Position2 Wrikeでクライアントと協力して
収益を30%まで増大

Position2 — サーチマーケティング、マーケティング自動化、コンテンツ、ウェブテクノロジーソリューションを提供している統合デジタルマーケティングエージェンシー

ハリシュPS

ウェブ&アプリケーションサービス (WAAS) のディレクター

パラシャント・メノン

グローバルデリバリーオペレーションズ (GDO) のディレクター

サンジーブ・パリク

クライアントグロース、ビジネス開発のディレクター

導入の理由

Position2チームは、クライアントに対する透明性をサポートし提供するための単一システムを求めていました

Position2は、最先端を行くデジタル/ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーであり、シリコンバレーやインドのバンガロールを拠点としています。同社は2005年に創設されたのち短期間で成長を遂げ、2箇所のオフィスに200人を超えるスタッフを擁するまでになりました。Position2のクライアントには、富士通、Vormetric、GlobalFoundries、Gigamon、Mindtree、その他が名を連ねています。

Wrikeを導入する前にPosition2は、 Intervals、Basecamp、Google Docs、Sheetsといった各種の管理ツールを採用していました。これらのシステムは維持するのが面倒なだけでなく、詳細項目を全システムに同時に同期しておくことができませんでした。ウェブ&アプリケーションサービス (WAAS) のディレクター、ハリシュPSとグローバルデリバリーオペレーションズ (GDO) のディレクター、パラシャント・メノンは、チームのためにプロセスを簡素化するため、システムを効率化し統合することを考えました。それと同時に、クライアントのプロジェクトにはこれまでにない次元の可視性を提供することを考えました。彼らは、クライアントがアクセス可能で、ワークフローの自動管理、動的なタイムライン、ガントチャート、時間追跡、テンプレート、共有レポート、ダッシュボードをサポートする単一システムを求めていました。

Company story photo/image
私たちは今四半期に30%を超える成長を遂げましたが、スタッフは新たに採用していません。

ラジブ・パリク

最高経営責任者

同社には、システムのアップデートにおいて次に示す2つの目標がありました。開発とサービス提供を加速化させると同時に追加コストを削減すること、そして、デリバリーの品質全体を向上させてクライアントとの関係を強化することです。Position2は、Wrikeをはじめとする、マーケティングエージェンシーと開発チームが使用するいくつかのプロジェクト管理システムの評価を行いました。そして最終的に、Wrikeが柔軟性、使いやすさ、実装面、および価格のバランスが最も優れていました。ハリシュは、別の会社でWrikeを導入しているチームを観察し、Wrikeは追加設定なしで使える機能をより多く提供している一方、他のシステムでは機能をニーズに合わせてカスタマイズするための製品拡張機能やサービスに費用がかかることに気付きました。

デベロッパーのための時間は削減され、仕事と生活のバランスが取れるような環境作りにシフトしています。そのため彼らは本当に満足しています。一日の終わりに従業員が満足していれば、クライアントも満足する気持ちになれるのです。

ハリシュ・PS

ウェブ&アプリケーションサービス (WAAS) のディレクター

成功の理由

Position2は、Wrikeのクライアントと協力することで最高レベルの収益増大を実現

ウェブ/アプリケーションサービス (WAAS)、ペイパークリック (PPC)、マーケティング自動化 (MAST)、コンテンツマーケティング、SEO、そしてクリエイティブサービスチームにいたるまで、Wrikeを全てに導入して以降、 Position2は、四半期における最高レベルの収益増大を実現しました。

Position2の最高経営責任者であるラジブ・パリクは、この成長のほとんどがWrikeの導入による結果だと考えています。1スタッフあたりの生産性が向上しただけでなく、スタッフの仕事と生活のバランス、クライアントの満足度も向上しています。

成功の鍵は、同社が戦略的なクライアントのプロジェクトに対して100%の透明性を維持し続け、プロジェクトのタイムライン、タスクの詳細の他、管理者のスタッフへのフィードバックにさえクライアントが完全にアクセスできるようにしたことです。クライアントはプロジェクトの可視性および業務を行うチームと直接的にコミュニケーションが取れることを高く評価しています。 クライアントはチームの詳細なワークフローを見ることができるため、変更要求の意味を理解し、要求が明らかになるよう配慮し、変更に関する期限のシフトに積極的に対応可能です。クライアントは、Position2の管理者がチームを指導して、非常に質の高い業務を行なっていることを確認できる点も高く評価しています。

Company story photo/image

「あるプロジェクトで、私が開発者に タスクのコードの書き直しを依頼したのをクライアントが見ていました。そのクライアントは次のプロジェクト会議で、私たちがそのような細かいところまで彼らのニーズに配慮していることを高く評価しました」とハリシュは語っています。

Position2プロジェクト管理チームは、Wrikeの導入後にタスクの作成に費やす時間を25%短縮させることに成功しました。また、ウェブ&アプリケーションサービスチームはスタッフの待機時間を短縮し、納期を加速化させ、クライアントとのやりとりの時間も短縮しました。

クライアントが十分に満足し、クオリティの高いデリバリーが実現できるよう、システムで繰り返し行うプロセスは注意深く計画し、時間は適切に割り当てられました。導入後6か月にわたってさらなる調整が行われ、アカウント管理チームは導入後6か月にわたって内部プロセスの効率の最適化を実現しました。

愛用する理由

Power icon

共有可能なダッシュボード

Position2は、プロジェクトダッシュボードをチームおよび戦略的なクライアントと共有することでタスクのステータスをリアルタイムで表示し、クライアントにプロセス全体の最新状況を常に伝えています。こうした透明性により、クライアントの質問が減り、チームはサービスを提供するスピードおよび品質に焦点を当てることができます。「私たちは、ダッシュボードを利用する前はBasecampでスプレッドシートを共有していました。進行中のタスクがかなり多くなると、QAでチェックすることも困難になります。現在では、クライアントと協働する中で感じる信頼度は極めて良くなっています」とクライアントグロースのディレクター、サンジーブ・パリクは語っています。

Power icon

タイムトラッキング

Position2は、スタッフの時間をすべてWrikeで管理し、業務タイプ、プロジェクト、およびタスク別に時間を分類しています。GDOチームは堂々巡りを避けれるように、タイムトラッキングでプロジェクトを効率よく定義しています。「以前は業務を依頼してもいつ終わるか期限がはっきりしないことがありましたが、今では5〜6時間必要とするなど、タスクを効率よく定義し優先度をつけることに役立っています」とサンジーブ・パリクは語っています。

Power icon

シームレスな統合

Position2は、プロジェクトの重要なステータスをWrike内に統合して、社内チームにプロジェクトの最新ステータスを常に伝えています。ZapierとGmailウィジットを使用して、コメントログのアップデート、CSATのトラッキング、QCステータスのロギングを含む、Wrikeのタスク作成を自動化しています。Salesforceの統合を使用して、各オフィスにまたがったビジネス開発チームと実装チーム間のコラボレーションを強化することで、販売サイクルを効率化しています。

他社のケース

Wrike
プロジェクト管理ソフトウェアでは、やることを素早く処理できるようになります!

業務用メールを入力