Esther Flammer, Author at Blog Wrike
Eメールを入力してください
Server error. We're really sorry. Wait a few minutes and try again.
Esther Flammer

Esther Flammer

Esther is a former Chief Marketing Officer of Wrike.

関心のあるカテゴリーを選択してください:

効率的なマーケティングへのシフトをナビゲート:Wrikeを活用して最大限の成果を上げる
Wrikeのヒント 3分程度でお読みいただけます

効率的なマーケティングへのシフトをナビゲート:Wrikeを活用して最大限の成果を上げる

「どんな犠牲を払っても成長する」時代を経て、不確実な経済情勢のために多くの組織が撤退している中、今や効率性が命題となっています。 効率性を向上させる取り組みにおいて、マーケティングチームは予算を引き締め、最大の結果を生み出すキャンペーンに注力しています。 顧客や利害関係者に価値を提供することはかつてないほど重要であり、キャンペーンのパフォーマンスをリアルタイムにエンドツーエンドで可視化することは、マーケティングの成功に不可欠です。 これを実現するには、チームは影響力のあるマルチチャネルキャンペーンを効率的に実施し、その成果を測定する必要があります。 マーケティングへの影響を理解し、利害関係者と共有するには、わかりやすいデータが重要です。 しかし、キャンペーンやチャネル全体での可視性が限られているため、これが困難になっています。 さまざまなチームがチャネルを管理し、個別のレポートを作成することが多いため、リソースと調査結果をまとめるのに時間がかかります。 ここで役立つのがWrikeであり、マーケティングチームとクリエイティブチームのための包括的な作業管理プラットフォームとして、比類のないサポートを提供しています。 信頼できる唯一の情報源の必要性 マーケティングチームには、作業を遂行するためのリソースが少ないにもかかわらず、戦略が結果を生み出していることを証明しなければならないというプレッシャーがかかっています。 すべてのプロジェクトとキャンペーンへのリアルタイムの可視性がなければ、複数のチャネルにわたって影響力のあるキャンペーンを特定して実施し、成功を測定することは困難です。 その可視性を妨げているのは何でしょうか? それは、接続されていないアプリが多すぎることです。 リモートワークとハイブリッドワークの結果として、組織は異なるチームをサポートするためにより多くのアプリケーションを導入し、マーケティング担当者は現在、作業を完了するために毎日平均15個のアプリを使用しています。 アプリケーションが急増しているため、従業員や部署長は、進行中の作業とその進捗状況、完了した内容、およびその作業が戦略的イニシアチブや会社の目標にどのように関連しているか、サポートしているか、あるいはそれを妨げているかを正確に把握することがますます困難になっています。 その結果が 仕事のダークマター. です。CERNが宇宙の質量の95%を占める「目に見えない」物質としてダークマターを定義したように、仕事のダークマターは、すぐには見えないが周囲のあらゆるものに強力な影響を与える活動や情報を意味します。 ダークマターは、テキスト、アプリ、ビデオ通話、スプレッドシート、会話の中に存在し、重力質量があるため、ビジネスやプロジェクトを誤った方向に導きやすくなります。 