Vista Equity PartnersとEvergreen Coast Capitalのもとで開くWrikeの新しい時代
Vista Equity PartnersとEvergreen Coast Capitalのもとで開くWrikeの新しい時代

本日、WrikeはCitrix Systemsから完全に分離し、新しい時代に入りました。 また、Vista Equity PartnersEvergreen Coast CapitalによるCitrixの買収とCitrixとTIBCO Softwareの統合の完了に伴い、同2社の財政的支援を受けることを発表いたします。

VistaとEvergreenは、弊社の投資先のように、成功を収めているSaaS企業と豊かな経験を持つ投資企業です。 VistaとEvergreenは弊社の使命と価値を、競争が激化する作業管理ツール市場にもたらしてきた鋭い優位性を含め理解しています。 弊社は独立した自己運営企業という新たな地位を活用し、動的な作業環境に関する課題を解決し、働く現代人のニーズを満たすことに焦点を当てたイノベーションを引き続き追求いたします。

市場機会

この3年間にわたり、デジタルトランスフォーメーションは劇的に加速化し、作業環境は著しく変化しました。 これは生産性を向上させる新たな機会をもたらしました。 米国労働省労働統計局によると、2022年の第2四半期では、非農業分野の生産性は4.1%減少し、生産活動は1.4%減少したにも関わらず、労働時間は2.7%上昇しています。 この四半期での生産性の減少は、1948年の第3四半期以来、最も大きなものとなりました。 私たちの多くが、従業員の意欲低下からこの事実を感じていますし、この意欲低下が昨年の「大量辞職」、今年の「静かな退職」の傾向に拍車をかけたと考えています。 これらの傾向について、すぐに行動に移せる知見を得るために、およそ3,000人のビジネスリーダーと従業員を対象に調査を行い、『仕事のダークマター』というレポートを発行しました。それによると、組織内の作業の55%が重要な利害関係者に見える化されておらず、3,200人の従業員を抱える組織では、時間の無駄遣いや、プロジェクトの遅延・キャンセル、従業員の離職により最高で年間6,000万ドルの損失を被っていました。

企業はこの傾向を反転できる唯一の機会を手にしています。それは、ワークフローの自動化と作業管理がもたらす生産性と見える化の利点を獲得し、現在のスプレッドシートや非構造的なメッセ―ジのダークマターに潜む何百というワークフローで、その利点を活用することです。 つまり、個人のニーズや仕事のスタイルに適応でき、同時に組織がビジネスを推進するのに必要なコラボレーション、測定、見える化を組織全体で実現する作業管理プラットフォームへの需要が、これまでになく高まっているのです。

作業管理の新時代の到来

過去10年間、Wrikeは共同作業管理の市場分野を創出し、基盤となるイノベーションを市場にもたらしてきました。 その過程で、Wrikeは製品としても組織としても急速に進化しました。 この進化を続ける中、昨年だけでも200以上の新リリースと更新を行いました。 進化の1つが、ユーザーが自分たちのチーム特有の文化やスタイルに合わせて作業アイテムのタイプを作成できるカスタム項目タイプという独自のプラットフォーム機能です。 これにより、Wrikeの将来性は汎用性の点でも拡大し、弊社のプラットフォームの可能性の扉は部門や組織を横断する無限のユースケースに開かれました。 

その他のプラットフォームの最近のリリース例: 

  • AI Subtask Creation。ユーザーが選択したテキストから、人工知能で重要なアクションアイテムを抽出し、チームのワークフローに割り当てと分配ができるようにサブタスクに変換する機能。 
  • Resource Planning。プログラムマネージャーやプロジェクトマネージャーと連動して、部門やチームリーダーをサポートし、特にチームや部門を横断するプロジェクトでのリソース計画の簡素化と加速化を実現する機能。 
  • Cloud Connector。ユーザーが選択するデジタルアセット管理システム全てとWrikeの連携を可能にするユニバーサルAPI。

Wrikeにはさまざまな実績がありますが、これらはまだ弊社の歴史の始まりに過ぎず、目の前にはまだ途方もない可能性があると見ています。 

お客様とビジネスのニーズとともに、弊社はこれからも成長を続けます。 再び独立企業となり、最高財務責任者としてトーマス・スコット、最高収益責任者としてブライアン・クラークという、世界トップクラスの人物2人を幹部として迎え入れました

Wrikeは前進を続けますが、目的地は変わりません。 Wrikeには、市場で販売されている作業管理プラットフォームの中で、直感性・汎用性・拡張性で最も優れた製品があり、お客様が自身にとって最も意義の高い仕事に集中できるように、障害の排除に専念する協力的で主導的なチームがいます。 Wrikeのようなソリューションはかつてないほど求められており、今はそれを提供する最適な時期です。 

2022年10月25日~27日開催のWrike Collaborateに参加し、今後の重要な発表をご確認ください。 

コメント 0

申し訳ありません。このコンテンツはお客様のプライバシー設定によりご利用いただけません。 このコンテンツを表示するには、[クッキーの設定]ボタンをクリックし、そこで広告クッキーを承認してください。

クッキーの設定