オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアにおける隠れたコスト
オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアにおける隠れたコスト

強力な技術チームがいて複数のプロジェクトを同時進行している場合は、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアが最適かもしれません。 

ノーコードなどの技術により、ソフトウェアの開発とデプロイメントがこれまでより容易になり、チームは作業に必要な関連するノーコードツールと統合されたオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアを使用して、コストを大幅に節約することができます。 

ビジネスに合った適切なプロジェクト管理ソフトウェアのタイプを選ぶために、その選択肢の長所と短所について検討することが重要です。 オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアについて知っておくべきすべてのことを掘り下げる前に、オンラインで提供されているプロジェクト管理ソフトウェアの5つの主なタイプをまとめた簡単なリストを見ていきましょう。

  1. オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア:このタイプのプロジェクト管理ソフトウェアは、ライセンスの下で無料でダウンロードできるほか、変更および再配布が可能です。
  2. フリーウェアのプロジェクト管理ソフトウェア:このソフトウェアは無料でダウンロードできますが、変更や再配布は行えません。
  3. シェアウェアのプロジェクト管理ソフトウェア:シェアウェアのソフトウェアでは、利用を継続するために少額の料金がかかります。
  4. フリーミアムのプロジェクト管理ソフトウェア:フリーミアムのプロジェクト管理ソフトウェアでは、プロプライエタリのプロジェクト管理ソフトウェアを、機能や使用量を少なくするという形で限定的に使用できます。
  5. プロジェクト管理ソフトウェアの無料トライアル:プロジェクト管理ソフトウェアの無料トライアルでは、選んだ有料ソフトウェアのすべての機能を一定の期間使用できます。

オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアが自社に適しているかどうか判断を下す前に、チームのニーズ、ワークフローの要件、および技術的なキャパシティについて検討しましょう。 チームメンバーから提案事項を集めたり、情報を入手したりして、組織に最適なプロジェクト管理ソフトウェアを選択するうえで最も重要な機能や要素の優先順位を付けます。

オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアを検討している場合

選択肢を検討する中で、完全に無料であるという明らかな利点により、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアに傾いているかもしれません。

しかし、全面的に取り組む前に、無料という寛大さには大きな責任が伴うことに留意してください。 オープンソースのプロジェクト管理ツールでは、それぞれのツールが、専用のカスタマーサービスや技術サポートをユーザーに提供する特定のベンダーや企業のものではないため、自分で注意を払わなければなりません。 それらのツールは、人数が増えつつあるボランティアの開発者コミュニティによって作成および管理されており、ソフトウェアのバグやクラッシュ、開発の問題について説明責任がありません。

オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアでは、自身でサポートと管理を行う必要があります。 ソフトウェアを管理し、バグや問題を修正し、組織のニーズに合うようにカスタマイズしてメリットを最大限に享受するために、信頼できる技術担当者がいることが理想的です。

無料のオープンソースプロジェクト管理ソフトウェアの隠れたコスト

先述のように、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアは無料でダウンロードできますが、隠れたコストがあり、一定の期間内に対応しなければ、チームの進捗や業務を滞らせる場合があります。

最も重大なのは時間のサンクコストです。 チームメンバーがオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアの微調整や修正を行ったり、それに関する答えを探したりするために時間を費やすと、その時間の分だけ、他の収益創出タスクに費やせていないことになります。 

技術チームは、ソフトウェアに伴うカスタマイズ、保守、そして問題の解決により多くの時間を充てるかもしれません。 これには、セキュリティの課題、アップグレード、および機能に関することも含まれます。 

無料のオープンソースプロジェクト管理ソフトウェアを選ぶことで、前払いのコストを節約できるかもしれませんが、そのうちに保守したりプロジェクト管理のニーズの問題を解決し続けたりするために、さらなるコストがかかる可能性があります。

オープンソースソフトウェアをビジネスに組み入れる前に、少し時間をとり、以下の点を考慮してみましょう。

  • 要望に応じて対応できる強力な技術サポートの体制があるのか。 これは、社内の開発チームまたはプロのサービス代理店が考えられます。
  • プロプライエタリのプロジェクト管理ソフトウェアにはない独自の機能とプロジェクト管理機能が必要なのか。
  • 会社のITおよび開発チームには、各自の重要なタスクも後れを取らずに進めつつプロジェクト管理ソフトウェアを保守するのに十分な時間があるのか。

オープンソースのプロジェクト管理ツールは無料でアクセスしやすく、カスタマイズ可能ですが、手間のかかるカスタマイズや複雑なプログラミング手法も必要になります。

オープンソースプロジェクト管理ツールの長所と短所

ご存知のように、オープンソースのプロジェクト管理ツールにはメリットとデメリットがあります。

Project OpenOpen Project、およびKanboardなどのオープンソースプロジェクト管理ソフトウェアのメリットを享受するには、開発者コミュニティや問題を修正するためのドキュメントを利用できる能力のあるITチームまたは担当者という形で技術サポートを用意しておくべきでしょう。 

