オペレーションマネジメントの究極ガイド

「商品やサービスを提供するための最も効率的で費用対効果の高い方法とは?」 この問いに対する答えを求めている方は、すでにオペレーションマネジメントがビジネスの成功にとっていかに重要であるかを認識しています。

人、プロセス、テクノロジー、原材料、機械を扱う仕事では、オペレーションマネジメントが不可欠です。 市場で成功するためには、このようなバリューチェーン全体を効率的に管理する必要があり、そこで、オペレーションマネジメントが重要な役割を果たすします。

オペレーションマネジメントとは

オペレーションマネジメントとは、営業、マーケティング、財務、事業開発、カスタマーサービスなど、分野横断的な部門をつなぐ独自の機能です。

全体的な戦略から日常業務まで、オペレーションマネージャーはサービスと製造の両方の分野における多種多様な責任を果たします。 オペレーションマネジメントの対象となるのは、商品/サービスの製造の企画、実行、管理を支援する日常業務全般です。 

オペレーションマネージャーは仕事のやり方のパズルを解いていきます。つまり、最大のボトルネックを明らかにして、プロセスをきめ細かく調整することで時間を節約し、チーム内に溜まっているフラストレーションを解消します。 また、コストと収益のバランスをとって営業利益を増やし、誰もが望む利益率の増加を実現します。

オペレーションマネージャーの役割とは

オペレーションマネジメントの概要が分かったところで、次に、オペレーションマネージャーの役割や責任の詳細についてお話しましょう。 オペレーションマネージャーの定型的な業務はどのようなものでしょうか。

オペレーションマネージャーは商品やサービスのデリバリを監視します。 現行のシステムと手順、およびそれらの新提案について評価し、必要に応じて変更を助言して、新しいプロセスの実装を監督します。 オペレーションマネージャーは他の社員の仕事を指導してその方向性を示します。また、通常は上級マネージャーまたは部門長の直属になります。

オペレーションマネージャーの日常業務には、部門のマネージャーとのミーティング、スタッフの業績レポートのレビュー、調査結果のエグゼクティブへの報告、新しいツールに関する調査とチームメンバーへのトレーニングによる業務効率化、品質保証プログラムの管理などがあります。

最終的に、オペレーションマネージャーは、ユーザーや顧客の期待に応えながら、組織のスムーズな運営を促進します。

オペレーションマネージャーの平均給与

現在の米国におけるオペレーションマネージャーの年間給与額の中央値は 70,183ドルです。 ただし、給与額は地域や学歴、実績、その他のさまざまな要因によって変化します。

しかし、オペレーションマネージャーであるメリットは給与の高さだけではありません。 雇用の安定度や需要が比較的高い職務でもあります。 すべての業界が有能なオペレーションマネージャーを求めているため、オペレーションの専門家になれば、小売、輸送、テクノロジー、医療など、興味を持ったあらゆる分野で幅広くキャリアを発揮できます。

オペレーションマネージャーになるには

オペレーションマネジメントのキャリアパスは1つに定まっていません。 オペレーションマネージャーには、オペレーションマネージメントの学位取得を目指す人もいれば、社内で異なるオペレーション業務の経験を積むことでステップアップしている人もいます。

とは言っても、一般にはある程度のマネジメントの資質と経験が必要になります。 ほとんどのオペレーションマネージャーはビジネス関連分野で学士号を取得しており、多くは経営学の修士号を所有しているか、取得に向けて取り組んでいます。 猛勉強する覚悟があれば、オンラインのオペレーションマネジメントの学位取得コース認定コースを探すか、オンラインMBAプログラムを履修するのが良いでしょう。

ただし、良いオペレーションマネージャーの最も重要な資質は、人とプロセスの両方に対する情熱です。 日常的にチームメンバーと共に、シームレスな業務遂行の方法を検討することになるため、社交性や対人コミュニケーションスキルがあると役立ちます。

また、優れた創造性による問題解決スキル、ビジネスマネジメントとプロセスソフトウェアへの精通、優先度の設定能力と組織力も求められます。

オペレーションマネジメントの機能と役割とは

オペレーションマネージャーは誰一人として同じではありません。 オペレーションマネジメントの機能と役割は、ビジネスの規模と性質に合わせて大きく変化します。

オペレーションマネジメントの役割には、以下のタスクの一部またはすべてが含まれます。

  • プロジェクト管理
  • 情報システムの企画
  • 製品設計、製品企画、サービス企画、サービス実施戦略の支援
  • サプライチェーンへの対処、物流の最適化
  • 顧客へのデリバリの最適化(時間と作業量について)
  • 品質管理活動の維持
  • 調達、物流、購買、原材料購入の効率化