大半の部署長は、部署内で行われている作業の55%しか把握していません。 また、チームが目標や目的に対してどのように業績を上げているかを理解しているビジネスリーダーは37%に過ぎません。 マーケティング担当者は、パフォーマンス指標に簡単にアクセスして提示し、インパクトをより有意義に伝えることができる統合プラットフォームを必要としています。 これこそがWrikeの強みです。 Wrikeを無料で試す 改善されたWrike Marketing Insightsのご紹介:マーケティングチームのゲームチェンジャー Wrikeは、マーケティング担当者がクロスチャネルのROIと広告支出を最適化してエンドツーエンドのプロセスをつなぎ、キャンペーン管理、アセット作成、パフォーマンスの洞察を単一のプラットフォームにまとめ、マーケティングチームがデジタルのスピードで動けるようにする唯一の作業管理ソリューションです。 Wrike MarkMarketing Insightsを使うと、マーケティング担当者は広告、ソーシャルメディア、マーケティングオートメーションの15種類の一般的なデジタルツールを統合し、データが投入されるのを見て、ファネル全体のパフォーマンスインサイトを自動的に360度可視化できます。 そうすることで、チームはパフォーマンスの高いイニシアチブを簡単に特定し、パフォーマンスが低いものにはフラグを付け、必要に応じてワークフロー内でピボットして最適化することができます。 Wrike Marketing Insightsでは、プロジェクトのステータス、キャンペーンのパフォーマンス、リソース投資にもすぐにアクセスできます。 Wrikeは指標をすべての人に公開し、チームのサイロ化を解消することで、組織全体の運用効率を高め、マーケティングチームがより迅速に、より成功裏に行動できるようにします。 マーケティングチームがWrike Marketing Insightsを利用できる方法をいくつかご紹介します。 クリエイティブ: Wrikeを使用すると、クリエイティブチームは1か所でつながった方法で作業できます。 アセットの作成、レビュー、承認から公開、追跡まで。 クリエイティブチームはアセットの収益率を確認し、それがもたらす影響を示すことができます。 デジタル: さまざまなチャネルを通じて統合されているキャンペーンには多数のタッチポイントがあり、Wrikeを使用すれば、インパクトのあるキャンペーンを特定するのに必要な、重要な可視性と洞察を得ることができます。 Wrikeを使うことで、パフォーマンスをファネル全体で可視化し、使いやすいインターフェイスでイノベーションを起こすことができます。 マーケティングオペレーション/プロジェクト管理: すべてのマーケティングチームの足並みを揃え、取り組みがキャンペーンの成功指標にどのようにつながるのかを可視化します。 Wrikeを利用すれば、最も影響の大きい取り組みに集中し、問題のある領域を迅速に特定できます。 Wrikeを無料で試す 他のソリューションをはるかにしのぐWrike パンデミック後のマーケティングの課題には、チームがデジタルのスピードで動けるようにする、堅牢で包括的なソリューションが必要です。 Wrikeは、広告費を最適化し、リソースを効果的に管理し、マーケティングへの影響をきめ細かく示すためのツールとプラットフォームを提供します。 チームの取り組みを統合し、透明性を維持し、より効率的なコラボレーションを促進するWrikeは、今日の不確実な時代にマーケティングキャンペーンを成功させるための頼りになるプラットフォームです。

