2022年に注目すべきデジタルマーケティングの傾向

マーケティングは日々進化しています。長期的な道筋を明確に描くには、強固な短期計画を立てる必要があります。 2022年にデジタルマーケティングがどこへ向かうかは誰にも予測できませんが、新たな傾向から目を離さないことが賢明です。

データドリブンのマーケティング、自動化、AIテクノロジーは今後も増加し続ける一方で、マーケティングでは、人道性、多様性、包括性がますます重視されるでしょう。

マーケティングで重要なのは、もはやブランディングや広告だけではありません。問題解決、傑出したカスタマーエクスペリエンスの提供、顧客との長期的なエンゲージメントもいっそう重視されます。

貴社のブランドは、デジタルマーケティング の世界で起きているあらゆる変化に対応していますか。 

2021年にデジタルマーケティングはどのような傾向であったか

2022年の可能性を深く掘り下げる前に、2021年に加速したデジタルマーケティングの傾向に目を向けましょう。 以下はその傾向の一部です。

  • eコマースショッピングの70%はモバイルデバイスで行われました。 これは、スマートフォンで買い物をした消費者全体の売上が約3兆ドルに上ることを表します。
  • インスタグラムのショッピング機能の利用が増えていることからも分かるように、消費者はソーシャルメディアの投稿で見た製品を購入しています。 
  • 消費者の52%はスマートフォンで映画や動画を視聴しています。
  • 消費者はより多くのデバイスを所有しており、複数のデバイスを行き来しながら商品を購入する傾向にあります。
  • 人々は、ブランドからパーソナライズされたエクスペリエンスを提供されることを好みます。 
  • モバイルデバイスは、ローカルビジネスのリードジェネレーションを後押ししています。 4人に1人は、Google検索や音声検索を使用して見つけた企業に問い合わせをしています。  
  • 70%の人は、従来型の広告ではなく、コンテンツを通してブランドとのエンゲージメントを構築することを好むと回答しています。
  • 消費者の70%は、ソーシャルメディアで好意的な体験をしたブランドを他の人に勧める可能性があります。

2021年は終わりに近づいていますので、2022年に注目すべきデジタルマーケティングの傾向を詳しく見ていきましょう。

2022年におけるデジタルマーケティングの傾向

どのようなマーケターも、競合他社をリードするために取り入れることができるオンラインマーケティングの傾向をつかみたいと考えています。 しかしながら、ビジネス成長の大半は、検索エンジンの最適化や、コンテンツマーケティング、メールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティングを取り入れた中核的なデジタルマーケティング分野によってもたらされているのが現状です。

中核的な分野を強化しながら、収集および整理された新たな傾向を組み合わせて採用することで、デジタルマーケティングを最適化してください。 来年急伸することが予想される主な傾向を以下に挙げます。

ソーシャルメディアのストーリー

誰もが良いストーリーを好むものです。 多くのブランドは、ストーリーテリングを使用して顧客を引き付け、顧客の問題点を解決し、顧客との長期的なエンゲージメントを構築します。

5億人がインスタグラムのストーリーを毎日使用している状況のなか、ストーリーに魅力的なコンテンツを作成することは、顧客を引き付け、顧客とのエンゲージメントを築き、顧客を維持するための素晴らしい方法になり得ます。 ソーシャルメディアのコンテンツを作成するためのABCDフレームワークを見ていきましょう。

  • A)注意:興味深いストーリーを使用して顧客を引き付け、顧客とのエンゲージメントを築く
  • B)ブランディング:ブランドを一貫して重要視する
  • C)つながり:消費者に考え、感じてもらえるよう、感情を用いて消費者とのつながりを構築する
  • D)誘導:望ましい行動へと顧客をさりげなく導く

Googleの調査によると、このABCDフレームワークによって推進されるコンテンツによって、短期間の売上が30%向上することが裏付けられています。 ソーシャルメディアのストーリーテリングとこれらのオンラインマーケティング傾向を組み合わせて、ビジネスプロジェクトを前進させ、顧客満足度を向上してください。

対話型マーケティング

対話型マーケティングは新しい傾向ではありません。 組織は長い間、ライブチャットを通じて顧客とのエンゲージメントを築いてきました。 実際、顧客の46%は、メールやソーシャルメディアよりもライブチャットを好みます。 