全社的な生産性向上、コスト削減、運用効率の向上というオペレーションの原理はどこでも変わりませんが、その遂行における決定的要素は状況により異なります。 たとえば、航空機メーカーとITソフトウェア企業では、オペレーションマネージャーの役割はまったく別のものになるでしょう。

知っておくべきオペレーションマネジメント戦略

オペレーションマネージャーはときに多忙を極めます。 マネージャーがオペレーションマネジメントの毎日の雑務で時間を浪費していれば、チームメンバーが戦略的マネジメントの差し迫った問題への対処にかける時間も増えていくことになります。

現在、コストの圧縮、製品品質の改善、競合他社との競争、新しい市場や地域向けのアプローチの考案などに丸1日を費やしているなら、 いくつかの重要なオペレーションマネジメント戦略を採用することで、この状況が劇的に改善される可能性があります。

データ分析

データがなければ何も意思決定できません。 データは全社的な生産性向上の鍵となるもので、個人、チーム、企業全体の成長のチャンスを特定するためにも役に立ちます。 データ駆動型の組織は競合他社よりも良い業績を残す可能性が高く、生産性で5%、収益性で6%高くなると試算されています。

機能横断型のコラボレーション

オペレーションマネージャーは、営業、事業開発、マーケティング、財務、経理、製品開発など、分野横断型のチームと共にシームレスに作業することで、全社的なコラボレーションを促進します。

目標の設定

成功のためには、急速に変化するビジネス環境や競争環境を念頭に置きつつ、過去のデータをレビューする必要があります。 この決定的要素を策定することで、あらゆるビジネス機能の最適化がはるかに容易になります。

人材管理

すべての企業がビジョンを実現するために必要なただ1つのものは何だと思いますか。 それは「人」です。 最新のテクノロジー、ソフトウェア、機械を揃えていても、優秀な労働力がなければ、どの企業も使命やビジョンを実現することはできません。 すべてを機能させるには、他にない多様な人材を採用することが不可欠です。 オペレーションマネジメントとは、組織内で最も重要なリソース、すなわち「人」を扱うことを意味します。

在庫の確認

オペレーションマネジメント戦略について語る上で、在庫管理は欠かせません。 在庫を大きく3つに分類するために、パレートの法則がよく使用されます。 緊急性の高い問題にリソースを割り当てることは、ビジネスへの影響が大きい問題を解決することにつながります。

オペレーションマネジメントの共通的課題

チームが世界中に散らばっている場合でも、一室に集合している場合でも、一つ一つのチームがオペレーションマネジメントにおけるさまざまな課題と向き合っています。 たとえば、以下のような課題が考えられます。

倫理的な行動

倫理は今日のビジネスの基盤となるものです。 必要な手順を省いてより大きな市場を獲得したくなる気持ちになることもありますが、そうすると組織全体の崩壊につながる可能性があります。 倫理的に正しい形でビジネスを行うことが不可欠です。

グローバル化

どんなビジネスも孤立した状態で運営できません。 企業はグローバル、ローカルの両面で機能する必要がありますが、そうなれば、多くの国が企業取引への影響力を持っているため、ビジネスの動的な変化が求められる可能性があります。

持続可能性

より多くの成果を達成するために、持続可能性という考え方をチームや組織全体の中心に位置付ける必要があります。 最大限のリソースを確保し、オペレーションを合理化することで、企業の製品やサービスが試練の時期にも耐えられるようになります。

スムーズなコミュニケーション

今日の職場は邪魔されることがあまりにも多く、チームが適切にコミュニケーションを行う方法を見失う可能性があります。 オペレーションマネージャーは場合によって、メンバーをコーチングしたり、特定のタスクを実行するように促したりする必要があるでしょう。 分かりやすく、公平で、一貫性のあるコミュニケーションを維持することが、あらゆる問題の解決に大いに役立ちます。

オペレーションマネジメントのベストプラクティス

何を考えていようと、マネージャーは常に模範を示しています。 ただ話をするだけでなく、実行方法を実際に紹介することで、オペレーションチームのやる気を引き出しましょう。 そうすれば、それがオペレーションマネジメントのベストプラクティスとしてメンバーの心に深く刻まれます。

最新動向は心の友

イノベーションの促進、生産性の向上、チームの団結のために、最新のテクノロジーや機械学習、技術的進歩を活用しましょう。

機能するシンプルなテクノロジーを利用する

すべての企業は、オペレーションチームが優れたカスタマーエクスペリエンスを提供する妨げとなるような時間のかかる日常的なタスクを解消するために、テクノロジーを活用できます。

