クリティカルパス法: プロジェクト管理の基礎

プロジェクト管理におけるクリティカルパス法とは正確には何ですか? クリティカルパス法(CPM)は、一連のプロジェクトのアクティビティをスケジューリングするためのリソース利用アルゴリズムです CPMを使用するための基本的な技法は、以下を含むプロジェクトのモデルを構築することです:

  • プロジェクトの完了に必要な全タスクのリスト
  • タスク間の依存関係
  • 各アクティビティが完了するのにかかる時間(期間)の予測

この情報を使用して、最長の依存関係アクティビティを特定し、それらを開始から終了まで見積もることでクリティカルパスを決定できます。

最長のアクティビティ、つまりクリティカルパスを特定したら、トータルフロートと呼ばれる、プロジェクト期間を長くしない範囲でアクティビティを遅らせることができる期間を簡単に特定できます。

クリティカルパス法をプロジェクトで使用する

それでは、クリティカルパス法のコンセプトをシンプルで現実的な例(キラーパーティーの計画)で実証します。 このプロジェクトをどのように計画し、実行するべきですか?

1. プロジェクト範囲を定義する

第一に、プロジェクトを完了するために終了しなければならないタスクのすべてを定義する必要があります。 パーティーの例では、次のような状況が考えられます:

  • 日付と場所を選択する
  • 究極のプレイリストを作成する
  • 強固なシステムを設定する
  • 友人を招待する
  • 飲食物を買う
  • 有名なキャセロールを調理する
  • パーティーを主催する

これらのタスクを個別に見ると、他のタスクが完了するまでは、それらのタスクの一部を開始できないことがわかります。 つまり、一部のタスクは他のタスクに依存しています。 これらの関係を下表に示しています:

 タスク名  依存関係
日付と場所を選択する  - 
究極のプレイリストを作成する  -
 強固なシステムを設定する  -
友人を招待する  日付と場所を選択する
 飲食物を買う 友人を招待する
有名なキャセロールを調理する  飲食物を買う
パーティーを主催する キャセロールと強固なシステム 

「友人を招待する」、「飲食物を買う」、「キャセロールを調理する」、「パーティーを主催する」といったアクションは一連のアクションであり、成果を得るには順番を守って順に実行する必要があります。 このようなタスクは順次処理アクティビティと呼ばれています。

これらのタスクは、プロジェクトの開始(「日付と場所の選択」)と共に、プロジェクトを完了するのに最も重要なステップです。 したがって、これらのアクションはクリティカルパス上に置かれます。

2. クリティカルパス法とクリティカルパスの特定

クリティカルパス法の背後にある重要なコンセプトは、他のタスクが終了するまで特定のタスクを開始できないということです。 これらのタスクは順番に完了する必要があり、各段階は次の段階が始まるまでに完了します。

サンプルスケジュールがどのように見えるのかを示すためにWrikeのガントチャートを使用しました:

Critical_Path_Method_in_Project_Management_2

Wrikeの無料トライアルでガントチャートビューをチェックしてください

クリティカルパスは、プロジェクトの開始から終了まで最長となる一連のアクティビティで構成されることから、プロジェクトを特定の期間までに確実に終了させれるように完了しておく必要があります。 クリティカルパス上のアクティビティは厳格に管理する必要があります。 クリティカルパス上のジョブを見落とした場合は、プロジェクトをスケジュール通りに戻すための行動を直ちに取ります。 直ちに行動を取らないと、プロジェクト全体に遅延が生じます。

完了までに30日かかるプロジェクトがあると想像してください。 クリティカルパス上の最初のアクティビティが1日遅れている場合、クリティカルパス上の別のアクティビティを1日早く完了できない限り、プロジェクトの完了までに31日かかります。 クリティカルパスは基本的にプロジェクトスケジュールの終了日を決定します。

3. 様々なプロジェクトパス

1つのプロジェクトに複数のクリティカルパスを設定して、複数のパスを同時に実行することができます。 これは、タスク間の複数の依存関係、または同じ期間に実行される別々のシーケンスの結果である可能性があります。

プロジェクト管理のクリティカルパスには、プロジェクトに関連する重要なアクティビティがすべて含まれている場合とそうでない場合があります。 実際、クリティカルパス上のアクティビティは必ずしもプロジェクトの最も重要な部分ではありません。 同時に、クリティカルパス上にないタスクがありますが、それでもそれはプロジェクトの成功を左右します。

クリティカルパス法を理解するには、期限内に完了することが非常に重要なアクティビティを判断する必要があります。 しかし、クリティカルパス上にない他の活動も非常に重要であり、一層の注意が必要です。

リソースの制約とは何ですか?またそれらが重要である理由は何ですか?