既存の顧客をサポートする場合を除いて、チャットボットも効果的なリードジェネレーションツールです。 チャットボットはもはや単に「あると助かる」機能ではないため、ブランドは、2022年にこの自動化をマーケティングツールキットに追加する必要があります。

ライブチャットを使用することで、顧客は自分の都合の良い時間に好きなプラットフォーム(WhatsApp for BusinessやFacebook Messengerなど)からブランドとやり取りできます。

オムニチャネルでのエクスペリエンス

消費者の25%は、アイデア、製品、またはエクスペリエンスを探すとき、利便性が意思決定を促進すると話しています。 デバイス上で、好きな時間にブランドに関与できることを期待しています。

例を挙げましょう。ある顧客がヘッドフォンを購入することを真剣に検討している場合、まずスマートフォンで製品の調査を始め、家電店を訪問してオプションを確認し、最後にノートパソコンで購入を完了するかもしれません。

オムニチャネルで販売しているブランドは、そうでないブランドと比較して、顧客維持率が56%高いことをご存じでしたか。 強固なブランドを作り出すには、顧客とのあらゆる接点でシームレスなエクスペリエンスを提供する必要があります。

動画マーケティング

85%の人々は、ブランドの動画を見たいと考えています。 TikTokやYouTubeといったあらゆるプラットフォームで、驚くほど長く動画を視聴しています。

消費者は何かを学ぶとき、長い記事を読むよりも、短い動画を見ることを好みます。 データドリブンのマーケターは、すでにマーケティングミックスに動画を取り入れており、そのうちの93%は、動画はマーケティング活動の相当な部分を占めており、今後は動画マーケティングにより多くの時間を費やすことを計画していると話しています。

動画マーケティングを行うか、まだ決めかねているのであれば、 動画マーケティングを利用している競合他社に相当なマーケットシェアを奪われる可能性があります。

ポッドキャスト

米国では、1億500万人の大人が日常的にポッドキャストを聴いています。 これは米国人の約3人に1人に相当し、その数は毎月増え続けています。 

ポッドキャストの普及が急速に進んでいる状況のなかで、ブランドはデジタルマーケティングのこの重要な傾向を見逃すことはできません。 Googleさえも、検索結果にポッドキャストの個々のエピソードを表示しています。 Squarespaceは、ポッドキャスト広告を早期に取り入れた企業の良い例です。

2022年にポッドキャストのスポンサーシップをマーケティングミックスに加えることを検討してください。 スポンサーシップ向けのポッドキャストを選ぶ際のヒントをいくつか紹介します。

  • リスナー層が貴社のターゲット顧客によく似ているポッドキャストを特定する(例えば、ビーガン顧客層に売り込むには、植物関係のポッドキャストを選択し、バーベキューについて語るポッドキャストからは距離を置く)
  • ポッドキャストのリスナー数とダウンロード数を一定期間調査する(例えば、リスナーを3か月間または6か月間モニタリングし、数に変動がないかを調べる)
  • カスタムのトラッキングURLを追加するか、リスナーの会話を追跡する独自コードを用意する
Digital Marketing Trends to Watch in 2022 2
撮影:Will FrancisUnsplashより)

ソーシャルメディアリスニング

4つのうち、3つのビジネスは失敗に終わります。 なぜでしょうか。 顧客層が何を求めているかをビジネスが理解できないことが主な理由です。 75%のビジネスは、ターゲット顧客にサービスを提供できないために、創業から15年もたたずに廃業します。

貴社のマーケット戦略が機能していない場合は、ツールキットを調整してください。 ソーシャルリスニングは、貴社が検討できるの最新のデジタルマーケティング傾向の1つです。 

では、ソーシャルリスニングとは何でしょうか。 ソーシャルリスニングは、ビジネスに活力を与えるために顧客に耳を傾け、顧客の会話を理解し、インサイトを収集するプロセスです。

ソーシャルメディアのプラットフォームで、顧客のブランドに関するディスカッションだけでなく、総じて業界をどう思っているかといったディスカッションにも耳を傾けます。 この情報を使用して、マーケティング戦略を強化します。

マーケターの50%以上が、ソーシャルリスニングをツールキットに追加しています。 この新しい概念を採用して、顧客が何を求めているかを発見してください。 そして、顧客の感情と、顧客の意思決定の背後にある「理由」を分析することで、マーケティング戦略をさらに向上してください。 何が顧客を動かしているのかを発見すれば、ビジネスが正しい方向に向かっているかどうかがすぐに分かります。

