます。 チームリーダーが分析ビューでメトリクスを確認したり、チームメンバーが馴染みのあるスプレッドシートスタイルを使用するタスクを確認したり、カレンダービューでプロジェクトを管理することもできます。 アジャイルフレームワークを使用しているチームは、カンバンビューでプロジェクトを表示できます。 新規のテーブルビュー  新規のテーブルビューは、馴染みのあるスプレッドシートのようなフォーマットでの作業管理を可能にします。 作業項目を作成して管理し、次のレベルのサブ項目に展開し、折り畳めます。 右側のパネルに項目(タスクまたはプロジェクト)を開いているテーブル内をナビゲートすれば、ワンクリックで容易に別のタスクに切り替えられます。 新規のボードビュー 新しいボードビューは、項目のステータスごとにグループ分けされたシンプルなレイアウトで、プロジェクト、フォルダー、スペースですべてのタスクを表示します。 新規のビューを使用して、サブタスクを表示し、列の順序を変更し、ワークフローを修正し、どのワークフローが必要な情報を表示するかを選択できます。 カレンダービュー 新規のカレンダービューは、タスクやプロジェクトなどの作業項目、またはマーケティングキャンペーンや製品リリースなどのカスタム項目タイプをタイムラインに素早く表示し、いつ何に取り組むべきかを把握できます。 カレンダービューは、週、月、四半期、年ごとの概要を表示し、現在のプロジェクトに追加すべき項目やスケジュールの変更の決定、また現作業の進捗状況の追跡や将来のプラン作りに役立ちます。   ガントビュー 最高水準のガントビューを使用すれば、締め切りに遅れることはありません。 タスクリストを作成し、担当者と日付を追加すれば、一つのタスクの更新が、タイムラインの他のタスクにどのような影響を与えるかをリアルタイムで確認できます、 プロジェクトのタイムラインを構築し、タスクを調整しながら、複数のワークストリーム上のタイムラインの他のタスクにどのような影響を与えるかを確認でき、 また、外部ユーザーとインタラクティブなスナップショットビューを共有できます。 ガントビューを使用することで、障害の可能性に気づき、事前に修正措置を講じ、遅延を防いで、作業を予定通りに終了することができるのです。 分析ビュー 分析ビューで、プロジェクトの進捗状況のスナップショットを瞬時に取得してください。分析ビューは、表示中のプロジェクトやフォルダーに対して、タスクステータスと進捗状況の全景を提供するレポート作成ダッシュボードです。 パフォーマンスの向上 設定可能で使いやすく、スケーラブルなWrike Lightspeedは、ビジネスプロセス全体にて新たなレベルの生産性の達成します。 当社のプラットフォームで発売される全製品に反映されており、すべてのユーザーの作業パフォーマンスを向上します。 Personal Work Experience(パーソナルワークエクスペリエンス) Personal Work Experienceは、ダッシュボードウィジェットを使用したWrikeの新しい製品ホームページです。 受信トレイに入ってきたメッセージ、指名されたタスクとプロジェクトのすべてを「自分が担当」ウィジェット一か所で確認できます。 Personal Work Experienceに関する最新情報は、まもなく更新されます! 機能よりも使いやすさを選ぶのはなぜですか?両方選ぶことも可能です Wrike Lightspeedは、お客様に妥協を強いらない唯一のプラットフォームです。チーム、部署、そして企業全体が一丸となって作業に取り組むことを可能にし、同時に、各チーム独自のニーズに合わせて個々の作業をカスタマイズする機能を提供します。 働き方を変える準備はできましたか? 今すぐWrikeの無料トライアルを始めて、Wrike Lightspeedをご体験ください。

小さな習慣からダークマターまで、Collaborate 2022の開催迫る
ニュース 3分程度でお読みいただけます

小さな習慣からダークマターまで、Collaborate 2022の開催迫る

Collaborate 2022のセッション内容と登壇者の情報がご覧いただけます。今回のテーマは小さな習慣からダークマターに及びます。 今すぐ申し込んで、必ずご参加ください。

オペレーションマネジメントの究極ガイド
コラボレーション 3分程度でお読みいただけます

オペレーションマネジメントの究極ガイド

この究極ガイドでは、オペレーションマネジメントの定義、重要な戦略、ベストプラクティス、ビジネスを成功に導く方法について解説します。

AsanaからWrikeへの移行方法
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

AsanaからWrikeへの移行方法

AsanaからWrikeへの移行はいくつかの簡単なステップで完了します。 Wrikeを使用すれば、あらゆるサイズのチームをオンボーディングして最高の仕事を始めることができます。

;