プロジェクト管理における従来のクリティカルパススケジュールは、因果関係にのみ基づいています。 私たちのプランでは、これらの依存関係をすでにマーク付けしています。 (例えば、材料を買わずにキャセロールを調理することは不可能です)。 ただし、プロジェクトでは、考慮する必要があるリソースが限られている場合があります。 これらの制限により、よくリソース制約と呼ばれる依存関係がより多く生じます。

チームで作業する場合は、プロジェクト作業をチームメンバー間で分担することができます。 この例では、日付と場所を選択して人々を招待しているときに、友達の1人がプレイリストを作成し、別の人が飲食物を入手できます。 上のチャートのように、タスクは並行して実行できます。

ただし、プロジェクトの責任者があなただけであれば、2つの場所に同時にいることはできないため、リソースに制約があります。 この場合、クリティカルパスは異なって見えます。

Critical_Path_Method_in_Project_Management_3

上のチャートでは、日付と場所を最初に選択する必要があり、後になって初めてプレイリストを作成できると仮定しています。 ただし、プロジェクトの状況によっては、これらのタスクを異なる順序で実行することができます。

このようなクリティカルパスは、リソースクリティカルパスと呼ばれています。 この手法は、各アクティビティに関連するリソースを含めることができるようにするための、従来のクリティカルパス法を拡張したものとして提案されました。 リソース平準化されたスケジュールは、リソースのボトルネック(すなわち、要求された時間にリソースを利用できないこと)に起因する遅延を含むことがあり、それによって以前にはより短いクリティカルパスが長くなることがあります。

プロジェクトの長さを計算する

プロジェクト管理では、クリティカルパスは最長期間を形成する一連の依存関係のタスクであるため、プロジェクトを完了するのに最も効率的なタイムラインを決定することができます。

パーティーの例に戻って、あなたが自分ですべてを実行しなければならないと仮定しましょう。 各アクティビティにかかる時間の長さを見積もりました。 また、クリティカルパス上のタスクごとにおおよその開始時間を決定しました。 次にその決定内容を示します:

 タスク  期間  開始
日付と場所を選択する  2時間 月曜日
究極のプレイリストを作成する  3時間 月曜日
強固なシステムを設定する  1時間 月曜日
友人を招待する  2日 月曜日
飲食物を買う  1日  火曜日
 有名なキャセロールを調理する  2時間  水曜日
パーティーを主催する  2時間  水曜日

ここで、非常に重要なタスクの期間をすべて集計すると、プロジェクト全体を完了するのに必要なおおよその時間が得られます。 この場合、「究極のプレイリストを作成する」と「強固なシステムを設定する」は、クリティカルパス上にはないため、集計期間は3日間と6時間です。 期間を開始時間に追加すると、最も早いプロジェクト完了時間を計算できます。 CPMを理解することで、この計算を迅速かつ正確に行うことができます。

クリティカルパス法の柔軟性

クリティカルパス法は、複雑ではあるがかなり予測可能なプロジェクト用に開発されました。 ただし、実際には、そのようなプロジェクトを管理することはめったにありません。 クリティカルパス法の技法を使用して生成されたスケジュールは、正確に守られていない場合が多いです。 すでに述べたように、クリティカルパス上のアクティビティの遅延は、完了日に直接影響します。 新しい要件が浮上し、新しいリソースの制約が生じる可能性があります。

リビングルームを友人と改装しようとしているとしましょう。 この場合、タスクリストは次のようになります:

  1. 古い家具を処分する
  2. 壁を塗る
  3. 天井を修繕する
  4. 新しい家具を設置する

友人のタスクは、次のとおりです:

  1. 新しいカーテンを選ぶ
  2. 新しいカーテンを吊るす

クリティカルパスでの並列タスク

この例では、カーテンタスクはサブプロジェクトを形成し、クリティカルではないパスとして扱うことができます。 友人はあなたのプロジェクトが終わる前ならいつでも「新しいカーテンを選ぶ」および「新しいカーテンを掛ける」ことができます。 カーテンタスクには開始日および終了日に柔軟性があるため「フロート」と見なされます。これらのタスクは並行して行われるため、クリティカルパス上には配置されません。 このプロジェクトがガントチャートでどのように表示されるかを次に示します:

Critical_Path_Method_in_Project_Management_4

仮に並列タスクのいずれかが大幅に遅れるとすれば、プロジェクト全体が予定通りに完了できなくなるでしょう。 したがって、並列タスクには常に注意を払う必要があります。

クリティカルパスの変更

それでは、カーテンの選択により、当初の予測よりも友人のタスクに時間が長くかかったとしましょう。 この遅延はプロジェクトの終了を遅らせます。

Critical_Path_Method_in_Project_Management_5

新しいカーテンがないと改装は不完全なものになるため、以前にはクリティカルではなかったパスがクリティカルになります。 最初のクリティカルパスが変わります。

クリティカルではないタスクを監視するには、プロジェクトのスケジュールを最新の状態に保ちます。 それが、任意の時点でのプロジェクトの場所、当初の計画どおりに実行されるかどうかを正確に知るための唯一の方法です。

以下のビデオでは、クリティカルパス法(CPM)について詳しく紹介しています。

クリティカルパス法に効果があると考えますか? 効果がある、または効果がない理由は? 以下のコメントでお知らせください。

クリティカルパス法の知識のブラッシュアップに使用できる他のリソースは次の通りです:

コメント 0

Oops! This content can only be shown if you consent to cookies.

Find out more