ライブストリーミング

ライブストリーミングは新しい傾向であり、瞬く間にすべてのマーケターが好むマーケティングチャネルになりつつあります。 インスタグラムに新たに導入された「Liveルーム」機能はこの一例です。

消費者の80%は、ブランドのブログを読むよりも、ブランドのライブストリームを視聴することを好みます。 ミレニアム世代の74%は、比較しながら買い物をするときに動画を好みます。 ライブストリーミング業界は2021年に700億ドル規模に達しており、このデジタルマーケティングチャネルは急速に広がっています。

Home Depotは、クリスマスオーナメントの作り方を紹介するライブストリームのために、Martha Stewartとパートナー契約を結びました。 ライブストリームは大人気となり、60万ビューを獲得し、Home Depotに買い物客が流れ込みました。

ビジネス向けのライブストリーミングを使用して、信頼のおける独自コンテンツを共有することで、競合他社をあっという間に追い抜き、マーケティングをパーソナライズしてください。

インクルーシブマーケティング

米国人の3人に1人はヒスパニック系、アジア系、アフリカ系のいずれかですが、自分たちがマーケティングで考慮されていないと話しています。 包括的でないマーケティングはブランドの価値を失わせます。 顧客層が多様であるならば、マーケティングでも多様性が考慮されるべきではありませんか。

2022年は、多様性、公平性、包括性の話題が取締役会議からマーケティング会議へと移動するでしょう。 文化的な偏見を排除し、少数派を代表する企業は、確固たる地位を確立して顧客満足度を向上させるでしょう。

ビジネスでは、マーケティングキャンペーンにおいて多様な顧客ベースを示す必要もあります。 包括性のあるマーケティングのヒントをいくつか紹介します。

  • マーケティングキャンペーンと広告コンテンツの口調や表現が包括的であることを確認する
  • 包括的で多様な言語を使用すると同時に、対立を引き起こす記号、言い回し、言葉を避けることで、人々、人々が抱える問題、およびブランドが提供できる解決策を説明する
  • 広告キャンペーンとマーケティングコンテンツ全体で、多様な声を重要視することを誠実に試みる

ユーザーのプライバシーの尊重

消費者のプライバシーを軽視すると、企業の収益が流出しかねません。2021年に数億ドルの罰金を支払ったAmazon、Google、British Airwaysがその良い例です。

EU一般データ保護規則(GDPR)とカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、グローバルデータを保護する法律です。 どちらの法律も、世界中の企業が消費者に配慮した形で、消費者のデータを収集して使用できる方法を簡潔に示しています。

サードパーティCookieの時代が終わろうとしている今、マーケターは消費者データの扱いにより注意を払う必要があります。 以下に、コンプライアンスのヒントをいくつか紹介します。

  • ユーザーのデータにアクセスする前に、ユーザーに同意を求める
  • Webサイトやアプリを含むユーザーとのタッチポイントで、目立つデータ同意書を使用する
  • マーケティング目的のために、どのようにユーザーのデータを収集し使用するかを、100%の透明性を持って簡潔に説明する

Wrikeを使用してデジタルマーケティングの新しい傾向に対応する方法

ブランドは、顧客のふるまいを正確に把握することによって、何がターゲット顧客の共感を呼ぶかを知ります。 そうすることで、消費者の傾向と動機を理解し、ビジネスに著しい変化をもたらす有意義な方法で消費者とつながることができます。

Wrikeを使用すれば、デジタルマーケティングキャンペーンを計画し、タスクのチェックリストを作成し、そのタスクを適切なチームメンバーに割り当てることができます。 Wrikeを使用してデジタルマーケティングの新しい傾向を取り入れることで、顧客の問題を解決し、エンドユーザーの満足度を向上し、新規ビジネスを獲得できます。

Wrikeの無料トライアルを開始して、プロジェクトの進捗状況を監視し、チームとシームレスにコミュニケーションを取り、影響力のあるマーケティングキャンペーンを実施してください。

コメント 0

申し訳ありません。このコンテンツはお客様のプライバシー設定によりご利用いただけません。 このコンテンツを表示するには、[クッキーの設定]ボタンをクリックし、そこで広告クッキーを承認してください。

クッキーの設定