データを電子的に収集する

データはビジネス上の堅牢な意思決定に不可欠です。 関連するすべてのデータを取得し、処理し、統合デジタルスペースに記録できるようにしましょう。 そうすれば、データがセキュリティで保護され、機密性が確保されるため、簡単に参照して分析や意思決定に役立てることができます。

スマートなマーケティング目標を設定する

マーケティングプランはSMARTに。すなわち、具体的(Specific)、計測可能(Measurable)、達成可能(Achievable)、現実的(Realistic)、タイムリー(Timely)なものにしましょう。 そのプランには最新動向を取り入れ、良い成果を計測して達成するためのタイムラインを組み込むようにしてください。

顧客中心の姿勢を維持する

初めから、終わりを見据えて行動しましょう。 最終顧客にとっての「価値」について理解した上で、その「価値」をタイムリーに提供できるように、すべてのプロセスとワークフローを設計してください。

チームに耳を傾ける

傾聴の能力はマネージャーとしての成功を左右します。 チームや現場のスタッフ、社内営業チーム、主要ベンダーなどと過ごすための時間を1日1時間以上確保して、彼らが見ているものを自分の目でも確認しましょう。 マネージャーとして目の覚めるような重要な見識が得られるはずです。

内部のパフォーマンスをレビューする

一歩下がって確認することには必ず効果があります。 チーム内部のワークフローと処理のタイムラインを調査し、横断的なチームがもたらす懸念点について綿密にレビューしましょう。 頻繁にレビューを行うことで改善できる領域を見つけて、個人、チーム、組織全体の生産性を高めることができます。

オペレーションマネジメントツールで検討すべき項目

中心となるオペレーションマネジメントツールまたはソフトウェアを活用しなければ、どのようなビジネスでも効率的にオペレーションを管理することはできません。 では、そのための最適なツールを見つけるにはどうすればいいでしょうか。 オペレーションマネジメントソフトウェアで確認すべき機能について以下に説明します。

適応力

「スケーラビリティはあるか?」 これはおそらく、市場にあるオペレーションマネジメントツールをレビューする際に最初に確認すべき疑問点の1つです。 ビジネスは時間の経過とともに成長し、それにつれて各種の複雑な問題も発生します。 堅牢なオペレーションマネジメントツール/ソフトウェアは、企業と共に発展できる十分な機敏性を備えています。

自動化

高い感情知能が要求されないタスクについては自動化しましょう。 最高のオペレーションマネジメントツールは、日常的な作業に苦戦しているチームメンバーが、じっくり考察する必要のあるタスクに積極的に取り組めるように支援するものです。

個人に合わせた設定

企業の目標と一致しないツールは役に立ちません。 企業のビジョンが最高級のカスタマーエクスペリエンスの提供である場合、そのオペレーションマネジメントツールでは、接客や顧客向けの業務の優先度を高くする必要があります。

横断的連携

コスト削減、エラーの除去、生産性の向上は、企業全体で一律に実施する必要のある方策です。 どのオペレーションツールを選択するにしても、すでに使用中のツールと互換性があり、容易に連携できるものである必要があります。

Wrikeが皆さまのオペレーションマネジメントソフトウェアとなる理由

うれしいことに、自分の仕事のしかたを改善するために「ビジネスオペレーションマネージャー」という肩書は必要ありません。 Wrikeを活用すれば、オペレーションマネジメントの中心となるハブを作り出すことができます。 チームとのコミュニケーション、ファイルの保存、進捗レポートの作成など、すべてを一か所で管理できます。

直感的なワークマネジメントプラットフォームを導入することで、遅延を予防し、成長できる領域を特定し、チーム内のリアルタイムのコミュニケーションを促進することができます。 単調なプロセスを自動化し、事前設計されたテンプレートを使用して時間を節約することで、全社的な業績改善に向けてチームを前進させることができます。

Wrikeではリソースの追跡やプロセスの詳細の特定が簡単にできるため、オペレーションマネジメントを今すぐ改善することができます。

ぜひ無料トライアルを開始して、ご自身の目でお確かめください。必要な情報はメールアドレスだけです。

コメント 0

申し訳ありません。このコンテンツはお客様のプライバシー設定によりご利用いただけません。 このコンテンツを表示するには、[クッキーの設定]ボタンをクリックし、そこで広告クッキーを承認してください。

クッキーの設定