Wrike の機能 Archives | Blog Wrike
メールアドレスを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
メールアドレスを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
ログイン お問い合わせ

Wrike の機能

メールアドレスを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
ステップバイステッププロセス Wrikeリクエストフォームの作成方法
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

ステップバイステッププロセス Wrikeリクエストフォームの作成方法

仕事の依頼には、大きなものも小さなものもあります。メール、ダイレクトメッセージ、電話会議を通じて依頼されます。そしてもちろん、最も恐ろしいのは「不意に姿を現す」ことによる依頼です。 さまざまなチャネルがあると、混乱状態になり、すべてを把握し、どのプロジェクトの優先度が高いのかを把握するのが困難になる可能性があります。 もはや Wrikeのカスタムリクエストフォームが不可欠です。 Wrikeリクエストフォームとは何ですか? Wrikeリクエストフォームは、作業の引き受けを自動化し、社内外の顧客からのすべてのリクエストを1か所に送り、必要な情報をリクエスト者が確実に提供できるようにするのに役立ちます。 翻訳:よりコントロールしやすく、すぐに作業を開始できます。 リクエストフォームを使うと、作業の引き受けを効率化するだけでなく、 タスク、ワークフロー、プロジェクト全体を自動的に作成できます。 これにより、あなたとチームの作業時間が省けます。 Wrikeリクエストフォームによって、 ブループリントを起動することもできます。これは新しい作業項目のテンプレートであり、新しいブログ投稿やプレスリリースを書くなどの繰り返し行うタスクを複製するように設計されています。 このプロセス中に、必要なすべてのタスク、所有者、および期限も自動的に作成されます。 リクエストフォームを使って設計図からプロジェクトを作成すると、 プロジェクト進捗設定は、日付、カスタムフィールドロールアップ設定、およびすべてのサブアイテムのステータスとともに保持されます。 最終的に、リクエストフォームと設計図はどちらも効率を高め、時間を節約し、管理業務を省くことができるため、より影響力のある作業にすぐに集中できるようになります。 Wrikeでリクエストフォームを作成する方法 ステップ1: リクエストフォームを作成するスペースに移動する ステップ 2: 右上隅の歯車アイコンをクリックする Wrikeを無料でお試しください ステップ 3: リクエストフォームを選択する ステップ 4: スペースの最初のリクエストフォームの場合は [リクエストフォームの作成] をクリックし、スペースに既に既存のフォームが含まれている場合は [+ フォーム] をクリックします。 ステップ 5: フォーム情報を挿入する リクエストフォームの名前を入力します。 (オプション) フォームの説明を入力して、フォームの用途と送信するタイミングをユーザーが理解できるようにします。 右側のパネルに移動して、次の項目を指定します。 フォームが属すべきスペース フォームを閲覧できる人(Wrikeアカウントの全員、特定のユーザーとグループ、またはアカウントの誰も閲覧できない) フォームで新しいタスクまたはプロジェクトを作成する必要がある場合、タスクまたはプロジェクトを複製する必要がある場合、またはブループリントからアイテムを作成する必要がある場合 注:ブループリントからアイテムを作成するには、まずこのドロップダウンから [タスクを複製] または [プロジェクトを複製] を選択し、次に [テンプレートタスク] を選択して、最後に [ブループリント] タブを選択します。 (オプション) フォームへの公開リンク (Wrike以外のユーザー向け) を有効にするかどうか、またそのリンクによってメール通知をトリガーするかどうか、さらにCAPTCHAセキュリティ機能を設定するかどうかを指定します。 (オプション) フォームで作成したアイテムを配置するフォルダー、プロジェクト、またはスペースを選択します。 注: このステップで何も選択しない場合、フォーム送信によって作成されたアイテムは [自分と共有] フォルダーに置かれます。 (オプション) フォーム送信後に作成されるタスクまたはフォルダーのステータスを選択します。 ステータスを選択しない場合、リクエスト送信によって作成されたタスクとプロジェクトによって、ワークフローの最初のアクティブなステータスが作成されたフォルダー、プロジェクト、またはスペースに適用されます。 (オプション)作成したタスクまたはプロジェクトを割り当てるユーザーを選択します (オプション)リクエストフォームを使用して作成する承認を設定します (オプション) プレフィックスを追加します。 リクエストによって複製されたタスクやプロジェクトにはプレフィックスを設定できます。 プレフィックスは指定された回答となり、送信時に関連するすべてのサブフォルダー、サブプロジェクト、タスク、およびサブタスクに追加されます。 ステップ 6: フォーム入力をカスタマイズする 上記の手順を完了したら、[+ 質問を追加] をクリックします ドロップダウンメニューから追加する質問タイプを選択します。 Wrikeを無料でお試しください ステップ 7: カスタマイズ(続き) 質問と利用可能な回答を入力します (質問タイプによって異なります) (オプション) 質問に関する追加情報を追加するには、「ヘルパー」テキストを入力します。 この情報は依頼者には表示されますが、生成されたタスクやプロジェクトには表示されません。 [必須] をクリックすると、特定の質問についてフォームへの入力と送信が必須になります。 また、リクエストフォーム内の質問と回答を条件付きにして、リクエスト者がフォーム入力に基づいて別の質問にリダイレクトされるようにすることもできます。 作成したタスクまたはプロジェクトで特定の回答を使用する方法をWrikeに指示する回答をマッピングすることもできます。 新しいリクエストフォームを公開または保存する Wrikeリクエストフォームを使用して仕事を整理するにはどうすればよいですか? Wrikeのリクエストフォームの詳細については、 ヘルプセンターをご覧ください. Wrikeで承認プロセスを設定するには、 こちらのハウツー記事をご覧ください。

