Wrike Analyzeで業務を分析する

Wrikeにビジネスインテリジェンスを加え、高度のレポートと分析を実行する

従来のレポート機能を大幅に上回る

それぞれのチームは、最高の結果を出すためにプロジェクトの進捗状況とパフォーマンスの可視性をさらに深める必要があります。しかしすべてのレポートが十分な見識が得られるほど精度が高いわけではなく、すべてのチームが別個のBIツールにアクセスできるわけではありません。Wrike Analyzeは、チームが最大限に能力を発揮するために必要とする具体的な見識を得るために、高度の分析を可能にします。分析の専任者は必要ありません。

業務の可視性を向上

業務の可視性を向上

高度の分析ダッシュボードを作成して、プロジェクトの進捗状況のみでなく、チームおよびプロジェクトの業績の可視化をさらに向上します。ボトルネックへの見識をさらに深め、プロジェクト遅滞の原因となる問題に素早く対応しましょう。

Wrikeに備わるビジネスインテリジェンス

Wrikeに備わるビジネスインテリジェンス

別のBIツールを使用する必要なく、高度のレポートを作成し、分析します。別作業でデータのエクスポートやレポートの作成・管理を行う必要はありません。Wrikeでパワフルなビジネスインテリジェンスを開発しましょう。

必要なレポートを作成する

必要なレポートを作成する

それぞれのニーズに合わせてカスタマイズされたレポートを作成することにより、チームは必要な分析結果を得ることができます。誰に対しても最も分かりやすく結果を伝えるために、グラフィックを使用した様々な選択肢から作成できます。

チームが最高のパフォーマンスを実行するために必要な見識を得ましょう

経営幹部への報告かチームの動向把握かに関わらず、 Wrike Analyzeは、極めて重要なKPIをモニターし報告するために、高度な分析およびパワフルな可視化を構築するツールを提供します。

並外れた視覚性
データを視覚的に表示する方法が15種類以上備わり、パイチャートからピボットテーブル、またコラムチャートやカレンダーヒートマップまで、最も有意義で理解しやすい方式で表示されます。
分析ダッシュボード
ウィジェットをお好きなだけ使って、高度のレポートを作成するための専用ダッシュボードを構築しましょう。ウィジェットを活用してダッシュボード全体をダイナミックにアップデートしたり、特定のWrikeデータのみに掘り下げることができます。
カスタムレポート
テンプレートを選択して、分析ダッシュボードを迅速に構築したり、必要なものを一から作成することができます。プロジェクト、フォルダー、タイムログ、タスクの特性(カスタムフィールドを含む)をベースにフィルターを適用するか、データを変換する式を書いてください。
ポートフォリオまたはプロジェクトの進捗状況
ポートフォリオに含まれるすべてのプロジェクトの進捗状況を、一つのダッシュボードを使って広く理解できます。 バーンダウンチャートなどのグラフィカルなウィジェットを利用して、プロジェクトの進捗状況をより詳細にモニタリングします。

Wrike Analyzeについてさらに詳細の情報をお求めですか?

フォームにご入力ください。24時間以内にご連絡します。

フルネームを入力してください
業務用メールを入力
お客様の電話番号をご入力ください
現在どの部署で働いていますか?
部署を入力してください
あなたの職務レベルは何ですか?
職務レベルを選んでください