Nick Bouchard, Author at Blog Wrike
Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
Nick Bouchard

Nick Bouchard

Nick is a Content Writer and Strategist for Unito.

関心のあるカテゴリーを選択してください:

スプレッドシートとプロジェクト管理ツールをシームレスに連携させる 4 つの方法
生産性 3分程度でお読みいただけます

スプレッドシートとプロジェクト管理ツールをシームレスに連携させる 4 つの方法

プロジェクト管理アプリ、顧客関係管理プラットフォーム、動的データベース。あらゆる種類のタスクに対応するツールがあふれているように思えます。 それでも、スプレッドシートはまだいたるところにあります。 毎回交換しようとするべきでしょうか? それとも結局その全部を受け入れるべきでしょうか? そのどちらでもありません。 代わりに、スプレッドシートと他のツールを一緒に使うべきです。 そうすれば、データのコピーと貼り付けを延々と繰り返したり、その他の手作業を行ったりする必要がなくなります。 ここでは、作業を統合し、他のツールとともにスプレッドシートを最大限に活用する4つの方法を紹介します。 Wrikeを無料でお試しください 仕事にスプレッドシートが最適なケースを認識する 近年、SaaS市場が巨大化しているにもかかわらず、一部の仕事において、まだスプレッドシートを好む人もいます。 スプレッドシートが好まれるタスクの例をいくつかご紹介します。 予算編成: しっかりとした計算式とデータベース機能を備えているため、スプレッドシートは特定のプロジェクト、チーム、さらにはビジネス全体の予算を管理するための優れた方法であることに変わりはありません。 複数のソースからのデータの処理: 使用するツールのほとんどはデータを CSV ファイルとしてエクスポートできるため、スプレッドシートは、新しいソフトウェア連携のたびに費用をかけることなく、これらすべてのデータを処理するのに最適です。 SEO管理: 検索エンジン最適化 (SEO) ツールは、コンテンツが検索結果でどの程度ランクインしているかを追跡することに関してはクラス最高ですが、これらのツールのデータは必ずしも共有しやすいとは限りません。 スプレッドシートは、そのデータを共有したり、分析したりするのにも最適です。 これらは、スプレッドシートが役立つタスクのほんの一部です。 しかし、便利だからといって、他のツールを置き換える必要はありません。 作業の大部分がWrikeのようなプロジェクト管理ツールで行われている場合でも、スプレッドシートをワークフローに統合する方法を簡単に見つけることができます。 ワークフロープロセスのベストプラクティスを概説する場合でも、連携を使用する場合でも、必ずスプレッドシートがプロセスのどの部分に適合するのかを計画し、可能な限りシームレスな連携を実現するための措置を講じてください。 スプレッドシート専門家に頼る方法を学びましょう どのチームにも 1 人のスプレッドシートマスターがいて、数分、2、3 行、ある程度のデータでほぼ何でもできます。 詳細なレポートを作成する場合でも、ダッシュボードを作成する場合でも、大規模な会議の出欠を取るなど、チーム固有の問題を解決する方法を見つける場合でも、スプレッドシート専門家ならこれらのツールを本当に活用できます。 プロジェクト管理、スケジューリング、データベース管理、またはその他の機能に対応するクラス最高のツールがあっても、スプレッドシートはあれば便利なツールです。 新しいソフトウェアを購入しなくても、近くにいるスプレッドシートのマスターに特定のユースケース向けのソリューションをすばやく作成してもらい、必要な新しいプラットフォームの予算が確保されるまで使用することができます。 スプレッドシートは、他の点では素晴らしいツールスタックの穴を埋めるのに役立ちます。 しかし、身近なスプレッドシートの専門家がスプレッドシートをあらゆるものに変えることができるからといって、そうすべきだという意味ではありません。 プロジェクトマネージャーやチームリーダーは、特定のツールを他のツールよりも優先して使用する場合を明確にし、必要に応じてスプレッドシート専門家を解放してあげることができます。 Wrikeを無料でお試しください スプレッドシートを愛するチームを受け入れてください チームによっては、他に何があろうと関係ない場合もあります。スプレッドシートは何年もの間使ってきた方法であり、それに匹敵するものはありません。 Microsoft Office や Google Workspace のプランを利用しているすべての企業にスプレッドシートツールが用意されているように、最も利用しやすいツールの1つであることや、特定の職種で受けるトレーニングの一環であるからかもしれません。 会計士、データアナリスト、人事スペシャリストを思い浮かべてください。 スプレッドシートに多くの時間を費やすと、スプレッドシートがあらゆる問題の解決策であると考えがちになります。 これらのチームに、スプレッドシートを使わずに作業を進めるように説得してみることもできるかもしれません。 しかし、それは、本当に誰かの時間の最高の使い方なのでしょうか? すべてのことにスプレッドシートを使用するチームもあることをそのまま受け入れるのが最善かもしれません。 なぜなら、 作業の大半にWrikeを使っていても、シームレスに連携できる方法があるからです。 それぞれの長所をお気に入りのツールと組み合わせてください 適切なプラットフォームがあれば、スプレッドシートだけで作業するチームのことを心配する必要すらありません。 選択したツールを離れることなく、またスプレッドシートで作業していることに気付くことなく、シームレスに共同作業できます。 その方法は? Wrike Sync by Unitoを使ってです。 他のチームが構築しているスプレッドシートのメリットを享受しながら、すべてWrikeで作業できます。 Wrike Syncはコード不要の連携アドオンで、データをスプレッドシートからWrikeへ、またはその逆にデータを送信すると同時に、両方のツールですべて同期した状態に保ちます。 それでは、これで何ができるのでしょうか? Wrikeレポート用にスプレッドシートからデータを引き出す: Wrikeには強力なレポート機能がいくつかありますが、他のプラットフォームのデータを使用する必要がある場合は、すべてを手動でエクスポートすると膨大な時間がかかります。 Wrike Syncを使用すると、すべてのデータがWrikeに保存され、自動的に最新の状態に保たれます。 Wrikeのデータをデータベースに取り込む: チーム重要なデータベースにスプレッドシートを使用している場合、ほぼ確実にデータをツールに取り込むことが期待されます。 Wrike Syncを使えば、手作業を省き、データを必要な場所に置いておくことができます。 Wrikeをチームが使用するあらゆるツールと連携: Wrike Syncはスプレッドシートだけのものではありません。 どのチームと作業する場合でも、Wrikeをそのツールに接続すれば、全員が最新情報を把握できます。 WrikeタスクをZendeskチケット、HubSpotタスク、Jiraの問題、Miroカード、 その他多くのツールと同期します。 スプレッドシートは必ずしも置き換える必要はありません。 今までのツールをやめようとしないチームに対処している場合も、そのスプレッドシートが実際にベストな選択肢であるタスクでも、ワークフローにスプレッドシートを組み込んでおくことができます。 また、Wrike Syncのようなプラットフォームを使用している限り、ツール間のギャップを何時間もの手作業で埋めることなく、クラス最高のプロジェクト管理アプリからすべての作業を行うことができます。

;