以下は、オープンソースプロジェクト管理ツールの長所と短所を記したリストです。

オープンソースプロジェクト管理ソフトウェアの長所

  1. 費用対効果:ほとんどのオープンソースソフトウェアは無料であるため、費用対効果の高い選択肢となります。 ただし、テクノロジーにそこまで精通していないチームに向けて、評判のよいサードパーティーベンダーがソフトウェアを開発し再パッケージ化したオープンソースソフトウェアを購入することもできます。 オープンソースから直にソフトウェアを入手する場合でも、信頼するベンダーから購入する場合でも、他のプロジェクト管理の選択肢に比べると、金銭的コストは最小限で済む可能性が高くなります。
  2. カスタマイズ可能:オープンソースプロジェクト管理ソフトウェアのもう1つの大きなメリットは、ユーザーがチームやビジネスのニーズに応じてソフトウェアを微調整したり改善したりできるということです。 オープンソースソフトウェアと提携している開発者コミュニティが多く存在し、サポート、リソースのほか、バグ、異常、一般的なソフトウェアに関する問題の解決策を提供しています。 オープンソースソフトウェアの基本的な考えでは、ユーザーと開発者コミュニティが欠陥を見つけて機能が追加されるにつれて、経時的に改善されていきます。 

オープンソースプロジェクト管理ソフトウェアの短所

  1. 孤立したテクノロジー: オープンソースソフトウェアは、ボランティアの開発者コミュニティによって管理されているため、説明責任はほとんどなく、拡張やソフトウェアの更新に関する一貫性もほとんどありません。 オープンソースのツールは、保守の欠如によってソフトウェアユーザーにリスクが生まれるため、市場で使われなくなってしまうことがまれにあります。 オープンソースソフトウェアを使用することを決定した場合、自社のチームのワークフローやシステムを作り上げているそのソフトウェアについて、開発者が放置するようになり、いつか使わなくなる可能性があることを念頭に入れておいてください。 
  2. ユーザーサポートの欠如:オープンソースソフトウェアは通常、DIY的な環境で開発されます。 ユーザーは多くの場合、問題を自分たちで見つけ、管理し、解決しなければなりません。 StackOverflowなどのオンライン開発者フォーラムか、ボランティア開発者が作成したヘルプリソース専用のサイトを使用することができます。 オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアを使用する際に問題が発生した場合は、ワークシステムを稼動させ続けるために、積極的に解決策を見つけましょう。 
  3. セキュリティの問題:オープンソースソフトウェアでは、誰でもコードを更新できるため、ユーザーが組織のセキュリティに対する責任を負う必要があります。 ボランティア開発者のコミュニティが協力してソフトウェアのセキュリティと信頼性の確保に努めていますが、バグの修正時やソフトウェアのアップグレード時にハッキングされる可能性や悪意あるコードがダウンロードされる可能性が高くなります。 

オープンソースプロジェクト管理に取って代わるWrikeのフリーミアム

Wrikeのフリーミアムプロジェクト管理ソフトウェアは、オープンソースプロジェクト管理ツールの優れた代替となります。

完全に無料で、作業スペースに追加できるユーザーは無制限であるため、チームはプロジェクト管理ソフトウェアのコストがかさむことを考える必要がなく、拡大し、成長することができます。

Wrike Freemiumでは、チーム、プロセス、およびチームコラボレーションのワークフローに秩序と一貫性がもたらされます。 Wrikeを使用することで、リーダーやプロジェクトマネージャーはチームのサイロ化をなくし、機能横断型のコラボレーションを改善して、進行中のプロジェクトのさまざまな段階やレベルに対する可視性を向上できます。 

Wrikeのソフトウェアは、信頼できる唯一の情報源となり、組織のデジタル本部として機能します。 きわめて安全性が高く、インタラクティブで100%クラウドベースであるため、チームメンバーは、場所を問わずつながり、最新情報を送ることができます。

Wrike Freemiumでは、すべてのユーザーに対し、2GB相当の無料ストレージを提供します。 複数のビューを切り替えることができ、チームは最もなじみがあり、ワークフローに最も価値をもたらす方法で作業を行えます。

無料のプロジェクト管理ソフトウェアに関して、Wrikeは、ベンダー、ナレッジワーカー、プロの代理店を必要とする内外とのコラボレーションを実現できるように特に尽力しています。 Wrikeのプロジェクト管理ソフトウェアを他のワークアプリケーションに簡単に統合でき、シームレスなワークフローを作れます。

特にプロジェクト管理ソフトウェアについてオープンソースソフトウェアを利用することを検討している場合、確定する前に、Wrike Freemiumを試す価値があるでしょう。

急いで利用し始める前に、オープンソースソフトウェアのメリットと隠れたコストのバランスを見極めてください。そして、オープンソースと同じくWrike Freemiumは永久に無料であり、有益な機能が信頼性の高い開発フェーズで経時的に追加されるということを忘れないでください。 今すぐWrikeを無料でお試しください。

コメント 0

申し訳ありません。このコンテンツはお客様のプライバシー設定によりご利用いただけません。 このコンテンツを表示するには、[クッキーの設定]ボタンをクリックし、そこで広告クッキーを承認してください。

クッキーの設定