効率的なマーケティングへのシフトをナビゲート:Wrikeを活用して最大限の成果を上げる
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

効率的なマーケティングへのシフトをナビゲート:Wrikeを活用して最大限の成果を上げる

「どんな犠牲を払っても成長する」時代を経て、不確実な経済情勢のために多くの組織が撤退している中、今や効率性が命題となっています。 効率性を向上させる取り組みにおいて、マーケティングチームは予算を引き締め、最大の結果を生み出すキャンペーンに注力しています。 顧客や利害関係者に価値を提供することはかつてないほど重要であり、キャンペーンのパフォーマンスをリアルタイムにエンドツーエンドで可視化することは、マーケティングの成功に不可欠です。 これを実現するには、チームは影響力のあるマルチチャネルキャンペーンを効率的に実施し、その成果を測定する必要があります。 マーケティングへの影響を理解し、利害関係者と共有するには、わかりやすいデータが重要です。 しかし、キャンペーンやチャネル全体での可視性が限られているため、これが困難になっています。 さまざまなチームがチャネルを管理し、個別のレポートを作成することが多いため、リソースと調査結果をまとめるのに時間がかかります。 ここで役立つのがWrikeであり、マーケティングチームとクリエイティブチームのための包括的な作業管理プラットフォームとして、比類のないサポートを提供しています。 信頼できる唯一の情報源の必要性 マーケティングチームには、作業を遂行するためのリソースが少ないにもかかわらず、戦略が結果を生み出していることを証明しなければならないというプレッシャーがかかっています。 すべてのプロジェクトとキャンペーンへのリアルタイムの可視性がなければ、複数のチャネルにわたって影響力のあるキャンペーンを特定して実施し、成功を測定することは困難です。 その可視性を妨げているのは何でしょうか? それは、接続されていないアプリが多すぎることです。 リモートワークとハイブリッドワークの結果として、組織は異なるチームをサポートするためにより多くのアプリケーションを導入し、マーケティング担当者は現在、作業を完了するために毎日平均15個のアプリを使用しています。 アプリケーションが急増しているため、従業員や部署長は、進行中の作業とその進捗状況、完了した内容、およびその作業が戦略的イニシアチブや会社の目標にどのように関連しているか、サポートしているか、あるいはそれを妨げているかを正確に把握することがますます困難になっています。 その結果が 仕事のダークマター. です。CERNが宇宙の質量の95%を占める「目に見えない」物質としてダークマターを定義したように、仕事のダークマターは、すぐには見えないが周囲のあらゆるものに強力な影響を与える活動や情報を意味します。 ダークマターは、テキスト、アプリ、ビデオ通話、スプレッドシート、会話の中に存在し、重力質量があるため、ビジネスやプロジェクトを誤った方向に導きやすくなります。 大半の部署長は、部署内で行われている作業の55%しか把握していません。 また、チームが目標や目的に対してどのように業績を上げているかを理解しているビジネスリーダーは37%に過ぎません。 マーケティング担当者は、パフォーマンス指標に簡単にアクセスして提示し、インパクトをより有意義に伝えることができる統合プラットフォームを必要としています。 これこそがWrikeの強みです。 