2023年の景気後退期にマーケティングで成功するための最優先事項(パート2)
マーケティング 3分程度でお読みいただけます

2023年の景気後退期にマーケティングで成功するための最優先事項(パート2)

マーケターは、運用中のインフラストラクチャの変化に対する購買行動の変化を予測することにより、WrikeのCMOであるEsther Flammerに従い、2023年においてより少ないリソースでより多くの成果を達成する方法をリードします。

2023年の景気後退期にマーケティングで成功するための最優先事項(パート1)
マーケティング 3分程度でお読みいただけます

2023年の景気後退期にマーケティングで成功するための最優先事項(パート1)

マーケットにとって、2022年は間違いなく厳しい1年でした。 マーケターは、ハイブリッドワークへの切り替えや大量離職時の従業員の退職によってもたらされる変化に関する課題など、世界的なパンデミックおよび急速なデジタル化による前例のない課題に直面しました。 また、マーケット動向が変化することにより、私たちの働き方、購買者の注意の引き方、および顧客との繋がり方を根本的に転換させる必要も生じました。  来たるべき激動期 2023年は困難に立ち向かう年になりますが、現時点において十分に検討して創造的なプランを立てることにより、成長のチャンスが見えてきます。  景気は後退中であり、それは避けられないことになりそうです。 差し迫る状況を示す指標として、米国労働省労働統計局は、2022年第2四半期には労働生産性が4.1%低下している一方で、労働時間は2.6%増大していると報告しています。 Wrike独自の調査によると、大部分のマーケターが現在でも他部門と連携を取らずに仕事をしていることもわかっており、これはストレスや燃え尽きの増大に影響を与えることになるため、私たちは複数のタスク、システム、およびアプリケーションを 適切に調整しています。  私たちの多くはマーケターとして、ROIおよびパフォーマンスに関する社内のプレッシャーが増大して、予算が削減されることにより、購買行動が変化していることを認識しています。 ただし、到来するこれらの課題は、決して克服できないものではありません。 マーケターは臨機応変で粘り強い性質を備えており、いつものように新しい要望に応えるために、そのプラン作成能力と先見力を発揮して、大きな役割を果たすことができます。 以下に示すのは、2023年に発生するであろう課題に取り組み、来たるべき年においてビジネスの一番の原動力として部門を確立するよう試みているマーケティングチームにとって、最も重要となる5つの考慮事項です。  市場化までの時間の短縮 より少ないリソースでより多くの成果を達成する - 聞き覚えがありませんか? 非常に競争の激しいマーケットにおいて、チームとして競争相手に打ち勝つためのレースに臨む必要があります。このことは、予算および最終損益の点で、かつてないほどに意識しなければならない内容です。 McKinsey & Companyの調査により、市場化が6か月遅れると、理想的に早期に市場化した場合と比較して、収益が最大33%減少する可能性があることが判明しました。 遅れを取ってはいけません。前もってプランを立て、時間どおりに実行するのです。 ROIへの継続した集中マーケターにとってROIを達成することは必ずしも簡単であるとは限りませんが、達成したうえにそれを最適化することにより、レースのコーナーにおいて先頭に立つことができるのです。 すべての投資について責任を負うチームを抱えている組織にとって、投資のそれぞれの有用性を最大化することは、部門が危機を乗り越えて目標を達成するのに役に立つだけではなく、激しい競争の中の現在のキャンペーンに対して優位性を与えます。 オムニチャネルキャンペーンの実施新しい課題の出現と景気後退により、マーケティングの実施範囲を狭める必要が生じるということではありません。使用できるすべてのチャネル全体において、購買者ごとに一貫したメッセージを発し続けることが大事です。 オムニチャネルの取り組み戦略のある企業は、顧客の平均89%をつなぎ止めているのに対して、戦略のない企業は顧客のわずか33%をつなぎ止めているに留まっています。 オムニチャネル戦略は、さまざまなマーケティング機能の中で他部門と連携を取らない部門を排除するのにも不可欠です。これは、最も必要なときに、その期間の生産性と効率を向上させるのに重要な役割を果たします。 リソースの最適化 予算とリソースに関して一層の注意を払う際には、最適化が重要になります。 時間と資金を管理して、今年、いくつのマーケティング部門を創設するか廃止するかを決定します。 この決定においては、以下の3つの点に注目します。        - キャンペーンリソースのプランを通した、プロジェクトリソースのニーズの正確な見積もり        - チームの利用可能性、能力、および強みに基づいた作業負荷の最適化        - 明快で現実的な予算編成  従業員の満足感の維持 作業に従事していない従業員は、非生産的な従業員です。これは特に、大きなことを考えるための時間とスペースが必要な創造的グループに偶然属してしまったマーケターについて当てはまります。 従業員が燃え尽きることにより、離職の一因となる場合があります。その従業員を再配置して新しい従業員をトレーニングするのに必要な企業の貴重な時間、リソース、および資金に関するコストが発生してしまいます。  追加の特典ヒント - 信頼できる唯一の情報源を持つことにより、プロジェクトおよびチーム間の可視性と効率を保証するための回答が得られます。 幸いなことに、私たちの大部分はすでにこのことを知っています。 ビジネスリーダーの86%が上位3位までの優先事項を実践して、自分たちのビジネス機能で進行中の情報および活動に関する信頼できる唯一の情報源を獲得していました。  先頭に立つチャンス 私たちの多くにとって2023年が厳しい年になるであろうことは否定できませんが、マーケティングチームが組織の先頭に立って前例を作り、より戦略的な役割を果たすための大きなチャンスでもあります。  私たちが優位に立てるのは、特に景気後退のような慎重な対応を要する状況において、顧客についてより理解を深めてコミュニケーションをとるための能力のおかげです。 マーケティングチームが、消費者の価値感や考え方における要望とその長期的な変化に即座に反応し、自身独自のビジネス内でその変化に適切に対応することにより、見上げた先にある北極星のように組織が台頭するための稀に見るチャンスが訪れることでしょう。  このブログシリーズのパート2では、今年注目すべきマーケティング動向について解説します。 この上位のヒントに注目して、2023年のプランに組み込んでください。

;