無料のeブック

「テレワークと生産性のリアルな関係」

メールアドレスを入力してください
電話番号をご入力ください
現在どの部署で働いていますか?
部署を入力してください
あなたの職務レベルは何ですか?
職務レベルを選んでください

お客様のEメールアドレスはこちらで厳重に管理させていただきます。私たちのプライバシーポリシーをご覧ください。

Ebook cover

テレワークで生産性が下がった、は本当か

新型コロナウイルスの影響で急速に進んだテレワークですが 、テレワークを前提とした新しい働き方をいきなり見つけられるはずもなく、多くの企業ではテレワーク移行当初に生産性の低下に悩んだことが調査データで示されています。その一方で、テレワークによって社員の仕事への考え方が大きくシフトし、従来通りのオフィス回帰という選択は企業の人事戦略上マイナスな影響を及ぼしかねない状況です。
新しい働き方と生産性の向上を両立するためにはオンライン会議やチャットツールによるコミュニケーション手段を提供するだけでは十分でなく、コミュニケーションを効果的にするためのコラボレーションの仕組みについて考える必要があります。
本資料ではテレワークと生産性の関係をデータで示すとともに、普及が進むコラボレーション支援ツール「Wrike」について紹介します。
Ebook inside screenshot

Eブックの内容

  • テレワークで下がったのは生産性ではなく労働時間
  • 社員の8割が指示するテレワークのメリットとは?
  • コラボレーションツール「 Wrike」で何が 実現できるのか?