Wrikeを無料で試す 改善されたWrike Marketing Insightsのご紹介:マーケティングチームのゲームチェンジャー Wrikeは、マーケティング担当者がクロスチャネルのROIと広告支出を最適化してエンドツーエンドのプロセスをつなぎ、キャンペーン管理、アセット作成、パフォーマンスの洞察を単一のプラットフォームにまとめ、マーケティングチームがデジタルのスピードで動けるようにする唯一の作業管理ソリューションです。 Wrike MarkMarketing Insightsを使うと、マーケティング担当者は広告、ソーシャルメディア、マーケティングオートメーションの15種類の一般的なデジタルツールを統合し、データが投入されるのを見て、ファネル全体のパフォーマンスインサイトを自動的に360度可視化できます。 そうすることで、チームはパフォーマンスの高いイニシアチブを簡単に特定し、パフォーマンスが低いものにはフラグを付け、必要に応じてワークフロー内でピボットして最適化することができます。 Wrike Marketing Insightsでは、プロジェクトのステータス、キャンペーンのパフォーマンス、リソース投資にもすぐにアクセスできます。 Wrikeは指標をすべての人に公開し、チームのサイロ化を解消することで、組織全体の運用効率を高め、マーケティングチームがより迅速に、より成功裏に行動できるようにします。 マーケティングチームがWrike Marketing Insightsを利用できる方法をいくつかご紹介します。 クリエイティブ: Wrikeを使用すると、クリエイティブチームは1か所でつながった方法で作業できます。 アセットの作成、レビュー、承認から公開、追跡まで。 クリエイティブチームはアセットの収益率を確認し、それがもたらす影響を示すことができます。 デジタル: さまざまなチャネルを通じて統合されているキャンペーンには多数のタッチポイントがあり、Wrikeを使用すれば、インパクトのあるキャンペーンを特定するのに必要な、重要な可視性と洞察を得ることができます。 Wrikeを使うことで、パフォーマンスをファネル全体で可視化し、使いやすいインターフェイスでイノベーションを起こすことができます。 マーケティングオペレーション/プロジェクト管理: すべてのマーケティングチームの足並みを揃え、取り組みがキャンペーンの成功指標にどのようにつながるのかを可視化します。 Wrikeを利用すれば、最も影響の大きい取り組みに集中し、問題のある領域を迅速に特定できます。 Wrikeを無料で試す 他のソリューションをはるかにしのぐWrike パンデミック後のマーケティングの課題には、チームがデジタルのスピードで動けるようにする、堅牢で包括的なソリューションが必要です。 Wrikeは、広告費を最適化し、リソースを効果的に管理し、マーケティングへの影響をきめ細かく示すためのツールとプラットフォームを提供します。 チームの取り組みを統合し、透明性を維持し、より効率的なコラボレーションを促進するWrikeは、今日の不確実な時代にマーケティングキャンペーンを成功させるための頼りになるプラットフォームです。

合理化シリーズ:解雇による隠れたコストに対処する方法
生産性 3分程度でお読みいただけます

合理化シリーズ:解雇による隠れたコストに対処する方法

貴社がレイオフを経験したことがあれば、プロジェクトやタスクを受け継ぐように言われたことがあるかもしれません。 タスクをもう1つ受け入れる余裕を作るヒントをご紹介します。

Wrike Lightspeedで作業を効率的に管理する
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

Wrike Lightspeedで作業を効率的に管理する

Wrikeは常に、堅牢なテクノロジーの先駆者であり続けています。 当社は本年度も、進化した拡張可能なテクノロジーだけでなく、市場で最新のユーザーフレンドリーなテクノロジーを引き続き提供していきます。 Wrike Lightspeedは、お客様による広範囲の作業の実行を可能にします。  Wrike Lightspeedは、生産性を迅速に高め、妥協することなく構築された唯一の作業管理ソリューションです。 Wrikeの使いやすさ、スケーラビリティ、多用途性は、お客様の作業管理プロセス全体に適用できます。 当社のプラットフォームは、チームが一丸となって、自分たちのやり方で作業を進めることを可能にし、あらゆるチーム、あらゆるビジネスのための、市場で最もパワフルなソリューションです。  Wrike Lightspeedの特徴を見てみましょう。 ユーザーフレンドリーな新規インターフェイス ツールを使って実際にプロジェクトを終了する時間よりも、そのツールの習得に時間がかかったことはありませんか? Wrike Lightspeedのユーザーフレンドリーな新規インターフェイスは、散乱物を取り除き、すぐに作業を開始できます。 最も重要な要素だけを表示して、チームがより速く、効率的に作業を進めるサポートをし、拡大が必要になった際はより複雑な機能を導入することが可能です。 新しいビュー ユーザーのタイプや必要な情報に合わせて、ビューを切り替えられます。 チームリーダーが分析ビューでメトリクスを確認したり、チームメンバーが馴染みのあるスプレッドシートスタイルを使用するタスクを確認したり、カレンダービューでプロジェクトを管理することもできます。 アジャイルフレームワークを使用しているチームは、カンバンビューでプロジェクトを表示できます。 新規のテーブルビュー  新規のテーブルビューは、馴染みのあるスプレッドシートのようなフォーマットでの作業管理を可能にします。 作業項目を作成して管理し、次のレベルのサブ項目に展開し、折り畳めます。 右側のパネルに項目(タスクまたはプロジェクト)を開いているテーブル内をナビゲートすれば、ワンクリックで容易に別のタスクに切り替えられます。 新規のボードビュー 新しいボードビューは、項目のステータスごとにグループ分けされたシンプルなレイアウトで、プロジェクト、フォルダー、スペースですべてのタスクを表示します。 新規のビューを使用して、サブタスクを表示し、列の順序を変更し、ワークフローを修正し、どのワークフローが必要な情報を表示するかを選択できます。 カレンダービュー 新規のカレンダービューは、タスクやプロジェクトなどの作業項目、またはマーケティングキャンペーンや製品リリースなどのカスタム項目タイプをタイムラインに素早く表示し、いつ何に取り組むべきかを把握できます。 カレンダービューは、週、月、四半期、年ごとの概要を表示し、現在のプロジェクトに追加すべき項目やスケジュールの変更の決定、また現作業の進捗状況の追跡や将来のプラン作りに役立ちます。   ガントビュー 最高水準のガントビューを使用すれば、締め切りに遅れることはありません。 タスクリストを作成し、担当者と日付を追加すれば、一つのタスクの更新が、タイムラインの他のタスクにどのような影響を与えるかをリアルタイムで確認できます、 プロジェクトのタイムラインを構築し、タスクを調整しながら、複数のワークストリーム上のタイムラインの他のタスクにどのような影響を与えるかを確認でき、 また、外部ユーザーとインタラクティブなスナップショットビューを共有できます。 ガントビューを使用することで、障害の可能性に気づき、事前に修正措置を講じ、遅延を防いで、作業を予定通りに終了することができるのです。 分析ビュー 分析ビューで、プロジェクトの進捗状況のスナップショットを瞬時に取得してください。分析ビューは、表示中のプロジェクトやフォルダーに対して、タスクステータスと進捗状況の全景を提供するレポート作成ダッシュボードです。 パフォーマンスの向上 設定可能で使いやすく、スケーラブルなWrike Lightspeedは、ビジネスプロセス全体にて新たなレベルの生産性の達成します。 当社のプラットフォームで発売される全製品に反映されており、すべてのユーザーの作業パフォーマンスを向上します。 Personal Work Experience(パーソナルワークエクスペリエンス) Personal Work Experienceは、ダッシュボードウィジェットを使用したWrikeの新しい製品ホームページです。 受信トレイに入ってきたメッセージ、指名されたタスクとプロジェクトのすべてを「自分が担当」ウィジェット一か所で確認できます。 Personal Work Experienceに関する最新情報は、まもなく更新されます! 機能よりも使いやすさを選ぶのはなぜですか?両方選ぶことも可能です Wrike Lightspeedは、お客様に妥協を強いらない唯一のプラットフォームです。チーム、部署、そして企業全体が一丸となって作業に取り組むことを可能にし、同時に、各チーム独自のニーズに合わせて個々の作業をカスタマイズする機能を提供します。 働き方を変える準備はできましたか? 今すぐWrikeの無料トライアルを始めて、Wrike Lightspeedをご体験ください。

Enterpriseプランのトライアルを開始
無料トライアルは14日間です。セットアップは簡単で 、いつでもキャンセルできます
メールアドレスを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.